依存に陥らない健全な疑い♪

本日より、ハートレジリエンス協会認定「心理セラピスト養成講座」の募集が始まります。なんかドキドキ~♪

ノンデュアリティが昨年流行ったため、私をノンデュアリティのスピーカーだと思っている人もそれなりにいらっしゃるようですが、私は基本、“癒しおたく”です。うふふ。

ということで、癒しの職人仲間を増やしたい!

と、同時にもう一つ、ハートレジリエンス協会の活動として、鬱、引きこもり、心の病といった、なかなか答えがない状況に何か貢献したいという野望もあります。(ケアラーのケアも地道に続行します)

例えば、鬱で引きこもりになった方の親御さんからのご相談などをそれなりに受けます。が、病院に行っても仕方がないし、周囲に分かる人もいないしと、行き場がないことが問題だなぁといつも感じるのです。

ネットで検索すれば、多くの情報は出てきますが、肝心の自分に合う答えは見つかりません。どれだけ情報社会になっても、自分特有の人生の問題に答えてくれるものは、やっぱりないんですね。

どなたかが私のセミナーでおっしゃっていましたが、そのためスピリチュアル、自己啓発、悟りといった方向へ流れていく人も多いでしょう。(私もその一人)

ところがこの方面がまるでごっちゃ煮で玉石混交なので、右往左往してしまう・・・。そして、自分の中でもこれらがぜんぶミックスされ、これはこれでまた混乱が生じてしまう。

例えば、イギリスである女性が、世界的に有名な非二元のティーチャーに“毎日パニックが起きてほんとうに生き辛いです”(パニック障害)と訴えていました。で、そのティーチャーの返事は、“パニックは存在しない”でした。

女性はそのメッセージをすがるように聞いていましたが、それが役に立ったとは女性の表情を見て、とても思えませんでした。(心の中でEFT!!と叫んでいた私)

ちなみにガンガジさんは、そういう人たちに、“一応確認ですけど、専門家に見てもらっていますか?”と聞いていました。

これもアメリカで実際にあった実話ですが、非二元のメッセージにはまりすぎた人が、足の痛みを“ただ現れているだけ”とやり続けていたため、足切断まで行ってしまったそうです。

足切断は、目に見えるためある意味分かりやすいですが、トラウマやパニック障害なども私から見れば、きちんとセラピーを受けたほうが良い部類に入ります。

でも、トラウマやパニック障害、鬱などが病院へ行ってもよくならない場合、もう一体どこへ行ったら良いのか分からず、途方に暮れる人も多いはずです。

で、結局、私たちのような怪しい?市井のセラピストのところへ行くしかないのが、今の現状かもしれません。

話は逸れますが、一昨年からは大手メーカー、金融企業、または東工大、一橋大学でストレスマネジメント講座で開催させて頂いたり、セラピーは怪しいというイメージの払しょくにも努めております。

で、話を戻して、人生の悩みや苦しみに対して答えがないとき、どうしても私たちは何か頼りになるものが欲しくなります。または、漠然と不安が大きいとか、自分に自信がない場合も、誰かにポジティブ投影をし、その人に依存したくなったりしますよね。

こういう状態でスピリチュアルや悟りなどのセミナーへ行くと、メッセージをそのまま鵜呑みにしたり、スピーカーのファンになったりということも起きるでしょう。

ですが、ある意味皮肉なことに、メッセージの鵜呑みやファンになっている状態では、ほんとうに自分にとって必要なことは見えてこないことが多いんです。

なぜなら、自分で選び取り、自分で開拓していく姿勢になっていないからです。

でも、そもそもその自分が信頼できなくて、自分で考えても分からないし・・・、という方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合、お薦めしたいのが「健全な疑い」を持つことです。

有名なティーチャー、スピーカー、カウンセラーの言葉をなんでもかんでも鵜呑みにするのも、または逆にすべてインチキだ~とただ疑ってしまうのも、自信のなさの現れとして同じことです。

が、健全な疑いとは、否定もしていないけど、鵜呑みにもしていない状態ですね。すると、そこから出てくるのは、本当だろうか?という好奇心です。

好奇心というのは、ハートから出てくるエネルギーですね。なので、好奇心は他者依存から、自分を自分の中心に戻してくれるエネルギーです。また、面白そうだから吟味してみようという自分で模索するという姿勢になっていくでしょう。

なので、そのときの「分からない」は、まだ分かっていないこと、知らないことへのオープンなスペースとなり、ティーチャーやスピーカー達のメッセージは、依存するものではなく、サポートするものとなっていくはずです。

で、そうやって試行錯誤しながら模索するうちに、何か自分に必要なものにたどり着いたりしするんです。また、思考錯誤自体が自分の智慧になりますね。

また、単純に「心のしくみ」を知ることも、鵜呑みや依存にならない手助けになるなぁと思います。

「しくみ」を学ぶことは単なる知識ですが、知識も生きる上での大切なリソースです。知らないから人の話を鵜呑みにして、依存してしまうということもあるかなと思います。

20代の頃、生き辛くて仕方がなかったとき、哲学から心理学、自己啓発、そして精神系の本を読み漁り、楽にならなかったばかりか、もしかすると憑依されているから私は苦しいのかも?と真剣に思ったこともありました。

自分の心の中をきちんと見ていくなんて思いもよらなかったのです。でも、歯が痛かったら、歯を見ないといけないように、心が痛むのであれば、心をきちんと見る必要がありますよね。

ということで、もちろん私の言葉も一切うのみにせず、「健全な疑いを持つ」というご提案にも健全な疑いを持って(笑)、好奇心から試して頂けると嬉しいかなと思います。

で、自分の体験と私の言葉がマッチしなかった場合、もちろん自らの体験、経験の方がいつもあなたにとっての正解です♪ (*^_^*)

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

一般社団法人ハートレジリエンス協会認定心理セラピスト養成講座

募集開始!

ショートセミナー≪怒りの原因と克服セミナー≫

怒りのしくみを知ってみよう!

「ノンデュアリティと癒しのカフェ in 名古屋」

2016年12月3日(土)13:30~16:30

詳細はこちらへ→☆

依存に陥らない健全な疑い♪」への3件のフィードバック

  1. あゆかさん、こんにちは。
    ずっとブログを読ませて頂いてたんですが、
    セラピー、EFTなどは何故かずっとスルーして読んでいて、
    心の仕組みや非二元の理解によって、どうにか自分で健やかに生きようとしていました。
    私は思考観察も出来るし、思い込みにも気づける、自分で苦しみから抜け出せると思っていました。実際にほんの少しずつの変化はあったので。

    2、3日前、いつものように激しい感情と想いのぐるぐるの波がやって来て、観察、距離を置く、見守る、をやっていたのですが、もう限界で…
    ふとあゆかさんのブログにのっていたEFTを調べてやってみたんです。
    そしたら、驚きです。本当に長いスパンをかけて向き合っていた想いや感情や、身体を覆う重い不幸感がすーーと軽くなっていきました。
    え、普通の人はこんなに軽やかな心で生きているの?今までの私の普通が、めちゃくちゃ重かったことに気づいてそれにも驚き、それがこんなあっけなく軽くなるなんて、拍子抜けです。。いままでの私の頑張りは何だったんだ…

    きっと感情思考観察するときに、はやく消したいというどちらかというと自己否定の気持ちをもってしていたんだと思います。見張る感じ…

    そうじゃなくて、どんな感情や想いにも居場所をつくってあげることなんだろうなぁ〜と学びました。
    それが出来なく位くらい激しいのであれば、EFTやセラピーの助けを借りた方が早いし楽ちんなんですね。

    私と同じように苦しんでいる方、是非是非EFT
    オススメです!
    非二元の探求は楽になってからで遅くないです!(私は非二元の探求が楽になる道だと思っていましたが、畑違いでした)

    あゆかさん情報発信をいつも、ありがとうございます。本当にいつもあゆかさんのブログにお世話になっています。

    • もんのすけさん、こんにちは☆

      嬉しいフィードバックをありがとうございます!

      そうなんです。思考や感情の観察などは、表層レベルのワークなので、遅々として進まないですし、もっと深いレベルの抑圧が苦しみを生んでいることが、圧倒的に多いです。

      なので、今苦しいなら、セラピーの方がぜんぜん早いかと思います。ご自分の実際の例を教えてくださいまして、ありがとうございます!(*^_^*)

  2. あゆかさんのブログはたまにどきーーーーっとさせられることが書いてあるのですが今回は非二元で足を切断?のはなし。私も苦しみから逃れるために?非二元の起こっているだけ、現れているだけ、、、みたいな付け焼刃的な癒しを自分でやっていたのですが去年右の卵巣に卵大の腫瘍がみつかりそれでも放置で現れているだけ-、所詮肉体のことー、、、みたいなことやっているんですがこの記事を読んで、あ、やっぱまずいなって目が覚めました。ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中