なかなか良くならないのは?

私のフェイスブックには、欧米の友人もそれなりの数いるのですが、しばしば“私のお昼のお弁当を盗んだのは誰だ!”とか、“会社のオフィスでお弁当を盗まれないためのグッズ”という投稿(ジョークグッズです)が上がり、まぁ、お弁当というか、たいていサンドウィッチなのですが、あはは!

さて、カウンセリングやセラピーのセッションを受けてもなかなか良くならない、というケースのご相談をしばしば受けます。

もちろんいろいろな原因が考えられますが、最終的に「今までの私を失う恐れ」が最も大きなものかもしれません。

アンソニー・デ・メーロというキリスト教の牧師&サイコセラピスト&非二元のティーチャーは、“人は楽になりたいだけで、抜け出たいとは思っていない”というようなことを言っていました。

これはしばしばぶつかるケースで、ある程度の深いレベルまで行くと、その人の中からこれ以上向き合うことへの抵抗や怒り、恐れなどが出てくるんです。

自我というのは、基本的に実体のないものだということは書いていますが、繰り返すと、自我とは、「思考、感情、感覚の集積したもの(エネルギー)」であって、なにか固定された存在でもなく、常に変化し、現われては消えていくものです。

そんな実体のない自我が頼れるものは、同じストーリーを持ち続けることなんですね。

例えば、コア・ビリーフが「私は惨めだ」だとします。で、「私は惨めだ」から生まれるストーリーは、当然ネガティブなものになります。

私たちは無意識にコア・ビリーフに合った解釈、ものの見方をしますから、例えば「レストランで店員さんが、忙しくしていた」ということがあると、「私に気づいてくれない」「私の無視している」などと解釈し、「惨めな私」のストーリーを作り続けます。

これを何十年もやっていると、怒りや悲しみ、緊張などがたまり、けっこう苦しくなってきます。

さて、じゃぁ一方で、もしコア・ビリーフが毎日くるくる変化したとします。昨日は、「惨めな私」だったけど、今日は「私は無敵だ」みたいな。

念のため強調しておきますが、ここではコア・ビリーフの話をしています。潜在意識の深いところにあり、本人がまったく気づいていないレベルのビリーフです。

たまに一回のセッションで見えてくることもありますが、たいていここまで見えてくるのに、数回かかるか、ときには一年以上見えてこないこともあります。

話を戻して、コア・ビリーフが毎日くるくる変わったら・・・・。

「私は無敵だ」のビリーフが見る世界、解釈、ものの見方は、当然「私は惨めだ」とまったく違うものです。そんなふうに世界観がめまぐるしく変わると、生きること自体が機能しなくなってしまうでしょう。

それにとにかく不安定ですよね。

同じ世界観に住み続けることで、自我は安心感が得られ、明日もほぼ同じ~ということが、実体のない不安定さから自分を救ってくれるわけです。ですから、自我にとっては「安定、安心感の確保」はとても大切なことです。

なので、なかなか良くならない場合、ストーリーは嫌いだけど、でも安定感はキープしたいというはざまで、押したり引いたりしてしまい、結果セラピーを受けても少し良くなるけど、また元に戻る・・みたいなことを繰り返してしまいます。

さて、自我がストーリーを生きているというような書き方をしていますが、実際は、ストーリーを生きている主体は存在しないんです。なので実は、自我=ストーリーです。

ストーリーがなければ、「個の私」は存続できないんです。ですから、ストーリーを手放すことは、自我にとって安定感を失うだけではなく、自分の死も意味するんですね。

そのため、どんなに惨めでネガティブなストーリーでも、それで自分がすごく苦しんでいても、自分が消えるよりはましだと深いレベルで必死に執着していることもよくあります。

もし、長年いろいろ試したけど楽にならないという方がいらっしゃったら、その方の状態によりますが、本心を探るセッションを私は一番やりたいと思うのです

ほんとうに変わっても良いの? 自分が一番求めているものは何? 私は一体一番何を求めている?

多くの人がここを押さえないで、癒しやスピリチュアルや悟りを求めているなぁと思うのです。

それよりも、癒しやスピリチュアルや悟りが何かを約束してくれて、それらを求めていれば、いつか自分は救われる・・・というような。

でも、このスタンスでいると、メッセージやメッセンジャーに振り回されやすくなってしまうかもしれません。

例えば、“最近流行の非二元では、起きることはただ起きるって言うけど、じゃぁ、たんに流されるままに生きていれば良いのだろうか・・・”などと、自分がどうしたいかではなく、メッセージを生きる指針にしてしまうといったような。

ガンガジもアジャシャンティも、what do you really want?を明白にしなさいとよく言います。

それは、表面的な欲しいものではなく、自分の中心の深いところにある思いです。それがしっかり見えてきたとき、ストーリーやメッセージを生きるツールとして頼る必要がなくなります。

すると一見矛盾しますが、ストーリーを生きること、そしてメッセージの真の意味が見えてくるんです。

“私は一体ほんとうに何を求めているの?”が明白である限り、ストーリーへの執着も薄れ、手放すことも受け入れることもうんと容易くなるでしょう。

ということで、ちょっと時間をかけて、じっくり深く見つめてみませんか?

 

☆ EFT&マトリックス・リインプリンティング満席となりました。お申し込み誠にありがとうございます!お振込みいただきました皆さま、日曜日には参加確定のメールをお送りする予定でおります。ご了承いただけましたら幸いです。

なかなか良くならないのは?」への3件のフィードバック

  1. こんにちは、あゆかさん。いつも記事をありがとうございます。

    私は 自分を見つめ もつれた糸をほどくことと同時に、
    作家によってつくられた 長くこんがらがった
    「ストーリー」(あゆかさんのいう 「ストーリー」とはちょっと違う?)
    に惹かれることもあり、癒されることもあり
    なんでなのかなあ・・と思っていました。

    そして、先日、村上春樹さんが ネットの期間限定のQ&Aで、(うろ覚えですが)
    小説が人々に必要とされる理由の一つに
    「人は多かれ少なかれ 所属の欲求があると思うから」というようなことを
    言われてたんです。その時はその意味がよく分からなかったのですが・・

    >同じ世界観に住み続けることで、自我は安心感が得られ、
    >明日もほぼ同じ~ということが、
    >実体のない不安定さから自分を救ってくれるわけです。
    >ですから、自我にとっては「安定、安心感の確保」はとても大切なことです。

    っていうのを読んで、なんとなく、わかったような気がしました。

    自分の自我が不安定で仕方ないとき
    小説とか漫画とか、一つの世界に身を置くことで
    架空の居場所を確保していたのではないかな、と。

    小説の中で誰かの内面を追っかけるとしても、結局
    解体の現場を目の当たりにすることも多いのですが
    それでも閉じられた一つの世界に、少しの間でも、たたずむことが
    一時の安定になっていたのかもしれません。

    (記事の趣旨とはだいぶズレたことを書いてしまってごめんなさい)

  2. あゆかさんの、ブログタイムリーです。私は、
    マトリックス リインプリンティングを受けて、約3年目です。ようやく、かなり深い罪悪感と無価値まで、たどり着きました‼

    もう少し時間はかかりますが
    楽になると信じてがんばります。

    友人から、他のヒーリングや
    セッション受けて、それが悩みに
    なっていることも、あり
    メッセージやヒーラーさんやカウンセラーさんに振り回されているんだな、
    コアまでたどり着くには
    やはり、時間はかかるし、
    友人の悩みをみて、
    本質的な部分にたどり着くって
    時間はかかるけど
    地道にやっていくと必ずよりよくなるのは
    分かってきました。

  3. 自我を失うときの衝撃を体験したことがないので、分からないですが、かなりの覚悟がいるのでしょうか?
    多分、そうだという気はしますが、実感がないです。
    そこまで自我を追い込むにはどうすればいいのでしょうか
    やはり、追求をしていくことのように思いますが
    集中が続かずにわきにそれてしまって、ちょっと困っています。
    対人関係のこと、メールのこと、出来事に集中しています。
    考えなくても別にいいことばかりです。
    でも考えるというだけで、なにか精神的な報酬(えさ)を得ているかのように、生ぬるいけど心地いいみたいな、そんな感覚をやめられないです。
    そんな感じで、自我を追い詰めて追求していくには時間がかかりそうです。
    反対に真実を知りたいという気持ちもあり、板ばさみで苦しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中