人事を尽くして天命に“あって”みる♪

「介護をしているケアラーのあなたへ~こころを軽くするヒント集」申し込み欄にいろいろなメッセージを頂きまして大変ありがとうございます!(無料冊子です。ご希望の方はこちらへ→☆ 子育て中の方にも通じるものがあるというフィードバックも頂いています♪)

ゴールデンウィーク中に“大発送大会”を行う予定でおりますので、発送を申し込まれた皆様、しばしお待ちくださいませ。また、着払いにさせて頂きましたが、郵送料を負担しても良いよ~というお気持ちはほんと涙ものです。

また、文字校正を自発的にしてくださった方もいらっしゃって、と~ってもとありがたく、心より嬉しく思います。

さて、介護の現場はもちろん、介護だけではなく、人生においては誰がどう見ても大変な状況というのはありますよね。

痴ほう症の夫が妻をなぐったり、不登校の子供が将来の絶望を口にしたり、何もかもやる気をなくした鬱病の妻がただうなだれていたり、私たちがどうにかしたい!と心の中で叫びたくなる状況は、あちこちにあることでしょう。

で、大変であればあるほど、ある意味当たり前ですが、私たちは解決方法を必死に探し求めます。もちろん、それは言うまでもなくとっても大切なことです。きちんと地に足の着いた対処法やサポートをを探っていくのは前提中の前提です。

たまにスピリチュアルにはまり過ぎている人が、実質的な方法をすっかり忘れて、スピだけに頼ってしまうのを見かけます。どんなスピの方法を使っても良いと思いますが、実質的な面をしっかり押さえることも大切ですよね。

話を戻して、私たちは解決しようとするあまり、今の現状をものすごく否定的に見てしまう傾向があります。

どうにかしたい!という必死な思いは、裏を返せば、往々にしてこんな状況嫌だ!間違っている!という思いですね。なので、知らないうちに私たちは自分の置かれた状況を敵視してしまうんです。また、その中で誰かを悪者にしてしまっているかもしれません。

その悪者とは、自分かもしれないし(私のせいでこうなってしまった・・・)、関わっている誰かかもしれないし(夫がもっと協力してくれていたら・・・)、心配している相手かもしれません(本気で治りたいと思ってくれないから・・・・)。

そうするうちに苦しみは増幅し、皆の心が通わなくなり、さらに緊張を生んでしまいます。

また、どうにかしなければ、という思いに囚われれば囚われるほど、緊張や恐れや不安が高まるため “これしかない”とか、“こうならなければいけないとか”、一つのせま~い思いにも陥ってしまいがちです。。

とはいえ、大変だ、悲惨だ、辛い~などと感じているときに、今の状態を否定的に見ないということは、容易なことではないですよね。

それでも、どこかで覚えていられたら良いなぁと思うのは、あらゆる思い、感情、状態が100%受け入れられているという“真実”があるということです。

いまここに「苦しみ」があるなら、それに抗っていない“真実”があって、
いまここに「痛み」があるなら、それに抗っていない“真実”があって、
いまここに「うまくいっていない」状態があるなら、それに抗っていない“真実”があるんです。

“真実”とは、あらゆることに気づいているだけの「気づいている意識」または、「純粋意識、存在、全体、それ、etc」です。

かつて、非二元とかそんなことも知らずに苦しんでいたとき、無意識にどこかに助けを求めていたものです。でも周囲は静かなだけで、そのとき、この静けさは単に孤独を意味していただけでした。

でも、そのときはまったく分かりませんでしたが、単に静かであるのと、静けさに「ある」のとでは大きく違うんです。

深い静けさとは「ストーリー(現象)を超えた無限」であって、同時に「あらゆるストーリー(現象)の無条件の受容」であったのです。

他の言葉で言ってみれば、人事を尽くして、天命にただあってみる。天命を待つのではなく、そこにあってみるんです。(私たちは、天命そのものでもあるから)

そこはすべてが受け入れられ、許され、愛されて、そして流れて変容している場です。

何もしないで最もシンプルに「ただあって」みるんです。外から車の音がして去っていき、風が吹いて、木々がただ揺れていて、体のどこかがかゆくなって、またそれが消えたり、湯沸しの音がシューシューとしていたり・・・・。

ただただシンプルにそこに「あって」みます。あらゆる動きがあたかもすべて自分であるかのように思えるまで。(本当はそうだし)

そのうち行き詰っていたような感覚から、生命の流れがまた感じられてくるかもしれません。そして、否定的な思いで固く緊張しきっていた思いが緩まり、優しさが顔を出してくるかもしれません。

もちろん、大変な最中にこの静けさ、天命、生命の流を感じることが、とっても難しいことは百も承知で書いています。というか、こういうことを思い出しもしないことでしょう。

でも、もしどこかでふっと思い出せて、完全に見過ごしていた事象のもう一つの側面に目を向けられるようになったら?

どうにかしたい!は、どうにかなるだろうに変わるかもしれません。そして、最終的に、悪い状況、間違った状態、悪い人、間違った人はいないと理解されたとき、あるがままをただあるがままに対応していけるかもしれません。

事象の陰にすっかり見えなくなっている真実、静けさという側面は、何も言わないし、何も約束しないし、うまくいくとかいかないとか、まったく示唆もないでしょう。

でも、そこには究極の癒し、そして私たちの本質が潜んでいますね♪

♥ ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー ♥

人は鏡~対人関係のストレスを本質的に解消する方法

夫婦や親子、職場等での対人関係の悩みを持っていらっしゃる方へ

事実10%、解釈90%の世界に生きる私たち

先週末より、インテグレイテッド心理学始まりました! またの名を現場主義心理学~♪

現場主義・・・・。理論や分析などに一切頼らず、今、自分の心のなかで何が起きているのか?を徹底的にベースにしています。

じっくり見つめていくと、個人個人のいろいろな心模様やパターン以外に、すべての人が共通して持っている心のしくみも見えてくるはずです。で、その中の一つに私たちは『事実と解釈をほとんど区別しない』というのがあります。

私たちは普段あまり自分の心を見つめたりしませんので、推測や解釈、事実もごっちゃにしてただ考えていることが多いんですね。

で、その自分の解釈を紛れもない事実だと思い込んでしまい、苦しんでしまうんです。

例えば・・・・・・と、例も挙げられないぐらい、私たちの思考は解釈だらけですが、敢えて「リストラにあった」という例を挙げてみた場合、

事実は、「会社が私に解雇を告げた」です。

でも、思考は「解雇された」と個人的な表現に変え、そして「食べていけなくなる」、「この年で再就職は難しい」、「自分はこんなに会社に貢献したのに」、「今は不景気だから求人が少ないのにどうしよう・・・」などなどストーリー(解釈、意味づけ、etc)を暴走させます。

これらは事実に付随している解釈ですが、本人にとってはどれも事実になってしまうんです。

でも、ある人はまったく同じ状況で、「自分を活かせる場所が他にあるはずだ」、「自分を認めない会社なら長くいなくて良かった」、「いっそうのこと自分で事業を始めようか」、「学んだこともたくさんあった」といったようなストーリーになるかもしれません。

ストーリーの違いは、本人の自己価値の高さによります。自分を肯定的に捉えている人ほど、湧いてくるストーリーは緩く、前向きなものが多くなりますね。一方、そもそも被害者意識が高く「私は無力だ」みたいなセルフイメージを持っていれば、リストラは悲惨な事実として確固たるものになりがちです。

リストラは、一般的に「悪いこと」と解釈されることが多いため、苦しむのは当然だと皆が思いますよね。このある意味集団的解釈が、ますますストーリーから抜け出すのを難しくします。

しかし、インテグレイテッド心理学が目指している癒しは、「リストラにあった惨めな自分」を癒すことではなく、ネガティブに解釈してしまう大元のビリーフ、「私は無力だ」を癒すことです。これによって根こそぎ楽になります♪

しかし、中には「今は不景気だから求人が少ない」というのは事実なのだ!と、統計まで持ってきそうな勢いで説得しようとしてくる人もいます。だから自分が苦しむのは当たり前だ!と自分の苦しみを正当化するというか。

もちろん、気持ちはものすご~く分かります。私もあらゆることが、事実だとしかど~~しても思えなくて超苦しんでいましたので。いやぁ、ほんと~~に苦しかったです。で、その頃、「それはただの解釈です」と言われたら間違いなく怒っていたでしょう。

でも、基本、私たちが事実だと思っていることの90%ぐらいが解釈です。盛りに盛ったストーリーです。(インテグレイテッド心理学中級講座で詳しくやります♪)

ですが、自分が事実だと握りしめている思いを緩め、解釈なのだと見えてくると、そこに本当の助けが待っているんですね。

「真実」は状況のいかんにかかわらず、そこに「優しさ」をもたらしてくれます。状況は何も変わっていないのに、(苦しみから)「救われた」と深いところで感じるんです。

ちなみに、解釈をしてはいけないとか、考えてはいけないという話ではもちろんありません。それは不可能です。ただ自分の解釈を無条件に信じるのではなく、見つめてみようというご提案です♪(バイロン・ケイティのザ・ワークもお薦め)

さて、この流れでお知らせがあります!

まず、東北大震災のメンタルケアプロジェクトを目的に発足した「ハートサークル」は、今年に入り「一般社団法人ハートレジリエンス協会」と名称が変わりました。

新しい活動も始まりつつあり、その最初の一つとして「介護をしているケアラーのあなたへ~こころを軽くするヒント集」という無料冊子を作成いたしました。

家で一人で介護していると、日々の仕事の量の多さから外にあまり出かけられず、つい孤立してしまいがちです。すると、今ご説明してきたように自分の一つの思い(解釈)に落ち込んでしまい、いつしか「もう死ぬしかない・・・」と思い詰めてしまってもおかしくありません。

そこでまず、そんな緊張した思いを緩めてもらうことと、そしてまた、介護が大変であるからこそ自分をケアして欲しいという気持ちを込めて作ってみました。

イメージとしては、こういったブログを読んでいなくて、こころのしくみも何も知らずに日々頑張っているケアラーの方々の手元に届けることです。

ということで、もちろんご自分がケアラーの方でも、またそんな人が身近にいる、または、病院や役所の福祉課に勤めている、民生委員をしている、介護サービスに関わっているなどなど、希望者の方には無料で配布いたします。(郵送料のみご負担ください)

ただ、ボランティアで対応しておりますので、

1)50部ごとに受付け、注文がまとまったときに発送という形を取らせてもらっています。

2)1、2部必要な方はサイトから無料でダウンロードして頂けます。

お申込み、ダウンロードはこちらから

で、お詫びですが、複数でチェックしたにもかかわらず、誤字脱字がそれなりにございます。ハートレジリエンス協会の中心メンバーは、人の心を楽にしたい!という情熱はとっても大きいのですが、なぜか、1)数が数えられない、2)スーツケースを忘れる、という性格の者が多数おります。今回どうもこれに、3)目が節穴、という項目も加わることとなりました。ほにゃ。(代表の性格が反映しているのか?)

もしこの冊子が好評で2刷りまで行けば、外部の方に校正をお願いし、きちんと修正をする予定でおりますが、優しい目で見て頂けますと有難く思います。m(__)m

ということで状況がどんなに変わらなくても、“解釈”という思考の夢から目覚めてみれば、きっと優しさがそこに見える♪

☆☆☆☆ セミナーのご案内 ☆☆☆☆

JMET主催EFTプラクティショナーコース
5月3日~5日

キャンセル待ち募集

♥ ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー ♥

人は鏡~対人関係のストレスを本質的に解消する方法

夫婦や親子、職場等での対人関係の悩みを持っていらっしゃる方へ