当たり前の中にある真実♪

さぁ、またブログを再開していきます♪

これからのブログは本を書くような気持ちで書いていこうかなぁと思っています。ので、連載を読むみたいな気分で読んで頂ければと思います。(*^^*)

ということで、

あなたが求めているものは何でしょう?夢を実現させること?平凡な幸せ?自分らしくあること?手に入っていないものを得ること?病気が治ること?家族が幸せでいること?

私がブログでお連れしたい場所は、これらがどれも手に入らなくても大丈夫な場所です。(笑)もちろん夢に向けて歩むことは素晴らしいし、それをあきらめる必要はぜんぜんありません。でも、もし夢が叶っていないから、または人生が自分の思うようになっていなくて悲しいと感じていたら、それでも大丈夫だよ〜と言いたいのです。

自分や人生がどんな状態でも、私たちには平和な場所、愛を感じられる世界があるからです。絶望の向こうにある真実という究極に平和な場所♪ このブログはそんな場所へのご招待です。

そのためには、非常に矛盾する道をご提案させてください。どんなふうに矛盾しているか?というと、この場所にたどり着くために2つの同時のことをやって行きたいのです。一つは、自分を深くきちんと見つめること、もう一つは自分は存在しないことをきちんと知ること、です。

そう、自分を徹底的に見つめるんだけど、同時に自分が存在しないことも見ていく。そんな矛盾した旅です。

私のブログの読者さんは、非二元に興味がある方、深く探求している方も多いでしょう。ので、自己の不在(私はいない)は馴染みがある概念かもしれません。(概念ではないですが)。もし馴染みがない方も個の自分という幻想を超えた真実に興味があれば、ぜひお付き合いください。

ということで、今後このブログは癒やしと非二元の話しが交互になって行く予定です。

さて、何一つうまくいかなくても、何も手に入らなくても、平和で満ちた世界を知るために、持っていたいコツをちょっと書いてみます。

◎当たり前を疑う

真実を探す・・・、悟る・・・、というとある特定の瞑想や修行をする、またはヒーリング、波動を上げるマントラを唱えるなどなどいろいろやることで今とは違う状態に到達する、という考えがあるかもしれません。

しかし、実際は探さなくても良いし、到達しなくても良く、単純にあまりに当たり前過ぎて見過ごしている中に真実は見いだされます。ですが、私たちは真実はここにはなくて、どこかにあるのだと探しに出かけてしまいますね。

もちろん、これらは悪いことではないというか、これらの試みも役に立つに違いありません。ただ、必ず抑えておきたいポイントは、真実は当たり前の中にあるということです。

ということで、最も当たり前な感覚、“私がいる”という感覚をまず疑ってみたいのです。

では、これを疑って見るためのコツがまたさらにあります。それは、

◎事実と解釈を分けること

私たちが生きる上での大いなる勘違いは、解釈を事実だと思ってしまっていることです。私たちの多くが思考に頼って生きているため、思考による解釈、分析、レッテル、知識によって加工されたものが事実だと思ってしまうんですね。

この事実と解釈の混乱はあまりに私たちの中に深く入りすぎ、その区別がつく人はほとんどいません。というか、ほぼ100%に近い人が自分の解釈の中を生きています。

でも、この事実と解釈を混乱するところに苦しみがあり、ほんとうに求めているものを無意識に避けたり、自分に制限をかけたり、不要な恐れに閉じこもったりしてしまいます。

とはいえ、解釈を事実だと思い込んでしまう理由があり、それはある意味避けられないことです。ただ、その理由を解体していくことはできるんです。解体したときに、あぁ、事実じゃなかったのだと自分の夢から目覚めるんですね。

また私たちは、事実にレッテルを貼って会話しやすくすることもします。例えば、「学校」を例にとってみると、学校はレッテルですね。事実は「建物があって、その中に子どもたちがいて、勉強をしている」です。それを会話しやすいように「学校」というレッテルを貼っている(名前をつけている)んです。

そろそろ、何を当たり前の話を・・・と思い始めてきたでしょうか? だとしたら、コツの1を思い出してみてください。あまりに当たり前の中に真実がある。ということで、これは非常に重要なところなんです。

振り返って、“私がいる”。「私」は事実として存在するのでしょうか?それとも“私”は、“学校”のようにレッテルでしょうか?

「私」の構成要素は、思い、感情、体ですね。自分をよく見てみてください。自分を構成している要素で他に何かあるでしょうか?または、どれか一つが欠けても自分が成り立つでしょうか?

自分をどれだけ見つめても、実際にあるのは、思い、感情、体(感覚)だけはなずです。それを「私」としているんです。う〜ん、やっぱり当たり前に聞こえる?いえいえ、私たちは普段、自分はそれらの所有者だと思っているはずです。私の思い、私の体・・というように。思い、感情、体のほかに「私」がいると思っているはずです。

そんな当たり前を疑ってみたいのです。

なぜなら、それが真実への入り口だから♪

そして、そこから見える風景は私たちの世界観の真逆の世界♪

あなたが思っているあなたは、夢の中のあなたです。そこから目覚めていくこと。そのためには、夢の中の自分をよ〜く見つめてみること。

あなたは絶対大丈夫♪

ブログで募集していませんでしたが、昨年オンライン・インテグレイテッド心理学を開催しました。また、現在インテグレイテッド心理学を受講した方向けに「気づきの問いかけ」講座も募集しています。

今後、空と色のセミナーなどオンライン講座を予定しています。セミナー案内ご希望の方はこちらからご登録お願いいたします。

https://www.form-answer.com/applications/AEPPX