ブログが書けない?

人気ブロガーなどが脚光を浴びる今日この頃、私も~ということで、ブログを書こうとする人も増えているようですね。

または、セラピストやヒーラーさんなど、いわゆる自営業であれば、自分のブログはあったほうが良いよね~という認識も広がっているでしょう。

でも、それじゃぁということで、ブログの記事を書こう!、ん?・・・書けない・・・手が止まってしまう・・・という類のご相談も増えているようです。

そもそも何か書きたい!という情熱あるのか、それとも自分が成功するために書いたほうが良いと思っているのか?でも当然大きな違いがありますよね。

で、書けない理由はもちろん一つではありませんが、多いパターンとして、自分が一体何を求めているのか?が、はっきりしていないというのがあります。

自我とは基本的に思考型で、今に満足しておらず、先回りをしたがる傾向があります。つまり、こうなりたい(未来)というイメージに引っ張られがちなんです。

例えば、“あんなふうに人気があってキラキラしている人になりたい”、“あの人はお話会に人がたくさん集まって楽しそうだ。私もあぁなりたいな”などなど。

で、そうなるには、みんなの共感を得る記事を書くことだ、みんなが面白がる記事を書くべきだ・・・と、ハウツーに意識が行ってしまいます。

ところが、コンピューターの前に座ると、う~ん、何を書いたら良いか分からない・・・。

この場合、当然何を書いたら良いかなどまったく分からないでしょう。なぜなら意識が、“みんなが面白がる”、“みんなが共感する”など、“みんな”にあるからです。

“みんな”というのは、一体誰を指しているのかがあいまいで、非常に抽象的で、捉えにくいものです。なので、“みんな”を対象にしたとたん、迷子になりますね。

すると、いやいや、30代の独身女性とか、ある程度客層を絞れば良いのだとか、アドバイスをくれる人もいるかもしれません。

なるほど~と、30代の独身女性が何を求めているかを考えてみる・・・。これもたぶん、うまく行かないでしょう。やはり、意識が自分ではなく“外”にあるからです。

念のため、マーケティングやツールを否定しているのではありません。

何が言いたいかと言うと、こんなふうに意識が内側にきちんと向かず、イメージばかりが先行して、ツールが重要だ!と思ってしまった場合、たいてい地に足が着かずにふらふらしてしまうということです。

「私は~~をやりたい」という一番大切な土台がないからです。

“みんなが~”とか“30代の独身女性が~”ではなく、「私がこれを書きたい」「私はこう思う」という土台です。

私はこう思うから、こう書きたい、終わり。

共感してくれるかどうかは、後からついてくるものですね。最初から狙うものではなく。

セラピストになりたいという人に、理由は?とお聞きすると、“人の役に立ちたいから”という方もそれなりにいます。が、私は、う~ん、大丈夫かな~と思ってしまいます。

人の役に立てる職業は山ほどあり、なんだか漠然としているからです。人の役に立っている自分というイメージに引っ張られていないかなぁと思ってしまうのです。または、人の役に立っている自分になれたら、自分を好きになれるという飢えた思いからきているかもしれません。

ハートの声とは、イメージや飢えた気持ちなどがなく、“今”ただ興味がある、ただ好き、ただやりたい、ものですね。

今、心のしくみを知るのが面白くてたまらない、今、セラピーをやっているのがとにかく楽しい、トラウマの解消という言葉にワクワクする、などなど。

一方、イメージというのはたいてい未来にあります。今目の前にあるものや、やっていることをわざわざイメージしたりしないでしょう。

または今と違う状態。今はそうじゃないけど、“成功している自分”とか。やっぱり、未来ですね。

先ほど書きましたが、自我の「先回りぐせ」です。

先にこうなるために今がある、将来こういう自分になるために、今これをやる・・・みたいな。

じゃぁ、将来小説家になりたいから、ライターの学校に通うのはどうなの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、例えば、みんなを感動させる小説を書いて有名になりたいというイメージが先行しているのか、理由はないけどなんか書きたい、自分の中にあるものを、沸いて来るものをただ表現してみたいということなのか、ですね。

キラキラしたイメージ、ポジティブなイメージは、一見あたかもハートから出ているように見えるかもしれません。それこそワクワクするかもしれませんし、楽しい感じがするでしょう。

今までずっと思考中心でイメージを追ってきた人ほど、ハートの声とキラキライメージの区別が難しいかもしれません。

でも、ハートの声はいつも「今」にあります。それが大きな違いですね。

「今」やりたいことはあるの?ないの? 何か惹かれるものはあるの?ないの? あってもなくても、どちらでも良いんです。

ハート(生命)に戻ることが大切です。そうすれば、いつか何か現れてくるでしょう。

ということで、「結果(イメージ)→ツール」という発想から、「ハート→ツール→結果はおまかせ」というパターンはいかがでしょうか?

創造の源は今にしかなく、そこは生命というものを生み出す発露ですね♪

※「介護をしているケアラーのあなたへ こころを軽くするヒント集」
無料ダウンロードはこちら→☆

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

JMET認定EFTプラクティショナーコース in 大阪!

感情解放にも、自分の抑圧された声を見つけるツールとしても、とっても使えます♪

ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー

“職場での境界線 どう引く?”

見えない心のガイドライン「境界線」を知って、快適な職場での人間関係を作る方法

ブログが書けない?」への9件のフィードバック

  1. あゆかさんこんにちは。

    今回の記事を読んで、私は今までずっとイメージ→ツールだったなと思いました。私は映画の翻訳家になりたくてそれを思うとワクワクして、そのために必要だなと思うことをしてました。でも自分がイメージしてたような「勉強して→認められて→プロデビュー」なんていう流れには全くいかず、実際は英語力すら自信ないという感じです。

    それでも自分がイメージしたとおりの成功が欲しくて、焦っていたのですが、ふと「あれ、わたし翻訳家になるより、今は安定したお給料が欲しい…。今のお金のない状態で焦りながら必死に勉強なんかしたくない…。会社で勤めれば仕事を覚えてる時もお給料もらえるし、すごい良い環境じゃん」と思ったんです。

    今までは「翻訳の勉強」が私の本当にやりたいことだと思い、お金のために働いていた会社勤めはすごく嫌だと思っていました。(だから勤務日数を減らしてました)
    でも、ここに来て会社勤務しながら安定した中で、好きな翻訳を勉強すればいいじゃない?というか気持ちになりました。
    ここで、あゆかさんに聞いてみたいんですけど、最初「翻訳家になりたい」と思った時はワクワクしたんです。(←これがハートの声だと思ってました)
    でも、今「会社勤めしてできる範囲で勉強しよう」はワクワクはしないけど、心が落ち着いた感じというか、納得できる感じといいますか…。そして今はその予定だけど、もしまた何かやってみたいことが出てきたらそれをすればいいじゃんという感じなんですけど、もしかしてこれがハートの声なんでしょうか…?それともどっちも違う…?

    は、ハートの声は自分で感じるものだと思うんですけど(汗)、今まで「結果おまかせ」というのをしたことがなくて、良ければアドバイスを頂ければと思いますm(__)m

    • 月明かりさん、コメントをありがとうございます♪

      ハートの声と、こう“思ったら(←思考)”ワクワクするかは、ちょっと別に分けたほうが良いかもしれません。

      例えば、どんなものを翻訳し“たい”ですか? ロマンス?ノンフィクション?政治?芸術? また、原語を日本語にする作業自体が楽しいでしょうか? どんな言葉をあてようか考えるのはワクワクしますか?

      ハートの声はそれぐらいシンプルです♪

      翻訳家になりたいのか、翻訳が好きなのか? 私の場合、セラピストになりたかったわけではなく、心のしくみや癒しにものすごく惹かれた、というのがあります。それが続けられたら、セラピストでなくてもいいんです。

      「会社勤めしてできる範囲で勉強しよう」←これは翻訳家になるために今どうするかというステップの話ですね。なので、ここにワクワクするかは、あまり関係ないかなと思います。

      大切なのは、今翻訳をしたいかどうかかなぁと思いますよ。そうであれば、仕事しながらでも、辞めるということでもどちらでも、ご自分の事情にあったほうで良いのかなと思います。

      とりあえず、ご参考までにしてみてくださいね。(*^▽^*)

      • あゆかさん、お返事ありがとうございます!私、自分が素敵だなとか面白いなと感じる英語の映画やドラマをぴったりな日本語で訳すという作業にワクワクします!(どんな日本語に訳すか考えるのが楽しいです♪)これがハートの声だったんですね〜。なら私は今までハートの声を聞かず「そうなるにはあーしてこーして、よし英語を1から勉強しよう」ってなって、いつになったら好きな映画やドラマを訳せるんだって状況でした〜T_T
        そんな感じでなかなかの年月を過ごしてましたf^_^;)だから楽しくなくなったんですね…。

        さっそく今からやってみます!なんだか今まで「結果」に囚われた気持ちが自然と薄らいだ感じです。
        とても参考になりました!ありがとうございました!

        • わぁ、良い感じ~♪

          エネルギーがぜんぜん前のコメントと違いますね。

          ぜひ今からガンガン始めてください。(*^▽^*)

  2. あゆかさん
    今日のブログを読んで今まで心の中でもやもやしていたものがはっきりわかりました。
    「自分はどうありたいのか?」という質問にいつも「他人の役に立つ人間になりたい」と自問自答していた私。まさにあゆかさんがおっしゃった通り、他人の役に立っていて、更に成功している自分をイメージしていたんだとわかりました。
    他人の役に立つ人間になることが目標ではなく、今ワクワクすることに自信を持って、ありのままの自分でいればいいんだと思うと心が楽になりました。ありがとうございます。

    • ゆきこさん、こんにちは☆

      はいぜひ~。ワクワクは分かりやすい言葉ですが、なぜか惹かれるとか、気になるとか、自然に沸いて来る興味、好奇心などですね。

      それが将来役立つかどうかとか、ぜんぜん気にせずにどうぞ♪

  3. 相手を笑わせるために、相手が笑うだろう冗談を考えて言うのではなく、
    とりあえず、まず自分が面白いと思う冗談が閃いて、それを言ってみたくなって、
    実際、言ってみると、皆が笑ってくれる。そんな感じでしょうか。

    • rakuraku さん、こんにちは☆

      う~ん、よく分かりませんが、この記事のポイントは、ハートの声を軸にしよう♪です。 冗談言うのにそんなに考えなくても・・・。

      • 返信ありがとうございます。

        > 冗談言うのにそんなに考えなくても・・・。

        ふふ、仰るとおり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中