中心のない生き方へ♪

フェイスブックやメディアを眺めていると、どう生きていくかという記事が多いなぁと感じます。ということで、私も生き方について思うことを書いてみたく、でも、なんとなくノンデュアリティの話へ飛びそうな予感・・・・♪

インテグレイテッド心理学にもあるように、自我の一番の恐れは、肉体の死と自己価値の死ですね。

体が死なないように「食べていく」ということは非常に大切で、また役に立っている自分とか、存在価値がある自分でいることも生き残りにとっても大切なわけです。経済的に豊かでも、こんな自分なんて生きていても・・・と思ってしまえば、やはりとても苦しくなります。

で、そうやって「自分を存在させる」こと、しかも単に存在させるだけではなく、できるだけ良い感じで存在させることに、私たちはものすごくエネルギーを使っているわけです。

いや、自分はダメダメな自分だからもう人生あきらめている、・・・という人でも、本当に自分を受け入れていなければ、そこに恐れや無力感やら、いろいろな思いやらがあり、かなり重たいエネルギーを保持しながら生きています。

もし、「いけている私」であれば、エネルギーはだいぶ軽くなりますが、それでも、その自分を維持するエネルギーはかなりのものです。

とくに知らぬ間に使っているエネルギーは、「私がどうにかする」という思いでしょう。お腹のあたりにある「意志」のエネルギーですね。

私が決める、私が計画する、私がやる、私が考える、私の責任、私がしないといけない・・・。

私のことは、私しか決められない、という思い自体は、もちろんその通りで、自分のことを他者に依存してしまったら(境界線越え)、それは人間関係の不幸の始まりです。

そういう意味で、精神的な自立というのは、健全な人間関係の基礎ですよね。

なので、決してそれが問題だ~などと話したいわけではまったくありません。

でも、もう一つの生き方があると私は思うのです。それは、ある意味センターがない生き方。

自我的に考えると、センターがない生き方って、ふぬけな感じ、中心がないの?自分軸がないってこと?というように聞こえるかもしれません。

それはもちろん、ふぬけなフラフラした状態で生きるということではなく、今まで個の自分が中心にいて、サバイバルゲームに必死に勤しむ生き方をしていたけど、そのセンターを「気づいている意識」に明け渡すということなんです。

つまり、自分軸を「生命、気づいている意識、純粋意識」軸にする。そこは空っぽどころか、無限のエネルギーで満たされるんですね。

例えば、あまり知らない人たちが集まっているミーティングに行く前、私はいつも緊張をしてしまいます。ちなみに、楽しい会合やよく知っている人たちに会うときは、あまり考えずに現地まで行ったりしませんか?

相手がどんな人たちなのか分からない、自分がどう受け入れられるのかが見えない、そんなとき、私の頭の中でシュミレーションが起き始めます。

こんなふうに挨拶して、とりあえずこれは伝えて、そしてあとはさっさと帰ろう・・・みたいな「私計画」立ててしまったりするんです。で、相手が見えないだけに、この計画の中に相手はぬけてしまっています。

これは例えば、個の私がどうするかを決めている状態ですね。緊張すればするほど、頭の中が忙しくなり、あぁしよう、こうしようと考えてしまう。ですので、自分が決めているのですが、基本、恐れがベースになっています。

でも・・・・、やっぱりここでノンデュアリティに話が飛びます。皆さま、シートベルトをお締めください。(これ、2回目の登場)

でももし、「わたし」が何かしなければ、ということ自体が幻想だったら? それがそもそも不必要な緊張だったら?

人生は、私が決めているのではなくて、生命が私を動かしているのだったら?

深呼吸をして、緊張を落とし、流れ、生命を信頼し、リラックスしたまま、自分から出てくる言葉、行動を信頼する。そして、相手の言動に対してそのときに自分から出てくる反応を信頼する。

恐れや緊張ではなく、本質の流れを信頼した生き方。

こうすれば、すべてはうまく行く~とかそういう話はまったくありません。そういう話にしたとたん、自我の狭いワールドに戻ってしまうでしょう。

自分にとって都合が良いか、悪いかではなく、生命が指し示す優しさ、智慧、深さが見えるかどうかということですね。

生命を信頼し、一見、自分にとって不都合なこと、悲しいこと、腹立つことの中に生命の宝を見つけることができるか?ということなんです。

そして、それが生きる軸となるかどうか。

そのために、やはり、自分は本当は何なの?という根本的な問いって大切だなぁと思うのです。

私たちが、体や思いや感情を自分だと思っている限り、生命軸へのシフトは難しいですよね。

でも、個の自分というものは幻想で、真実は、ただ一つの意識、純粋意識、生命がダンスをしているということ。

今もし、それが感じられなくてもまったく良いのです。大切なのは、思い込みや理論、知識で自分を縛らず、心をオープンにしていることでしょう。

そうであれば、生命のタイミングで必ず大海に運ばれるはず。なぜなら、それ以外に私たちが行くところはなく、そして本当は最初からそこにしかいないのだから♪♪

 

☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆

インテグレイテッド心理学講座の募集を2月15日(水)より開始を予定しております。

今回は、先行予約制度をなしにしましたので、そんなに急がなくても大丈夫だと思います。が、お申し込みはそれなりにお早めに~☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

インテグレイテッド心理学をベースに問いかけやセラピーを使い癒していくやり方をこの度、「オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)」と名づけました。詳しい発表は来月末あたりの予定です。

ということで、このやり方(OAD)で癒しのジャーニーを歩んでくださった方の事例を今回もご紹介させてください。「絶対に父を許せない私」by セラピスト浦松真澄

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

また、現在「赤坂溜池クリニック」で、下田屋寛子さんが、OADセッションを行っています。パニック障害、または他の心の問題でお悩みの方、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

中心のない生き方へ♪」への9件のフィードバック

  1. あゆかさん、いつも楽しくブログを読んでおります。
    以前もこちらで何度かコメントしましたりょうと申します。

    最近なのですが、自分が思考の中にしか存在していない実感が少し出てくるようになりました。
    これまでは自己という概念が思考で作られているのは分かっていましたが実感が伴っていたかというとそこまでは言い切れない感じでした。
    しかしこの実感が出てきてから自分が思考で作られている瞬間を第3者目線で見ているような感覚が出てきました。
    これが見えてくると自己の概念が無い時はフワフワしたような掴み所の無い感覚だけが残るような感じがしました。
    しかもこのフワフワには個人という区分けが無いような感覚がありそれは今までに体験したことのないものでした。

    今はこのエゴ以外の何かが自分を動かしているような感覚はまだありません。
    アジャシャンティも人生の流れ、命が人生を生き始める、リアリティがあなたを動かすなどの表現をよく言っていてあゆかさんの中心のない生き方という表現も同じ事だと感じました。

    このフワフワした感覚を普段の生活の中で感じ続けるといづれはそのような事が起こりはじめるのでしょうか?
    まだエゴとフワフワを行ったり来たりしているような状態ですが以前より自己が薄まったような気はします。

    あゆかさんはどのような時に中心のない生き方をしていると感じますか?
    その時の感覚はどのようなものなのでしょうか?

    りょう

    • りょうさん、こんにちは☆

      いつもお読み頂いていて、嬉しく思います♪

      何かが確実に変化していらっしゃるようですね。徐々に大海に流されていくみたいに(笑)。目覚めていく過程で自我まるけだった頃とは、当然感覚が変わっていきますよね。それはそれで良いかと思うのですが(←なんか偉そうですみません)、一方で大切なのは、やっぱり私は何か?かなと思います。

      つまり、例えば、“エゴとフワフワを行ったり来たりしているような状態”は、そういう状態があるということで、それ自体は自分ではないですよね。

      そういった感覚の変化に気づいているのが、真の自分です。状態が変化しているほうではなく。

      感覚の変化を見ていくのも一つの目安かもですが、それよりも“私は何か?”を確立していくと、状態や感覚という変化するものに引っ張られずに本質に寄り添えるかもと思います。

      ということで、感覚というより、変わらない本質がベースになっているかどうかですね。(あぁ、言葉って難しい~~!)

      • あゆかさん、お返事ありがとうございます。

        確かに感覚の変化に気づいてる何かがありますね。
        深まっていくにつれて言葉で説明するのが難しくなっていきますね(笑)

        りょう

  2. ずっと自分軸でガチガチに緊張して生きているということに気づかされました。

    • 山崎さん、ありがとうございます☆

      短いコメントですが、いつもそこがポイントです!というところを書いてくださり、嬉しく思います♪

  3. はじめまして。Anneと申します。

    友人に勧めていただいて、こにちらのブログを知りました。

    私も同じような内容のブログを書くことがありますが、解りやすく心にすーっと溶け込む表現が素晴らしいと思いました。

    ブログ(http://s.ameblo.jp/angelo333/)にリンクを貼らせて頂いても良いでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    • Anneさん、こんにちは☆

      もちろん、リンクを貼って頂いてけっこうです。光栄です♪

      ご友人にも宜しくお伝えくださいませ☆

  4. はじめまして

    心のブロックをはずそう!願いをかなえる方法
    を読んで、このブログにもアクセスさせていただきました。
    限界を決めたのは自分。勝手に思い込みを作ったのも自分。今更ながらに気づきました。
    (ちなみに希少だと思いますが52の男です)

    この「中心のない生き方」
    “自分”を維持するためのエネルギーは相当なものだろうと思います。生命を信頼することが正しいこともなんとなくそうだろうと。ただ、まだ腹落ちまではいっていません。

    それでもいつかフッと腹落ちする時がくると思ってます。

    これからもブログの更新を楽しみにしています。

    • y.o さん、こんにちは☆

      拙書をお読みいただきましてありがとうございました♪

      いえいえ、50代の男性の方、意外にいらっしゃいます。

      今後もブログをお読みいただけましたら嬉しく存じます~☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中