一番大切で、でも一番無意識に守っているもの

私たちは自分に関するいろいろなものを守って生きていますが、その中で最も大切で、最も無意識で、最も失いたくないのがアイデンティティかもしれません。

ちなみに精神面の話で、自分の身体を危害や病気から守りたいとか、家族を災害から守りたいなどは、ここでは横に置いてしまいます。

アイデンティティとは、ご存知の通り「私は~~である」という思いですね。

例えば、「私は母である」というアイデンティティが一番強ければ、その人は家の外でもそのアイデンティティを軸に振る舞い、母として、または子供中心の目線で世界を見ていきます。

または、自分は社長だというアイデンティティであれば、会社の外でもあたかも社長のように振舞ったりするでしょう。赤の他人の女性を自分の部下のように見てしまったり、お店でも自分を上に扱ってもらうのが当然だと思ってしまったり。

これらのアイデンティティはもちろん無意識のうちに作られたものですね。意識的に作っている人はほとんどいないでしょう。

では、どのように無意識に作られるのか?

ということで、いきなり非二元(悟り)の観点に飛んでしまいます。私たちの本質である「気づきの意識(空)」には、なんの性質も属性もありません。まったくのゼロです。生まれがばかりの赤ちゃんはこの状態に限りなく近く、名前でさえもまだ自分のアイデンティティにはなりませんね。

私の弟も3歳ぐらいだったか、“僕、男だっけ?女だっけ?”と母に聞いていたのを覚えています。それぐらい「自分とは~~だ」という概念がまだ作られていないわけです。

ところが私たちは大人になるにつれ、様々なアイデンティティを身に着けていきます。名前はもちろんのこと、性別、年齢、国籍といった属性から、「自分はつまらない人間だ」といった思い込みなど、「自分はこういう人です」というものがたくさん出来上がります。

で、このように様々な「これが私だ」という属性やビリーフを身にまとっていきますが、コアのアイデンティティとなるものは、毎日一番そこにエネルギーを注いでいるものとなります。

毎日なので日常化してしまい、あまり意識上に上って来ないのですが、上の例では、毎日母として何をすべきか?、どうあるべきか?と考えていれば、それが一番強いアイデンティティになっていきます。

その場合、子育てが終わり、子供が巣立っていくと、ものすご~く空っぽな気分になり、私の今までの人生って何だったのだろう・・・となりがちです。

このように“役割”に同化し、それがアイデンティティになるケースは非常に多いですが、「毎日エネルギーを一番注いでいるもの」という観点からすれば、必ずしもそうだとは限りません。

例えば、私の場合、「心理セラピスト」として長い間日々仕事をしてきましたので、役割的?仕事的?には明らかに私の中心のアイデンティティとなります。

ところが振り返ってよ~くみてみれば、私が一番エネルギーを注いでいるところ、努力しているところは、「セラピストである」ことではなく、心のしくみを知ること、真実を知ること、それをシェアしていくという「プロセス」です。

このプロセスそのものが私には非常に大切であり、それが「私」なのです。

なので、セラピストとして否定されるのは、実はあまり痛くないし、積み上げてきた成果を否定されても、気分は悪いけどあまり痛くない。でも、“ずっと”(←ここにプロセスの意味合いが入る)積み上げてきたんだよというところを否定されると痛い、痛い。

積み上げてきたプロセスの中に様々な感情や思いや思い出があり、それが「自分」になっているので、それが否定されたら、私はまさに消えてしまう。

例えば、“あゆかさんは出来るけど、私には出来ない”というような一見誉め言葉みたいなことでも、私の中のやさぐれアイデンティティが、“いやいやずっと追及して頑張ってきているからだよ、そういうことじゃない!!”と暴れだします。

単に“誰でもできますよ~”と返事すれば良い話のことなのですが、コアのアイデンティティがスルーされたと感じて傷ついてしまう。

または、慢性の病気を抱えている人で病気がコアのアイデンティティになっている場合もよくあります。良くなりたいし、苦しいからではあるけど、毎日毎日病気や症状のことを考え、そこに意識を向けているため、無意識に「その症状を持つ私」が自分のアイデンティティになってしまうんです。

この場合、症状が改善するということは、自分が消えてしまうことになるため、無意識の抵抗が強く現れてしまいます。無意識にセラピーに抵抗したり、本当に核心に近づくとセッションを受ける気持ちがなくなってしまったり。

さて、もう一度悟り(非二元)の観点に戻ると、私たちの本質からすれば、人生の何かにどれだけエネルギーを注いできたとしても、それは本質の自分ではありません。

しかし、私たちは本質をまったくスルーしているため、無意識に構築してきた「自分」にこだわり、その自分を守ろうとしていきます。なので、それが無視された、否定されたと感じると傷つき、相手を攻撃的に見てしまいますね。(嫌う、苦手意識を持つなど)

ネガティブなイメージやビリーフに同化し、それがあたかも自分であるかのように生きるのも十分に苦しいですが、一見ポジティブで良さげなことでも、それを守る必要があれば、やっぱりそこに苦しみは生まれます。

とはいえ、社会の中で機能していくために、私たちには何らかのアイデンティティは必要です。

ので、アイデンティティを捨てちゃいましょうという話でもありません。

でも、

なんの属性もなく、時間も記憶も思い込みもすべて何もない気づきの意識にいつも立ち戻ることができたら、私たちは自然と構築されるアイデンティティを楽しむことができるようになるでしょう。

私たち(=自我)がほんとうに寄って立てるところは、無意識に出来上がったアイデンティティではなく、本質にあると思うのです。

それには、まず自分は何に一番エネルギーを注いでいるだろう? それがない自分でも大丈夫?と問いかけることから始まるのでしょう。

そして、本質を思い出すこと。自我がほんとうに求めていること、それは本質に同化すること♪

 

☆☆☆ノンデュアリティと癒しのカフェ☆☆☆

自分の本質について、癒し、自我、人生についてのお話会です。

ご都合がつく方はぜひいらしてください。

満席となりました。キャンセル待ち募集中

日程:11月10日(日)13時~15時半
場所:香音里(東西線神楽坂駅徒歩1分)
http://www.ko-o-ri.com/contents/information.html
参加費:5000円

お申込みフォーム
https://www.form-answer.com/applications/W5YKD

☆☆☆ 治療効果が上がる心理セラピー ☆☆☆

人の心が病むのはなぜだろう?
なぜ、被害妄想や強迫観念、パニック障害、依存症や鬱になるのだろう?

心の病はたまたまなるものではないはず。だとしたらどういうメカニズムでどのように健康状態から病の状態へ移行していくのだろうか?

心のしくみ、脳や自律神経の機能、悟りの真実の観点から。

2019年11月30日(土) 13時半~16時半
“治療効果が上がる心理セラピー”
OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ)
無 料♪
医療法人むつみホスピタル
徳島県徳島市南矢三町3丁目11-23

詳細はこちら