カウンセラーだから、アドバイスしません♪

セミナーなどで、こんなときはどうしたら良いのでしょうか?といったタイプのご質問をそれなりに頂きます。

“私の周囲に~~~な人がいます。そんな人にはどう対応すれば良いのでしょうか?”
“~~~~(事情説明)~~~~、こんな状況ですごく辛いのですが、何かアドバイスは頂けますか?”

壇上に立って、心のしくみを教えている人に自分の悩みを相談してみようというのは、しごく当然な発想かもしれません。

ですが、こういったご質問には二つの理由でお返事できないんです。

一つは、これはある意味、セミナーでお医者さんに「これこれこんな感じでお腹が痛いのですが、何かアドバイスをもらえますか?」と聞いているようなものなんです。

どれだけ「お腹がいたい」という状況を細かく教えてもらったところで、実際に触診したり、レントゲンを撮ってみないと分からないように、個人セッションでその人の心の中を見ていかないと何をどうしたら良いかは、まったく分からないんです。

多くの人は状況が自分を苦しめているから、状況への対処法が分かれば、自分は楽になると思っているものです。

しかし、このブログの読者さんはお分かりかと思いますが、私たちを苦しめているのは、状況ではなく、状況をどう解釈しているかですよね。

なので、ある状況の中で辛いのであれば、辛さを生んでいる思いや解消されていない心の傷、抑圧された感情や思いの層などを見ていく必要があるんです。体を切り開いていくように、心を解体していくのです。

ですがときどき、いわゆる心の専門家のような人が「引きこもりの人は、朝9時には起きる習慣をつければ良いのです」とか、「うつの人はやりたいことを見つけることが治るカギです」など、ざっくりしたハウツーを話しているのを見かけます。

一見、分かりやすくて実行にすぐ移せそうなので(たぶん無理だと思うけど)、私たちの中に手ごろなハウツーがあるはずだという印象がついてしまうのかもしれません。

ですが人の心とは、皆が思っている以上に複雑なものです。また、人とは呼吸し、変化し、感情や思いも刻々と変化している生命体です。

そして、雪の結晶が一つ一つ違うように、人の心も一人一人が複雑に異なった心模様を持っています。また、生命としてのリズムも違い、性質、共鳴するもの、傾向も違う上に、育った環境や現在の環境も人それぞれです。

それを一切無視して「9時ごろまでに起きる習慣をつける・・・・」みたいな大雑把なハウツーは基本無理です。

ですので、私はなるべくお返事しないようにしているんです。

で、二つ目の理由は、「人生にマニュアルはない」からです。

例えば、「ものすごくネガティブな人がいて、周囲の人にも影響を与えてしまっています。こういう人にはどう対応したら良いのでしょうか?」といったようなご質問も非常に多く頂きます。

しかし、私自身も家族やまた他者に対して、どう対応したら良いか分からないときなどしょっちゅうあります。それは、人も人生も「なまもの」であって、一つの「いつもこうしたら良い」的なマニュアルにあてはめられないからです。

こういったご質問の裏には、「この状況は悪い」、「正しい方法、より良い対処の仕方があるはず」という思いがあるでしょう。

でも、これは完全に思考活動であって、生きた人間の活動を思考の枠に入れようとする試みなんです。で、たいていうまく行きません。

また、心理セラピストの経験の中から、「悪いものを良くしよう」という発想は、必ず抵抗や苦しみがついて回ることも学んできました。

なので私の場合、カウンセリングやセラピーと同様、「どうしたら良いか?」ではなく、「いまここに何があるのだろう?」とただシンプルに見ることにしています。

“ものすごくネガティブな人”は、今、嘆いているの?怒っているの?何か要求しているの?

私は、今、どう感じているの?疲れているの?面倒だって思っているの?余裕がある感じなの?

そして、今あるものが“嘆き”と“疲れている”であれば、それがそこにあるだけなんです。“いつもネガティブだ”、“また同じ嘆きだ”などといった思考も横に置いて(←めっちゃ難しいけど)、純粋に今まさにあるものだけを見て対応する、というか私たちはそもそも本当はそれしかできないんです。

で、今は疲れているから嘆きは聞かない~でもまったく良いんです。または、余裕があるから聞いてあげようでも。

人生には正解もなければ、より正しいやり方もないでしょう。うまくいったとかいかないとか、正しいとか間違っているとか、どのみち思考がレッテルを貼っているに過ぎないんです。

なので、もう一つ、

「ものごとをうまくいくようにしよう」とか、「今より良い状況になる方向へ持って行こう」

という欲求を持たないのも超楽です。と、書くとなんか人生をあきらめた年寄りの境地みたいに聞こえるかもしれません。

そうではなく、人生に降伏して、今あることに対処するというシンプルな生き方なんです。前回の記事と重なりますが、今人事を尽くして「天命にあってみる」だけ。

極端な話、今より悪くなっていたり、まったく良くなっていなくても良いんです。真の平和は状況の良し悪しの中にはなく、そういったことを気にしなくなったところにあるでしょう。

でも、不思議なことにそんな緊張がない静かな場所から生まれた思いは、無理がなく、自分の中でもっとも納得がいく思いなんですね。

で、心から納得がいく思いは、状況に関わらず心の平和をもたらしてくれますね♪

カウンセラーだから、アドバイスしません♪」への5件のフィードバック

  1. こんにちは。
    今日の記事はとても腑に落ちました。
    そして自分の中にあった、思い込みも一つ外れました。
    「マニュアル」にずっと違和感があったのも納得しました。
    「生もの・・生きている生命体・・」・・・なんですから当然ですよね。
    ハウツーものに興味を失ったのは、どこかでそれに気づいたからなんですね。
    「人生に降伏して、今あることに対処するというシンプルな生き方」
    人生の流れに乗って生きる・・・ってこういうことかな・・と感じました。
    今日感じた自分と、明日の自分は違ってて当たり前だし意識ってもっと流動的なのだ・・・と気づきました。

    いつも貴重な記事をありがとうございます!

  2. あゆかさん、いつも楽しく拝見しています。
    ブログを読むたびに腑に落ちて、頭の中のはずれかかってたピースをはめ直せたりするのが楽しいです。おかげさまで人間関係もよくなり楽しく過ごす時間が増えました。ありがとうございます。
    『「悪いものを良くしよう」という発想は、必ず抵抗や苦しみがついて回る』まさにその通りだと思いました。ベクトルは「良い方へ」むいているけれど、起点が「悪い」と思い込んでいるのであれば、それが足かせになってるような気がします。まるでタイヤを引きずって歩く野球少年のような心境です。…先日久しぶりに訪問してきた叔母の話を聞いていて、ふとこんなイメージがわきました。そして叔母の話に少なからずストレスを感じ、叔母を裁いている自分に気がつきました。。

    そんなわけで、ショートセミナーに参加しなかった事を後悔しました…。また開催されるのであれば、次は是非参加したいと思っています。よろしくお願い致します。

  3. あゆかさん、こんにちは。
    あゆかさんの書かれる記事には本当に共感するところが多いです。
    それだけで、カウンセリングされているような、そんな気持ちです。
    いつもありがとうございます。
    質問があるのですが、あゆかさんご自身は今の心境に至るまで、どのようにされてきたのでしょうか? 辛い時期はカウンセリングやセラピーを受けたりもされてきたのでしょうか? また、本当に癒すのは自分自身だと本当の意味で理解し、カウンセリングやセラピーがあまり必要ないと感じてきたのは、ご自身に向き合い始めてどれくらい経ってからでしょうか?

    唐突な質問で申し訳ありません。
    私自身、ときどき辛くなることがあるのですが、最近はセラピーを受けるかどうか迷うことが多く、つまり受けても変わらないんじゃないかと思うことが多く、あゆかさんの経験を教えていただければと思いました。

    • めいさん、こんにちは☆

      私はたぶんカウンセリングやセラピーを100時間ぐらいは受けているかもしれません。(*^_^*) 辛くないときでもたくさん受けました。おたくなので。うふふ。

      一つ誤解なさっているかもしれませんが、本当に癒すのは自分だという意味は、自分でどうにかするという意味ではないですし、「カウンセリングやセラピーを受ける=他者に癒してもらう」でもないです。

      カウンセリングやセラピーのセッションを受けるとき、ありがちなのは、パワーをカウンセラーやセラピストに委譲してしまうことです。しかし、自分がこの人たちをツールにして自分を癒すのだ!という気持ちになっているとき、癒しは非常に起きやすいです。

      • あゆかさん

        あたたかいお言葉、ありがとうございます。
        確かに、自分でどうこうしようとしている時って、エネルギーがまわらないかんじです。
        カウンセラーに対しても批判的になってしまったりして。

        「この人たちをツールにして自分を癒すのだ」ですね。
        今週末ちょうどセラーピーを受けるので、そんな気持ちでのぞんでみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中