苦しみの根っこはすご~くシンプル♪

いきなりですが、苦しみって本当はシンプルなものだなぁといつも思います。どういうことかというと、例えば、家族と仲が悪く、そのことで毎日頭の中にぐるぐるとストーリーが走りまくっているとします。

苦しみの始まりは、その家族の言動に傷ついたとか、否定された気がしたとか、許せなく感じたとか、なにかもちろんあるわけです。(※愛着障害のようなケースはまったく違う見方が必要です。)

で、オリジナルのところだけに留まって、例えば、否定された気がした自分を見つめ、何を否定されたと感じたのだろう?と問いかけていくと、“自分の思いやりを無視された”→“私はこんなに努力しているのに”→“誰も私のことを見ていない”→“孤独で泣いている私”みたいな流れになるかもしれません。

そして、最後の“孤独で泣いている私”と対話して、セラピーなどしてあげれば、“否定されたと思ったけど、実は違うようだった”とか、または、“ほんとうは家族が大好きだった♪”とか、違う展開になり、めでたし、めでだしとなります。

ところが、そんなふうに見つめることなんて誰も教えてくれないので、どっちかというと、お互いに悲しみや怒りで相手の言動に反応し合い、そこから新たなストーリーも加わり、ヒートアップしてついには土曜サスペンス劇場~になったりすることもあるでしょう。

オリジナルの問題にストーリーがどんどん増えていき、何が一体苦しいのかさえ分からなくなってしまった状態でセッションに来られる方もとても多いんです。

それはまた、相手や出来事が特にない場合も同じで、例えば、自分はいまいち自分らしい人生を生きていないと感じていたとします。

それも自分を見つめてみて、「自分を生きていないような」ポイントは一体どこに一番あるのか?と見ていくと、例えば、“いつも周囲の思いや社会の暗黙の了解に合わせていた”→“自分が迷子になっている感じ”→“自分がどうしたいか分からない”→“ほんとうはもっと自分を表現したい”などとなったとします。(流れは1万通りあります)

で、“自分を表現したい”と言っている自分を充分受け入れ、なぜ表現できないの? 表現するとどうなるの? 何を表現したら自分らしい感じがする?などなど、セラピーをしながら対話をしていきます。

そうすると、同じ状況の中でも、自分を表現できることが見えてきたり、またはもっと自分らしい方向が見えてくるかもしれません。

しかし、ここでも自分を見つめるなんてあまり思いつかないので、生き辛さを引きずったまま、“自分の人生はこのままで終わるのか”という焦りや絶望のストーリー、または“あの人は、自分らしく生きていて羨ましい”という嫉妬のストーリーなどがついて、苦しみが複雑化したり。

そして、増幅したストーリーももちろんいちいちぜんぶ信じ切っているので、そりゃぁ苦しいはずですよね。鬱になってもおかしくありません。

とはいえ、自分を見つめるって、けっこう億劫ですし、またやり方が分からないということもあるでしょう。

でも、苦しいときは、ストーリーに流されないように頑張るとか、頭で説き伏せるとか、そういう努力よりも、とりあえず、自分の様々な声の中で一番感情がのっている声に意識を向けて、それを受け入れてあげるのも良いかもしれません。

そして、自分が苦しいのは状況や相手のせいではなくて、自分の中に自分が気づいていない「泣いている自分」がいるからだなぁ~とちょっと思ってみるのはいかがでしょうか?

根本的な解決に至らなくても、苦しみの中にスペースが生まれて、深呼吸ができるようになるかなと思います。

さて、いろいろな理由でセッションの動画や録音は公開したことがなかったのですが(守秘義務があるし)、たまたま比較的短い時間でセラピーも含めて50分ぐらいで終わったデモセッションが、たまたま録音されていて、こんな“たまたま”が二回続くことはあまりないので、初公開しちゃおうかなと思います。(※被験者の方の許可を得ています)

もちろん、セッションはすべて流れがいつも違います。これは無数にある中のたった一つの例です。もっと複雑なケースや重いケースの方が圧倒的に多く、一回で終わることはほとんどありません。今回は比較的浅いレベルで問題が解決されたケースです。

とりあえず、私の考えや判断、アドバイスや分析などなどが一切なく、クライアントさんの言葉だけでセッションが進み、解決まで至っているということに注目して頂けると嬉しいです♪

途中セラピーの部分はマトリックス・リインプリンティングの変形をやっています。

今日の記事の内容が具体的に分かって頂けるかなと思います。

ということで、宜しければお聞きください♪ テーマ~お金を稼げていない~

 

☆☆☆☆☆☆

OAD心理セラピスト養成講座募集♪

深い変容のしくみとスキルを学んでみませんか?

心の職人募集♪

詳細はこちら

☆☆☆☆☆☆

ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー
「感情」を知って、自分と深く繋がろう!~感情はほんとの気持ちに出逢う入口~

2018年1月12日(金)19:00~21:00 (東京表参道)

詳細はこちら

苦しみの根っこはすご~くシンプル♪」への3件のフィードバック

  1. 講座を受講させていただいたことがあります。ありがとうございます。
    「※愛着障害のようなケース」の部分がどういうものを指しているか教えていただけますか?
    愛着というものが、自分の淡泊さとか単独行動を好む性質に影響があった気がして関心が強いものですから。

    • こんにちは♪

      愛着障害とは、幼児期にニグレクトや性的、肉体的虐待をある期間にわたって受けていたことによって出てくる精神的な影響によるものです。しかし、大切なのは、頭で原因を推測せず、きちんと自分の中の声を見つめていくことかなと思います♪ (そもそも淡泊というのも自分の判断でもあり・・・)

  2. 愛着が原因ではと思考している、というのは教えにしたがい何とか自覚していました。
    激しやすい親で幼児期からきつい体罰があって無理やりなことが多かった記憶が強いのです。
    どうも普段頭に浮かぶ物語でもどこか主役は親になるみたいで。
    でも目を向けるといいのは、そういうことではないということですね。
    コメントいただきうれしいです。大変ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中