思考の催眠から目を覚まそう!

現在ロンドンでのカウンセリングコースの再中です。私のブログでしか募集しておりませんので、それぞれの個性、目的、課題は違っていても、似たような考えに共感している人々が集まっているのが、ものすごくありがたく、そしてとても楽しいです♪

さて、つくづく思考とはパワフルなものだなぁ・・・と思います。それは、思考が現実を生むという意味でのパワフルだということではなく、私たちを真実から眼をそらし、眠りに閉じ込めておくパワーがすごいという意味です。

たとえば、「私は他の人のように振舞えない」という思考は、何一つ真実を表していません。他の人って誰? 他の人はみんな同じように振舞っているの? などなどと突っ込んでいけば、一体何と比較しているのか、まったくあやふやになるはずなんです。

事実は、“いろいろな人がいろいろな振る舞いをしている、終わり”ですね。ところが、「私は他の人のように振舞えない」という思考を心底信じていると、だから、「自分はダメだ」、「そんな自分は、人から受け入れられない」、「他の人に迷惑をかける存在だ」、「変わらなくてはいけない」などなど、といったような思いのループに落ち込んでいったりします。

つまり、「私は他の人のように振舞えない」という思考の催眠に陥り、生き辛い~となるわけです。

「私は、人より劣っている」
「私は、無能だ」
「私は、つまらない人間」
「私は、みんなみたいに気軽に話ができない」→「私はダメだ」
「私は、無力だ」

などなど、私たちを思考の催眠に落し入れる思いは、いろいろとあるでしょう。それがどんな思いであれ、パワーがすごいという意味は、その人の一生を支配してしまうからです。

私の頭のなかでは、その人が1ミリも変わらなくても、ただ思いだけが変わり、「自分はいけている」と思って笑っている姿、または「優劣なんてどうでも良い」と思って、リラックスしている姿、どんな姿でもイメージすることができます。

ですので、“苦しい、いつになったらこの苦しさから抜け出せるのか?”と聞かれると、 “その思いを信じるのを止めたとき”と答えたくなります。(カウンセラーとしては、もちろんそうは言いませんが)

基本的に私たちの多くは、思考崇拝主義者です。思考は、感情よりもものごとを正確に捉えている、思考は、間違っていることもあるが、おおむね事実を正確に言い表している、何よりも自分が考えていることはほぼ正しい・・・、というように。

たとえば、「あれは雲です」、「これは犬です」といった思いは、思いというよりは事実だと誰もが思うでしょう。では、雲という言葉の代わりに「ぽこぽん」という名前にしたとします。「あれは、ぽこぽんです。」

みんながそれが何を指しているのかが分かれば、どんな言葉でも良いわけです。雲にしてみれば、自分が雲であろうが、ぽこぽんであろうが、名前がついていなかろうが、何一つ変わりません。そっちが事実です。思考のほうではありません。

この世からすべての概念を取り去っても、何一つ変わるものはないんです。思考が一切なくなっても、世界は消えないし、ただありのままの姿が見えてくるだけです。「空」という概念がなくなったからといって、空が消えるわけではありませんね。

何が言いたいかというと、世界は思考がなくても何の問題もなく存在できるということです。

で、私たちも同じなんです。男だとか女だとか、自分の名前とか、「私は人より劣っている」などなどといった思いがなくなると自分が消えてしまうわけではありません。これらのレッテルがない「ありのままの自分」がいるだけなんです。

「人より劣っている」自分がいるのではなく、「人より劣っている」という思いを持っている自分がいるだけです。「私の思い」と言うように、思いは持つもので、あなたではありません。

“いやいや、私は学校の成績が悪かった”、“仕事が下手で首になった”、などなど「事実」があるから、これは思いではなく、「事実」を語っているだけだと思う方もいるでしょう。

しかし、これらは何の証拠にもならないんです。では、質問です。“誰もが納得する「劣っている人」の定義をしてください。” どうでしょうか? もし何人かで話し合えば、みんなが主観的なものさしで言い合うだけになるということが、すぐに分かるでしょう。

もちろん、思考排他主義になろうと言っているのではありません。思考は、私たちが人生を創造するための優れたツールです。ただ、ツールではなく、絶対視(信じ込む)すると、苦悩が始まりますね~という話です。

一般的に癒しとは、「私は人より劣っている」という思いが出来た原因(出来事かもしれないし、育った環境かもしれません)を探し、感情を解放し、思いを変えていく作業です。これは、とても有効です。

しかし中には、何か分かりやすい原因があるわけではなく、たとえば「なにか自分は人と違う」という感覚から、こういったネガティブなセルフイメージを作り上げている人もいます。

いずれの場合にせよ、根本的な癒しを求めるのであれば、思考の催眠から目を覚ますのが一番です。それには、まず「レッテルや思いがなくても自分はいる」というところに目を向けて見るのはいかがでしょうか?

二つと同じ雪の結晶がないように、そこにあるのは、生命のエネルギーが生んだとてもユニークな「あるがままのあなた」です。二度と同じ形で現れることがない、あなたというエネルギーのダンス☆ 変わる必要がまったくないユニークな存在。人と同じステップを踏もうとするのではなく、自分らしいリズムとステップを楽しんでみませんか?

☆☆☆☆☆セミナー・プロジェクトのご案内☆☆☆☆☆

11月に「被災地におけるメンタルヘルスプロジェクト」を気仙沼で開催します。

EFT(現地では、“つぼトントンセラピー”と命名)の講習会です。PTSDや日々のストレス緩和などに抜群の威力があります。つぼとんとんセラピー(EFT)が、ハイチやルワンダなどで使用されている様子のビデオはこちら→☆

気仙沼に近い被災地にお住まいの方、またお知り合いがいらっしゃる方、または、ボランティアをしている方、ぜひ参加しませんか?必要な方に情報が届きますよう、フェイスブックなどでのシェア大歓迎です。

大阪「あゆかの部屋」、「悟りについて語ろう」募集中!

東京「あゆかの部屋」は満席となりました。キャンセル待ち募集中!