三つの癒し♪

EFTマトリックス・リインプリンティング(MR)の募集を始めます♪

さて癒しとは、おおまかに三つの観点から眺めることができるかもしれません。一つは生物学的な観点、もう一つは心理学的な観点、そして私たちの本質という真実の観点です。

で、今回はEFTとMRがその三つにどう関わるかという点で書いてみたいなと思います。

ということでまずは、「生物学的な観点」から。

トラウマや重度のストレス、長い間握り締めているネガティブな感情がどう脳や神経、細胞に影響を与えるか?という研究や報告はたくさんあります。

つまり心の苦しみは、単純に心の問題だけではないんですね。身体の症状に心が関わっているように、心の悩みにも身体は関わり、心と体はやはり切り離して考えられないんです。

例えば、欝や依存症の原因の多くはトラウマにあります。事故や災害と違って、日常の生活の中で受けたトラウマは一見分かりにくく、本人がそれをトラウマだと認識していないケースもけっこうあります。

トラウマの場合は、感情脳といわれる大脳辺縁系が活発になり、ものごとを把握したり、行動を起こすことに関わる海馬が機能しなくなる・・・といったようなことがMRIなどで証明されています。(←超大雑把にまとめました)

で、これはトラウマが解除されるまでこの状態が続いてしまうんです。つまり、いくら本人が意思の力で克服しようとしても、自然にネガティブな思いばかりが出てくるし、やる気もでないし・・・となってしまうんですね。

薬物依存症なども社会は本人を責めがちですが、こういった知識がもう少し広まってくれるといいなと思ったりします。

話を戻すと、EFTやMRによって体(経絡)を刺激しながら、特定のトラウマに働きかけることで、このサイクルを解除することができるんです。オーストラリアのEFTの研究では、ストレスホルモンのコルチゾールを下げられることも分かっています。

直接身体に働きかけられるという点で、話だけをするセッションの限界を超えられる優れたツールだと思うのです。

で、次に「心理学的な観点」です。

私たちの意識の約96%は潜在意識だと言われています。つまり、自分の行動のほとんどに私たちは無意識なんです。

ちょっと木の根っこをイメージしてもらい、土の中にある根っこが潜在意識の思いやビリーフ、そして感情だとしますね。いくつもの根っこがあり、また幹に近いところから根っこの先まで深さのレベルも違います。私たちの思いや感情もそれぐらい複雑になっています。

例えば、“私はどこにいても受け入れてもらえない”という悩みがあった場合。ちなみにたいていの場合、これはご本人の投影です。(もちろん、お聞きしながら見極めますが)

実際は、受け入れられていないのではなく、なんらかのビリーフのせいで自分が受け入れられていないように見えたり、感じたりしているんです。

で、例えばその原因が、 “私は人としてどこかおかしい”というビリーフだったとして、タッピングで、そのビリーフが出来上がった出来事を見つけていきます。でも、それは通常のカウンセリングでもできるじゃないか?と思われるかもしれません。

ところが、思考で探した原因はいかにも合っていそうでも、私の経験上では半分ぐらい違っています。しかし、タッピングですとどんぴしゃりと行き着けるんですね。

そして、原因となった出来事や育った環境を見ていくうちに、ほんとうに自分が願っていた思いや感情が何重にも出てきたりします。で、ここがめちゃくちゃ大切です。

ここで決してストーリーには行かず、放置されていた思いや感情をすべて表に出してあげ、受け入れてあげると、すっきり感のレベルがぜんぜん違います。また、すっきりするだけではなく、 “なんだ、私普通にしていて大丈夫だ”といった認知のシフトも勝手に起きます。

そこでさらに、最後にポジティブな記憶(イメージ)を刷り込みことで、前は自分は受け入れてもらえないと緊張していたけど、今はどこにいても自然に普通していてOK・・・・となったりするんですね。

気がつくと感覚や行動が変わっている!という自然な変化が良いなぁと思っています。

で、最後に「私たちの本質」として、

タッピングというのは、結局経絡を刺激することで“気”(エネルギー)を流しているんです。で、エネルギーとは、もちろん生命のエネルギーですね。

そして生命のエネルギーというのは、流れ、変化し、発展していくのがその性質です。種から始まって、根が生え成長して、花が咲き、枯れて土に戻ってまた根になり…というように、常に循環を繰り返して変化、変容しています。

個の私たちもまったく同じで、体も思いも感情、感覚も常に変化、変容していますよね。人間もまさに自然と同じです。ただ違う点は、人間はその流れを抵抗や抑圧という形で止めてしまったり、またはフリーズさせて感情を閉じ込めたりできてしまうことです。

しかし、EFTやMRで自分を否定する自分と向き合ったり、放置していた思いに気づいてあげたり、トラウマでフリーズしてしまったショックを解放したりすることで、そこに生命の流れがよみがえってきます。

生命のエネルギーとは、言い換えれば無条件の愛ですね。なので、癒しが進むと同時に自然に自分の中の愛も深まっていきます。

実は私はこれが一番の癒しの醍醐味ではないかと思うのです。悩みや症状がなくなりました~というのも、もちろん良いことですが、自分の本質が実感されていくと生きる楽さがぐんと違います。

もちろん、どんなセラピーのツールも魔法ではありませんし、すべての人に効果があるものというのも存在しないでしょう。また、個人的にはどんなセラピーも、トークセッションと組み合わせたほうが効果が高いと思っています。

しかし一度学んでしまえば、指一本で自宅でできるツール。緊急時にも使えますので、ぴんと来ましたら一生のお供にぜひどうぞ♪

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

JMET認定EFTプラクティショナー講座
2016年10月28日(金)~30日(日)
申し込み

キャンセル待ち募集中

マトリックス・リインプリンティングプラクティショナー講座
2016年11月25日(金)~27日(日)
申し込み

キャンセル待ち募集中

 

三つの癒し♪」への5件のフィードバック

  1. 自律神経が乱れていると
    意識に集中できないからEFTのタッピングも難しいでしょうか。
    意味不明だったらすみません。失礼しました

    • こんにちは♪

      身体の問題へのEFTのやり方をすでに学ばれていらっしゃいますか?

      みようみまねだと難しいかもしれませんが、単にタッピングをするだけでも、副交感神経が優位になりますので、ぼーっとタッピングだけをしても、何もしないよりは良いかもしれません。

      こちらもぼんやりしたお返事で失礼いたします~。(*^▽^*)

  2. あゆかさん、こんにちは。
    いつもブログ拝読させて頂いてます。
    大変貴重な情報で日々勉強させて頂いてます。
    ありがとうございます。

    鬱病について気になっている事がありまして、投稿させて頂きました。

    >欝病の原因がトラウマの場合は
    感情脳といわれる大脳辺縁系が活発になり、ものごとを把握したり、行動を起こすことに関わる海馬が機能しなくなる・・・といったようなことがMRIなどで証明されています。

    これについて質問なのですが、トラウマが解除されたら、このような脳の機能不全は正常な状態に戻りますか?
    又、それはMRIなどで証明されていますか?

    10年以上治らない人も多い鬱病ですが、
    フリーズしてしまったエネルギーを解放する事で鬱病が治癒する可能性はどれくらいあるのでしょうか?
    又、あゆかさんのセラピストとしての経験から、どのような感触をお持ちでいらっしゃるのかも教えて頂けましたら幸いです。

    やはり重度の鬱病が治癒するという事は、奇跡的な事なのでしょうか。。。

    乱文&質問ばかりですいません。
    どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

    • 撼天柱 さん、こんにちは☆

      ご質問&いつもお読み頂きありがとうございます。

      早速お返事です♪

      >トラウマが解除されたら、このような脳の機能不全は正常な状態に戻りますか?又、それはMRIなどで証明されていますか?

      トラウマが解除されなくとも、マインドフルネスのような瞑想でも、脳の機能がだいぶバランスが取れるようになることが、MRIで分かっているそうです。

      ただ、それでトラウマが解除されるわけではないので、Richard Miller, PhDというトラウマの専門の医学心理士の方は、まず、気づいている意識に寄り添ってもらい、下地を整えてから、トラウマの治療をしていらっしゃるとのことです。

      で、それはまだ試みていませんでしたので、今後セラピーの前にそれを取り入れてやってみたいと思っているところです。

      >フリーズしてしまったエネルギーを解放する事で鬱病が治癒する可能性はどれくらいあるのでしょうか?

      これはほんと人それぞれです。欝の原因が一つのトラウマだけであれば、比較的改善度は早いですが、けっこう複合的なケースが多いため、それなりに時間がかかります。一番の問題は、ご本人がそれなりの年齢になってしまい、無意識に変化への抵抗が大きいケースです。

      コメント欄で書くには難しいので、このへんに致しますが、最終的にはどうしてもご本人次第なんです。私は奇跡的というほどすごいことではないと思っております。どんな重度の欝の人でも、健康な部分は必ずありますので。

      あと、私はセラピストですので、「治癒」という言葉が使えません。あくまでも、改善したということでご理解くださいませ~☆

      • 早速お返事頂きまして、ありがとうございますm(_ _)m
        とても嬉しいです☆

        マインドフルネスの実験の画像で、被験者の脳の色々な部分が変化していたり、扁桃体が小さくなっているのを見た事があります。
        脳には可塑性があるのですね。

        そして、
        どんな重度の欝の人でも、健康な部分は必ずあるのだから、

        時間はかかるけれども、

        欝の原因となっているトラウマを解除する事でうつ病が改善し、
        海馬などの脳の機能不全も正常な状態に戻る可能性はあるという事ですね。

        あゆかさんの言葉に勇気づけられました。
        どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中