奇跡のコースと無差別殺人

ご存知の方もそれなりにいると思いますが、インテグレイテッド心理学は奇跡のコースをベースにしています。

奇跡のコースでは、「投影」の真の意味が分からなければ、メッセージは理解できないと言われているほど、抑圧→投影のしくみを理解することはとっても大切です。

というのも、普通にしていると私たちのほとんどは自分の投影ストーリーにどっぷり浸かり、それが事実だと思い込んでいるからです。(講座で、事実と解釈を分けるエクササイズをやると毎回カオスになります。分けられない人、混乱する人続出♪)

自分の解釈を事実だと思い込みながら、真実を知る・・・というのは、けっこうな難しさでしょう。

ですが、ほんとうに難しいのは、事実と解釈を分けることだけではなく、私たちの投影ストーリーは無意識のうちに作られ、無意識のうちに潜在意識の中で形成されてしまうことなんです。

つまり、自分の中に自分がまったく気づいていない投影ストーリーがある。

奇跡のコースでは、この部分を映写機に例え、スクリーンに自分の心が投影されている図などがあったりします。

で、その言葉を引用すると、“What you project you disown, and therefore do not believe is yours. (あなたはあなたが自分のものではないとしているものを投影する、それゆえ、投影されたものが自分のものだと信じていない”

分かりやすくいきましょう。

例えば、自分に関して、「自分は気持ちが悪い」「自分は汚い」「自分の存在は迷惑」などといった思いがあったとして、これらはある日自覚的に決断して持つものではなく、育った環境や出来事のなかで無意識に持ち始めるものです。

例えば幼児虐待に見られるように、明らかに親の落ち度であっても、暴力を振るわれたら、子供はみな「自分がダメ」なのだと無意識に判断します。

このように例えば、「自分は汚い」という心の土台が出来上がってしまった場合、その思いを通して世界を見始めます。思いだけではなく、親になぐられたショック、恐れ、悲しみ、怒り、無力感など感情もパッケージとなり、歩く投影パッケージになっていきます。(歩く映写機)

ここで奇跡のコースの言葉に戻ると、本人が「自分は汚い」という思いに気づいていなかった場合(disown)、他者がそう思っている(投影)と思ってしまうということなんです。

例えば誰かに、“~~さんは、こっちよりあっちのグループのほうが合っているんじゃない?”と言われたとして、“私のことが嫌なんだ、あっちのグループへ行って欲しいんだ”といったように解釈してしまったり。

そのとき解釈だけではなく、投影パッケージが刺激され、恐れや無力感、悲しみがどわ~~と感じられます。

で、問題は、本人にとってはそれは紛れもない「事実」であり、また、無力感や悲しみ、怒りといった感情をどう処理して良いか分からないことです。

ので、家に引きこもって落ち込むか、または相手に苦手意識を持つか、または直接“余計なおせっかいだ!”、“あなたの言葉に傷ついた”と、相手を攻撃するか。

この部分、もっと詳しく書きたいのですがブログの限界です。疑問が残る方、来年の講座をぜひ受けてください♪

話を戻して、

さて、この「自分は汚い」という投影パッケージを毎日持ち歩き、他者の言動や出来事をすべてこのパッケージを通して解釈していくことで、このパッケージ自体がますます増幅していきます。

エックハルト・トールの「ニューアース」を読んでいらっしゃる方は、この投影パッケージを「ペインボディ」と読み替えてもまま同じです。

で、増幅していけばいくほど、最初は“職場のあの人は、私のことをバカにしている”から、“みんなが自分のことを嫌な奴だと思っている”に拡大していきます。

つまり、世間は自分に対して冷たくて、誰も理解してくれなくて、みんなが自分を嫌っている、そんな世間のせいで自分は苦しんでいる・・・・となっていくんです。

この状態になれば、ささいな出来事でも膨れ上がった投影パッケージを刺激し、自分の苦しみのもとを攻撃してやる!となってもおかしくないですね。

そして、苦しみのもとが「みんな、世間すべて」になっているので、「誰でも良かった」になってしまうんです。

さて、そもそもなぜこれを取り上げようと思ったのかというと、私たちはどうしても見える部分でものごとを判断しがちです。

なので、加害者が~~の障害があるから・・・・など、見える部分で理由探しをしてしまいがちです。(障害と心の状態は比例しない)

でも、ほんとうの理由は見えないところにある、つまり、その人の自分でも分かっていない心の深層にあるということなんです。

本人も自分が苦しくて、不幸感満々なのは分かっているけど、それは自分がどんな思いを抱いていて、どんな感情がたまっているのかというのは、まったく自覚できないんです。

ましてや、自分がそれを世間に投影しているなんて微塵も知らず、世間が自分に冷たいと信じ、それが「事実」だと思い込んでいるんですね。

もし、私たちが世の中から無差別殺人などいわゆる「恐ろしい出来事」をなくしていきたいのなら、もっと見えない部分、心の深層に光を当てていく必要があるでしょう。

見えないものを見る力、気づけないものに気づける力を私たちや社会が身に着けていくと良いなぁとつくづく思うのです。

☆OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ)は、無意識の投影ストーリーを引出し、それを対話と受容で解体していきます。投影が解体された先には、自分の本質のエネルギーとの出会いが待っている♪

 

☆☆☆☆☆☆

ハートレジリエンス協会ショートセミナー

2018年7月4日(水)10:00~12:00
「子どもに怒ってばかりの私。ママでいる事が辛い!
『もう一人で悩まないで』~心の仕組みを知り楽しく幸せな子育てを~」

詳細はこちら↓
http://heart-resilience.com/number/shortseminar-201807

少人数です。聞きたいこと、相談したいことをお気軽にどうぞ♪

2018年6月23日(土)14:00~16:30
あゆかの部屋(オープンセッション)

心のしくみ、苦しみなどについてのお話し、
そして参加者の方にライブのカウンセリングをいたします♪

詳細はこちら↓
http://heart-resilience.com/number/shortseminar-201806

☆☆☆☆☆☆

JMET EFTプラクティショナー講座レベル1

2018年7月7日(土)10:00~17:00
“うがい、手洗い、EFT”
自分が気づかずに溜めている感情を解消して、スッキリしませんか?

☆EFTプラクティショナー講座を受けた方は、
11月のマトリックス・リインプリンティング講座も受講できます。(講師:溝口あゆか)

詳細はこちら↓
http://jmet.org/201807_eftseminarlevel1/

☆EFTプラクティショナーになるためには、レベル2の受講も必要です。

奇跡のコースと無差別殺人」への3件のフィードバック

  1. すっごくためになります。
    今EFTタッピングセラピーを受けていまして、抑圧感情に愛を注いでいるところです。
    それがもう、しつこくてしつこくて、もっともっと見て!って可愛い気持ちなんですね。
    そう気づかせてくださった、私のセラピストKMさんに感謝です。

    世界の汚染をなくしたい!って思いずっとありました。
    けれど、今は、
    私!私!私をまず癒す、見つめる、とことん向き合ってあげたいと思ってます。
    私の汚染に光を当てて、そこに集中したいと思ってます。

    まず私を大事にしないと、抑え込んで無かったことにして、良いことしても
    いつか暴れてくるし。

    抑え込んできたトラウマ感情は、実はとっても愛おしくて優しくて可愛いかったりします。

    タッピングって本当にすごいな~って思います。

  2. 新幹線事件の犯人は、我が家の近辺出身で、家族構成、年齢などうちと余りにも似ていて他人事と思えず胸が痛みます。そして、こうなってしまう前に何かできたとしたら?と考えます。
    犯行の最中に、話を聞く、と言った車掌の言葉に犯行を止めたというところにヒントがある気がしました。逮捕されてから、また次もやる、と言ったそうですが、妙に納得しました。
    車掌の言葉に、犯人の中の何かが反応した、でもそれは一瞬のことで本人も気づかないくらい、その後の逮捕、激しい尋問、やはり世間は自分を痛めつけてくる、、悪いのはオマエらだ、わかるまでやり続けてやる、、、
    でしょうか??
    (先月、インテグライテッド心理学をあゆかさんから学びたてのホヤホヤです。)
    犯人も、その親も悪で、滅ぶべきだ。
    ほぼ全ての世間の反応は同じです。
    あゆかさんの言われるように、
    心の深層からこの事件を眺めれば、
    世間がやらなければならないことは、事件を他人事にして、口々に善悪を叫ぶことなんかじゃない。

    発達障害の方たちの尊厳のためにも
    一刻も早く皆が気づきを得られますように。見えないものは自分の中に。

  3. むかし、インテグレイテッド心理学を受けました。
    はじめて自分の投影を自覚したことは、財産のひとつです。
    なぜなら、その後、自分の感情・思いを自分で面倒見るという覚悟に似たすがすがしい気持ちを何度も味わえたからです。

    質問なのですが、インテグレイテッド心理学は、子供(小学生)には難しいですか?
    (当時の感じだと、小学生には難しいのかなという印象でした)
    というのも、子供にもぜひ伝えたいのですが、私の説明も上手ではなく、うまく伝えることができずにいて…。ついでの質問ですみません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中