望んでいるものが手に入らない? 大丈夫!

ずっと以前から書いていたことではありますが、ますます、そうだよなぁ~~と思うことは、

~~~が欲しい、または~~~したいと思ったとき、例えば、

もっと痩せたい、
もっとお金が欲しい、
結婚したい
子供が欲しい
夢を実現したい
心の平和が欲しい
存在の真実が知りたい

なんでも良いのですが、~~が欲しいとか、~~したいと思ったとき、次に沸いて来る思いは、たいていはどうしたらできるか?ですよね。

でも、たぶん一番大切な問いは、Howではなくて、why?だと思うのです。

なぜそれが欲しいの、なぜそれがしたいの?

あっ、その前に「二つの欲しい(want)」をお話させてください。

“欲しい(want)”には二種類あり、一つはハートから出てくるもの、もう一つは飢えから出てくるものがありますね。

で、この見分け方は非常に簡単で、飢えから出てきている“欲しい(want)”は、それが手に入るまで幸せになれないと感じているもの。

一方、ハートから出てきている“欲しい(want)”は、それを考えているだけですでに楽しく、手に入るかどうかなど、結果はほとんど気にならないものです。

30代後半頃、私が子供が欲しいと思っていたときは、飢えからの“欲しい”だったので、子供がいない自分は幸せじゃないと強く感じていました。

でも、セラピーを学びたい、もっと心について知りたいという思いは、ハートから出ていたので、セラピストになれるかどうかは全く分からなくても、そのときが楽しくてたまりませんでした。

ということで、ここでは飢えた心からの“欲しい(want)” をお話しさせてください。

なんでこんな話がしたいかというと、セッションでは、例えば、“痩せたいのに痩せられない”とか、“お金がいつも不足気味だ(もっと稼ぎたい)”といったようなテーマもそれなりに扱います。

クライアントさんとしては、どうしたら痩せられるようになるか?、どうしたらお金がもっと入る自分になれるか?という頭でいらしていることが多いのです。

でも、医師に警告された肥満でもない限り、大切なのは、どうしたら痩せられるか?ではなく、なぜ痩せたいのか?だと思うのです。

というのも、飢えた心からくる“欲しい(want)”は、その対象がなんであれ、本当に求めているのは、“無条件の愛”だからです。

で、とっておきの秘密は、私たちの本質は既に無条件の愛そのもので、私たちが本当に求めているものを私たちが失ったことは一度もないんです。

でも、私たちのマインドは、“痩せたら自分をもっと好きになれる。人からも愛される”と、今ここに愛はなくて、何かを得ることで、それが見つかると思い込んでいますよね。

とっておきの秘密と書きましたが、ノンデュアリティやスピリチュアルなどに傾倒している人であれば、自分の本質が無条件の愛であることは、きっと分かっていることでしょう。

でも、それでも自我を超越しないとそれが分からない、自分の波動を上げないと感じられないなどなど、やはり何かをする、何かを得ないと、分からないと思っているかもしれません。

ここでちょっと、14世紀のドイツのスピリチュアルマスター、マイスター・エックハルトの言葉を引用させてください。(エックハルト・トールはこの人から名前を取ったそうです)

~・~・~・~・~・~・

ある人たちは、神を牛を見るように目で見たがり、牛を愛するように神を愛したがる。

彼らは牛がミルクやチーズを生み出し、彼らに利益を与えるから牛を愛するのだ。

ある人たちもこんなふうに外に求める富や心の快適さのために神を愛する。

しかし、自分の利益のために神を愛するのは正しいことではない。

あなたに真実を教えてあげよう。

あなたが求めているいかなる対象物も、それがどんなに良いものでも、

それはあなたと究極の真実の間のバリアとなってしまうだろう。

~・~・~・~・~・~・

これは神だけを純粋に愛しなさいみたいな説教ではなく、ほんとうにそのまま真実だと思うのです。

二種類の“欲しい(want)”に話を戻すと、飢えた心からの欲しいは、こんなふうに本当に欲しいもの(無条件の愛)の間に何かを挟んでしまうなぁと。

私自身を振り返っても、そんなことばかりして、苦しみ街道を歩いていたとつくづく感じます。

とはいえ、「自我=飢え」みたいなものですから、何かが欲しいという思いは沸き続けるでしょう。

なのでそんなときは、“なぜ私はそれが欲しいの?”という問いをして、そして、もしそれが手に入ったら、自分はどうなると思う?と問いかけてみると良いかもしれません。

安心できる(惨めな自分、哀れな自分にならずに済む)
堂々とできる(自信のなさがカバーできる)
穏やかになれる(今苦しい感情が渦巻いているから)
愛を感じられる(自分は自分を愛せないから)

(※かっこ内の思いは人によって違います)

などなどといった思いが出てきたら、それをよ~~く感じながら、さらに自分が究極に求めているものを感じてみましょう。

そうこれだ!、これが私が本当に求めているものだった!と涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。3回書きました。(体で理解してもらいたいので)

そのとき、自分が何も欠けていないし、失っていないし、足りないものはないと分かり、あなたの欲望は、自我の欲望から生命の情熱へと移っていくはず♪

う~む、このテーマはいろいろな角度から書けますので、またいつか~。

 

☆☆☆☆☆☆

インテグレイテッド心理学開催

【日程】2018年5月26日(土)、27日(日)二日間
【時間】10時~17時
【講師】溝口あゆか
【会場】ベルサール飯田橋駅前
【費用】48,000円

【お申し込みフォーム】
https://www.form-answer.com/applications/X4YE9

詳細はこちら

☆☆☆☆☆☆

OAD心理セラピスト養成講座募集締め切りました

次年度へご興味がある方は→詳細はこちら

望んでいるものが手に入らない? 大丈夫!」への12件のフィードバック

  1. あゆかさん、いつも心に響くお話をありがとうございます。

    今回もとてもとてもタイムリーでした。。。
    婚活中の身…引き寄せられているなぁ、と染み入ります。

    涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。。。
    今夜は意識を外に向けず、内に向けて過ごしたいと思います。
    自分軸を戻すきっかけをくださって、ありがとうございます。

    • マロンさん、こんにちは!

      結婚などは、自分の中の愛が見えているほど良いものになると思います。
      とかつての自分に教えたかったです(笑)。

      こちらこそいつもありがとうございます☆

      • あゆかさん、お忙しいところお返事ありがとうございます!

        自分の中の愛ってなんだろう…と考えつつ、リンク先の過去のブログとルパートさんの動画を視聴して、ぽこん。とその部分のピースが埋まった感じがしました。
        うまく説明できないのですが、「意識」という概念がそれです。
        心の重荷になっていたことに対して、軽やかに愛を持って対応できる勇気と覚悟が湧いてきました。早速やってみます!
        また、動画の最後の方で触れられている話なんかは、いま話題になってるAIロボットが人間に代わる世界を想起させられるようで少しゾクッとしてしまいました^^;

  2. いつもありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)
    今日、記事がアップされるなと思いました。
    何故なら、それは私の願いだったからです。
    全ては、自分の願いや想いが作り出しているんだと分かったからです。
    一昨日、“ インセプション ”という映画を観て、今朝
    目が覚めた瞬間、「全て夢だったんだ!」と思いました。
    あやかさんがいつも言ってくださる通り、本当は、人生というストーリーはなくて、自分の思いや願いが人々の人生を作り出しているんだと、直感的に分かったのです。
    世界には、全てが色としてただ存在している。
    「現実」とは、エゴの私が過去に願った願いや想いの投影。全ての願いや想いを、眼に映る全ての人、出来事に投影させ、物語を体現させている。
    全ての人に、「わたし」がいつか見た夢を映している。全ての人、それは全て「わたし」。
    体験したことのないことなんかない。全てが体験済み。たった今を除けば。
    でも、「気づいている意識」の視点に立つと、本当は何も起きていない。「現実」とは、夢の中。幻想。
    目が醒めれば、全てを知っている意識が、愛が、ただ静かに穏やかに優しく在るだけなんだと。欠けているところがあるどころか、エゴの私の肉体もない。
    ああ、そうなのか、と思いました。
    頭での知識が、溶けていく感じです。
    あゆかさんの言葉に触れると、気づいている意識の感覚でいる時と同じ感覚になります。
    エゴにとらわれる時、あゆかさんの文章に触れると、その感覚を思い出せます。
    ありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡

    • すずさん、こんにちは♪

      >今日、記事がアップされるなと思いました。
      何故なら、それは私の願いだったからです。
      全ては、自分の願いや想いが作り出しているんだと分かった

      私がすべては投影と書くとき、これとはだいぶ違う意味で書いているんです。自分の思いが現実を作り出すと、現実に自分の思いを投影するは、意味がまったく違うんです。

      役に立つかどうか分かりませんが、宜しければこちらの過去のブログをどうぞ↓
      https://goo.gl/bP2wpq

      あと、ルパート・スパイラさんもこちらの動画で少しそのへんお話しています。

      このへん一見分かりにくいですよね。とりあえず、これが私のスタンスということで、宜しければご参考までにしてみてください。

      • あゆかさん

        ありがとうございます(*ˊᵕˋ*)
        すみません💦「思考が現実化した」とは思っていませんでした(^^;;
        私が思ったのは、あゆかさんが仰って下さった「私たちは自分の思考を経験している」だと思っていました。
        「私が思ったから、出来事が起きた」ではなくて、「起きた出来事に、私が雫を落とした」みたいな感覚でした。
        あ、でも、私が書いた文を読み返すと、私が思ったから、あゆかさんの記事がアップされたって見えますね(^^;;
        あ、やっぱりそういう見方になってたのかな?
        いつの間にか視点が変わっていたかもしれません。

        「気づいている意識」の視点を感じる時、眼に見えている全ては、映画を観ているように感じます。
        時間も何もなく、自分が空であり川であり、エゴの私がフォーカスする1点を含む全てを知っていて、全てがただあるんだなぁと。そして湧いてくる感覚に委ねた行動が生まれると、エゴの私は安心感に包まれ、起きたことに楽しい意味付を出来るんだなぁと感じています。

        貼ってくださった過去記事と動画拝見しました。
        あゆかさんのデュアリティ・トークの動画も♪
        このタイミングで拝見出来て嬉しかったです。
        一切の概念をとっぱらって、分からないことに委ねられる開放感って、究極の安心感ですね♪
        そこから視点がすぐズレるんだなと改めて思いました(^^;;

        あゆかさんとの出逢いに本当に感謝しています。
        いつかお会いしたいですし、インテグレイテッド心理学も学んでみたいです(*ˊૢᵕˋૢ*)

        長々と失礼しました。
        ありがとうございました(๑˃̵ᴗ˂̵)

  3. 涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。涙が出てくるまで。

    ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

    本当に欲していたもの
    無条件の愛と一部の隙もなくぴったんこに成りたい!でした。
    でも、既にぴったんこだった。そして一度も失ったことなどなかった。

    これは涙が出てきます。涙が出てきます。涙が出てきます。

    今、ちょうど高齢の両親が入退院を繰り返し
    そのことで妹とのやりとりやら、親戚とのやりとりやら、病院とのやりとりやら
    また、勿論、両親とのやりとりやら、また私の家族へ気を使ったりと
    重くなったり暗くなったり、しんどくなったり しておりました。
    また いつどうなるかわからない状態でもあり
    なんだかすっきりしない、、、という飢からくる欲しいに徹していました。
    なんだかまるで結婚を迷っている時みたいだなぁ〜と、ちょうど想っておりました。

    でも!何もかも面倒臭くなり、えい!っとまた「ここ」に返ってきてホッとしていました。

    今まで、このホッとするところに返ってきては「これは逃げではないか?」とか「これは現実逃避ではないか?」とか「親が大変なときに私だけホッとし呑気にしてるなんて!何と非常識なことか!」とか・・・またまたそこでも彷徨っていました。
    私はいつもこうやって彷徨いまた還ってくるの繰り返しをしています。いい加減にしろ!と自分に突っ込みたくなります。

    無条件の愛そのもの ここに在るときなにもありません。
    欲しいとか欲しくないとかも何もありません。
    ただただホッとします。安心します。安心そのもので在れます。

    今日も助けていただきました。
    あゆかさん いつも本当にありがとうございます。
    ときにまた「 2度と苦しみたくない 」と自我は叫びますが( 自我が挟まりますが )
    いつも変わらず在るここに在りたい
    ここに在るやすらぎそのもので在りたいです。

    あゆかさん 感謝の気持ちを捧げます。

    • ひとみさん、こんにちは!

      いつもありがとうございます♪

      家族のことはほんと心かき乱されますよね。でも、究極の逃げ場を知っているから、ストレスとストーリーまみれになれず、対応できるのだと思います。

      ぜひ安心の場を大切にしてくださいませ☆

  4. あゆかさんこんにちは。あゆかさんのブログを拝見し始めてからかれこれ10年くらいになります。
    心がモヤモヤした時、なかなか自分の心と上手く向き合えない時、あゆかさんのブログを開くと、ヒントや方向性を示してもらえることが多いです。

    今回のお話もとてもタイムリーで、向き合いたいことがあるのになかなか自分の心に上手く入って行けずに四苦八苦していたのですが、お話を読むうちに自然に本心に向かえて、本当に涙がボロボロでした笑
    10年前とは随分心のあり方が変わって色々なことが楽になりましたが、まだまだ迷うこともたくさんあります。その中で、いつも自分の中にある真実を探すことを、こうしてずっとブログで発信してくださっていること、本当に感謝しています。ありがとうございます。

    • 葉々 さん、こんにちは!

      10年も読んでいてくださってありがとうございます。もう、心の家族です♪

      迷いや悩みはずっと消えないと思います。私もぜんぜんあります。今後ともぜひ一緒に歩んでいけたらと思います。

  5. あゆかさん、なぜ私はそれが欲しいの?を、真剣に真剣にやってみました。

    私のテーマは、結婚しているのに子どもをなかなか授かれないこと。子どもがいないこと。

    なぜの答えは、仲のいい友人たち全員出産しているのに、私だけまだ授かれない、子どもがいたら、やっっと人並みになれる、惨めな自分にならなくて済む。両親を喜ばせてあげられる。→安心できる。

    この後、「私は子どもがいないとすごく欠けた感じがする」と言う思いがわいてきて、その次に、「子どもがいない私は本当にと欠けてるんだろうか?」と思った瞬間、ドバーッと涙が溢れてきて、私は一度も欠けてなんていなかったことに気づけ、やすらぎが広がりました。

    子どもがいてもいなくても、一番大切なことに気づけた瞬間でした。

    いつも愛あるメッセージ、感謝しています。

    • リノさん、こちらこそありがとうございます♪

      素晴らしいフィードバック、ほんとうに嬉しく思います。私もまさにそんな感じだったと思います。心より共感いたします~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中