「感情知性」を磨こう☆

今週の木曜日から日本に行きます。今回も2ヶ月ぐらい滞在します。だんだん目指してきた、イギリス半分、日本半分暮らしに近づいてきました。なんだかんだいって、二つの国、それぞれ大好きです♪

今回もコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!

ついつい日常で、ウッと嫌な思いを感じると「これも癒さなければ!!」「まだあったのか!!」なんてついつい深刻になってしまっていますが、なんかちがうような気がしてきました^^;

とても良い気づきですね♪

私たちは小さい頃からネガティブな感情はいけないものだと教育されてきているでしょう。笑顔で明るくしていれば、良い子の扱いを受け、メソメソしていたり、怒りを爆発させたり、泣きわめいたりしていると、面倒な子、難しい子、ダメな子扱いを受けます。

また、スピリチュアルな世界に足をつっこんでも、同じようなことが言われますね。ポジティブで感謝の心を持ち、愛ある人間が精神性が高く、波動も高くて良くて、不安にまみれていたり、誰かのことが大嫌いだったり、愚痴ばかりこぼしている人は、精神性も波動も低くてダメというような同じ構図を教わります。

つまり、ネガティブなものはあってはいけないと思わされているわけです。これらの構図には、もうはまっていませんという人もいるかもしれません。しかし、それでも落ち込むと「落ち込むなんて私はまだまだ」という思いが沸いて来るかもしれません。というのも、エゴは非常に巧妙な形でジャッジしてくるからです。

なので、私はロンドンのカウンセリングコースでもいつも「ポジティブで、ピュアで、ピカピカな私になる日は一生来ない」と言っているんです。どれだけ癒しても、不安になることはあり、どれだけ癒しても腹が立つこともあり、どれだけ癒しても落ち込むこともあります。

それが自然で、それで良いんです。

しかし、いつもポジティブでいられる状態になれるはずだと思っていると、永遠に「まだ癒されていない私」がいて、自己否定というサイクルに陥り、苦しい旅になってしまいます。“どんな癒されていないネガティブなものがあるんだろう・・・”と悪者探しがいつになっても終わらないんです。

しかしそもそも、ネガティブな思いや感情が私たちを苦しめているのではなく、それらに私たちが抵抗するために苦しみが生まれるわけです。ネガティブな思いや感情があること自体は問題ではないんです。ネガティブな思いや感情を受け入れられることができれば、癒しもセラピーも必要なくなります。

ただ、それは私たちの多くにとって難しいことですし、また、トラウマ的な出来事を経験した人に、 “ネガティブな思いも受け入れましょう”というのは、あまりに無理で、愛がない頭でっかちな押し付けになりがちです。

なので、セラピーやカウンセリングの必要性はありますが、みんなが真の自分に目覚めれば、これらは要らなくなります。これらの感情や思いが実体のないものだと分かっているからです。

欧米で人気の覚者ガンガジは、 “いつも幸せでいたい(always happy)と望むことは子供地味た願いだ”と言っています。幸せをどう定義にするかによって、だいぶ意味が変わってきますが、ただ、私を含めて多くの人が“いつも幸せでいたい”と考えるとき、正直に見つめて見ると、“すべて自分の思い通りになっていて欲しい”、“私が心地よいと思う状態がずっと続いて欲しい”、または、“とくに頑張らなくても自然に前向きで、感謝の気持ちがあって、わくわくしていて、不安や迷いがなくて、みんなのことが大好きで、すっとすぐに自分のやりたいことがはっきり分かって・・・”ということだったりします。

つまり、自分に都合の良い状態を望んでいるだけか、ありえない状態を求めているかのどちらかなんですね。そうすると、そういう日は永遠に来ないので、単に辿り着けない苦しみだけが生み出されがちです。

もちろん、すべてがうまく行ったり、波に乗って調子良くエネルギッシュな自分でいるときもあるでしょう。そのときは、大いに楽しめば良いと思うのです。ただ、すべては必ず変化しますので、そうではなくなったとき、良いときの自分と比べて、“私の中になにか良くない何かが本当はあったのだ”など、また悪者探しの苦しみに転げ落ちてしまうかもしれません。

あるアメリカ人禅僧の言葉に、“もっと心穏やかに、もっとリラックスしたいとあなたは禅の修業をしているかもしれません。もちろん、そういうった状態は起こるでしょうが、実際のところ、それが修行の目的ではありません。禅の修業とは、苦しみの地獄、苦しみを生み出す地獄をどう生きるかを学ぶものです。修行とは、人生を経験し、地獄の最中にあらわれ出てきたあらゆることに対処していくことです。”というのがありました。

つまり、ネガティブな思いや感情が出てこないようにすることが、悟り(非二元)の目的ではなく、それらをどう扱えるようになるかが、目的だということです。そしてそれは、癒しでも同じです。

自分を癒しきってポジティブな感情だけ持ちたいと願うのは、ある意味、嵐や地震は起きないようにして、毎日晴れの日ばかりにしようとするのと同じぐらい無理です。それよりも、嵐や地震について理解を高め、どう対処するかを学んで行くほうが現実的ですね。

同じように感情も、たんになくそうとするのではなく、受け入れたり、解放したりしていくうちに、感情がどんなものであるのかを学び、またどう扱えば良いのかを理解していくことができます。ただ、ネガティブな感情をなくすことばかりに集中していると、そのプロセスで自分が知ったこと、見えてきたことが見過ごされているかもしれません。

「感情知性(emotional intelligence)」という言葉がありますね。「頭の良さ」など、理性の高さは社会で高く評価されますが、こと「感情知性」に関しては、まったく無視されているのが現状でしょう。

しかし、私たちの行動のかなりの部分は感情に基づいているものです。自分では考えて行動しているつもりでも、不安に基づいた考えであったりすることはよくあります。ですので、この「感情知性」を高めることで、私たちはもっと全体的な安定感が持てるようになります。

ということで、どんなに自分を癒し、波動を高めたところで、いわゆる「悪い事」は起きるときは起きます。そのとき、“自分の中になにか癒していないものがあるから、こういうことが起きるんだ!”と悪者探しをするのではなく、その出来事に対して、自分が何を感じていて、それをどう扱えば良いのかが分かっているほうが、苦しみを最小限にでき、また実践的かなと思うのです。

最後に出来事やそれに付随する感情やストーリーばかりに気をとられずに、それらが起きていることをわかっている意識、純粋な気づきの意識、真の自分によりそったとき、どんな状況の中でも私たちは、本当の家に帰ることが出来ます。

帰るといっても、一度も離れたことがない家、こんなに近くにあって、あまりに普通だから見過ごしていた家、すべてが起きていて、すべてが受け入れられている場所。そして、私たちの真のやすらぎの場♪

☆☆☆☆☆セミナー・プロジェクトのご案内☆☆☆☆☆

11月に「被災地におけるメンタルヘルスプロジェクト」を気仙沼で開催します。

EFT(現地では、“つぼトントンセラピー”と命名)の講習会です。PTSDや日々のストレス緩和などに抜群の威力があります。つぼとんとんセラピー(EFT)が、ハイチやルワンダなどで使用されている様子のビデオはこちら→☆

気仙沼に近い被災地にお住まいの方、またお知り合いがいらっしゃる方、または、ボランティアをしている方、ぜひ参加しませんか?必要な方に情報が届きますよう、フェイスブックなどでのシェア大歓迎です。

大阪「あゆかの部屋」、「悟りについて語ろう」募集中!

東京「あゆかの部屋」は満席となりました。キャンセル待ち募集中!