存在の耐えられない軽さ~意味や目的を超えて~

雑誌「スター・ピープル」の“ノンデュアリティ特集”以来、私の中で遠慮がなくなってきました。ので、今回も自我のこころと非二元について♪ というか、これからずっとになりそう。

さて、「わたし業」というのは、素晴らしくもあるけど、本当に大変な仕事(?)でもありますね。

「わたし」というのは、生きていく上で、基本的に精神的な支えが必要です。つまり、生きる意味とか目的、生きがいとかいったものです。

それらがいらない、という話ではありません。生きがいや生きる目的が、自分に力を与えてくれるのなら、しっかり握っていてください。

でも、生きがいや生きる目的には、いつの間にかたくさんの「べき」がつき始めたりもしますね。

例えば私の生きがいは、“お客さんの笑顔を見ること”だとしたら、そのためには、私は~~すべき、こうあるべき、あの人たちも~~であるべき、などといった思いが募り、知らず知らずのうちにストレスで一杯になってくるかもしれません。

達成する努力に加えてストレスがたくさんつき始めると、楽しいのか、苦しいのか分からなくなってくる人もとても多いです。

それでも、とりあえず目的に向かっている間は良いのですが、結局達成されなかったり、またはそもそもいきがいが持てなかったり、見つからなかったりすると苦しみになりますね。

または、目的を見事に達成したときも、その興奮が冷めると虚無感に陥る人もそれなりにいます。なので、すぐに次の目標が必要です。

振り返れば、私が一番落ち込んだのも、人生の目的がまったく見えなくなったときでした。病気になったわけでも、家が焼けたわけでも、愛する人を失ったわけでもなく、なにも大したことが起きていないのに、なぜ自分がこんなに苦しいのか分からず、どうしようもありませんでした。

なので、もし当時の私が“すべては意味や目的もなく、ただ起きている”という非二元のメッセージを聞いたら、ものすごく落ち込んだと思います。

とりあえず、“人生に意味や目的などない”と聞いて、ワクワクする人はほとんどいないはずです。

なぜなのでしょう?

毎日ぷらぷら生きているのでも良いはずです。なぜ、私はあんなに苦しかったのでしょう?

生きる意味や目的とは、私たちの多くにとって「存在の理由」になります。~~のために生きていこう!というような自分を持続させる動機になるんです。

自分が、立ち止まらずに前に向かっていけるために。

基本的に「わたし」(自我)とは、実体のない現われては去っていく一つの現象です。

その実体のなさを自我(私たち)は深いところでうすうすよく分かっているのです。

なので、自分の存在理由がどうしても必要となるんです。

苦しんでいた当時、オーストラリア人の友人が「存在の耐えられない軽さ」という本に夢中になっていましたが、まさにタイトルの通り、自我は自分の実体のない軽さに耐えられないんです。

でも、生きている意味、生きる目的、生きがいなどが、自分が生きている証、存在の理由となり、安心感をくれるんです。存在に重みがつくんですね。

でも自我が本当に落ち込むのは、「私はいない」という非二元のメッセージかもしれません。

生きがいや人生の目的がないよりも、自分がそもそもいないのですから、目的さえも持ちようもないんです。意味を見出すことも、それこそ意味がないんです。

なので一瞥体験をした人や非二元の教えに深く触れている人の中で、虚無感を持つ人も少なくありません。

自我って、存在してもしなくてもけっこう大変・・・。

ただ「私はいない」と知って、虚無に陥るのは、まだ自分がいるからです。

このとき、自我がまったく気づいていないのは、幻想の自分も含めて、すべては生きる意味とか目的といったものをはるかに超えた、神秘的で無限の愛である生命にしっかり支えられているということなんです。

というより、そっちが本来の自分だということですね。そもそも、生まれたということ自体が夢だったんです。(不生不滅)

当時の私に、もし何か言えるなら、まずは “あなたのハートを信頼して大丈夫。もがくのを辞めれば、必ず勝手に沸いてくるパッションがあるから。”とういこと、

でも、もっと本当に言いたいことは、

“ここは本来、生きがいや目的を超えた世界で、あなたはその世界そのものだよ。”

ということです。

最終的に個人の夢、目的、意味、情熱が手放されたとき、「わたし」のかわりに全体(生命)が生き始めます。

そのとき、意味や目的を必要とするのは、狭い世界で不自由なのだと気づくでしょう。

意味や目的に縛られないとは、言い換えれば、100%未知だということです。

生命が次に何を起こすか、皆目検討もつかないんです。

でも、何も知らないということがどれだけ自由で安心か、それが見えてきたとき、世界は虚無ではなく、神秘で親密なところになるはずです♪

※すべて手放したほうが良いとか、何をしたほうが良いかという話をしているのではありませんので、響くものだけただ受け取って頂ければ嬉しく思います。

 

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ご覧頂いた方も多いかと思いますが、地球ひろしさんのearth TVに出演しました♪

「すべては愛の中で起きている」

存在の耐えられない軽さ~意味や目的を超えて~」への10件のフィードバック

  1. ありがとうございます
    なんだか今はホッとしています

    人生の意味や目的、目標、一生をかけてやりたいことが何なのかわからなくて、ずっと探してて、でも見つからなくて、歳だけとっていってるって焦って苦しかったです

    いつもブログ楽しみにしています
    優しい文面が大好きです
    これからもよろしくお願いします

  2. あゆかさま
    earthTV拝見しました。さすがに心理学に精通した方とあって、今までの非二元を語る方と一線を画し、心の仕組みや陥りやすい罠やメソッドまで、大変分かりやすかったですし、すごく救われました。
    インテグレイテッド心理学の講座をハートサークルのカウンセラーの中から探して申し込みました。
    「こういった探求のエネルギーが真実を隠してしまう、すべてを止めたら(ヨガとか瞑想とか読書も勉強も)個人のエネルギーがなくなってくるかも」と言う意見もありますが、すべて止めて何もしないで、そのままなーんにも起こらない可能性も高いですし、今出来ること、やりたいと思ったこと、色々とただやってみようかと、そんな風に背中を押していただきました。
    インテグレイテッド心理学、続きの中級などで、いつか、あゆかさんの講座も受講できればと思っております。
    来日の際には開講を検討いただけると嬉しいです。(前回は気付いた時には満席でした、、(*^^*))
    ますますお忙しいかと思いますがお身体大切になさってくださいませ。

  3. はじめまして。
    心の病気になってからというもの、夢に破れ恋に破れ、目標がなくなりました。
    だくだくと過ごす日々。自分にがっかりしています。やりたいことがないのです。
    家族は心配して、あれをやってみたら、これをやってみたらというのですが、しんどくなってきました。
    最近ある時ふと“貴方は今のままでいいのです”と心の中に声がしました。何にもしていないのに…。
    やりたいことはないけれど、少し心の本当の声を知りたくて(上記心の声がした理由を知りたくて)色々するうちに、このblogにたどり着きました。
    これから少しずつお勉強をしたいと思います。
    長々と失礼しました。
    ありがとうございます。

  4. いつも記事ありがとうございます。
    生まれたということ自体が夢だなんて、自我には天地がひっくり返る衝撃ですね。

    でも、どこかでホッと安心してたりします。

    もう頑張らなくていーんだ
    生命に任せればいーんだ

    って。

    ありがとうございます(*^o^*)

  5. はじめまして。
    私は10年ほどカウンセリングをやってきました。幼少期の思い残しがこの生き苦しさの原因だと思います。しかし、成果は見られるものの、なかなか打破するという感じにならず、同じところをグルグル・グルグルして先へ進めませんでした。
    そこに一昨年現れたのが、非二元でした。そこから、シフトがグンと進んだように思います。TVでも同じことお話しされていましたね。私はそのパターンです。
    非二元はとても役に立ちますが、混乱もしています。
    長年のカウンセリング慣れもあるのか、やはり出てきた感情の扱いはカウンセリングかなとも思います。が、面白いことに真実は非二元のメッセージだということはなんの体験があるわけでもなに確信しているのです。
    すべてはこれでしかないと思います。
    この二つをどう使っていけばいいのか慣れてない感じです。
    そういう意味でも、あゆかさんのお話しはとても参考になっています。

  6. 質問。
    度々すみません。
    あゆかさんのお話に触れて、EFTとインテグレイテッド心理学の講座に申し込みましたが、それらを勉強するにあたり質問です。

    奇跡のコースは有用ですか?
    (何年か取り組んでいましたが、非二元に出会い、真実のシンプルさを知り、取り組みを止めました。混乱するので。特に聖霊や罪悪感というのがしっくり来ませんでした。概念のヴェールの理解には役立ったと思います。)

    奇跡のコース(神と聖霊とエゴがあり、分離は神から離れた罪悪感の投影により存続するもので、赦すことにより解放される、、、私の理解)と非二元(全ては一つのエネルギー、善も悪もない)は矛盾しないのでしょうか?

    今は奇跡のコースはやめていますが、勉強はおすすめですか?
    もしもお時間ありましたら教えてくださいませ。

    • Tさん、こんにちは! コメントをありがとうございます。

      最終的にご自分が惹かれるかどうかで決めていただくのが一番かと思いますよ。ただ、個人的には、なんにしても“勉強”はあまりお薦めしません。なるべく知識にいかない取り組みが良いかなと思います。

  7. あゆかさん、こんにちは!

    小さい頃に、どうして皆同じ意識なのに、私にだけ意識があるのだろう?私だけ特別なのかな?
    というようなことを思った記憶があります。今思えばあそこで特別意識を持つようになってしまったような気がします(笑)
    皆同じ意識なのに〜てとこはもしかしたらあゆかさんが伝えてくださってることと同じかな?と思います。
    皆同じだと思っていたので、現象としてはひとつとして同じものはない事に気付くまで、違うことにびっくりしたりかなしかったりしました。

    現象としての私を生きているのは意識だという事を、どこかで納得しているのですが、
    本当に私がどうにかしなくて大丈夫?
    いなくて大丈夫?
    手を放して大丈夫?
    っていう声があります。
    私(自我)は今、手を放して消えたい気持ちと私がいなくちゃ大変な事になるという気持ちを持っていて矛盾した状態です。(笑)
    あゆかさん、どうしたらいいですか?と聞こうと思ってコメントしましたが。。

    あゆかさんに、手を放して大丈夫、流れに身を任せて大丈夫っていって欲しいだけなのに気がつきました。

    大丈夫って思いたくてあゆかさんのブログとかを読んでいるですね。。
    私がどうにかするっていう生き方がもう本当に嫌なんだと思います。

    なんだかとりとめのないコメントになりました。すみません(笑)
    いつもありがとうございます。

  8. 自我はあってもなくても大変・・・という言葉に目が止まりました。
    無くなればラクになると信じていたからです。
    虚無になることがあるのですね。
    自我があるとか、ないとか、あまりこだわらないほうがいいですか?
    人を嫌ったり、自分を責めたり、こんなことは起こってほしくないのにという苦しみが、見かけだけで起こっていることなのだと深く知りたいです。
    そうすれば、ちょっと気持ちに余裕ができそうだからです。
    そう思うことは間違いですか?

  9. こんばんは。今日、このブログを見つけまして読ませて頂いています。
    動画も見させていただきましたがとてもわかりやすかったです。夢中で見てしまいました。

    私は・・この世界が幻想で私もいなくてみんな投影、イリュージョンと聞いたとき怖くて怖くて
    ノイローゼ気味になってしまいました。
    でも、それでも本当のことが知りたくて、コースのことを知り、神の使者という本を最近読んだのですが、余計に絶望的な気持ちになってしまいました。(自分がエゴで間違った存在なのか?という解釈をしたからです)
    けれど、こういうふうに捉えて絶望的になってしまうのは他の人でもよくあることなのですね!
    安心しました・・。本当にありがとうございます。
    コースを勉強しているのですが、とても難しく、コースを学んでいる方々ともお話したことはあるのですが、相性がどうも合わなくて(私は理屈っぽい人間なので)・・一体どうしよう・・と思っていろいろ探していたらこのブログを見つけました。
    本当に嬉しいです。
    心理学的なことがすごく好きなので、文章がとてもスーっと入って来ました。

    あと、心の病があるのですが、それはセラピーなどで治して良いのですね(二元?の世界の方法では病気は治らないとおっしゃる方も多いので)
    本当に救われました。長くなってごめんなさい
    めじろ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中