リラ~ックス!思考は現実化しないから大丈夫♪

先日、臨床心理士の友人から「思考が現実化するということをどこかで学んで、強迫観念症になってしまったクライアントさんがいる」という話を聞きました。

話の詳細は覚えていませんが、自分の思考が現実化することを恐れて、小さな娘さんの育児ができなくなり、その方のお母さんが代わりに育児をしているそうです。

「思考が現実化する」わけですから、年中自分の思考に注意を払っていないといけません。自分が自分の思考警察になるようなものですから、これは確かに強迫観念症になるだろうなと思いました。

ここまで極端な人は少ないかもしれませんが、「思考が現実化する」という説を信じている人はそれなりに多いような気がします。昨年のインテグレイテッド心理学でもたくさんのご質問を頂きました。(今年も説明します♪)

もしこれを究極の悟りの観点から見れば、「すべてのことには、因果関係などなく、そのようになるように起きている、終わり」です。しかし、そこに思考がいろいろと「~~が起きているという解釈を付ける」んですね。

ですが、ここでは悟りの観点からではなく、普段の私たちの視点から見てみたいと思います。

で、私たちは、基本的にいつも自分中心に物事を解釈しています。滅多に他者の視点で物事を見ようとしませんし、またしたとしても、それも結局“自分の推測”です。

つまり、私たちは世界を常に自分中心に捉えているんです。

前回の講座では、“私が~~へ行きたくないから、電車が遅れた”という因果関係?引き寄せ?思考が現実をつくる?の例を出された方がいました。

電車が遅れた、というのはただの中立な出来事です。しかし、すでに会議に遅れそうになっていたAさんは、当然それをものすごくまずいことだと解釈します。でも、同じ電車に乗っていたBさんは、電車が遅れたことでちょうど会いたかった人にたまたま会えたとします。Bさんは、きっとそれを良いことだと解釈するでしょう。

この「思考が現実化する」説に従えば、Aさんは、会議に行きたくなかったから、電車が遅れたになりますし、Bさんは、友人に会いたかったから会えた、となります。

ぜんぶ自分中心の解釈です。

私たちは中立のできごとをいつも自分中心に解釈しているだけなんです。ただ、常に解釈することに慣れている私たちにとって、ものごとを中立に見ることはとても難しいんですね。

かつて、バイロン・ケイティのワークショップに毎年参加していたときがありました。ケイティは、義父に強姦されたとか、叔父に裏切られて大金を失ったとか、息子が首をつって自殺したといった人々の話に、そういった出来事も、出来事ではなく、思考が苦しめているだけというスタンスを一切崩しませんでした。

明らかにそこには良い、悪いというジャッジがないのです。私は、どうしたらそんな“いわゆる”悲惨な出来事をそこまで中立に見ることができるのだろう?と感心していたものです。

でも、今は分かるのです。先ほど、出来事は中立だと書きましたが、私は「中立」という言葉の意味とらわれていたのです。つまり、中立に見ようとか、「中立」という判断をしようとしていたのです。

ですが、実際は「中立」というレッテルも貼れない、ただあるがままだけがあるだけのです。思考の意味づけがまったくない状態がものごとの本来の姿なんですね。

で、何が言いたいかというと、私たちの思考は現実を作っていませんが、私たちは自分の思考を経験しているんです。(←これを「思考が現実化する」という意味で使っている人もいるかもしれません。)

つまり、たとえばAさんは、電車が遅れた!心臓バクバク、こんなときに限って!なんて言い訳すれば良いだろう? 私はどう思われるだろう?・・・などなど、考えがたくさんめぐり、体が緊張し・・・という経験をするんです。で、Aさんの思考は、それを「悪いことが起きた」というレッテルを貼ります。

でも、Bさんは当然違う経験をして、違うレッテルを貼りますよね。良いことがあったと友達に話すかもしれません。

で、このように私たちは、自分が解釈した自分中心の経験であるにもかかわらず、あたかもその出来事が独立して起きたかのように、「~~なことが起きた」と思っているんです。

そして、これを私たちは「現実」と呼んでいるんです。でも、実際は、自己中解釈の経験の連続があるだけです。

これはある意味、インテグレイテッド心理学講座のイントロです。講座では、順序だててご説明し、もっと深く行きたいと思っています。(基礎講座)

で、とりあえず、この記事のポイントとしましては、私たちは自分中心の解釈をすればするほど、自分の狭い思考にはまり、苦しむということです。

例えば、友達からメールの返事が来ない時、“きっと忙しいのかな”と考えれば楽ですが、“なにか私がいけないことを書いたのかもしれない”と「私」中心に解釈すると、苦しくなりますよね。

さて、話を最初に戻して、「思考が現実化する」ということを信じれば、当然「私の思考」中心にすべての物事を見始めますね。これは大変です。あらゆる出来事が、「自分のせい」か「自分のおかげ」になりますから、一喜一憂して忙しくなるでしょう。

ということで私のお勧めは、

どうせ思考に注意を払うなら、それらの思いがいかに真実を言い当てていないか、いい加減なものなのかを見抜いてみよう!

です。

その方が楽になる早道です♪

今回はお知らせが満載です。

●東京でも「悟りについて語ろう会」を開催します!
●JMET主催のEFTプラクティショナーコースもゴールデンウィーク中に開催!

☆☆☆☆ セミナーのお知らせ ☆☆☆☆

「あゆかの部屋」(4月18日) in 名古屋

こちらも読んでみてください→☆

「悟りについて語ろう会」(419日) in 大阪

★「悟りについて語ろう」(5月9日) in 東京

★JMET主催EFTプラクティショナーコース(5月2日~4日)

すべて初心者大歓迎です。お気軽にいらしてください!

 

リラ~ックス!思考は現実化しないから大丈夫♪」への6件のフィードバック

  1. 私も思考の現実化を恐れ、重度の強迫観念症になりました。起きて欲しくない思考が浮かぶとパニックして呼吸困難になり、精神安定剤は欠かせません。。

    もともと恐れや不安が多い私にとって、引き寄せや思考の現実化は最大の恐怖です。なのでスピ本でそれ系の記述があると飛ばし読みしてます。

    「猫も杓子も思考の現実化に夢見やがって!」みたいなイライラ感もあります(苦笑)
    シークレットとかも苦手…というか嫌いです。

    今回のあゆかさんの記事で少しホッとした気持ちになりました…。
    深刻にならず、リラックスが大切ですね。

    4、5年前に何度かあゆかさんのワークショップに参加したことがあり、またいつか行きたいなと思ってます。

    • Leahさん、コメントをありがとうございます☆

      私はずいぶん長いこと、自分の思いを見つめてきましたし、潜在意識の中にある深い思いにもワークしてきました。でも、思考が現実化するという結論には至っていないというか、次の記事で補足しますが、まったく気にしていません。(*^_^*)
      リラックスして良いと思いますよ♪ また、セミナーでお会いできましたら幸いです。

  2. ちょうど、お寺で、

    わたしが、好き勝手なことしているから、仕事がない、と言われて、落ち込んでいました。

    ハートの声に従い、上司に○○をしたいと、伝えて、結果今無職です。

    ただ、定期的にマトリックスを
    受けて、だいぶ?変化してきたわたしは、
    専属のカウンセラーに相談したら、

    私の不安とマッチングとアドバイス受けて、楽になりました。今も全く後悔無しです。自分のしたいことを伝えて。

    思考が現実化する。
    因果応報で無職になったと思考は
    でてきますが、あゆかさんのブログと、
    カウンセラーのお陰で楽になりました。

    昔は、因果応報が恐くて、思考を
    プラスに、プラスにしようとしたら、
    生きていくのが辛くなり、マトリックスリいんプリンティングに、行き着きました。

    コアビリーフは、

    因果応報(笑)

    マイナスなこと考えて悪いことが起こる。
    人のために生きねばならぬ。
    自分好き勝手に生きてはならぬ。

    ある意味お寺の占いに
    投影されたのかな、
    これからも応援しています。

    • あやこさん、コメントをありがとうございます。

      コアビリーフが、因果応報とは、気づいて良かったですね。(*^_^*) 
      みんな、それぞれビリーフにしたがった人生を作っていますので、
      それが真実ではなっくて、ただの思考だったとわかれば、楽になりますよね。

      応援をありがとうございます☆

  3. ドキドキしますが、知りたいので質問します。混乱しています。

    「すべてのことには、因果関係などなく、そのようになるように起きている、終わり」
    とのことですが、
    行動と結果には因果関係はあるのでしょうか?

    できごと(事実)と、そうなるように自分がしてきたことです。できれば因果応報であってほしい、苦労は実を結んでほしいです。
    (もしかして自分がすごく大変だったと思っていることは、大変ではないのか? そんなことであってほしくないです、大変だということにしてほしい。)

    また、少し違いますが、成果には良い評価がほしいです。

    例えば、試験に落ちるとか、仕事で昇任するという「判定」のたぐいは、
    何でしょう?
    解釈でしょうか、事実でしょうか、
    誰にとっての…???
    「成果」だと思っているものも、自分にとってだけの良い結果、自分中心の解釈なんでしょうか。

    名古屋で詳しく聞かせていただければうれしいです。

    • コメントをありがとうございます。少々乱暴に書いてしまったと思います。名古屋でご質問くださいませ。きちんと順を追って説明させて頂きますね。お会いできますこと楽しみにしております。(*^_^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中