地に足つけて見えないものを見据える♪

たぶん、Youtubeのおススメで出てきたからだと思うのですが、「下流老人」とか、「非正規雇用の実体」とか「若者の貧困」といった動画をたくさん見てしまいました。

お金がないがために悩み、時には自殺を考えるほど苦しんでいる人たちの姿を見ていると、私がビル・ゲイツだったら・・・・とか妄想してしまいます。

とはいえ、お金をぽんとあげてしまうことも決して答えにはならないでしょう。が、一方でコメント欄に多かった「自己責任」というのもなんか違う気がします。

また、ある種の自己啓発的には、“貧乏な思考”をしているからダメなのだとなるのかもしれませんが、なんかこれも私的にはしっくりきません。

などと、つらつらと考えているうちに、やっぱりそうだよねと思ったのです。

説明させてください。

私たちは、普段「目に見えるもの」に囚われていて、確実にあるけど「見えないもの」はスルーしがちだと思うのです。

例えば、お金がある、食べ物が買える・・・というのは、分かりやすく見えるものです。なので私の単細胞脳は、瞬間的に「お金をあげる」と連想したんですね。

ただ同時に私のハートが「違うよ~、彼らが必要なのは愛とつながりだ」とささやきかけてきました。

例えば、昔のように長屋みたいなものがあって、コミュニティとのつながりがあれば、助け合うことや分かち合うことができます。

ですが、現代の日本社会ではどちらかというと、「自分のことは自分で解決すること」という思いが強いような気がします。その流れで「自己責任」という言葉が出てくるのかなと。

自分のことは自分でという「自己責任」は一見正論のように見えるし、文字化できるし、分かりやすいですよね。

一方、愛やつながりというのは文章化し辛く、文章化すると往々にして陳腐になることさえ多いものです。

結果、文章化、見える化できないものは、スルーされたり、後回しにされたりしがちだなと思うのです。

ので、行政も本来人のためにあるはずなのに、文字化された規則の方が人より上位に立ち、人が後回しになることもしばしばありますよね。

そんな社会に生きている私たちが、自分がより良く生きるために、または生き残っていくために何が必要か?と考えると、たいていお金を蓄えるという発想に行くでしょう。なぜなら、今書いてきましたように「目に見えて分かりやすい」からです。

愛や信頼、つながりをたくさん蓄える・・・という発想はあまりないはずです。

なんだかんだいって、愛じゃ家賃払えないしね、コンビニのおにぎりさえも買えないと思うわけです。

実際、愛や信頼、つながりはちゃんと目に見える形になっていくもの(協力し合って困難を一緒に乗り越えるとか)ですが、それがイメージしきれないし、そもそも自分の発想や感覚の中に入ってこない。

でもそんなふうに、目に見えないけど確実にあるものをスルーすればするほど、私たちはものごとの全体図を見失っていきます。

目の前の起きていることだけに意識が向き、自分に見えている部分だけで判断し、狭い考えの中に落ち込んで行ってしまいますね。

そして狭い見方に陥れば陥るほど、私たちの中に犠牲者意識が芽生えていく・・・。

というのも、愛やつながり、信頼、そして自分の本質をスルーした狭い世界の中に見えているものは、分離した人々がいる分離した社会だからです。

分離感が強まれば、どうしても敵が生まれ、自己防衛にお金や正論が必要となってきます。そして、そんな社会の中の“ちっぽけな自分”はあっという間に犠牲者意識に陥ります。

この目線で人生を転換させるのは非常に難しいでしょう。

すると、今度は振り子が逆に振れるかのように、目に見えないものだけに頼ろうとしてしまうこともあります。宗教的なものやスピリチュアルなもの、または自己啓発的なものなど。

“今の現状”という目に見えるものをきちんと見るよりも、期待や未来になっているはずの象という目に見えないものだけを信じてしまう。

聞いた話ですが、お金に困っていた人がお金をもっと使うと入ってくると教わり、結果的に破産してしまったとか。

個人的にはスピリチュアルも好きですし、自己啓発もそれぞれの考えに一理はあると思っています。問題は、目に見えるもの、目に見えないもの、どちらかをまったく無視してしまうと全体像を見失なってしまうということです。

ですが、ここがある意味難しいのは、そもそも全体像をはじめから見失っているから、「~~すれば、~~になる」みたいなテクニックに頼りがちになり、そのテクニックが自分の状況に合っていないことも見えないんです。

あぁ、なんだか話がややこしくなってきました。ので、まとめると、

1)地に足を着けてしっかり現状を見ようよ。

2)自分に徹底的に正直になってみよう。どこか見たくないとかごまかしたいとかそういう思いはない? ほんとうにない?

3)心の中で誰か、または何かを敵にしていない? (支配されている、自由を奪われている、不当に扱われている、コントロールされている、etcと感じていない?)

4)自分を信頼している?

5)生命(大いなる流れ、個を超えた愛)を感じている?

実はこれらは私がよく自分に問いかけていることです。

自我の心はすぐに現実逃避したがるし、臭いものに蓋をしたがるし、誰かのせいにしたがるし、将来に不安を抱き、そして生命(=愛)という大きな流れを忘れてしまう。

それが悪いことだと言いたいのではなく、そうやっているとき、私はもれなく苦しむということです。ので、そこを見つめていくと、あぁ~そうか~と、私に見えなかったものが見えてきます。

それは私の目線自体を上げてくれ、例外なく心の平和に導いてくれるのです♪

 

☆☆☆☆☆☆

ハートレジリエンス協会ショートセミナー

2018年6月23日(土)14:00~16:30
あゆかの部屋(オープンセッション)

心のしくみ、苦しみなどについてのお話し、
そして参加者の方にライブのカウンセリングをいたします♪

◇内容◇
詳細はこちら↓
http://heart-resilience.com/number/shortseminar-201806
◇場所:弘済会館(最寄り駅:四谷)
http://www.kousaikai.or.jp/hall/access/
◇定員:80名
◇参加費:6,000円(ペイパル)
【お申し込みフォーム】
パソコン・携帯共用:https://pro.form-mailer.jp/fms/ddd9a98f86117
※開かない場合は、アドレスをコピー&ペーストしてください。

☆☆☆☆☆☆

ノンデュアリティと癒しのカフェ (キャンセル待ち募集中♪)
2018年6月16日(土)14時~16時半
場所:あうるすぽっと(東池袋)
http://www.owlspot.jp/access/
参加費:4500円
【申し込みフォーム】
https://www.form-answer.com/applications/6BKYH

 

地に足つけて見えないものを見据える♪」への1件のフィードバック

  1. 公私に渡り、とても謙虚にありのままに分析をされ、それを詳しく披露していただき、感謝の極みです。。

    丁度、私も今そこのところを何カ月も浮遊を繰り返しています状態でしたので、とても有り難いです。🙏

    これは、あゆかさんのような方々とは違う、私や、世間に知らず知らずのうちに教化されたままの、世間一般的な価値観や精神性を保持し、、

    また意識や思考の使い方(利用の仕方)もそれに追従されてる方々に対しての心配なのですが、、

    >> 2)自分に徹底的に正直になってみよう。どこか見たくないとかごまかしたいとかそういう思いはない? ほんとうにない?<<

    ~というところについてです。

    自分・自我というのはある意味、心も、体も、今まで経験して来た事への結果が表れてしまうのでしょうから、

    その人の身体の感覚とか、特性とか、心・マインドの在り方とか、そこに“表される”思考だとか、想念とか、、

    たとえば、これらに毎日、意識を合わせて自覚をしたり、認識を強めたりすると、

    そのある個性の自分・自我の働きを全面的に許してしまい、そのものにもなってしまい、結果的に臨機応変さや、自由が利かなくなったりしないでしょうか。

    本来、何ものでもない、表れてもいない好きな表現ができる自由な立場を忘れてしまったり、

    既に気づいている人などは、その状態を崩してしまったりしないでしょうか。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中