悪夢から目覚めへ(インテグレイテッド心理学募集開始!)

インテグレイテッド心理学講座へ、すでにたくさんのお申し込みをありがとうございます!どの講座もすべて半分以上埋まってきました。

いろいろと考えた結果、今年からシステムや料金を改正しました。基礎と中級の参加費用を上げ、上級を下げた結果、すべての講座を受ける方にとっては、今までより弱冠お安くなりました。安くしようと思ったわけではありませんが、ハートに従ったらそうなりました。(笑)

さて、インテグレイテッド心理学とは、乱暴に一言で言ってしまうと、エゴの夢、とくに悪夢(苦しみ)から覚めるための大事なポイントや心のしくみ、エクササイズを盛り込んだものです。

で、講座の中でも特に「基礎講座」はとても重要だ!と思っています。“基礎”とは、簡単であるとか初心者向けです、というより私の場合とにかく皆に知って欲しいという意味です。

その中核となるのが、「抑圧→投影」のしくみです。投影に関しては、他の心理学講座でも触れているところもありますが、抑圧→投影というしくみでがっつり教えているところは、私が知る限りどこにもありません。

ないのが不思議すぎて、教え始めた頃は、“私はまったく必要のないことを教えているのだろうか?”と思ってしまったぐらいです。こんなにみんなが毎日無意識にしていることなのに・・・と。

インテグレイテッド心理学講座は、もともと「奇跡の講座」にあるエゴのしくみをベースにしています。カウンセラーになるために心理学はそれなりに学びましたが、実際のセッションではまったくと言って良いほどその知識は使えませんでした。

ところが、この「奇跡の講座」のエゴのしくみやエックハルト・トーレのなど、悟り(非二元)系の本にあるエゴの記述は、ものすごく役に立ったのです。まず、自分自身が普段どれだけ投影された世界を真実だ、事実だ!と信じ込んできたことか、そしてそのドラマにどっぷり浸かり、苦しんでいたのかが目からウロコぼろぼろに分かりました。

ぼろぼろ落ちて、その後自己ワークを続けたところ、一年後ぐらいには、なんだか違う世界に生まれ変わったような気がしたものです。そして、恐る恐るこのしくみをベースにカウンセリングを始めると、クライアントさんもやはり同じように楽になっていくのです。この頃からリピーター率も100%になっていきました。

とはいえ、すべての人がまるまる楽になったわけではありません。こちらの見えていないこと、スキル不足などなどももちろんあるでしょうが、基本的にクライアントさん自身が変化の鍵を握っているからです。

とりあえず話を戻して、地球上のほとんどの人は、自分の投影ワールドに住み、それが真実だと思っています。

ちなみにこれは、思考が現実を作るという話とは、まったく違うものです。(昨年の講座でこれに関して、たくさんご質問を受けました。今年もあればお答えしますよ♪)

投影している“もと(潜在意識”)がポジティブであれば楽しい夢を見て、ネガティブであれば悪夢を見ることになります。

ちなみに、ほとんどのセラピー、カウンセリング、自己啓発のツールなどは、楽しい夢を見るためのものです。それはそれで必要なものですが。

ただ、基本的にエゴ(自我)は、どうしても恐れベースです。自分は外界や他者から分離していて、命に限りある存在だと信じている時点で、どんなにポジティブな状態であろうとも、無意識にいつも生き残りに対する恐れがあります。

十分な食べ物(お金)はあるか? 自分の健康は大丈夫か? 他者から攻撃される可能性はあるか? 持っているものを奪われないか? 自分は社会(周囲)から受け入れられているか? 充分なスキルや知識、能力はあるか?などなど。

そして、基本的にエゴは、より多く持っている、より優れている、より能力があるなどなどのほうが、生き残り率が高いと思っているものです。

なので、他者や他国よりもより優れていたほうが良い、多くの資源を確保しておいたほうが良い、進んだ技術や知恵を持っていたほうが良い、だから、より優れた軍事力、権利や利権、パワーを持つことが安全なのだ、となるのも不思議ではありません。

個人のレベルでも、貯金がたくさんある、能力が高い、特別なスキルがある、容姿に優れている、または皆の人気者などといったほうが生き残り率が高いだろうと、無意識のどこかで思っているはずです。

ですから、他者と比較してしまう衝動はほぼ全員の中にあるでしょう。グループの中に入れば、何かしらマッハの勢いで比べているはずです。そして、能力が低いとか容姿が悪いとか、年をとっているとか、とりえがないとか自分で判断してしまうと、それが苦しみになっていきますね。

また、投影ワールドでは、常にどこかに危険が潜んでいるので、いとも簡単に「敵」」「悪者」「間違った考えの人たち」という存在を生み出します。

で、その人たちとの関係で苦しんだり、ストレスになったり。

私も振り返れば、かつての職場で思いっきり敵を作っていたなぁと思います。感覚としては当時は、被害者意識のほうが大きかったのですが。とにかくストレス度はものすごく高かったです。

誰かを悪者にして、その人を罰する、攻撃するという構図を作っている限り、私たちはエゴのトランスから抜け出せず、真の平和は実現しないでしょう。(攻撃とは、愚痴、無視する、避けるといったことも入ります。)

でもこれに関しては、心理学を持ち出さなくとも歴史が証明していますね。であるならば、なぜ、これだけ歴史が教えているのにもかかわらず、私たちは今もまったく同じことを繰り返すのか? 報復を報復で、傷を傷で、憎しみを憎しみで返す争いが終わらないのか? 私たちは今きっと、これを真剣に問う時期に来ているに違いありません。

それは何が正しいのかを探ることではなく、こういった状況を生み出す人間の心を深く見ていくことではないかと思うのです。分離しているという勘違い、そしてそこから生まれる恐れを見つめることです。

平和を生み出す唯一のやり方というものは存在しないでしょう。でも、一人一人の目覚めが、少しづつ人類の心のパターンを変えていけたらいいなと思うのです。

ということで、ピンと来ましたらぜひ会場でお会いいたしましょう♪

PS: ちなみに、今はなぜ心理学の中で「抑圧→投影」のしくみをがっつり教えていないのか分かります。単純に悟りの教えと心理学がまったく別フィールドになっているからです。なのでそれを統合(インテグレイテッド)したものになります。

☆☆☆ インテグレイテッド心理学講座 ☆☆☆

募集開始しました!詳細はこちらへ→☆

基礎、中級、上級講座とも満席となりました。ありがとうございます!

キャンセル待ち募集いたします。(毎年それなりに出ます)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中