投影~思考は現実化しない♪~

「非二元蓋」という言葉を春のノンデュアリティの会で話したところ、かなりの人が「非二元豚」と受け取り、非二元の知識で肥えてしまった豚という意味だと思ったそうです。あはは、それはそれで面白い。

ですが、音ではなく漢字で見ればそのまんまですが、苦しみを非二元のメッセージで蓋をしてしまうという意味です。私はいないはずだから、私の苦しみも幻想なのだ・・・みたいな。

他に、自己啓発蓋、スピリチュアル蓋などもありますね。

さて、私たちが苦しいと感じるのは、自分の中に抵抗や否定、抑圧などがあるからです。

自分を許せない、自分は他の人より劣っている、ありのままの自分でいてはいけない、自分はどこにも属さない、などなど、100万通りの抵抗や否定を私たちは抱えています。

例えば、新しい職場で働くことになり、緊張と期待で行ってみたら、職場の雰囲気が殺伐としていて、分からないことを聞ける感じではないとします。

このとき、意識の深いレベルで“自分は能力がない”と思っていたら、不安の度合いはどれぐらいあるでしょう?

とりあえず、職場のほかの人たちが自分をどう思っているのかがすごく気になったり、または常に他の人と自分を比べ、自分は出来ていないと判断して焦ったり、自分をさらに否定をしたりするかもしれません。

家に帰っても緊張が残り、次の日の通勤電車の中でも重たい気持ちになっている・・・・、そんな日がずっと続く。

解消されない思いや感情を毎日持ち続けるとエネルギーが下がり、苦しさも増していきます。

でも、私たちはどうしたら楽になるかなど知らないので、自我が一番良く知っていて手っ取り早い方法が、なんとか抑圧すること。

お酒やネット、食べることなどなどで気を紛らわして蓋をして抑圧する。または、苦しみが大きくなると非二元蓋や宗教蓋、人によってはドラッグなどが必要になるかもしれません。

もちろん、本当の意味ではまったく楽にならず、どんなに蓋をしても、それらの思いも感情もしっかりあります。

で、次にどうなるかというと、それを外に投影するんですね。

蓋をして自分の中にはないことにしたものは、ぜんぶ外に投影され、リアル感100%です。これを“思考が現実化する”と勘違いする人が非常に多いのですが、まったく違います。(ないことにしたので、自分ではまったく気づかなくなります)

そのへんを説明するのに、もう少しついて来てください。

例えば、自分が気づいていないけど、実はしっかりある思いは、「自分は思っていない→他の人が思っているのだ」になります。

つまり、周囲の人が自分のことを“お前は能力がない”と思っているように見えるんです。

なので誰かが、“ちょっとこのレポート分かりにくいです”と言えば、“能力がないと思われている!”と解釈したり、上司に“ダメだ、こんなやり方は!”などと言われた日には、この思いにヒットしすぎて、すごく痛い。

で、たいていは“上司は自分のことをダメだと思っている。自分なりに頑張っているのに。上司ならもっと丁寧に部下を指導するべきだ”などと、上司憎し・・・になったり、または、上司が怖い、苦手だ・・となったり。

これは、嫌な上司を引き寄せたのでも、バカにされる現実を自分が作ったのでもなく、単に自分がそう解釈しているだけです。そう見えて、感じてしまっているだけなんです。

ただ、本当にそんなふうにしか見えないので、自分がそう感じているだけだとは到底思えないものです。なのでクライアントさんでも、それは事実です!と食い下がる人多しです。(細かくはインテグレイテッド心理学でやっています)

それだけ真実味、現実味が高いという意味では、人は自分の思考の現実を生きていると言っても良いでしょう。

ですが、基本的に思考はいつも後だしジャンケンです。思考がなくても、現象は起き続け、思考も現われては消える現象の一つです。

ただ多くの人はあまりに思考に同化しているため、自分=思考=主体のような感覚になっていますよね。

思考は観察される側であるのに、常にものごとを判断したり、解釈したり、レッテルを貼っているので、自分は観察側だ、主体の側だ、現象をコントロールできるのだと勘違いしてしまっているんです。

話を非二元豚に戻します。あっ、パソコンが豚と変換してしまった。蓋です。

ここで本当に苦しい原因は、“自分は能力がない”と思い込んだ自分が抑圧されていることですね。ちなみに、これはまだ大雑把なので、OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ)では、どんなふうに能力がないのか?なにが欠けていると思っているのか?などを探り、もっと深いセルフイメージまで見ていきます。

するとそこにはたくさんの感情、思い、記憶、イメージがあります。そして、それらが暗闇にすっかり抑圧されていたため、苦しみを生んでいたのですね。上司や職場はある意味関係ないんです。

セッションはたいていとても個人的なストーリーから始まります。夫が~~、仕事場で~~、お金が~~~、姑が~~、子供が~~~とあらゆる個人のストーリーがあります。

しかし、深いレベルまで見ていくと、途中から状況はほんとうにある苦しみ、自分が抑圧した苦しみを刺激しているだけなのだと分かってくるでしょう。

また、この抑圧された思いは、基本的に私たちが100%そうだと信じている思いです。なので、ものすごくリアルですし、“個の私がいる”感をバンバンに感じさせます。

ですから、実は苦しい人ほど、分離感、“個の私がいる”感が強く、非二元のメッセージなどはすごく遠く感じるはずなんです。

ちなみに、自分がいなくなった状態になるのではなく、“初めから個の自分はいなかったと知る”です。どんなに個の自分がいる感じがしても、それはこういったビリーフや感情の集積がそう感じさせているだけです。

ということで、まずは自分を自分の抑圧から解放してあげられると良いですね。

みんなの中に本質、愛へ戻りたいという欲求が必ずあり、それを癒しを通して実現することも目覚めの一つのかたちでしょう♪

 

PS: 思考が現実を創る~の誤解に関しては、その人がどう定義しているかにもよるでしょう。とりあえず、今回は非常に端折っていますのでいつかちゃんと書いてみま~す。

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

抑圧した思い、感情と対話し解放するツール、EFTを学んでみよう♪

すでにセラピストさんにも新しいメニューとしてきっと役立ちます☆

東京も募集開始しました!

JMET認定EFTプラクティショナー講座 in 東京

2017年10月7日(土)~9日(月祝日) 3日間

詳細はこちら

JMET認定EFTプラクティショナー講座 in 大阪

2017年9月16日(土)~18日(月祝日) 3日間

詳細はこちら

※仙台は11月です。

投影~思考は現実化しない♪~」への11件のフィードバック

  1. 自分の抑圧したものを解放するには 自分を否定していることに気づき 否定しなくても良いのだと 書き換えることでしょうか?

    • ぼんちゃんさん、こんにちは!

      否定しなくても良いのだと書き換える?というのは、具体的にどうやる感じでしょうか? 

      やり方を書いていない理由の一つは、あまりにケースバイケースで書けないからということと、ほんとどの場合セラピーが必要だからです。また、私たちの心はかなり複雑で、そう簡単にはいかないことのとても多いからなんですね。

      抑圧したものを解放するというより、自分を抑圧から解放するなんです。それは、抑圧している思いや感情と向き合って、対話し、受け入れ、理解することでできますね。このとき、私はいつも同時にEFTやフォーカシング、MRといったツールを使っています。

      • ありがとうございます。抑圧していた思いや感情をよく見て その感情の言いたいことを聞いてあげて 受け入れてあげたいと思います。EFTやフォーカシングやMRというのは同時に行うとよいものなんですね。と言ってもできませんが。

        • なるほど~、とりあえずやってみられると良いかと思います。

          一般的に難しいのは、抑圧している思いを見つけることなんです。自分で気がついていない思いを自分で探すのはけっこう難しく、実はここが一番てこずります。あと、どのレベルの気づいていない思いまで掘り出せるか?も鍵です。

          自分が長年スルーしてきた深いレベルの思いまで見つけられて、それと対話できると良いですね。私は抑圧した思いを引き出すためにも、フォーカシングやEFT、MRを使っています。(私の経験では、セラピーを使わないと出てこないことが多い)

  2. とても、興味深くよみました。蓋をするまさにおっしゃるとおりです。引き寄せとか思考は現実化するとかにとらわれていて、ちょっと苦しいです。自分で引き寄せ日記とかつけていた時期もあり、自分でこうなりたいという未来図を描かなくてよいのでしょうか。

    • ぽぽんさん、こんにちは☆

      何にしてもしなくてはいけないことはないと思いますよ~。思考は現実化するを信じすぎると、思考や未来ばかりに気が行ってしまうかもしれませんね。

      私は今自分は何をしたいの?どうありたいの?というハートをよく感じて、今楽しいこと、今興味があること、今好奇心が動くものをベースにしてみるのはいかがでしょうか? 

      おまかせ~、なるようになるさ~~♪ みたいなのが私は楽しく、楽チンで好きです。うふふ。

  3. 初めまして
    奇蹟講座を学びはじめ あゆかさんのブログに到着しました
    奇蹟講座を学んでいく上で なかなか学習が進みにくい感じがしています。
    (本がなかなか頭に入らない 現象にとらわれすぎて苦しさのあまり赦しを忘れてしまう)例えばEFT等 自分にあると感じられる傷を癒すことは 学習をスムーズに進めるのに有効でしょうか?

    • flowさん、こんにちは☆

      そもそも奇蹟の講座を学んでいる理由は何かを振り返ってみても良いかもしれませんね。flowさんはそうじゃないかもしれませんが、意外に私たちは、もともとの目的よりも、何かを理解するということが目的になってしまったりすることも多いですよね。

      学習の意味を勘違いしていたら申し訳ないのですが、本の内容を学習するというのは、頭の理解になってしまい、理解したからといって何かに到達できるわけではないだろうと思っています。

      私自身、奇蹟の講座自体は素晴らしいと思っていますが、あれを文字通り理解していくと誤解するだろうとも思っています。

      でもとりあえず、自分の中の放置されていた自分、分離を強く感じていた自分を受容することで、体験的に愛という本質に触れることができ、頭の理解ではなく、体験的な理解が進むかなと思います。

      あっ、EFTは、奇蹟の講座の学習をスムースにするためという理由ではなく、自分と出会い、自分を受容するため、という理由であれば、超お薦めです♪

  4. 私も抑圧されてる何かあるのでしょうが、自分では全くわかりません。
    余裕ができたらあゆかさんのOADを受けたいと思いますが、どうすれば受けれますか?
    受け付けサイトなどありますか?

    • natureさん、こんにちは!

      すべての人が何らかの思いや感情を抑圧しています。わざと抑圧しているというよりは、無意識に感じないようにしてしまったり、単純に昔のことで忘れていたりなどです。

      私自身は、現在個人セッションを受けつけておりませんが、OAD心理セラピストのリストから選んで、問い合わせてみてください。スカイプでも対面と同じぐらいできますので、場所にはそれほど縛られなくても良いかと思います。

      https://ayukablog.wordpress.com/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%88/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中