苦しいなら“内に”飛び込もう♪

かつてロダンの「考える人」は、私にとって人間のみが持つ「考える」という“崇高な能力”のシンボルのようなものでした。

いつの間にか、だんだんそれが「苦労する人」に見えてくるようになり、今では、まぁ、そう真剣にならずに~と肩をたたきたくなります。

この「考える」という能力は、素晴らしいものであると同時に、思考が持つ性質上、どうしても私たちを実体から遠ざけてしまいます。

例えば、私たちが将来について心配するとき、まだ何一つ起きていないことを真剣に悩んでしまでしょう。実体はゼロでも、「考え」によってないものを作り出し、いくらでも悩めるんです。

でも、私たちの多くは、考えることでものごとを対処していくことを常にしていますね。問題がある→考える→何かを参考にする→また考える、みたいなパターンです。

これは心の問題でも同じで、例えば、姑との問題でん悩んでいる→こんなふうに見方を考えてみよう!(自分にも落ち度があるのだし・・・)というような、たいてい私たちは考えのレベルで解決しようとします。

同じように、注意を別のところへ持って行こうということもするでしょう。悩みや嫌なことではなく、感謝できることや楽しいことへ自分の気持ちを向けて気分を変えようとか。

または、心理学や自分なりの理論を持ち出して、

誰かに嫉妬していて苦しい→嫉妬をするということは、常に比較をしているということだ(分析)→比較をするのを止めよう、といったようなパターンも見かけます。これはかなり無理無理です。実際にやってみればすぐに分かります。

他に多いのは、自己啓発系などでまったく新しい見方を提示してくれるもの。“そうか我慢しなくて良いんだ!”、“なるほど、そう考えられるんだ!”などなど、緊張した思いを手放して楽になる・・・というパターン。

これらはうまく作用すればかなり楽になれますし、思考レベルでのワークもきちんとやるのはお薦めです。

でも、本当に苦しい場合、こんなふうに「考え」で心の問題を解決しようとするのは、非常に限界があります。どれだけブログを読み歩いたり、本を漁ったりしても、まったく楽になりません。

じゃぁ、どうしたら良いか? そうです。

自分の中にダイブイン!するんですね。

ほんとうは苦しくない人にもぜひお薦めです。

私たちが苦しいと感じているときは、または慢性的に苦しい、もの心ついたときから生き辛いという場合、原因は人それぞれもちろんいろいろあります。

しかし、共通しているのは、必ず心の深いところでいくつもの「自己否定」が走っていることです。そして、それらの否定的な思いがきちんと表に出てこずに抑圧されていると、かなり苦しい状態になります。

また、そういった自己否定は他者否定や世界への否定(この世は醜い場所だ)として転換されますね。

もちろん中には、自分を否定していることぐらいわかっている・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。その場合、そこから入っていけば良いんです。もっと下にいろいろな他の否定の思いや感情が隠されています。

で、解決の糸口になるのは、なんといっても「身体」です。苦しいとき、体のどこに一番苦しさ、緊張、ネガティブな感覚があるか? そこがダイブする入り口です。

ほとんどの人の中に自分を嫌っている自分がいるものです。“自分は分離した存在である”と錯覚した時点から、「自分は欠けている」「自分はいけていない」「何か自分にはまずいところがある」といった感覚が私たちの中に生まれます。

奇跡のコースではこれは「罪悪感」と呼んでいますね。つまり、自我はそもそも「自己否定」がベースになっているんです。

その上に、思考という善悪を判断したり、レッテルを貼ったり、ものごとを定義づけたりする「必殺仕分け人」の世界にどっぷり浸かるわけです。

「自己否定」+「善悪の判断」

この二つが混ざれば、もう見えてくるでしょう。自分を見たときにあれこれ「悪い」ことばかりが目に付いてしまいます。で、あまりに「悪い」ことばかり目に付いてくると、苦しくて抱えきれない→蓋をしよう→良い私になろう、と自分が本当に感じていることを抑圧していきます。

私自身もびっくりするぐらいたくさんの「自己否定」の声と出会ってきました。これは、ダイブインをしないと本当に出会えなかったとつくづく思います。

「出会う」と書いてしまうぐらい、普段まったく気がついていないんです。その声は「私は汚すぎてダメだ」、「何をやっても常に間違っている」などなどです。そこにはたいていものすごいエネルギー(感情)の量があります。

また、例えば「汚さ過ぎてダメ」という声と出会う前に、いくつもの抵抗や思いが覆いかぶさっていることも多く、何重にも抑圧していた自分の心が見えてくるんです。

ただ、ここで私は決して「取り除こう」としてダイブインをしているのではないんです。あくまでも自分の隠された声たちに会いにいき、抱きしめたいんです。

ネガティブな感情の裏には必ずポジティブな感情があります。たとえば、無力感や恐れの裏には、希望や愛を切実に求める声があるんです。その声は自分が本来そういったものであることを知っているんですね。

そこで無力感も希望を求める思いも一緒に抱きしめてあげれば、全身が愛で包まれます。

これは、どんな理論や分析、データよりも100倍以上パワフルです。いろいろしくみを書いていますが、基本的に私は完全に「体験派」です。(心理セラピストなのでいろいろなツールを使います)

愛がすべてを癒すのだとしたら、考えを超えたところまで深く潜ってみませんか?

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

JMET認定EFTプラクティショナーコース in 大阪!

感情解放にも、自分の抑圧された声を見つけるツールとしても、とっても使えます♪

ハートレジリエンス協会が送るショートセミナー

“職場での境界線 どう引く?”

見えない心のガイドライン「境界線」を知って、快適な職場での人間関係を作る方法

苦しいなら“内に”飛び込もう♪」への11件のフィードバック

  1. あゆかさん
    本当にいつもひっそりと楽しみにフォローさせていただいています。
    いつもは、読ませていただいて慰められ、癒されているのですが、今日のテーマはなんとも昨日の私にびっくりするほどタイムリーでしたので、お恥ずかしながらコメントさせて頂きました。

    >誰かに嫉妬していて苦しい→嫉妬をするということは、常に比較をしているということだ(分析)→比較をするのを止めよう

    このパターンにはまっていたところでした。
    十何年ぶりかにあった同級生が自分よりずっと良い職場に就職(職種は全く同じです)していて、特に芸術系の仕事なので、レベル分けみたいなのが存在する(とエゴが思い込んでいる?笑)世界なので、
    自分の職場と比べてお給料も良くて、仕事内容も楽しそうで、ステータスがあって・・・成功者っていいなぁいいなぁ、と、本当に羨ましがっている自分に、
    自分だって十分幸せな人生なのに!何を高望みしてるの?!と、がっかりしたり。
    そこから思考の海へどっぷりです。(笑)

    自分への自己否定を、しっかり見つめなおしてダイブインするべきだなーと思いました。
    セルフケアできるようになりたいと思います。

    これからも、あゆかさんのブログを楽しみにしています。
    お体ご自愛下さい。

  2. > もちろん中には、自分を否定していることぐらいわかっている・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。

    まさに、このツッコミをしたところでした。
    ご配慮ありがとうございます。

  3. この世で自分をとことん~愛している人~駄目な自分も~情けない自分も~卑しい自分も~せこい自分も~何もかも欠点と世間で言われる事も全て残らず愛する事ですね^^わたしは自分の事が大好き~そんな馬鹿な私が大好きです^^ありがとう

    • エイジさん、こんにちは☆

      お久しぶりです(笑)。ときどき読んでくださっているようでとっても嬉しく思います。(❁´▽`❁)*✲゚*

      さて、頂いたコメントはほんとその通りですね。ただ、今日のテーマはどんな自分も愛しましょう♪ということではないんです。まったく自分が気づいていない自己否定の声を見つけましょう~ということです。

      例えば、自分は情けないと思っていたら、そこからダイブインをすると、もっと本当に否定している声に出会うんです。そして、その下にはさらに本当に望んでいる声があって、それを表に出してあげると深いところでシフトが起きるんですよ♪ ふふ。

  4. 久々にお邪魔しました^^

    >今日のテーマはどんな自分も愛しましょう♪ということではないんです。まったく自分が気づいていない自己否定の声を見つけましょう~ということです。

    そうですよね^^:ごめんなさい。自我・エゴがまだまだ強く~思い込みが。。。

    時々~その心の声が宇宙からの啓示と捉えてしまいます(笑)

    チャネリングとか言ってしまいますが。。。まあ~まあ当たる時がほとんどですが

    たまに~自我・エゴのチャネリングになってしまいます。。。。

    今までの経験により~自我・エゴの妄想思い込み

    これは仕方ないですよね???

    あゆかさんも有りますよね。。。

    まあ~そんな妄想している~いい加減なチャネリングする私が大好きになるように~

    愛するようにしています。。。

    気付きに感謝いたします^^

  5. こんにちは。

    なるほど~と思いました。

    何年か前から精神科に通うほど悩んでしまっているのですが、そんな時に奇跡のコースに
    出会い、
    この世界が幻想だとか夢だとか知って、深刻に悩むようになってしまいました。

    健康な人だったらこの世界が幻想だと聞いても、そこまで悩まないのですね。
    どうしてみんなこんなにキツイ考えを受け入れられるんだろう・・と不思議でした。

    先に心の癒しをするのが必要なのかもしれません。
    赦しは実践しているのですが・・。

    • 「感情!楽になる近道♪」の記事にコメントしたつもりだったのですが、なぜか
      この記事にコメントしていることに気がつきました。

      「???」て感じですよね。すみませんでしたm(_ _)m

      • そらさん☆

        ぜんぜん問題ないですよ♪ (*^▽^*)

        たぶん、幻想の意味をはかないとか意味がないとか、ネガティブに捉えていらっしゃるのかも?

        個人的には心の癒しお勧めです♪

  6. あゆかさん こんにちは。
    いつもブログ拝見しています。
    苦しくて、その元が自分の中にあって、そこに飛び込んで、感じて、その思いが何かが、わかったとして、そこからどうしたらよいかがわかりません。
    わたしは、毎日の中にどこか虚無感、必要とされてない感があり、それを感じるような出来事が起き、心が痛くて、心の奥に入ると、どうせ私なんかが存在しても何の意味もない、という恐れや不安があります。
    それをただ感じて認識するだけでよいのでしょうか?その思いを感じるほどに、悲しく、ネガティヴな気持ちになりますが…

    教えていただければ幸いです。

    • yuki さん、こんにちは☆

      う~ん、目の前にいらっしゃったら、どこまで深く見えたのか、受け入れているのかどうかとか分かるのですが、コメント欄でお返事するには、難しいご質問です。手術の途中を文章で引き継ぐみたいな。また、お一人だけでやるには大きなテーマですね。(経験豊かなセラピストさんでなければ)

      とりあえず、わかった思いをたぶん、まだがんがんに信じていて、信じている理由はそこに高い感情値があるからだと思います。

      ご本人にお伺いすることなく、ここに細かくやり方を書くのは、逆に無責任になってしまうので書きませんが、苦しみは「抵抗」が生み出しているんです。

      現れてくる思いや感情がそこにあることを100%許し、どうにかしようとか、取り除こうとかしないで、声を抱きしめていくんですね。

      ただ、ある程度問いかけをしないと、ほんとうに隠れた声が探りきれず、苦しい感じが残ってしまうことも多いです。

      とりあえず、「どうせ私なんかが存在しても何の意味もない」という声をとりあえず、しっかり正面から受け入れてあげてみたらいかがでしょうか? まだなにか声が出てくるかもしれません。

      あまりピンポイントなお返事にならなくてごめんなさい☆

  7. あゆかさん
    早速お返事ありがとうございます。

    今朝、そんな感情を感じていたら、家族との口論の中で、これまでにないほどの感情が込み上がってきて、自分でも驚くくらいに泣きました。
    どうせわかってくれない、という悔しさ、悲しさ、もどかしさと共に、そこにはわかってたまるか、という強い感情もありました。
    ある意味深いところのネガティブな感情が少し表に出てきたのかなと思いました。

    確かに、存在する意味がない、というあきらめのさきにはきっと深い思いがまだ隠されてるってことかもですね。
    100パーセント受け入れて、もっと耳を傾けてみます。
    どうもありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中