豊かさを生み出すもの♪

Youtubeで日本の貧困に関する動画を一つ見たところ、次々に貧困関係の動画がお勧めに出てきてしまい、結局日本、アメリカ、イギリス、オーストリアの貧困系の動画をたくさん見てしまいました。(いわゆる先進国の貧困問題)

個人的には、社会のシステムや経済のシステムは変わったほうが良いと思うし、ベーシックインカムも賛成しています。

ですが、たくさん見ているうちに社会のシステムを変えるだけではなく、個人のメンタリティが変わることもやっぱり大切だなぁとつくづく思ったのです。

つまり、人が貧困から抜け出すには、システムというハードウェアとメンタリティというソフトウェアの両方の変化が必要だよね~というある意味とっても普通な結論に着地しました。

とはいえ、そのシステムを作っているのは誰か?といえば、人の心であって、やっぱり心ははずせない要因です。

とりあえず、日英の両方の貧困動画が見て、一つ感じたことは大多数の人が雇用者メンタリティであることです。それは会社員だけではなく、個人事業主の人でもそのメンタリティの人が少なからずいるなぁと感じます。

例を挙げると、一つは日本でバブル景気のときにある業界(←忘れました)が業績が良いので、会社を辞めて独立した。会社の経営はうまく行っていたが、バブルがはじけたとき破綻し、その後家族が病気になったり、今では生活保護でギリギリ生活。

またはイギリスでは、大手の発注に頼っていた個人経営の会社が、その大手の支払いがストップしたことで、一気に業績ゼロ。幼い子供たちがいるのに家を手放すはめになり、就職先を探している・・・。

前者がなぜ従業員メンタリティかというと、バブルがはじけてすぐさま破綻してしまったということは、時代のトレンドから仕事をもらっていたようなものだからです。

後者は大手企業がある種雇い主のようなもので、そこが雇わなくなる(発注しなくなる)と一気につまづくという、やはり自分でビジネスを作り出していないんです。

あとは、就職難で非正規雇用にしかつけない若者たちとか、自分が仕事を生み出すというより、仕事を見つけるという発想の人がほとんです。

話はずれますが、日本も他の先進国もみんな社会環境があまりにそっくりで、グローバリズムの負の側面が見て取れるようでした。

さて話を戻して、人類の歴史を振り返ってみると、人口の大多数が雇われる側で、今もそれは続いています。なので人類の集合意識には、従業員メンタリティが強く刷り込まれていると思うのです。

で、これを少し心理的な面から見てみると、「雇われる私」と「雇うあなた」という対立構造が心の中にあるはずです。で、ほとんどの場合「雇われる弱い立場の私」と「雇う強い立場のあなた」になっているはずです。

また、歴史的に雇われる側が搾取されてきたケースも非常に多いため、雇い主に対して弱くて「無力な私」といった思いがおそらく多くの人の中に無意識にあるでしょう。

そしてこの私と他者、私と世界という二項対立的な世界観、つまり分離の世界観は、分離しているだけにどうしても限界があります。

また、「弱い立場の私」というのは、被害者意識も含んでいて非常に強い分離意識です。豊かさが全体だとしたら、分離意識はどんどんその豊かさから離れた視点になってしまうということです。

つまり、どんどん自分中心の見方しかできなくなり、視野が非常にせばまります。社会やものごとの流れが見えなくなり、正しい判断もできなくなります。ので、一度貧困に陥るとなかなか抜け出せないのは、社会のシステムだけではなく、せばまってしまった視野、固定された世界観、弱い私という自己像なども大いにあるなぁと思うのです。

ちなみに、自己責任みたいな観点とはまったく違います。人と社会はお互いに支えあっているわけで、社会のサポートが絶対あったほうが良いと思っていますし、そのために税金を使って欲しいと切に願っています。

さて、弱い立場の私の観点で書いてきましたが、では経営者メンタリティはどうでしょう? もちろん分離意識がバンバンで自分さえ利益があれば良いのだという経営者もいますよね。

最近言われているブラック企業なども、社員から絞るだけ絞りとり、自分は豊かに暮らすのだ・・・・みたいな。

でも、この場合、もしかすると人より多いお金が入ってくるかもしれませんが、ほんとうに豊かで、そこに持続可能な自然な循環があるのかどうかというと、限りなく疑問なわけです。

普通に考えて、ものごとが一番安定する形とは、分断されているよりもつながっていることですよね。一人で暮らすよりも、みんなで支えあうみたいな。

また自然を見回しても、すべてはつながった循環の流れで生命は存在できているわけで、強い分離意識は循環を乱し、そこに持続性はなくなっていきます。

ということで、そもそも、ほんとうの豊かさって何なのでしょう?

ここまで分離、分離と書いてきたので、お分かりかと思いますが、それはやはり、分離を超えた視線にあるのだろうと思うのです。

分離を超えた視線とは、存在そのものが自分であるという本質の目線で、「増えもしないし減りもしない存在(不増不減)」が自分であるという地平線です。

金持ちとか貧乏とか、お金が多いとか少ないとか、そういった二項対立的な世界を超えて、存在しているもの(←ものではありませんが)、現象を生み出し、現象そのものであって、全体そのものの自分。無尽蔵で無限である存在そのもの。

分離意識が欠乏を感じているとき、それはあたかも小波が大海の中で水不足を感じているようなものですね。

でも、おそらく分離意識があるうちは、私たちは豊かさの中で豊かさを見過ごしていくでしょう。

じゃぁ、悟らないといけないの?という話でもなく、私たちの中に常にあるもの、つまりハートをよく感じてみれば(思考を静めて)、そこには限界や分離もないはずです。

そのハートから出てくるもの、例えばすれ違った人に微笑むだけでも、そこに分離がぐんと減ります。ハートからの経験を増やしていくだけで、私たちは豊かさを感じられると思うのです。

微笑むという小さな行為も、自分が外に生み出した創造の一つです。そして、ハートは大海を思い出す直通のパイプですね。毎日何度でも感じてみると良いかもしれません。

そして、感じられるようになってきたら、私は今ハートから何を生み出せるかな?と問うことで、与えてもらうという従業員メンタリティから、「私が生み出す」というメンタリティにシフトしていくでしょう。

ということで自分で書いていて、知らない人に急に微笑んでみたくなった♪

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

EFTイントロダクション・レベル1 in 東京

2018年9月8日(土)

EFTの概略と基本の手順が学べます。
レベル2も受講すれば、プラクティショナーの資格も♪

詳細はこちら↓
http://jmet.org/201809_eftseminarlevel1/

☆☆☆

EFTプラクティショナー講座 in 大阪

2018年9月15日(土)~17日(月祝日) 3日間

感情とは? 感情とどう向き合うの? 感情を深く感じて、自分の心の深層を知る

詳細はこちら↓
http://jmet.org/201809osaka_eftseminar/

☆☆☆

ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー

2018年9月21日(金)19:00~21:00

もう傷つかない、わたしを大切にする《恋愛》《パートナーシップ》の築き方
~自然体のあなたが一番喜ぶ恋愛をしよう~

詳しくはこちら↓
http://heart-resilience.com/number/shortseminar-201809

豊かさを生み出すもの♪」への11件のフィードバック

  1. あゆかさん、いつもありがとうございます。

    私も昨日、分離感を薄めるために、人に対して “Bless You!” と言う(思う)ことを思いつきました♪
    なんか、シンクロしてるなぁと感じたのでコメントします☆

  2. ブログを読ませていただいて、元気が出ました。ありがとうございます。
    学がないので、難しいことはわからないのですが、すれ違った人に微笑むだけなら私にも出来そうです!
    分離感がここのところ強くなっているような感じがして、胸が締め付けられる思いでしたが、今の私に出来ることを無理をせずやってみようと思います。

    • 秋山さん、こんにちは♪

      胸を締め付ける感覚に寄り添ってあげられるといいですね。はい、無理なく今できることがいつもベストだと思います。

  3. 大衆社会の分析で有名な、哲学者・思想家のハンナ・アーレントを思い出しました。

    きっかけは、どんなことも、心/ハートを開いて、見れば/感じれば・・

    自らが造っていた隔たりや、分離感を取り除くことができるということですね。

    • isseiさん、こんにちは!

      いつもありがとうございます♪

      恥ずかしながら、ハンナ・アーレントを知りませんでした。検索してみたら、すごく面白そうですね。ぜひ著書を読んでみようと思います。

      ハートと気づいている意識は、実は同義語だと思っています。否定や恐れがハートを固くしてしまいますが、それらの声を聞いてあげるとゆるみ、つながりを回復していくなぁといつも感じています。

      • >>「ハートと気づいている意識は、実は同義語だと思っています。」

        おそらくそうですね。「胸/ハート」が締め付けられたり、共感したり、激しく振動したりする感覚の印象は、

        ただ在る「意識」の状態への“味付け”が起こっているか、

        「意識」そのものが(気づいた事への影響を受けて、振動の変化により?)変化・変容しているとも、感じられますね。

        ハンナは、いつも大衆や集団の中で、一人だけ“気づけてしまう”ような人だと思います。

        そういうことは、大昔から変わらず、世間の人たちは性質的に、気がつきませんし、

        基本的に、取り合おうともしませんので、

        あゆか先生でも、ハンナの著作は、退屈してしまうかも知れませんよ。

  4. 欠乏感を超え、分離を無くして、フラットになる。そしてその先に本当の豊かさがあるのですね。すべては自分の心の中にあるんですね。モヤモヤが晴れました。ありがとうございます。

    • こんにちは♪

      言葉のあやかなと思いますが、フラットになろうとすると難しいかもなので、自分の中にある自分を否定している声を理解し、受け止めていくことで、つながりが戻ってくると思いますよ。(=分離感が薄れる) モヤモヤが晴れてよかったです♪

  5. 何時も素敵なブログをありがとうございます。毎回楽しみにしています。
    豊かさって不思議ですよね。
    私は63歳で勤めていた会社を辞め、その後年金暮らしをしている現在65歳の爺さんです。
    退職後は収入が激減したものの、やりたい事はどうしてもやってしまい預金残高も激減していき、毎日「お金がない」「お金がない」とイライラしていました。
    この世は心の在り様がスクリーンに映し出された様なものだとはよく言われます。
    「お金がない」とイライラしていた時は知人などから「お前は年金をいくらもらっているのだ。私はいくらいくらだ。いいだろう!」みたいな話が次々に聞こえてくるのです。
    そうなれば私のイライラは頂点に達します(爆)
    妬み、ひがみ、被害者意識がムクムク頭を持ち上げ、意識の中は最悪です。
    65歳になって年金が満額支給になった今は、ほぼ収支が均衡したこともあって、気持ちも落ち着いてきました。
    そうすると不思議なことに、あんなにイライラさせられていた「私はお前より収入が多いというお金の話」が、聞こえてこなくなったのです。
    今では「あの話」は自分が作ってスクリーンに映し出していたものの気がしてなりません。少しばかり収入が多いと大いばりしていた知人達も、実は彼ら自身がお金が足りないとイライラしていたから行った行動だとの理解も出来ます。
    大金があれば、超豪華ホテルにも泊まってみたいですし、ベンツにも乗ってみたい。
    その気が無い訳でもないのですが、「お金」「お金」と思っていると、気持ちが荒んできて豊かさから離れていく気がします。
    「お金」自体は求めれば求めるほど「お金」から離れていく、豊かさが得られた時に「お金」は後からついてくるものなのかも知れませんね。
    やっぱり豊かさはハートの中にある気がします。
    インテグレッド心理学を受講させていただいた時に、あゆかさんは「心のフィールドワーク」という言葉を使っておられました。
    そうだ自分の心の中を自分で探していくんだ~と、感動しました。
    自分の心が作り出したスクリーンの映像に対して微笑んで受け入れていきたい、そう思いました。
    ここまで書いておきながら、でもやっぱりベンツにも乗ってみたい爺さんがいます(笑)
    ヤレヤレ…

    • 番爺さん、いつもありがとうございます。

      私も番爺さんのコメントはなにか読み物みたいで読んでいてとても楽しいです。そして、インテグレイテッド心理学を受講してくださっていたのですね! なぜか急に恥ずかしくなりました。あはは。

      お金を求めること自体が欠乏感を刺激するので、ストレスになりますよね。私は貧乏留学生時代、できるだけ歩いてバスにも乗らずに節約していたのですが、今はビジネスクラスで飛んでいます。(←唯一の贅沢)ところが、幸福感、満足感がまったく変わらないので、ほんと関係ないなぁと実感しまくっています。

      とはいえ、年をとると足を伸ばせるのはやっぱり楽・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中