癒しに時間がかかる理由♪~苦しんでいるのは誰?

今現在苦しいなぁ~と感じている場合、セッションを何回受ければ、一体楽になるのだろうか?
と思いますよね。しごく当然なことで、私も腰痛がひどければ、整体の先生に同じ質問をするでしょう。

ところで、“今自分は苦しい~”とわかっているのも、実は一歩進んでいるんです。自分が苦しいことをきちんと認識していなくて、周囲に投影しまくって怒りまみれになっている人も世の中には多いものです。

話を戻して、セッションは何回ぐらい必要なのか?”ですが、もちろん、まったく答えられません。が、それでは不親切なので、なぜ答えられないのかを少し書いてみたいと思いました。

そもそも苦しみの原因って何? 一つだけ挙げよ、と言われたら、私は間違いなく「否定」にあると答えます。

ある意味明白ですよね。だから愛や受容が癒しを起こしてくれるわけです。

例えば、「私はバカだ」という自己否定の思いも受け入れていれば、まったく苦しみになりません。(なかなかそうはいきませんが・・・・。)

なので、すごくシンプルに言ってしまえば、多くの心理学、たくさんの過去の原因などなどをぜんぶ忘れて、自分の中にある否定だけを見ていけば良いんです。

とはいえ、シンプルだから簡単なのかというと、何重もの否定やメリットをもった否定を意識の深いレベルで抱え、心の中が複雑骨折みたいになっているケースも非常に多いです。

基本的に自我は、自分を分離した存在でどこかが欠けている、何かが足りないと感じているものです。

つまり、私たちの中には初めからビルトインで(自己)否定があるんです。

それでも、育った家庭がそれなりに愛情ベースで、なんだかんだいって自分は両親から愛されていると感じられるものであれば、自己肯定感もしっかり育ち、自己否定が大きくなってしまうことはあまりありません。(もちろん、すべてには例外あり)

しかしもし、幼い頃の環境が複雑性トラウマを生むようなものであったり、小中高のどこかでいじめにあったりしてしまうと、自分を否定することしか知らない状態になりがちです。

それに加えてネガティブナルシズムの傾向があると、もう苦のスパイラルにどっぷりはまったままになり、とにかく苦しいだけ、生き辛いだけになり、体にも不調が出てくるかもしれません。

さて、苦しみの原因をもう一つ挙げても良いよ~と言われたら、それは紛れもなく「同化」と答えます。

間違ったビリーフ、自己イメージへの同化です。と書いて、う~む、分かりにくい話になるかもしれないけど、非二元に飛びたくなりました♪ ということで、シートベルトをお締めください。(←久しぶり)

例えばネガティブナルシズムは、乱暴にまとめてしまえば、ネガティブな自己イメージに深く強く同化し、それを軸に生きている状態と言えます。でも、真に起きていることは、同化を超えて、それそのものになっているということなんです。(単にネガティブな思いが多いということではありません。)

私たちは普段、私の思い、私の感情、私の体という言い方をし、あたかも思いや感情や体をもっている「わたし」がいるかのように話をしています。

でも、もしそうであれば、思いや感情、体がなくなっても、「わたし」が残るはずですね?ところがどうでしょうか? 真剣に探してみてください。「わたし」がどこかにいるのか?

そうです。私たちが普段「わたし」と言っているのは、思い、感情、体の集合体のことなんです。そこにそららの所有者はいないんです。

つまり、“私”が何らかの思いに同化しているというよりも、ネガティブな自己イメージそのものが主体となって生きているんです。

なので、過去の出来事を癒したとしても、主体であるネガティブなエネルギーが常にガンとしてそこにあり、その感覚がいつもすべての軸となっているため、あっという間に同じ苦しさが戻ってきてしまいます。

なので、ネガティブナルシズムも、私(主体)がネガティブナルシズムに陥っているというより、もっと正確には、“ネガティブナルシズムが主体となっている”んですね。

またこれは悪いことではないのですが、自我には基本的に生き延びようとする衝動が常にあります。

ですがこの場合、ネガティブナルシズムとしての主体が生き延びようとしてしまうんです。つまり、ネガティブナルシズムが解体されるということは、自分の「死」を意味してしまうので、苦しいと感じていても、無意識のレベルでは良くなることへのものすごい抵抗があったりします。とっても多いです。

では、どうしたら良いのか? 気づきのダンス(もう一つのブログ)にも書いてありますように、今苦しいならやはりセラピーを受けるのが一番良いと私は思うのです。

その一方で、ここに書いてきた理由で「気づきの意識(純粋意識)」に寄り添い、本質のエネルギーをよく感じるようにしていくことも同時に大切だなぁとつくづく思っています。

苦のスパイラルにはまってしまっている場合、癒しにはそれなりの時間がかかります。たくさんの思い込みや抑圧され蓄積した感情、そして上に書いたような抵抗などなど、こんがらった心のひだを一つ一つ丁寧にひも解いていく必要があるんです。

その間、「気づきの意識(純粋意識)」を休憩の場にしていけると良いだろうと思うのです。主体が少しの間でも、「気づきの意識(純粋意識)」に取って変わっている時間。

ということで、今年の7月にロンドンでノンデュアリティのお話会をした録音のリンクを貼っておきます。最後のほうに「気づきの意識(純粋意識)」に寄り添う瞑想らしきものをしていますので良かったらどうぞ♪

ついでに久しぶりに東京で「癒しとノンデュアリティのカフェ」も開催します。宜しければぜひご参加ください。

また、ネガティブナルシズムに興味がある方、自分がそうなのかどうかチェックしてみたい方は、元ネガティブナルシズムで現在OADトレーニーセラピストの徳山菜穂子さんのブログをご参照ください。

☆ノンデュアリティトーク in London

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ノンデュアリティと癒しのカフェ開催♪

【日時】2018年10月13日(土)18時15分~20時30分
【場所】あうるすぽっと(東池袋)
http://www.owlspot.jp/access/
【参加費】4500円
【申し込みフォーム】
https://www.form-answer.com/applications/6TYFT

☆☆☆

EFTイントロダクション・レベル1 in 東京
2018年9月8日(土)1日

EFTプラクティショナー講座 in 大阪
2018年9月15日(土)~17日(月祝日) 3日間

EFTプラクティショナー講座 in 東京
2018年10月6日(土)~8日(月祝日)3日間

私は日々乱用し、ほんとうに重宝しています♪

すべてのセミナー詳細はこちら↓
http://jmet.org/201809osaka_eftseminar/

☆☆☆

ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー

2018年9月21日(金)19:00~21:00
もう傷つかない、わたしを大切にする《恋愛》《パートナーシップ》の築き方
~自然体のあなたが一番喜ぶ恋愛をしよう~

詳しくはこちら↓
http://heart-resilience.com/number/shortseminar-201809

癒しに時間がかかる理由♪~苦しんでいるのは誰?」への18件のフィードバック

  1. あゆかさん、私の質問を取り上げていただいてありがとうございます。
    ふむふむ、と読ませていただきました。

    ところで私はエックハルトトールの教えが大好きで、『ニューアース』がこれまで生きてきて一番感銘を受けた本です。一時期はバイブルとして何度も読み返しました。
    『さとりをひらくと~』も対話形式で分かりやすく実践的な内容なので、実は久しぶりに読み返しています。読んでいるだけで気づきの意識に寄り添える感覚があります。
    そしてここでまたしても質問です!

    本によると、「いまに在る」ことでペインボディ(=感情の痛み)が溶けてしまう、とあります。ということは、あゆかさんの仰る気づきの意識に寄り添うと、過去は幻想となり、究極的にはセラピーも必要ではないということになりますか。
    営業妨害にならないといいのですが(笑)、そういう理解に達しました。

    もしそうであるなら、気づきの意識を休憩の場というより、人生のベースにしたほうが良いのかなと思った次第です。
    とはいっても、気づきの意識に寄り添えるようになるまでは、苦しみもあるし、セラピーも必要ですよね。

    • こぼちゃん、こんにちは♪

      あはは、営業妨害にならないので大丈夫です! 私もエックハルト・トールはほんとうに素晴らしいと思っており、OADセラピスト養成講座の必修図書にニューアースは入れているんですよ。

      「いまにある」ことでペインボディが溶けていくというのは、その通りだと思います。が、その「いまにある」ことの深さ、またペインボディをどこまで深く見ることができるのかが大きいと思います。そうでないと、あっという間にペインボディのエネルギー(ストーリー)に引き込まれてしまうからです。そちらのほうが全然リアルですし。

      とくに感情の蓄積は体にガッツリありますので、吸引力が非常に大きいですよね。ので、しっかり深く「いまにある」ために、ある程度セラピーで感情の蓄積(それ以外にイメージや思い込みも)を解消していたほうが、うんとやりやすいと実感しています。

      例えれば、重たい砂袋を必死にしょいながら、いまにあろうとしても、砂袋の重みが気になってしかたがない、体が引っ張られてしまうみたいな・・・・。

      ということで、お薦めは両輪ですが、急に深いシフトが起きるかもしれませんし、これだけはどれが一番良いとは言えないかなぁと思います。

      • あゆかさん、こんにちは!

        なるほど、両輪がよさそうですね。

        エックハルトトールを読んでいると、過去の発掘作業には終わりがないので、過去を掘り下げると底なし沼にはまってしまうとあり、とすると、セラピーを受けて癒さないと、と思うことで、私が過去にこだわっているだけなのかな、と疑問が湧いていました。

        そして、よし、いまに在ろう!と決意してみても、仰るように、重たい砂袋を必死に背負って今にも押しつぶされそうな私がいて、あっという間にペインボディのエネルギーに引き込まれ、いつもお馴染みのストーリーを再演してしまいます。

        深いシフトが起こり、急に楽になれたら一番良いのですが、そのような恩寵を待ち望むよりは、地道に気づきの意識&セラピーに取り組むほうが現実的ですね。

        このようにあゆかさんと直接やり取りができるなんて思っていなかったので、今さらながら感激しております!
        理解が深まったり納得したりしてすっきりしました。
        ありがとうございます。

  2. この記事とは直接関係ありませんが、

    ある人が悟りの愛ある在り方を語っても、
    また別に、エゴで生きたい人が勝ち負けノウハウを声だかに語っても、

    ↑どっちも賛同が起きる流れはみんなおんなじ。
    人数の多い方で盛り上がる。
    集団心理の現象は、なんら変わらない。
    職場も家庭も、カウンセラーファンのネットコミニティーも。
    主張するとその主張が表となり、その他の主張は影の裏になる。

    どれがいいの?と迷う人達の前で、
    裏が表となり表が裏になり、
    どっちを主にして生きても許されてる事を
    ただ回って見せられているだけ。

    そんな風に全部を眺めています。
    どっちもよく知ってて、どっちにも強く片寄らない落ち着きがいい気がします。

    強い主張を出すと、パタパタパタっと草木がなびき広がって行くけど、
    やがて真逆の主張が、わーッと押し寄せてくる。

    ↑これやってると、人生が波乱万丈の嵐みたいになっちゃう。
    そういう現象が、面白いなあ、って思います。

    • 涼さん、こんにちは、

      一歩引いて観ていらっしゃるのが素晴らしいですね。(なんか上目目線ですみません)

      悟りの愛あるあり方も、それが自分の生き方になってしまったら、勝ち負けのノウハウと同じストーリーですよね。だから、ほんとどっちでも良いかと。

      でも、ストーリーを超えたとき、人生も消えて、自分も消えて、本質だけが残って・・・・・。

  3. あゆかさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
    今回の録音を聞いていたら、静かにしずかに涙があふれてきました。
    録音が終わってからも、あふれるままにしたあと目を開けてからも
    目に映る部屋の景色はただぼんやりとそこにあるだけで
    涙はあとからあとから静かにこぼれ続けました。
    放心状態(からっぽ)の中にいるような
    でも圧倒的な安堵とぴったりしているというか、、、
    (ああすみません、それとも違う、言葉では言い表せないのですが)
    そのうちに、少しづつ感覚が感じられて
    今のって何だったのかな、涙はどうしてこぼれたのかななどと
    突きとめようとする思考が巡り始めました。
    もっとお伝えしたいことはあるのに、言葉がみつからないです。
    とにかくあゆかさんの録音でこんなことが起きました~ということを
    お伝えしたくて&お礼の気持ちをお伝えしたくてコメントしました~。
    ありがとうございました。

    • miwaさん、こんにちは、

      とても嬉しいフィードバックをありがとうございます♪

      気づいている意識に寄り添ってもらえたんだなぁと、心から嬉しく思います。一見地味な瞑想?なので、意外にみなさんやってくれないんです。それよりも、必死に頭で理解しようとしてしまって、残念だなぁと思うこともそれなりにあり、なので余計嬉しく思います。(と、嬉しいを3連発してしまった)

      また、別バージョンをいつかアップしてみたいと思います☆

      • あゆかさん、お返事をいただき
        ありがとうございました。
        嬉しく読みました。
        しずかにあふれた涙は、
        とても愛おしいものでした。
        そして、あゆかさんの声がとても優しくここちがよいので
        ずっと聞いていたいと思える録音でした♪
        「別バージョン」楽しみにしていま~す。

  4. 今度はこの記事に関係する事ですが、

    【苦のスパイラルにはまってしまっている場合、癒しにはそれなりの時間がかかります。たくさんの思い込みや抑圧され蓄積した感情、そして上に書いたような抵抗などなど、こんがらった心のひだを一つ一つ丁寧にひも解いていく必要があるんです。】

    ↑これとてもよくわかります。
    あゆかさんのおっしゃることは 真実だとわかる。
    これが王道ですから私も時間見お金も多少はかけて専念しました。

    ただ、これ、やっぱり長いんですよね。
    長いってことは、「まだ全部紐解けていない自分だ、」と自己否定を長く続ける訳で、
    それって「自己否定」を見つける旅なのに、「まだ自己否定がわからない、まだあるじゃん、」と自己否定、なんてことになる。

    だから、自分は、紐解けないまんまでいいや!これでいい!これが自分!みたいに今の自分を認めちゃって、
    悟りが深まらなくてもオッケイ!と前に進んじゃった。

    それから、
    これの紐解きが片付かないと、何も取り組めない感じ、スタート出来ない感じで焦りつつ、
    いつまでも目から鱗の成果が見えないので、時間とお金の喪失感も出ます。

    これについても、もうこれでいいや!と仕事始めちゃいました。
    有料セミナーで講義で教えてもらう、ではなくて、
    仕事で人に出会い揉まれて人からなんか学び気づきが降りるのを待とう、と。

    だから食べてく糧として仕事してるというより、
    カウンセリング効果を目論んで仕事してます。
    お金を頂いて、気付きも得ようという図々しさです。

    この目論見はうまくいって、日々の出来事から様々答えが見いだせてます。

    しばらく、こちらにコメント続けながら、迷いもありましたが
    やっぱりこれでいいな、ってもっと固まりました。

    • こちらも、こんにちは♪

      長いってことは、「まだ全部紐解けていない自分だ、」

      長くても、一回ごとに一つ一つ否定が解けたり、気づきがあったり、受容が起きたりしますので、一気にすべて楽になりました~は、なくても、少しづつ楽になっていくと思いますよ。

      (それこそネガナルちゃんの場合は、ちょっと違いますが)

      一回のセッションで必ず何らかの否定や抑圧や何か見つかりますので、スッキリまで行かなくても、だいぶ和らげてあげることはできます。感情にアクセスできる人だと、とてもスムースです。

      ただ、まるまる楽になるまでダメだと思い込んでいたら、苦しくなるとは思います。

      そんな場合は、自己否定している自分を受容してあげるといいかもです。

      とはいえ、ご自分が今効果あると思うものをとりあえずやるのが、一番だと思います!

      • 長くても、一回ごとに一つ一つ否定が解けたり、気づきがあったり、受容が起きたりしますので、一気にすべて楽になりました~は、なくても、少しづつ楽になっていくと思いますよ。
        (それこそネガナルちゃんの場合は、ちょっと違いますが)

        ↑これもみんなわかってますよね。その上で長いと思いもんじゃないですか。
        多分、早く生き生きと暮らしたい、と思うからでしょうね。
        私は、仕事も子育ても一時中断して取り組んでましたから。

        一回のセッションで必ず何らかの否定や抑圧や何か見つかりますので、スッキリまで行かなくても、だいぶ和らげてあげることはできます。感情にアクセスできる人だと、とてもスムースです。

        ↑これもよくわかりますが、自分でセルフカウンセリングでいけるとこまで行けます。(逆に自分でセルフカウンセリングできなくてどうするの?教えてもらってまでどこ生きたいの?と思う。オリンピックでドーピングしてまで勝ちたい、とかの過程ではなく勝敗が目的の趣旨がずれた感じします。)
        それで、最後のラスボスに行かなかったら、それでもいんじゃないのかな、と思う。

        • 涼さん

          おぉ、子育ても仕事も中断して取り組んでいらしたのですね。すごいです!
          相当ご自分の中を見てこられたのですね。それではよくお分かりははずです。

          はい、自己ワークもかなりのところまでやれると思います♪

          まだまだ暑いですが、良い一日をお過ごしください♪

        • 私がなんでそう言うのか、理由があります。
          人から教えてもらうと、人に教え込みたくなる。黙ってられないと思う。
          自分の熟度の時期じゃないのに答えだけ知るという事は、得たことを適切に使いこなせる度量が未発達という事、あるから。
          経過があって偶然知るのとは、なんか違うんですよね。

          悟っても、(カウセリング起業に向かうならいいでしょうが)一般の中で生きるなら、それも、苦しいと思う。
          ここからの方が大変かも。
          人を見透かさないで、諭さないで説教したい衝動を 「あるな〜」と眺め、他人をそのままにしているというのは、深い愛情ですが、相手にそこを気付かれて受け取られる事はないですから。
          それは、せっかく自分に湧いてくる愛情があっても、人に社会にそれが還元できないだれも幸せにできないジレンマを浴び続ける事でもある。

          レイプされた人に、「それは起きていない」と諭す愛情は伝わらない。
          準備と時期が人にはあるもの。
          一般社会では、悟りの真理は人の心がわからない愚かとなり価値を持たない。逆に人を引き裂き人を潤わせないと思います。
          では、悟って湧いてくる自他の愛情とはなんなんでしょう?
          この愛情は、弱いとか卑屈とかに誤解されて、DV系の人は、自分の道具にしようとしてきたりします。

          ↑これもストーリーですが、こういう遭遇は現象としてあるでしょう。
          なまじこれは投影!と確信持っていると、DV系フレネミー系の人には火に油です。
          長く一緒にいれば、悟って剥がれたのに、また飲まれて負けてしまう。新たにコアビリーフと同化してしまう可能性はありますよね。

          悟っても、それなりに背負いますし、来るものはくる。
          おんなじだなあ、と。
          真実の真理でも、それを用いて生きる世界自体は違う文化なので、価値は埋もれます。
          どっちが凄いというのでしょう?どっちでもいいのだなあ、となっていきます。
          そう思うんです。

          私は、こういう事の見解を聞きたかった。
          ここまで物事を悟っている、そうそうは居ないと私が唯一認めたあゆかさんからは、どう見えますか?どう思ってますか?と
          聞いて見たかった。
          それでコメントを最近複数書いて来たんですね。
          コメントの出どころは全部ここから来てます。

  5. あゆかさん、こんにちは。

    ノンデュアリティトーク in London、たまたま数日前に前半だけ聴いていたのですが、あぁ「ノンデュアリティと癒しのカフェ」に参加したときにやった気づきの意識に寄り添うやつね~と勝手に分かったような気になり、最後のほうは聞き逃していました。
    miwaさんのコメントを読み、ほぉ~どれどれと思い、もう一度聴き直してみました。

    瞑想のときは音が気になったりしてそれほどでもなかったけれど、そのあとのあゆかさんの説明に入ったところで、少し不思議な感じになりました。
    自分が見ている景色を自分が作っているような、私の世界を作っているのは私という感覚でした。なんだってできそう!という万能感。
    だけどその視点から個の私を捉えると、やっぱりちっぽけな存在になってしまいます。あぁ夢から覚めちゃう~と(本当は逆なのに)思いました。笑
    現実が辛すぎて、ずっと眠ったまま楽しい夢でも見続けたいなんて思ったりしますが、確かな現実と思っているほうが夢だなんてパラドックスですね。

    録音が途中で切れてしまっているようで残念でした。
    別バージョンも楽しみにしています。

    • こんにちは~♪

      >気づきの意識に寄り添うやつね~と勝手に分かったような気になり、

      あぁ~~(笑)たぶん、多くの人がやっている楽にならない癖?かもです。一度知ってしまうと、分かった気になってやらなくなってしまうんです。そして、すぐ次のまだ知らないことを求めてしまう・・・(ここもコボちゃんがそうだということではなく)

      音も今起きていることの一つで、邪魔なものではないんですよ。気づいている意識にほんとうに寄り添っていれば、そのとき起きるすべてのことがそのままで生命の息吹なんです。そこまで深く寄り添えると、自分を見たときもっと愛おしく見えるかもしれません。

      録音が切れているのは、参加費を支払ったお話会でしたので、ぜんぶを無料公開するのは不公平かなぁ~と思ったからです。無料バージョンも作ってみますね♪

  6. あゆかさん、こんにちは。

    自分が苦しんでいることに気付いているだけでも一歩前進、というのはおっしゃる通り
    ですね。
    以前の私はいつの間にか苦しくなっていることすら気づいていませんでしたから。

    ところでネガティブナルシズムの場合、ネガティブなビリーフに同化してそれが主体になってしまう、とありますが、同化しないように何か気を付けることはできますか。
    思考型の場合、思考を観察するのも良さそうですよね。

    • aoi さん、こんにちは♪

      思考の観察はとてもお勧めです。観察というとかまえて観察してしまう人がけっこういらっしゃるのですが(aoi さんがそうだということではなく)、眺める?気づいている?という感じですね。

      ただ、思考の観察は意識のうちのほんと4,5パーセントのレベルの顕在意識しかできませんので、潜在意識の深いところに抑圧されているビリーフはそのままになりがちです。

      ので、理想的には掘り下げて(気づきの問いかけ)、どんなビリーフ(セルフイメージ)があるのか見つけられると良いですね。

  7. あゆかさん、こんばんは。
    いつも楽しみに拝見しています。

    私も、〇〇できる自分はすごくて、〇〇できない自分はダメだ(否定)
    ダメな自分だから、何をやってもどうせうまくいかないだろう(同化)

    というのを、自己ワークするたびに見つけます。

    そして、見つけたら一歩前進なんだ。と自分の心に光を灯してまた普段通りの生活をしています。

    しばらくすると(女性特有の体調のサイクルもありますが)どっぷり鬱っぽくなる時がやってきて、うつうつと思考で過去にしがみついたりして怒りを脳内再体験することがよくあります。

    それでまた自己ワークをするとやっぱり、あゆかさんのおっしゃる通りの否定と同化の思いに行き着いて、変な話ですが実はちょっと安心するんです。
    ああ、やっぱりまだ持ってたんだなぁ。って。

    でも、私はその時に「まだ残ってたの?!」という思いもありますが、同時にまた一歩前進。と思い直して機嫌が直るという変な自己カウセンリング?をしています(笑)
    きっと、否定、同化が100ポイント(Max)あったとして、見つける度に1ポイントずつ減っていってるんだろうな、と勝手にイメージしています。長い道のりっぽいですね。

    体感的にはまだまだ半分も残ってるような感じですが、長いこと一緒にいた自分の一部なので、(これこそ同化?!でしょうか)本当は手放したくないのかしら?とも思ったりもします。

    でも、自分の思いをいちいち確認するということは、自分を愛してる作業だなぁとも感じているので苦にはなりません。自己ワークの最後にイメージで自分をなでなでしながら眠っています。

    長いコメント失礼いたしました。
    場所をいただいてありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中