思考をぐるぐるさせる正体~♪

One RepublicというバンドのStop and Stare(立ち止まって見つめる)という曲がありますが、ライアンが“ストップ、アンド、ステア~~~~ッ”と叫ぶたびに、私の頭はほんとうに止まります。(そういう歌じゃないけど)

誰かの言葉にすごく傷ついた、見に覚えのないことで責められて立場が悪くなった、うっかり要らないことを言ってしまった、夫に借金がばれた、子供が受験に失敗した・・・・。

とにかく人生、いろいろ起きますよね。

そんなとき、そのことで頭がいっぱいになって、思考ばかりがぐるぐると爆走し・・・。という経験は誰にでもあるでしょう。

でも、思考がぐるぐるしている、爆走していると意識できれているのはまだ良いほうで、私たちはたいてい思考にすっかり同化し、そこにどっぷりはまっているため、自分ではただ一生懸命解決方法を考えているだけだと思っていたりするものです。

実際はぐるぐる思考に全身全霊振り回されているのですが・・・。

ということで、問題だ~!と思ったときほど、一度止まって、今私どんな感じ?何が実際には起きていること?と見つめてみるのはいかがでしょうか?

すると、ものすごい感情の渦が見えてきて、それに合わせて、同じ思考が緊張と重量を伴いぐるぐるしているのが見えてくるはずです。

思考のぐるぐるは文字通り感情の渦によって起こされているんですね。ちなみにこの状態は交換神経が活発化してしまうため、不眠にもなりやすいです。

で、この思考のぐるぐるはネガティブな感情の渦に踊らされているので、冷静に考えているつもりでも、ネガティブなメガネですべてを捉えてしまいます。

つまり、状況や他者を歪んだ目で見てしまうんですね。

でも、これも私たちはあまり気づくことができず、歪んだ目で眺めた状況が事実だと思ってしまうものです。

ので、そこから生まれる解決方法もなんか歪んだものになってしまう・・・・。

ということで、思考ぐるぐるに気づけたら、その源である感情の渦を静かに見つめてみます。

ここでのポイントは、例えば怒りなら、怒っている、腹が立つ~とただ感じているということではなく、また、怒りの理由について考えることでもありません。

それよりも怒りの元(原因ではなく)を探しに行くことです。自分の中の満たされない何がこの怒りを生んでいるのだろう?と思考のない静かな心の空間の中で、ただ怒りの元を見つめてみる。

このとき大切なことは、分析や考えを「ストップ」させていることです。真っ白な白紙に怒りだけが浮かび上がっているような感じ。

すると怒りから言葉が見えてくるんですね。はじめは、“なぜお前はそうなんだ~!”みたいな相手への怒りの言葉かもしれません。(この時点では怒りの原因は相手だと思っている)

でも、大きなヒントは、怒りの言葉の主語が「私」になるまで見つめることなんです。

例えば、“私を馬鹿にしないで”、“私を無視しないで”、“私をおざなりにしないで”、または“無力な私なんて嫌だ!”、“私はもう終わりだ!”といったような声です。

満たされない声、恐れの声、自分を否定する声など。

これらの声はまだまだ表面的な声で、相手は馬鹿にしてもいなければ、無視してもいないかもしれません。また、無力でもなく、終わりでもないはずです。ただ、自分のもっと深い心の傷がそう思わせているんですね。

ですが、とりあえずこの“私の声”を聞いてあげて、なにか心の傷か過去の経験があるからこういう叫びが私の中にあるんだなぁと受け止めてあげます。(←自己受容=自己愛)

これだけでも、だいぶ感情が落ち着き、感情の渦で歪んで見えていた事実とは、まったく違う事実が見え始めてきます。

このときに解決の武器を私は持ち出します。それは・・・、

じゃん♪

“一番愛のない場所はどこ?”という問いです。

私たちが問題だと感じるとき、当然その状況や他者を否定した目で見ています。でも、先ほども書きましたが、否定(=恐れ、分離)の目からは、良い解決策が生まれることはほとんどなく、やはり解決するなら愛を味方につけたい

ということで、私は何を一番否定しているのだろう? 自分のこと?他者?それとも出来事?

そして、そこにどうやったら愛(受容、理解)をもたらせるだろう?と自分に問いかけます。

感情の渦が高いうちにこの問いをしても、ネガティブな感情のエネルギーにとても太刀打ちできません。愛なんていらな~~い!!うるさい!!と跳ねのけられるのがおちです。(←経験者)

さて、この愛をもたらす作業は実はそれほど簡単ではありません。否定している理由が心の深いところにある場合、まずはそこに光を当てないといけないからです。

が、たいてい深いところにありすぎて、自分ではなかなか気づけないんですね。

それでも、静かな空間の中でじっと見つめて、愛をもたらそう、愛を探そうとしているだけでも、実は私たちは愛をすでに味方につけているんです。

ちなみに愛をもたらすとは、例えば、無力な自分を否定しているとしたら、その自分を受容する、理解するなどです。(他者や出来事だったら、やはり主語が私になるまで見つめる)

こうやって書いていると、長い作業に聞こえるかもしれませんが、寝る前の5分、10分でもできちゃいます。または朝一人早く起きたときにコーヒーを飲みながらでも。いつでも。

そして、どうしても愛より否定のほうが勝ってしまっていても、最低自分が愛へ向かって歩もうとしていることを認めてあげたいですね♪

さ~て、春は名古屋に行きます! そちら方面の皆様、ぜひお会いいたしましょう♪

 

★★★

ノンデュアリティと癒しのカフェ in 名古屋

非二元の本質について、自我の構造、苦しみが生まれるしくみ、デモカウンセリングなど

日程:2019年4月21日(日)
時間:10時半~16時半
場所:愛知学院大学名城キャンパス(2502、2503教室)
http://www.agu.ac.jp/project140/campus/access.html
参加費:8千円
【申し込みフォーム】
https://www.form-answer.com/applications/TMMFK

★★★

OAD心理セラピスト養成講座募集中

無意識のストーリーを解体するスキルを学びませんか?

詳細はこちら↓
https://heart-resilience.com/therapistcourse

思考をぐるぐるさせる正体~♪」への9件のフィードバック

  1. あゆかさん、
    全然関係ないコメントでごめんなさい。
    ネガティブナリシズムは
    自分自身では
    かなり当てはまる!と思っていても

    実際はセラピーしていて
    セラピストさん側からを見ると
    この人はネガティブナリシズムではない、または
    ネガナリだ!と
    わかるものでしょうか。😰

    • ななさん、こんにちは♪

      数回セッションを受けて頂ければ、だいたいそうかなぁというのは分かります。特に自分がネガナルちゃんだったセラピストさんはより他のセラピストさんより分かりかもです。また、私もクライアントさんにネガナルちゃんが多かったので、けっこうセンサー(笑)効きます。

      でも最終的に、今自分の心の中はどんな状態?というのをできるだけ正確に見ることができれば、あまりネガナルかどうかにこだわらなくても大丈夫だと思いますよ。

      • あゆかさん
        ありがとうございます。
        セラピー受けてるんですが、セラピストの人に私はネガナリではないと言われて、
        私はネガナリの人のチェックシートをしたら、かなり当てはまって
        毎日苦しいのに、
        自分とのギャップってあるのかなと思ったり、よくわからなくなって書いてしまいました💦すみません。

        セラピー中は素を出せないで、
        ほんとうは、いやってことがいえなくて
        結構いい子ぶってしてしまうので
        わかってもらえてないのかな。
        と感じてたんですが、

        ネガナリかどうかは最終的にはどうでもいいんですね。ありがとうございます

        • セラピストさんは、私のことわかってもらえてないのかなって不安で書いてしまいました。失礼しました。

          • ななさん、お返事をありがとうございます♪

            ネガナルかどうかということより、もし、ほんとうにいい子ぶってしまうのでしたら、そっちがもっと問題かもです。セラピー中に素を出せない場合、ほとんどセラピー効果ないと思います。

            いい子ぶってしまうと、一見セラピーがうまく行っているように見えてしまい、それを見破れるセラピストさんも少ないかな~と思います。ので、一度なぜいい子ぶってしまうのか?というのを見てみたほうが良いだろうと思います。

  2. 意味わからなくてごめんなさい。

    自分ではネガナリだ!と思っていても、
    実際はそうじゃない場合は多いでしょうか。

  3. あゆかさん、
    お返事ありがとうございました!
    そうなんですね。
    たしかに。セラピストさんから
    大丈夫、うまくいってると言われてますが
    しっくりきません、もう一度考えます。ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中