対人関係は自分との関係

今回はご質問にお返事させてください♪ コメントをありがとうございます!

あゆかさん。質問があります。対人関係について、EFTやマトリック等で自分が変われば相手も変わるとのことですが、アスペルガーや自閉症、ADHDなど大人の発達障害のある人でも効くのでしょうか?これらの治療って、そもそも普通の人が何らかのきっかけでトラウマや思いこみを持ったことによりひきおこされているとのことですが、そもそも生まれつき脳の機能等で対人関係が上手く行かない人にはどうなんでしょう?

アスペルガー症候群、自閉症、ADHDといった場合でも、EFTやマトリックス・リインプリンティング(以下MR)は有効か?というご質問ですね。

その前に、自分が変われば相手が変わるかどうかは、相手次第ですので、たぶんEFTやマトリックス・リインプリンティング(以下MR)をそのようにはご案内していないかと思いますよ。

さて、対人関係というのは、基本的に相手は関係ないんです。どんな関係にしろ、自分との関係がうまくできているかどうかなんですね。

簡単に言えば、自分が自分のことを好きか? 自分が自分を信頼しているか?など、自分との関係に愛と信頼があれば、それは自然にどの「関係」(相手ではなく)にもそう現われてきます。

例えば、相手が攻撃的であっても、同じように攻撃的になるのではなく、自分という芯がある対応ができる、または自分の思いはきちんと伝えるけど、それが攻撃的ではない、落ち着いた状態であるなどです。

このとき相手がどうか?というところに、注意を向けすぎると、おそらく自分を見失うでしょう。相手の言動に振り回されてしまうんです。

でも、自分を信頼しているベースでいれば、“自分がどうしたいか”に自然と気が向いていきます。なので、人間関係の中で自分を見失わすにすみますね。

で、自分を真に愛するとは、愛せる私になることではなく、今の自分の中にあるシャドー、ネガティブな部分も充分に受け入れていくことですね。受け入れられない!という気持ちも含めて、受け入れていく・・・。

でも、そのシャドーの部分を嫌い、抑圧していれば、当然そこに緊張が生まれ、そして自分が嫌う部分を隠すために、自分を防衛しないといけなくなります。

超単純な例でいくと、「私は女らしくない」と思い込んでいて、その思いを女らしく頑張ることで抑圧していると、女らしくないというニュアンスの言葉に敏感に反応してしまいます。で、「そんなことない!なんでそんなこと言うのだ、あなたは~~~@×△!!」・・・攻撃。みたいな。

こんなふうに自我の場合、防衛は必ずいつも攻撃と同時に起きます。自分の考えを守るために、相手を批判したり、非難したりとか。またときには、守るために先に攻撃してしまえ!ということもありますよね。

なので、自分の中に抑圧しているものが多いほど、人間関係は当然難しくなります。

では、EFTやMRがやっていることは何でしょうか? 

EFTやMRのセッションは、玉ねぎの皮を剥くように、自分の深いところへ徐々に入っていき、クライアントさんでさえ気づいていないこれらの抑圧された思い、それに付随する感情を解放していきます。

そうやって自分の中で抑圧していた感情や思いを一つ一つ解放していくことで、だんだん緊張が大きい状態から、自分を受け入れる状態へ自然となっていくんです。

なので、何かを“治す”というよりは、その人を自らの抑圧や緊張から自由にしてあげる、という感じです。

ちなみにEFTは、英語ではEmotional Freedom Techniqueといい、感情を自由にするテクニックという意味です。

なので、セラピーを受ける人がアスペルガー症候群であれ、自閉症やADHDであれ、その人がその人なりに抱えているネガティブな感情や思いを解放していくと、症状そのものは消えなくても、だいぶ生きやすくなるんです。

私の身近にもアスペルガー症候群のものがおりますが、やはり対人関係では本当に苦労しています。積極的に声をかけていけなかったり、難しいだろうというのはそばで見ていてとてもよく分かります。

でも、彼の苦しみは、実は「アスペルガーで人と違う僕」「ダメな僕」という自分否定から生まれているんです。とても心が優しくて、驚くような感性を持ち、芸術の才能もとてもあるのに、自己否定が強すぎて、自分の中にある宝が彼の目にはまったく見えなくなっていることです。

どんなコンディションを持って生まれた人でも、かならずその人なりの健康で、いきいきとした生命の輝きの種があります。

病院や治療という範囲では、そういう部分は一般的に目を向けてもらえないでしょう。アスペルガーである、自閉症であるといっても、やはり人それぞれユニークです。

セラピーの強みは、そういったところへ目を向けられることだと思うのです。

とはいえ、EFTやMR(または他のツールでも)といったものでも、その人のユニークさに寄り添った使い方をされないと、それは達成されません。

これはツールが云々というより、使う人間、セラピスト側の経験値、繊細さ、どこまで自分にワークしてきたかなどが大きな違いを生みます。

なんだか話がとっちらかってしまいましたが、対人関係とは、実は自分との関係であって、そして自分の中にある愛、ユニークさを育んでいくこと。

それがハンディと言われる状態を克服し、その人を支えてくれるようになると思うのです。

対人関係で、いつもうまくこなしている人など決していないでしょう。でも、自分の中に愛と信頼があれば、そこに呼応する人とと結びつき、それがたとえ数人だったとしても素晴らしいと思うのです。

さて、来週から二週間のカウンセラー養成講座が始まります。あぁ、ドキドキ。どんな個性に出会えて、どんなふうになるやら楽しみです♪

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

9月のハートサークルが送るセミナー

“癒しの次の扉を開けよう!カウンセリングやセラピーのセッションがもたらすもの”

潜在意識や苦しみのしくみを知りながら、カウンセリングとセラピーの違い、自分にはどっちが良いの?といったことがクリアになっていきます。講師は、渡辺  花香里

※皆様の参加費は、ハートサークルの活動資金として使わせて頂きます。

対人関係は自分との関係」への8件のフィードバック

  1. あゆかさん♪はじめまして。
    魂のケア、気づきのダンスとも何度も読ませてもらっています。
    今回の記事は読んでいる最中に涙があふれて止まりませんでした。
    魂の最奥に響くメッセージだったのかもしれません…

    記事を読んでは自分で体験するを繰り返していますが
    少しずつ良い方向へ向かっていると感じています。

    いつも素晴らしい記事(愛)をシェアーしてくださり
    感謝の気持ちでいっぱいです。
    今後ともよろしくお願いします♪

    • 同感です。
      とてもすばらしいことを書かれる方なので、残念に感じました。
      返信が無いのは、トピックにそぐわないとご本人が判断してのことかもしれませんし、単なるその時の気分なのかもしれません。ここはセラピーの場ではないので、いちいち返信を求めるというのも間違っているとは思います。
      それでも、質問形式でコメントして返信をもらえない人、そうでなくても返信をもらえる人がいて、前者はがっかりでしょうね(そう思わない境地に達している人もいるでしょう…そしてそうなりたいものですが)。

      匿名さんや私のように感じている読者もきっと何人かいるはずです。
      だったらいっそのこと、どのコメントにも返信しなければいいのになと思いました。

      • こんにちは!

        今、まさにPCの前に座っておりました~♪ というような感じなんです。つまり、たまたまその日はPCの前で仕事していたとか、そんな理由です。家族が病気をしたり、仕事が忙しくなったりで、お返事できないコメントもたくさんあります。

        中にはご質問の意味がよく把握できず、お返事していないものもありますが、基本的に上記のような理由です。また、ブログは仕事の場ではないので、おっしゃるようにすべてのコメントに返事しなければ・・・・みたいな気負いもありません。

        ので、タイミングが合わなくて、お返事していない方ごめんなさい。が、これからも、自分のペースでやらせて頂きます。(*^_^*)

  2. あゆかさん、
    私はいろんな方に
    セラピーを受けたのですが
    相性があわなくて、
    相談した内容よりセラピストへの
    怒りが止まらなくなってしまったりします。
    相性のいいセラピストに会うにはどうしたらいいですか?

    • ななさん、こんにちは☆

      私は一般的に、ブログを読んで、その人の使う言葉、感じるエネルギー、内容が自分にフィットする人が良いと思います。

      でも、これはかなり大雑把ですので、難しいかもしれませんが、セラピストさんのどんな点に怒りが止まらなくなってしまったかを少し教えて頂けると、もう少し何かご提案できるかもしれません。

      • あゆかさん、ありがとうございます。
        そうなんですね。
        自分の直感なんですね。

        ほんとうに私の気持ちを汲み取ってもらえたのか不安になってセラピーに集中できなかったり、こうしたらどうですかという提案も、それができないからここに来たのにと怒りで黙ってしまったりして、それを伝えられないのがますます怒りを強くさせます。
        なんのセラピーかより、誰から受けるのかが大事なんだなと思います

        • ななさん、お返事をありがとうございます。

          なるほど、そういう不安と怒りですね。それはよく理解できます。私も、それができるならその人困っていないよね、と思うことをおっしゃっているカウンセラー、セラピストさんをときどき見かけます。また、カウンセラー、セラピストさんに気を使ってしまっているクライアントさんへのフォローがないセラピストさんもそれなりにいますね。

          私たちがベストだとはまったく思っていませんが、提案型?ではなく、抑圧された思いや感情をひたすら引き出すセッション、クライアントさんがなんでも伝えやすいセッションを心がけてはいますので、万が一気が向きましたら、私のブログの登録セラピスト、ハートサークル登録セラピスト欄をご参考にしてみてください。

          もし、すでに誰か受けて頂いていて、そのような感想をお持ちでしたら、いたらぬ部分は申し訳ありませんでした。

          https://ayukablog.wordpress.com/%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88/

          http://heart-circle.com/therapist/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中