虐待の癒し

なぜか急に書きたくなって、今回は虐待についてです。

ですがその前に、実はブログにはあまりセラピーのことは書かないようにしているんです。というのも、ブログの性質上、どうしても簡略して書いてしまうので、読んだ方が誤解したり、分かったつもりになってしまうのを避けるためです。

ので、今回もほんのさわりですので、そのつもりでお読みくださいませ~☆

まず、虐待というのは、たいていある一定の時期に繰り返し行われているため、カテゴリー的には「複雑性トラウマ(Complex PTSD)」となります。

ちなみに、一般的にはトラウマというと、災害や交通事故による一過性トラウマ(PTSD)のことを指しています。

ということで、虐待は基本的にトラウマとして扱うものです。

さて、私たち人間とは、「思い-感情(感覚)-体」の三位一体の存在ですよね。楽しいことを思うと、ウキウキした感じになり、体が軽くなる。ネガティブなことをイメージすると、不安が出てきて、体が緊張する・・・というように。

また、ものすごく怖かったときなど、体が震えますよね? 現代人はかなり思考型になっているので、つい忘れがちですが、「思い-感情-体」というのは、常に連動して機能しています。

では、どんなふうにトラウマができるのか?

かつては、「戦うか逃げるか(Fight or Flight)」という場面で作られるというのが定説となっていましたが、現在では、「逃げることも戦うこともできずに、フリーズしたとき(Fight, Flight, Freeze)」にトラウマになることが分かってきています。

と、ここまでまるで、トラウマに関する理論を書いているように読めるかもしれませんが、めちゃくちゃ経験とマッチします。一応、経験とマッチしない理論は採用しない主義です。

で、例えば、小さな子どもが大人から暴力を振るわれる場合、戦うことも逃げることもできないわけです。ので、大声で叫ばれながら、体を叩かれたりした場合、なんとかそこで精神的に生き残るには、感情を麻痺させて、受けているショックを自分から切り離してしまうことです。

これは、身を守るという生理的な現象であって、その人の性格が強いとか弱いとか関係なく、身体の自動的な機能です。

で、そのときはそれでなんとか精神的に壊れずに、自分を守るわけですが、問題は、フリーズされた感情やショックは、解放されない限り、体にそのまま残ってしまうことなんです。

ちなみに、欧米では「トラウマはまず体から」という認識はかなり浸透しています。なので、出来事自体は過去のことですが、体のレベルではトラウマは現在進行形で生きているんです。

そのため、出来事自体は何年も前のことなのに、フラッシュバックや不安症、動悸、不眠、抑制できない突発的な怒り、欝、生き辛さなどなどが、今、症状として出てくるんですね。

で、体のレベルでそのときのショックや感情が残っている限り、例えば「私は無力だ」とか、「私の存在は人の迷惑だ」とか、そういったビリーフもどうしても生きてしまいます。

また、ショックや感情は自分が抱えきれないほど大きかったから麻痺させたわけで、その大量のエネルギー(感情だけではなく、そのときにあった匂い、音、ビジュアル、すべて体はダウンロードしてフリーズしています)をフリーズさせ続けておくには、けっこうなエネルギーが使われます。

若いうちは、なんとかうまく抑えておくこともできるので、考え方、見方を変えることで、自分では克服したつもりになっている人にもけっこうお会いしました。

でも、残念ながら思考だけでどうにかしたつもりでも、ダウンロードされてフリーズされたものは、そのままという場合が圧倒的に多いんです。

なので、更年期になってきたりすると、抑える力がなくなり、欝っぽくなってしまったり、身体になんらかの形ででてきたり。

また、若いうちでも、やはり人生のなかに何らかの形ででてしまいます。例えば、父親に殴られていた人は、権威と映るものに対して恐れや怒りがあったり、自分を他者を信頼するのが難しかったりなどなど。

また、無意識に常に警戒・防衛体制になっている場合も非常に多いです。子供のころ、いつ親が怒り出して叩かれるか分からなかった場合などは、常に危険を察していないといけなかったため、無意識に周囲の様子や人の様子をうかがっていたり。

ただほとんどの場合、本人がそれがトラウマ(虐待)のせいだと分かっていないものです。

さて、虐待(複雑性トラウマ)の具体的な癒しの方法は、残念ながらブログには書けませんし、それこそ一人でワークするのはかな~り難しいです。

しかし、身体のレベルでのセラピーを根気よく続け、また、ビリーフなど思いのレベルでもワークしていくことで、ほんとうにひどい虐待の経験からよくなった人も多く見ています。

私自身、一過性のトラウマを身体(感情)のレベルのワークを中心に、いくつかすっかり癒すことができました。

ちなみに私の場合、身体のレベルのワークというのは、例えば、EFTやマトリックス・リインプリンティングです。個人的にはTRE(トラウマ解放のエクササイズ)もとても役に立ちました。

正直いえば、虐待の癒しはそれなりに時間がかかります。でも、地に足を着けて、長年置き去りにした自分を会いに行く、愛をまた見つけに行くジャーニーだと思えると良いかもしれません。

解放の途中には、ものすごい怒りとともに親への罵詈雑言、自分を否定するどぎつい言葉などが、わんさと出てきます。それでも、それらの声のすべてが受け入れられ、変容していったとき、認知のシフト(見方、考え方が変わる)が自然に起きるんですね。

そして、ほんとうは自分がどんなに親を愛していたかが思い出されたり、自分は常に愛とともにあったことが分かったり、それらの声で見えていなかったものが顔を出してきます。

そして、セラピーのお話上、虐待は複雑性トラウマとして見ると書きましたが、もし、あなたにその体験があったとして、あなたは「複雑性トラウマがある人」ではありません。

単なる便宜上のレッテルをアイデンティティにする必要はまったくありませんよね。あなたはあなたであって、フリーズしてしまった自分の部分を解放してあげる癒し手☆

最後にしつこいようですが、超さわり、大雑把にしか書いておりませんので、そのようにご理解くださいね。

もう少し詳しく知りたいという方、ハートレジリエンス協会では、8月27日(土)にこのテーマと重なる「愛着障害」のショートセミナーを開催します。ご都合がつけばぜひ~♪

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

JMET認定EFTプラクティショナーコース in 大阪!

感情解放にも、自分の抑圧された声を見つけるツールとしても、とっても使えます♪

☆☆ ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー ☆☆

7月 “職場での境界線 どう引く?”

見えない心のガイドライン「境界線」を知って、快適な職場での人間関係を作る方法

8月 “その生き辛さ、もしかして愛着障害かも?”

愛着障害と克服セミナー

虐待の癒し」への6件のフィードバック

  1. こんにちは、あゆかさん。
    以前こちらで何度かコメントしましたりょうと申します。

    今回のブログ、非常に興味深く読ませていただきました。
    私が目覚めに興味を持ったきっかけは離婚なのですが、別れた妻は幼少期に両親(特に母親)からネグレクトに近い扱いを受けていたような印象がありました。
    彼女は幸せになりたがっているのに常に不幸になる選択をしていました。
    具体的には常に私のしてもいない浮気を疑いその事を理由に喧嘩になるというループが続きました。
    口では愛していると言っていながらまるで常に私と別れる理由を探しているようにも感じられました。
    彼女はまさに’’自分は常に不幸になる’’というアイデンティティにしがみついていてそれが最終的には離婚の原因になったと思います。

    実は7月に入ってから以前とは違いエゴの根本が見えてきたような感覚が出てきました。
    表現するのが難しいのですが思考がまるで映画のコメンタリーのような感覚になり、自分が思考しているという感覚がすごく薄くなったような気がします。
    それと同時に別れた妻への怒りやこの2年間残っていた目覚めたことへの虚無感がどんどん薄らいでいきました。

    以前あゆかさんに分かろうとしなくていいというアドバイスを頂いて、その時はまだ飲み込めていなかったのですが今はものすごく意味が分かります。
    理解したのではなく’’ただ分かった’’という表現が一番しっくりきます。

    私が持っていた’’妻と離婚して苦しんだ自分’’というのもレッテルなんですよね。
    ただのストーリーだと分かるとシリアスさがなくなってきて笑えてきました。
    自分もこんなにストーリー中毒だったのかと(笑)
    でも世界中がある意味ストーリー中毒なんですよね。
    この視点から見るとそんな世界も面白く感じられるようになりました。

    りょう

    • りょうさん、こんにちは☆

      とても良い感じですね。思考の真実味が減ったというか、エネルギーが減ったというか。こんなに全力で信じていれば、そりゃ苦しいよね、みたいなところへ来るとだいぶ違いますよね。

      自分の中に衝動(愛に飢えた感覚など)がある限り、痛みのほうが気持ちの前面に出てしまい、どうしてもネガティブに出てきてしまいます。でも、そこをしっかり癒してあげると、かなり落ち着きます。

      前の奥様にも何かサポートや気づきが与えられると良いですね。

      • あゆかさん、お返事ありがとうございます。

        あゆかさんのおっしゃるとおり自分の中の衝動そのものが
        全ての苦しみを生んでいるのですよね。
        でもその衝動って自分じゃないんですよね。
        分かってくると”なーんだ”って感じなんですが(笑)

        アジャシャンティが恩恵とは困難としてやってくる事もあると言っていましたが、私にとっては離婚が恩恵だったのだと今は感じています。

        あゆかさんのアドバイスも私にとっては一つの恩恵だと思っています。

        りょう

  2. こんばんは!初めてコメントをさせていただきます。
    私は虐待により生きづらさを感じてきました。
    どうにか前向きに生きるためにセラピーを受けたり、人生経験を積み自分に自信を持つなどし、
    ここ数年ではとても楽になれました。
    親に対する見方も変わり、子供の自分にはわからなかったけど、本当は愛されていたと思えるようになりました。

    しかし、まだフッとした瞬間にどうしようない無力感や、孤独を感じることがあります。一体いつになったら普通の人のように生きられるのか、気が遠くなり辛くなることもあります。

    「複雑性トラウマをアイデンティティにしない」とおっしゃられておりますが、
    確かに私はアイデンティティにしてしまっている部分があり、だからこそ手放せません。

    しかし、あゆかさんのいつかのブログで、癒されてきたときに
    「家族のチャレンジが意味のあるものだと思えるようになる」
    と書かれていたのですが、やはり虐待の事は忘れないのでしょうか?

    虐待の傷が癒され、気にならなくなった暁には、
    普通の人と同じように自分に無条件の愛を持てるのですか?
    それとも、乗り越えた事によって自信がつき、その経験があるからこその知恵を身につけた自分を誇らしく思える時がくるのですか?
    教えていただければ幸いです。

    S

    • Sさん、こんにちは☆

      まずは、だいぶ楽になられて、ご両親に対する見方もとても変わられたようで、素晴らしいですね。

      虐待や慢性の病などがあると、私たちはそれをアイデンティティにしやすいんです。で、それが癒しそのものを防いでしまったり、またはもう癒されているのに、そこに気持ちが戻ってしまったりします。

      >まだフッとした瞬間にどうしようない無力感や、孤独を感じることがあります。一体いつになったら普通の人のように生きられるのか、気が遠くなり辛くなることもあります。

      “普通の人”でも、こういう瞬間はいくらでもありますよ。いわゆる健康で人生上向きに楽しくやっている人でも、何かの拍子にこんな感じを経験するかもしれません。たぶん、他の人たちはこういうことがないと思い込んでいらっしゃるかもしれませんね。

      無力感や孤独があってはいけない、ではなく、受け入れてあげられると良いかもしれません。

      >やはり虐待の事は忘れないのでしょうか?

      記憶からなくしてしまいたい、という感じでしょうか? 虐待のことは、当然、「嫌なこと、悪いことだった」と強く思ってしまいますよね。ですが、その気持ちがあると、抵抗となり、やはりどこか重たくなってしまいます。

      でも、それが、自分にとって意味があるものだった、ギフトだったというような思いにシフトすると、心底楽になれます。でも、そう思えといっているのではありませんので、誤解なさらないでくださいね。自然にそう思えるようになれるといいですよね。

      >普通の人と同じように自分に無条件の愛を持てるのですか?

      やっぱり、“普通の人”のイメージがありますね。基本的に、普通の人というのはいないかと。どんなに傷ついた人でも、何かの瞬間に無条件の愛を表しますし、いわゆる成功者が悪魔的な思いを持つこともあるでしょうし。

      はい、癒しのプロセスで学べることがハンパじゃなくあります。でも、今この瞬間でも自分を受け入れられたら、誇りに思うことも「今」充分にできるかなと思います。

      • あゆかさん

        丁寧なお返事、どうもありがとうございます!!
        そうなんですね。誰でもみんな無力感を感じる事はあるのですね。それを知れたのがとても嬉しいです。

        最近、自分の人生に対して責任を持つ決意をしてから、自分自身にパワーを感じるのです。あともう少しで、もしくは、もう癒されているのかもしれません。
        ただ生い立ちが変わるわけではないので、そこに気持ちが戻ってしまっている状況なのかもしれません。

        過去の記憶を消す必要はなく、そんな自分だからこその魅力を見付けたいです。ギフトになり得るまで、もう少しだと思います。

        ありがとうございました^_^

        S

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中