時間がある目的、時間がない目的

秋も深まって来ましたね。日本食を堪能しています♪ さて、今回もコメントにお返事させてください。コメントをありがとうございます!

あゆかさんは、「成長」とか「目的」についてどう思われますか?私は最近、何かに向かって頑張る、というか、目的意識というものがなんだったのか、よく思い出せないようになってきました。目的がないと、成長してないと、人生に意味がないように思えて、でも見つからず、やる気のでない日々をだら〜と過ごしていたのですが、別に無くても、廃人のようにはならない・・虚無的にもならない(なりかけていたことはある・・)、ということもぼんやり分かってきました。<省略> 磨かれるとか、成長って、後でくっつけた意味なのかな?あらゆる体験をして、自分が変わり続ける(ように感じる)ことを、自我がストーリーとして紡ぎ続けて行くことを「成長」と呼ぶのかな?みんなそれぞれ、色んな体験をしていて、なんかもうそれだけでいいのかな、と思うことがあります。

たぶん、多くの人を???のどん底に落とすかも・・・と思いながら、書いてしまいます。

『目的とか成長とは、時間があると思っている自我の産物』です。説明しましょう。

そのためにちょっと私自身の昔を振り返ってみると、二十代の後半に私は人生の目的がまったく分からず、何をしていても憂鬱で苦しくて仕方がない時期がありました。

その時は、とにかく自分にとっての生きる目的、意味が必要だったのです。それは、自分の存在を確かめてくれるもの、寄って立つところでした。しかし、人生は自分の手では負えないほど大きく感じられ、どんな本を読んでも何の助けにもなりませんでした。

しかし、幸運にも現代アートの画廊に勤めることができ、そこでアートの仕事に夢中になれたことで私は救われたのです。自分は販売に興味がないから、画廊では働けないと決めつけていたのですが、それは無知からきた思い込みだったと、仕事を始めてから分かりました。

また、海外の作家と話がしたいから、大嫌いだった英語も楽しく学んでしまいました。そのおかげでイギリスに留学できたなぁと思います。とりあえず、私は“アートのために生きる”という人生の目的を見つけ、「憂鬱な私」はどこかへ吹っ飛んでしまいました。

そこで一冊目の本にも書いたように、人生の目的を知ることは大切!と深く信じていたのです。ただ、当時の私に見えていないことがありました。それは、本当に私を助けてくれたのは、「目的」ではなく、ハートの声だったのです。

ということで、目的といった場合、次の二種類があるでしょう。

☆ハートから出た目的

☆思考から出た目的

で、ハートから出た目的には時間がありません。

たとえば、画廊で働いていたときは、フリーのアートコーディネーターとして活躍するのが目的でした。しかし、作品の前に立っているだけで、または作家と話をしているだけでとても楽しかったのです。また、セラピーを学び始めてからも、自分がどんなカウンセラー&セラピストになれるのかまったく皆目見当がつきませんでしたが、やはり学ぶこと自体がとても楽しかったです。

つまり、ハートから出た目的は、すでに「今」楽しい♪のです。

一方、思考から生まれた目的は、今はまだだけど、いつか未来に楽しい自分、人生があるという時間の想定がいつもあります。たとえば、本当は資格を取りたいかどうかわからないけど、あったほうが良さそうだと目指した場合。資格を得るまで楽しくない、または苦痛でさえあるかもしれません。でも、習得すれば「今より良い自分」がいるはずなんですね。

またはスピリチュアルでも、「目覚めていない自分から目覚めた自分になる」といった時間軸があると、基本的に今否定になるので、やはり楽しくない。というか苦しくなる可能性大です。

でも、もし資格を取るにしても、目覚めを目指すにしても、それがハートから出ていたら?たぶん、資格を取るための勉強そのものが楽しく、頑張るとか、努力といった感覚にはならないでしょう。

目覚めにしても、真実の言葉に触れているだけで嬉しくて、自分が目覚めているのかどうかとか、どれぐらい目覚めたかなどあまり気にならないはずです。

プロセス(今)そのものが楽しいんです。

しかし、多くの人が思考中心で生きているため、「今の私」から「成長した私」を描いてしまいますね。でもハートは、そういった時間軸がなく、今何がやりたいか?だけなんです。

ということで、自分の思い込みと世間の常識に縛られ、無知、未経験の頭で混乱していた私を救ったのはハートの声だったということはすでに書きました。が、今はどうでしょう?

あれから年月が経ち、個の私というものは存在せず、私は気づきの意識、大いなる生命なのだと知った今も、やっぱりハートが私を導いてくれています。

過去や未来に飛べるのは思考だけですね。

ハートには時間もなければ、だから距離もなく、つまりそれは無限だということです。そして判断もなければ、“べき”も何もありません。つまり、無条件の愛なんです。

なので、ハート中心に生きるということは、真実とともに生きるということですね。

だから、自分は本当は何が好きなの?何に惹かれるの?とよく見つめてみると良いでしょう。たとえ、それが雑草を眺めることでも良いんです。思考は一見地味なこと、当たり前すぎること、または仕事にならないことなどは見過ごしがちです。

でも、自分にとって無理なく好きなもの、惹かれるものがハートの声なんですね。

ハートは言い換えれば、真実、愛、そして生命の声。

思考の雲を追い払えば、生命の声が聞こえてくるはずです。それは、あなたに“今を生きる”心の息吹、夢、目的、ビジョンを与えてくれるに違いありません。

そして、もしあなたが本当の自分である「気づきの意識」に寄り添ったとき、あなたが人生を生きていたのではなく、生命があなたを通して生きていたということが見えてくるでしょう。

ということで、肩の力を抜いてリラックスしていきましょう♪

お知らせ

☆☆☆☆☆☆ 次世代癒しのシンポジウム開催! ☆☆☆☆☆☆

エネルギー、ストレス、ビリーフから健康を考える

☆☆☆☆「悟り(非二元)について語ろう」in 名古屋☆☆☆☆
2014年1221日(日)13151650

☆☆☆☆今月の雑誌スターピープルを読もう!☆☆☆☆
次世代癒しのシンポジウムについて
そして

エレン・エメットさんとの対談記事(ダイレクト・パスについて)を寄稿しました♪

時間がある目的、時間がない目的」への7件のフィードバック

  1. あゆかさん、今日もタイムリーなとても素敵な投稿を有り難うございました♪とってもわかりやすいです!腑に落ちました。ありがとうございました!

  2. あゆかさん こんにちは
    「命」や「♡(ハート)」がパイロットの 操縦ロボ(ガ■ダムとか) 見たいですね☆
    インナーチャイルドもパイロット? になりうるのかな・・・?
    最近少し上や前を向けるようになってきました。またワクワク生きていけるようになれますように!と願いながら毎日を過ごしています。小さな変化ですが、本質的な変化なので、本当に幸せです。

    • ハンドルネームがかぶってしまったようですね。次回からは別のハンドルネームで投稿させていただきます☆ツボとんとんはとってもききました!な、らびっとです☆La-bitとかがいいのかな?

  3. 10月22日に「2005年からずっとあゆかさんのブログを読んでいます~」のコメントを、また同じ日のあゆかさんのご返信に対し、「真っ暗闇で孤独なとき、あゆかさんが寄り添ってくださったようで、とても嬉しいです」とコメントさせていただいた「らびっと」です。

    直後の本日、同じ「らびっと」の名前でコメントされた他の方がおられたので、私とは違う「らびっと」さんであることを記させていただきます。

  4.  コメント取り上げてくださってありがとうございました。
     「時間のない目的」・・・素敵な言葉、と思いました。

     伝わってくるのは言葉を超えたものですが、
     それを伝えてくれているのは紛れもない言葉であることの不思議を、
     あゆかさんのブログを読んでいるといつも感じます。

     目的という言葉のから「時間」を取り去ったとしても、それはあること、
     自分から湧き出る泉のような感じで、
     目的やビジョンはあるから大丈夫、と言われているような気がして力強くなり
     やっぱり私は、何かを見失ったような
     心もとない感じが、少ししてたんだな〜と思いました。

  5. あゆかさん、今回も素敵なことを教えてくれてありがとうございます♪
    生き甲斐や趣味だと思っていたことの1つは、「うまくいかないと思うとプレッシャーになること」で、もう1つは「それをしているだけで楽しくて元気が出るもの」でした。
    前者について、「うーん、(やるって言っちゃったし)今更やめられない…」と思うのですが、それ自体が、エゴむき出しでした!

    改めまして、あゆかさん、「思考を観察すること」について質問させてください。

    思考を観察していると、なんとなく苦しくなってきます。
    言葉ではっきり捉えられる思考で「ダメ出し」しているわけではないのですが、
    監視し、裁いてはダメ、ダメ、ダメ…と抑圧しているのだと思います。
    あゆかさんの表現を借りますが、「雲を眺めるような気分」では全くできないでいます。

    そんな中、あゆかさんの過去記事『ハートはあなたのパワーステーション』を読み返していたら、よっし~さんと観察と監視。さんのコメントに「観察している側を意識すること」、「観察と監視の違い」という表現があり、なんとなくピンと来そうな感じがしました。でもやってみるとうまくいかない…。

    もしかしたら私はまだ勘違いしているかもしれないので、改めて質問させてください。
    思考を観察するとは、
    「思いをみつめる」作業に集中するより(思いによくよく目を凝らすよりも)、
    「(思いを)みつめている意識」に集中するということでしょうか。

    それから、(欲張りですけれども…、)
    ”思考を観察しているつもりで監視してしまう”私のような人向けに、
    思考を観察するということを、今一度レクチャーしていただけたら心強いなぁと思っています。
    もし気が向きましたら、お願いします♪♪
    (でも、思い込んでいた私が気がつかなかっただけで、今までにもきっと説明してくださっていたのかも。探してみます)

    いつもあゆかさんの文章に助けられ、癒されています。
    今回、リクエストしましたけれども、あゆかさんのハートから伝えられる文章で十分安心できたりもしますので、書きたいように書いてくだされば、実はそれで嬉しいのです。
    そういう訳で、いつもありがとうございます♪

  6. 私が人生を生きているんじゃない
    生命があなたを通して生きていた
    すべてをお任せしたとき 私が消えて生かされてある世界が見えてくるのですね
    お久しぶりです
    迷子の迷子のぼんちゃんです
    何が好き?何に惹かれる?
    この質問を今日から自分に投げかけます
    そして メモしていきます
    何が出てくるか わくわくです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中