ハートの声の勘違い、ハートの声って?

ハートの声を聞こうという話は、よく聞くと思うし、私も何度もこのブログで書いています。が、分かりにくいと思う人も多く、今日はちょっと違う角度から。

まず、それなりにあるのが、思考のワクワクをハートのワクワクと勘違いすることです。例えば、“素敵なカフェを海が見えるところに作る”とか、“外国で通訳として活躍する”みたいな。これは、思考のワクワクですね。

思考というのはストーリーを作る性質があり、そして思考にはたいていいつもイメージがついてきます。そしてそのイメージが楽しいから当然ワクワクします。でもそれは、例えば不安なストーリーを描いて怖くなるのと同じレベルのただの空想、実体のないものです。

一方、ハートとは“深く感じるもの”で言葉(ストーリー)を持たず、時間も空間もありません。

また例えば、“外国で通訳として活躍する”の場合、ワクワクするかもしれませんが、“それが実現していない私”も必ず同時にいて、そのギャップがうっすらと焦りや欠如感を生みます。

しかも、思考が作り出すストーリーはただの幻想なので、現実を完全に無視してしまっています。なので、例えば外国に住み始めると、こんなはずじゃなかった・・・というギャップに思い知らされてしまったり。

ですが、ハートの声(感覚)は、今まさに満ち満ちて嬉しい、涙が出てきて温まるような感覚です。

多くの人にとって、思考のワクワクは分かりやすいのですが、では、どうやって感覚であるハートの声が聞けるのでしょうか?

聞けるといっても、それはもちろん比喩でハートがほんとうにしゃべるわけでもなく、言葉として聞こえるものではありません。“明白かつ深いところで感じる”ものです。

ということで、例えば、まず自分が自然に無理なく興味があるものを思い浮かべてみます。

美味しい食べ物を食べるでもなんでも良いんです。で、その中でどんなことに一番喜びを感じるか?と探っていくんですね。この場合、食材の組み合わせにワクワクしているだとします。

では、その食材の組み合わせのなかで何が一番面白い、またはワクワクすると思っているのか?と見てみると、食材という自然のものの組み合わせ、自然と人間のコラボに一番ときめきを感じているかもしれません。

では、人間と自然のコラボの何が一番ワクワクする?と見ていくと、“生命との共演”という言葉が出てくるかもしれません。

もしこれがヒットすれば(=ハートの声であれば)、この言葉がでたとたん、きゃ~~、楽しい!とその瞬間に感じるはずです。意味もなく嬉しいとか。

でも、この言葉はとくに具体的なストーリーもなければ、時間も場所もありませんね。もう今すでにとにかく良い感じ~♪

また、いつもすでに自分の中にあるものですから、現実とのギャップというのもありようがありません。

そして、これだ!ここが私がいつもいたい場所だったと思いだせるものです。わけもなく楽しい感覚、状況に関係なく自分の中から引き出せるもの。

そして、その感覚から発する衝動がもっとも自然に自分らしい人生を生み出しますよね。

私のハートの声は、書くとこっぱずかしいですが、子供のころからずっと“真実を知りたい、真実に抱かれていたい”です。

たまたま私の衝動がセラピストをさせていますが、仕事は何でも良いんです。人によって同じようなハートで科学者になるかもしれません。

また、もう一つそれなりにある勘違いが、例えば、仕事を辞める、辞めないと悩んでいるとき、どちらにするかをハートに従って決めるということ。AとBの選択肢のどちらかを決める基準にハートの声を使うなどです。

この勘違いをしている人は非常に多いような気がします。ですが、ハートの声とは基本的にどちらかを選ぶためのものではありませんね。

何かを対立させて一つを選ぶというのは思考の仕事でハートの性質ではないからです。ましてや何かを否定して、反対を選ぶというは、まったくハートの性質に反します。

しかも、ありがちなのは、辞めることにも辞めないことにも自分の分厚い投影(思い込みや解釈)やストーリーがくっついていて、投影と投影のはざまで揺れ動いているだけだったりします。その場合、ハートの声を聞いても、あまり意味がないというか、投影まみれすぎて真に感じるのはほぼ不可能です。

では、迷っているとき、何か決めなくてはいけないとき、どうしたらハートの声が聞こえるのでしょうか?

それには、例えば仕事を辞める、辞めないというテーマにおいて、どっちか?と自分に尋ねる前にまず、“自分としてどうありたいか?”、“どうあるのが、自分にとって一番自然で力が湧いてくるか?”と聞いてみることかもしれません。

例えば、“創造的でありたい”、“自分に正直でありたい”、“愛でありたい”などなど。

これを例えば、今の会社は創造力を発揮できないから・・・とやってしまうと、ハートの声に思考が混じって、基本思考が勝ってしまいます。

でも、創造的でありたいということを深くじっくり感じていれば、仕事の内容とは関係ないことが分かってくるはずです。なぜなら何に対しても創造的になれるからですね。当たり前だと思っていたもの、みんながつまらないと思うものでも、創造的になることはいつでもどこでもできます。

それがしっかり見えてきたとき、実は選択はどちらでも良いことが見えてくるはずです。先ほどの仕事は何でも良いのと同じです。具体性はいらないんです。

で、ハートの声をしっかり感じながら、“今の自分”にとってより自然なほうに動いていけば良いですよね。

英語で、“going with the flow”(流れに沿っていこう)という言葉あります。どうするの?と聞いて、誰かががこう答えるときは、特に決めないで、なんとなく自分の感じる流れに合わせていくという意味です。

つまり、自分の生命のワクワクをベースに、生命の流れに沿っていく。結果や損得はどうでも良くて、生命とつながった生き方ですね♪

 

☆☆☆悟りとエネルギー心理学☆☆☆ 
~“非二元”の視点から「悟り」と「エネルギー心理学」を学ぶ~

赤坂溜池クリニック付属・ホリスティックヘルス情報室企画

4回シリーズ(すでに2回終了)単発参加できます。

○第1回(10/24)
悟りから学べる心のしくみ(インテグレイテッド心理学)
○第2回(10/31)
抑圧と投影、防衛と攻撃という自我のしくみ
○第3回(11/14)明日!
エネルギー心理学とは?
第4回(12/5)
人生の問題、依存症や鬱にどうワークするか?

<受講料> *会場、zoom共に
4回 22,000円(税込)
単発 5500円
詳細、お申込みはこちらから↓

http://holistichealthinfo.web.fc2.com/201910_satori.pdf

☆☆☆ セミナー案内希望 ☆☆☆

OADセラピスト養成講座終了にともない、
2020年後半よりオンラインなどで新しい講座を開催予定しています。

新しい講座、または単発の講座の案内希望の方はこちらにご記入してください。
https://www.form-answer.com/applications/AEPPX