マトリックス・リインプリンティング!

8月1日より、EFTマトリックス・リインプリンティングの募集を始めます! ので、今日はこちらの話題を。

すでにコースを受けてくださった方も多いかと思いますが、EFTとは、Emotironal Freedom Techniqueの略で、日本語訳は、「感情解放のテクニック」です。

ものすごく乱暴にまとめると、「針を使わない心の針治療」と言われ、経絡を指二本で軽くタッピングしながら感情を解放していくツールです。

イギリスでは、現在30近くのNHS(国民健康機関)の病院でも使われていて、BBC放送オーストラリアのニュースでも取り上げられていますので、良かったらご覧になってください。

なぜ、こんなふうに書いているかというと、日本ではまだセラピー自体が浸透しておらず、怪しいとかおまじないとか、そんなふうに受け取られてしまうこともしばしばあるからです。

マトリックス・リインプリンティング(以下、MR)とは、EFTの発展バージョンで、私はもっぱらMRばかり使っています。どんなふうに良いかという話は、たくさんありますので、ぜひEFTとMRのサイトにあるケース・スタディを見てください!!

MRは、震災、事故、レイプといったトラウマや、また日常的に虐待を受けていたといった類のトラウマにも大変効果があります。先日も、たまたまPKOで海外に派遣された自衛隊員で、今でもトラウマに苦しんでいる人たちがいるというTV番組の動画を見てしまい、ものすごく飛んでいきたくなりました。

MRを普段のセッションに使っているセラピストさんなら、私のこの気持ちよ~くお分かり頂けると思います。

で、もちろんEFTやMRは、トラウマだけではなく、身体の症状、脅迫観念症、依存症、鬱といったものや、また、ビリーフチェンジなどにも効果がとてもあります。

そんなに広範囲に効果があるものって怪しいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ということで、ここで話がずれるようですが少し説明させてください。まず、私たちとは大雑把に言えば、

体(エネルギー)+思考(エネルギー)+感情、感覚(エネルギー)となります。

つまり、私たちは基本的にエネルギー体です。これは、量子学でも言われていることですね。

MRでは、マトリックス(量子フィールド)に対して、自我をローカルフィールドと呼んでいます。

オランダのBernard Kastrupという科学者は、量子フィールドを海と例え、自我を渦巻きのようなものと表現しています。とても良い例えだなぁと思うのです。渦巻きは、海と決して分離できませんが、渦巻きという固体のような現象として現われていますよね。

そして、MRでは、ローカルフィールドには、性格や性質、記憶、感情、思考などがデータとして記録されていると考えています。また時間も存在せず、すべてのデータ(過去生の記憶なども)がいまここにあると考え、それがある意味個人のプログラムとして機能していると考えます。

これは、例えばルパート・シェルドレイク博士の形態フィールドという考え、ブルース・リプトン博士の細胞は外界の環境に反応するという研究などとマッチするものです。外界の環境とは、暑い、寒いといったものだけではなく、その人の持つビリーフだったり、感情であったりします。

で、ビリーフとは、皆さんもご存知のようにアイデンティティ(私はお母さんだ、私はセラピストだ、etc)だったり、コアビリーフやセルフイメージ(私は価値がない、私はいけている)だったり、私たちが世界を解釈するベースとなっていますね。

なので、例えばビリーフが「私は無力だ」であれば、世界を危ないところだ、人は私を軽くあしらうなどと解釈し、恐れと緊張の世界が自分の日々となります。

しかし、ビリーフや記憶といったローカルフィールドに刷り込まれているデーターも結局はエネルギーなので、エネルギーという性質上、変化変容させることが充分に可能です。

ちなみに“リインプリンティング”とは、「再刷り込みをする」という意味で、マトリックス(量子フィールド)に新しいポジティブなイメージや感情を再刷り込みをするという意味です。

ですので、MRのセッション後では、嫌なことがあったのは覚えているけど、思い出すとポジティブな映像が出て、暖かい気持ちになる・・・みたいなことが起きるのです。

たまに、そうやって変えてしまうことで過去を否定しているのではないか、という方もいますが、過去と真っ向から向き合わないと変化は起こせず、否定というより、受容をしているのですね。

また、EFTやMRは、潜在意識にあっという間に行けるというのも大きな特徴の一つです。特にMRは、やればやるほど潜在意識の深いところにつながるようになり、個の自分を超えた領域にもしばしば行くこともあります。

渦巻きの例えに戻ると、渦巻きの中を深くもぐれば、大海に触れるように、集合無意識や、または大海の持つ愛や知恵に触れることもしばしば起こります。

さて、やっと話が戻って、すべてはエネルギーであって、エネルギーが停滞したり、フリーズしたりすることで心身のあらゆる症状も起きると考えれば、どうしてEFTやMRが広範囲に活用できるのか、納得ができるのです。

とはいえ、私は科学者ではなくセラピストですので、最終的に効果がある!ということが、やはり大切です。

もちろん、単にエネルギーを動かして変容させれば問題解決!というほど単純ではありません。人の思いや感情は、何重にもなっていますので、テーマによってはそれなりに時間がかかったり、なかなか最後までいけないものもあります。

でも、一つ一つの思いや感情と向き合っていくことは、自分を知ること、愛することにつながります。“私はこんなふうに感じていたのだ・・・”、“こんな隠れた思いがあったのだ・・・”などなど。そんなふうに向き合ったとき、自然と自分を慈しむ感情が出てくるものです。

なので、さっさと早く解放できることが必ずしも良いというわけでもないでしょう。癒しとは、自己愛と人間の深さ、知恵を身につける旅でもあるなぁとつくづく思っています。

MRは、私的には非二元やハートの目覚めにもつながり、深いところに行けば行くほど、科学、セラピー、悟り、結局すべてはつながっていくなぁと思います。

ということで、伝えたいことはほんとうにたくさんありますが、安心安全、副作用のないツールです。ご興味のある方ぜひいらしてください!

マトリックス・リインプリンティング、EFTとも満席となりました。キャンセル待ち受けつけ中です。

ロンドンコースの卒業生でコーチング、心理セラピストさんでもある寺石ゆかさんがEFTとMRの実体験を上手にまとめてくださりました。宜しければこちからダウンロードしてください。→☆

 

 

 

 

マトリックス・リインプリンティング!」への2件のフィードバック

  1. あゆかさん、こんにちは!
    私は心理学に興味を持ち、カウンセリングを受けているときにスピリチュアルな世界にも探求心が芽生えて、ずーっと自分自身が抱えている暗闇からの解放の糸口を探し続けてきました。何年もかけて、少しずつ少しずつ光が見えてきたような?それでも 不安感や苦しみに怯えてきた日々。
    ごく最近になって、非二元のお話を聞いて、ほっとしました。
    ずっとこのお話を求めてきた、そんな気がします。
    もちろん 私はまだ悟ったり、ワンネスの境地も知りませんが なぜかほっとしたのです。あゆかさん有り難うございました!

    あと、質問なのですが、MRは、Skypeでは受けることは出来ませんか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中