お金と心の見えない分部

今回はちょっと珍しくお金の話から・・・。

ということで例えば、お金持ちはなぜお金持ちなのか?と考えた場合。何をもってお金持ちと定義するかはちょっと置いておき、社会の中の割合として、いわゆる普通レベルの人が一番多いとして、お金持ちという部類に入る人たちはおそらく少数派だと思います。

なぜでしょう?

いろいろ理由はあるでしょうが、一つの大きな要因として、お金に対してどこまで見えているか?の違いがあると思うのです。

説明させてください。

例えば、お金を得るという概念の中で、時間や労働の対価としてお金を得ると考えているのか、お金が入ってくるしくみを作って得ると考えているのかで、見えるものがだいぶ変わると思うのです。

時間や労働、サービスの対価としてお金を払う、または得るというのは、非常に分かりやすく見える部分です。ので、それなりに多くの人がどうお金を得るか?どうお金持ちになるか?と考えた場合、この対価的な発想になっているかなと思います。

さて一方で、いわゆるお金持ちの人たちは、普通の人が働いている間にホテルでくつろいでいるかもしれませんよね。つまり、明らかに彼らは対価という形でお金を得ていないということです。

彼らは、お金が入ってくるしくみを作り上げ、それがうまく機能すれば、時間や労働の量と関係なくお金が生み出されます。そして、このしくみは目に見えない部分です。

私はかつてロンドン大学の修士課程で芸術運営学を学んでいました。そこでは、美術館などの運営を研究し、新しい形を提案したりするのですが、例えばテート美術館と東京近代美術館では、まったく経営が違います。

その美術館が主に公的資金で運営されているのか、それともチケット収入で運営されているのかなどで、まず展覧会の内容がぜんぜん違ってきます。そのほか美術館の人事、ネットワークなどなども。

その美術館が利益主義なのか、社会貢献を第一にしているのかなどは、お金の流れを見れば一目瞭然です。でも、それは外に見えるものではなく、見える部分はチケットを買って展覧会を見ました­~というところだけです。

でも、明らかにものごとを左右しているのは、見えない部分であって、それがすごく大切なんですね。

そしてお金持ちとは、基本的にこの見えない部分のお金が入るしくみを作った人たちだと思うのです。

つまり、世の中には上手にしくみを作り上げた人、またはしくみを動かせる立場の人と、その作り上げられたしくみの中で働く人たちの二通りがいるわけです。

で、しくみを作る人とは違い、しくみの中で働いている人たちは、仕事が与えられ、それに対して時間と労働の対価としてお給料をもらうことになり、たいていは自分がいくらもらえるのか?にしか意識がいきません。

そして、もちろん一番お金の流れを作り出しているのは、金融のしくみや財政政策ですが、それも目に見えにくい部分です。

税金を払った後、それがどうなっているのかさっぱり分かりませんし、財政政策も規模が大きくなるほどなんだかよく分からなくなってしまいます。

しかし、この見えない部分が、最も私たちの生活に大きな影響を与えていて、みんなが共存共栄していけるか、貧富の差が広がるかはしくみ次第です。

と、ここから心の話になっていきますが、うっ、いっぱい書きたいことがある。長くなりすぎるので主なことだけ。

一つは、心も見えない部分がとても大切だということです。自分が気がついていない心の部分が一番私たちを支配し、またそれによって私たちは世界を把握しています。自分が気がついていない思いが一番外に投影され、それを事実だと思い込んで生きてしまう。(インテグレイテッド心理学)

ですが、カウンセリングはもちろん、セラピーも気づいている部分だけにワークしているケースが非常に多いんです。

また、もう一つ、ものすごく大雑把に言うと、基本的にしくみを作る人のメンタリティは、「私には力がある」で、しくみの中にいる人のメンタリティは、「私には力がない」です。

で、私には力がないというメンタリティは、簡単に犠牲者意識にもなります。

もちろん、それを普段感じることはあまりないでしょう。就職するのが当たり前で、そこで与えられた仕事を上手にこなすことに邁進し、周囲となるべくうまくやっていくことにほぼ100%意識は向いてしまっているからです。

アメリカの有名な司会者の女性が、彼女がまだ駆け出しのアナウンサーだった頃、地方局で女性で黒人ということでセクハラ、パワハラなど酷い目に遭ったとインタビューで答えていました。

しかし、彼女は続けて“でも、私はやりたいことがはっきり分かっていたから、割り切って、欲しい経験だけそこで積んで、違う局に移った”と話していたのです。

つまり、物理的には彼女は組織というしくみの中にいましたが、彼女の心はつくる側の心だったんですね。彼女の場合、自分の人生を創るという意味で。なので、会社は彼女にとってツールにしか過ぎなかったんです。

ですが、とにかく与えられるものをただこなしていくという心だと、自分がゼロから生み出す力があることを忘れてしまい、やっぱり「無力な私」感が生まれてきてしまいます。

見えない部分をみようとすること自体は、癒され度とはまったく関係なく、またもちろん頭の良さとか、経験値とも関係なく、そこを見たいと思う意思や好奇心があるかどうかだけです。

現在の社会のなかで、しくみが見えて作れる人が明らかに優位に立っているように、自分が気づいていない心の分部が見えている人ほど、自分や自分の人生を創りだすことができるなぁと思うのです。

“自分が気づいていないものに私たちは振り回される”

ということで、まずは自分が見えていない自分の中の部分を見てみませんか?♪

 

☆☆☆悟りとエネルギー心理学☆☆☆ 
~“非二元”の視点から「悟り」と「エネルギー心理学」を学ぶ~

4回シリーズ(すでに2回終了)単発参加できます。

○第1回(10/24)
悟りから学べる心のしくみ(インテグレイテッド心理学)
○第2回(10/31)
抑圧と投影、防衛と攻撃という自我のしくみ
○第3回(11/14)明日!
エネルギー心理学とは?
○第4回(12/5)
人生の問題、依存症や鬱にどうワークするか?
<受講料> *会場、zoom共に
4回 22,000円(税込)
単発 5500円
詳細、お申込みはこちらから↓

☆☆☆ セミナー案内希望 ☆☆☆

OADセラピスト養成講座終了にともない、
2020年後半よりオンラインなどで新しい講座を開催予定しています。

新しい講座、または単発の講座の案内希望の方はこちらにご記入してください。
https://www.form-answer.com/applications/AEPPX