人生のルールブック

今日は頂いたコメントにお返事させてください。長いので多少切り貼りいたしました。

私はよく私の行動など、上司や親から凄く非難されます。決して意地悪嫌がらせや、自分さえという気持ちはなく、どちらかと言うと他人のために一生懸命やったり、ルールに則って正しくやってるのにです。

例でいうと、弟の結婚式が9月15頃にあると親から5ヶ月前に口頭で伝えられたきり、弟からは案内など一切なく、16日からイタリア旅行の席がギリギリで取れ、家族に報告したのが10日前。で、報告したところ、結婚式は17と言われて、私は「わざとした」とか「非常識」となじられました。

職場でも公務員なので、相手の目線に立ち速やかに間違いないよう対応し、常に勉強も怠りませんでした。上司も周囲も良く分かってない部分があったり、仕事がこなせず相手に迷惑かける人がいて、それをフォローせざるを得ず、でも自分もきついので困ると言ったり、間違いを厳しく指摘していたら、「課長に組織にとってカラーが決まってしまうから迷惑」だと言われショックで寝込みました。

仕事では、他の人は結構クレームが来ますが、私は、ありませんので私の仕事が間違えてることはないと思います。公務員なので、国民の皆様に迷惑かからないよう利益になるようにと思うあまり、行動が過ぎるのでしょうか?

ちゃんと生きてるつもりなのに、このようなこと言われるので、最近毎日、私みたいな迷惑な人間いない方がいいのにと早く死にたい思いです。これからこんな私は、何のために生きてどう生きたらいいのでしょうか。毎日が地獄です。

これは辛いと思います。これだけいつもきちんと生きようとするだけで、だいぶストレスになっているはずですし、その上に周囲からなじられるわけですから。

コメントだけから推測するのは大変危険ですので、しっくり来なかったら忘れてください。ただ、皆さんの役にたつかもしれないと思い、ネタに使わせて頂きますね。

一つ強く感じるのは、仕事のルールだけではなく、「人生のルールブック」に則して生きていらっしゃるかもということと、ある意味そのために起きてしまうコミュニケーション不足です。

例えば、弟さんの方から結婚式の日程を伝えるべきなのだから、自分からは日程の確認をしなくて良いと思ったのかもしれません。(大間違いだったらごめんなさい!) いずれにせよ、旅行の段取りを進めていく前に、コミュニケーションがあれば避けられたかもしれませんね。

または、ミスはご法度、公務員は国民の利益を考えるべきなどなども、ある意味自分の中のルールです。で、このルールが正しいだけに、余計に人生が難しくなる・・・というパターンにはまっているかもしれません。

というのも、自分の考え方ややっていることが正しいだろうと思ってしまうと、私たちはコミュニケーションの必要性や相手の気持ちを理解する必要性を感じなくなってしまうものです。

だって、ルールに沿っているんですし、正しいことしているのですから、なぜ他の可能性や他の人の考えを知る必要があるでしょう?

なので、もしかすると、他の人との充分な確認やコミュニケーションなしに物事を進めていらっしゃるかもしれませんね。

自分としては100%良かれと思ってやっていることでも、他者との充分なコミュニケーションなしに進めてしまうと、必ず摩擦が起きますよね。なぜなら、他の人は同じような価値観で生きていないからです。

もちろん私たちは、いつも自己中心的な価値観で生きているのですが、良い仕事をしよう、ミスがないようにしようと思えば思うほど、自分の考えが強まり、他者にも押し付けがちです。

例えば、「迅速に行わなければならない上、間違いが許されない仕事だし、ミスした人や周囲も厳しく責任を問われる可能性があり・・・」と強く思えば、当然、“だから、仕事はこういうふうにされないといけない”という、自分の考えが強化されてしまいますね。

で、本人にとっては、それが100%当たり前のあり方で、どうして他の人はそれが見えないのだろう?と不思議なぐらい、それは当然そうあるべきことだったりするでしょう。

なので、そのように仕事が運んでなければ、フォローするし、間違えれば、厳しく指摘しなければいけません。ところが、どんなに自分の考えが当然のように見えても、それはやっぱり自分中心の解釈ワールドなんです。

自分ワールドにはまると、他者は自分を理解しない間違った人たちにどうしてもなります。

ですが現実は、他の人は同じように見ていないし、思っていないので、周囲の目には、コメントの方が自分の思いだけ(カラー)で、ものごとを進めているように見えたりしてしまいます。

また相手の目線になるといった場合、その相手の方の話を充分に聞き、思いや気持ちを理解しない限り、自分が想像する相手の目線なので、結局自分目線になってしまいます。

基本的に私たちが、誰か他の人の目線になることは非常に難しいです。なんか揚げ足を取っているように聞こえるかもしれませんが、これは多くの人が陥り、疲れてしまうポイントなんです。

他の人の目を気にしたり、相手の立場に立とうとしすぎて、気づかれして、くたくたみたいな。でも実際は、自分の思いに縛られてくたくたになっているんです。

ルールに従うという思いは、もちろん間違いではないですし、社会にはある程度必要なことだと思います。ある程度。はい、ある程度です。

でも、ルールよりも大切なこと。それは、はい、耳たこだと思いますが、ハート!ですね。

ミスをしても、自分の中に愛がしっかりあれば、それをカバーする知恵と勇気、能力が勝手出てきます。

おそらく、ご自分にも無意識に相当厳しくしていらっしゃるでしょう。ですのでまずは、自分の中に愛を増やし、ルールブック(べき)を緩ませてみてはいかがでしょうか?

死ぬ直前に、「私には一つもクレームがこなかった」「公務員としてまっとうした」と思って本当に満足できるのか?、ちょっとイメージしてみると良いかもしれません。

自分が本当に心から求めているものは何だろう? それを真剣にハートに尋ねてみれば、今の苦しみは、新しい人生を開くきっととても良いチャンスとなるはずです♪

PS:「恨み」の感情について知りたいというリクエスト忘れてはおりません。気長にお待ちくださいませ。へへ。

☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆

久しぶりに「あゆかの部屋」(4月18日)を名古屋で開催いたします!

こちらも読んでみてください→☆

また大阪でも久しぶり、「悟りについて語ろう会」(4月19日)を開催いたします!

どちらも初心者大歓迎です。お気軽にいらしてください!

人生のルールブック」への10件のフィードバック

  1. あゆかさん
    ありがとうございました。

    仕事の自分の思いが強いというのは、そうだな。と思いましたが、半分は仕事が特殊なので、そうは言ってもと。。。府に落ちない感じがしました。仕事上、これ以上は詳しくは書けないのですが、一応、上の人には、「煙たがられるのも嫌なので、出来るなら口出ししたくないのだけど、フォローしなくてはいけませんか?」など、

  2. すみません。途中で送信されてしまいました。続きます。

    等と、相談確認したりしました。

    弟の件のお返事は、少し悲しく感じました。
    私は、なじられるまで、弟から連絡すべきとは全く思っていませんでした。春に新しい仕事になり、半年はついて行くのに必死で、気づいたら半年経って九月の夏休み処理の最終月になっていて、休み取得を促されて、結婚式があるなーそろそろ連絡くるかなー時間と場所決まってるのかなと思い出し慌てて休暇申請した次第でした。確認すればよかった。確かにおっしゃるとおりですが、それは相手も同様でお互い様だと思うのです。それで、なぜこんなに私がひどい人間だとなじられるのか。。。
    コミュニケーション不足とのことで、今度は、コミュニケーション不足の私が悪い、これはまた私は、ボーっと出来ない。今度は、なじられないようコミュニケーションを怠らないようにしなければならないんだな。と辛く、悲しく感じました。

    • なぜさん、こんにちは!日本はこんばんはですね。

      ほんとうにごめんなさい!このコメントを読ませていただいて、あぁ、私はなぜさんの味方になってあげていなかったと気づきました。そう思ったとたん、なぜさんの悲しみが強まるのが感じられ、あぁ、申し訳なかったなぁと思いました。

      私も弟さんに関しては、お互い様だと思いますし、ご家族もそこまでなじらなくても・・・・と思いました。が、そのへんを書かなかったので、なぜさんだけに落ち度があるような印象を与えてしまったかもしれません。

      とりあえず、事情を良く知らないで書いていますので、合っていないところは無視してくださいね。

      今更ですが、心の中でギュっとハグさせてください♪

    • こんにちは
      一生懸命に過ごされているなぜさんをみて、なぜさんにもうこれ以上辛い思いをしてほしくない〜と感じコメントさせてもらいます。

      結婚式の件、なぜさんは「わざとした」わけではないし
      連絡の行き違いはお互い様ですので、なぜさんは「非常識」ではないです。
      なぜさんが非常識なら、招待状も用意しなかったご兄弟も非常識という事でお互い様です。

      職場のお話も、きっちり仕事をしている人が煙たがられて・・というのは悲しいなぁと思います。

      以下、私の経験上での話になるのですが、
      職場でも、友人・家族関係でも、「正しい事をしているか」は人間関係の形成に関係ないと言う事を最近感じています。
      なぜさんが職場でしている事「クレームのないよう対応」「ミスした仲間のフォロー」「間違いを厳しく指摘」などなどは、完全に「正しい事」であり、「公務員としての責任ある行動」だと私は思います。でも非常に残念な事に、いくら正しい行いをしても、職場の人間関係には反映されません。。
       
      反映されないだけならまだしも
      「厳しい指摘」←これをしただけで、正しい行いにもかかわらず非難されたり、疎ましいと思われてしまう事が多いと思います。
      (私の話が的外れだったらすみません、読み飛ばしてください〜)

      私が過去努めていた職場では、仕事を一生懸命していた先輩A子さんが、ゆっくり仕事をする後輩B子さんを叱ったら、今度は上司はA子さんを叱りました
      「なぜそんな事をするのか、職場の雰囲気が悪くなる」と。
      A子さんはショックを受け、退職されました。あまりに理不尽なのですが、世間てこんなものなのかと思った出来事でした。

      なぜさんは今まで誰かを意地悪しようと思ったことなく、他人のために、または責任ある仕事を一生懸命されて来たと思います。でも、正しい事をしても、上記のようになかなかご自分の幸せには影響してきません。。
      なのでこれからは、ご自分の心の平和のために、またはご自分を守る事に焦点をあててみてはどうかと思います

      あゆかさんのコミュニケーションのお話は、どちらが正しい・間違っている・良い・悪いという観点からではなく
      なぜさんがこれから辛い思いをしないように、ご自分を守る事ができるようにとのひとつのアドバイスなのだと思います。

      私は素人なので心の専門的なフォローやアドバイスは出来ませんが、
      「人からなじられる」からと言って、なぜさん=悪い ではありません。
      今回の弟さんの件のように、相手が自分勝手に解釈しているだけなので、なぜさんの本来の善し悪しには関係しません。
      でも、言われたら辛いですよね(T_T)
      そういった人からの評価が気になり、苦しくなるのであれば、プロのカウンセリングはとても役立つと思います。

      すごく長文になってしまってごめんなさい
      なぜさんのこれから必ず良くなるように祈ってます!

  3. 仕事が忙しい時期で、必死でやっています。
    隣の後輩は1時間、ゆっくりお昼を取っていて
    それがとても腹立たしいです。
    彼女はその分、私より多少の残業はしますが、
    仕事の速度を考えると私のほうがずっと仕事をしていると思います。
    自分の怒りを大切にしながらも、なぜこんなに腹が立つのか
    自分ののどこkが刺激されるのかなと考えています。
    そして、おっしゃるとおり、他の人は別の考えを持ってるんってことを
    すっかり忘れてるなって思いました。

  4. あゆかさん、こんにちは。
    突然ですが、本当に繋がりたい人と繋がれるようになるコツを教えて頂けませんか。
    物心ついた時から、両親が人間として好きになれなかったのですが、「世の中にはこんな人達しかいないのだから、嫌いだけど合わせなければいけない」という思いが強くなり過ぎてか、変な人達との縁ばかりが出来るようになってしまいました。
    具体的には、気に入らないとスグ暴力を振るったり攻撃するような人や、被害妄想で人の悪口や愚痴しか言わないような人達です。他人に嫌がらせばかりするような人達で、側にいると大変不愉快で嫌なんです。けど普通にしていると、何故かこのような人達に好かれて独占欲全開で近寄って来られます。あなたとは友達になれない、止めて下さいと断っても、反って「本音を言ってくれる」と信頼されて、何故か依存されてしまいます。
    こんな人達と、相手に好かれる→私が断る→けど勝手に友達認定される→私が自由に行動する→相手が「裏切られた」と言ってキレる→嫌がらせをされて職場を変わる。といったパターンを、もう3~4回繰り返しています。人に好かれるのが本当に苦痛になりました。
    本当は、もっと自立していてバランスのとれた人達と縁を持ちたいんです。
    どうすれば良い縁を持てるようになれるのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

    • やんやんさん、コメントをありがとうございます!

      この方たちとご両親に似たところなどありますでしょうか? または、自立してバランスのとれた人が自分が小さいときに身近な周囲にいましたか?

      本当はお聞きしたいことが山ほどありますが、ブログですのでこれだけご質問させて頂いて、お返事を頂けたら記事でお返事させて頂きますね。

      • あゆかさん、お返事ありがとうございます。
        ブログでお返事いただけるとの事で、とても嬉しいです。

        この人達と両親の共通点は「人の話を全く聞かない」ところと「不安が強くて地雷が多い」ところでしょうか。性格や年齢、性別さえ違っていても、皆同じような雰囲気を纏っているように感じます。

        自立してバランスのとれた大人は、残念ながら身近にはいませんでした。たまに会う遠い親戚の叔父さんや、友達のお父さんの中には普通に話の出来る人がいて、そういう人達の事は信用してましたが、むしろ我が家との関係の遠い人達だったと思います。

        こんな回答で大丈夫でしょうか?
        よろしくお願いします。

  5. コメントさせて頂くのは初めてですが、いつも更新を楽しみにしております。
    突然ですが、やっぱりあゆかさんはすごいですね…
    つねに相手の段階に合わせて、境界を越えることなく
    とても軽やかに、この場でできる最善を尽くしていらっしゃるようにお見受けします。
    いつも本当にありがとうございます……;;
    大阪のイベントでお目にかかれるのを楽しみにしておりますね。

    • いつもお読み頂きありがとうございます! また、身に余るお褒めの言葉もありがとうございます。大阪でお目にかかれますこと私も楽しみにしております♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中