ほんとうに失ったもの、ほんとうに欲しかったもの

あれっ、春はどこに~~??という肌寒い天気が続いているロンドン周辺です。さて、今回もコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!

最近何もかも失ってしまった、と感じます。自分の足場が崩れ落ちていってどんなことをしても息が止まり胸をえぐられたような激痛がします。どうやって朝起きて仕事に行っているのか分かりません。本当に空っぽになってしまいました。無意識に周りのいろんなものを心の支えにしていたことに気づかされました。もう周りに平安を求める時期が終わったのだと感じています。どうすれば、自分の足で立っていられるのでしょう。どうすればこの生き地獄のような苦しみから本物の平安を見つけ出せるのでしょうか。苦しいです。でもこの苦しみが教えてくれることがとても価値のあるもののような予感がします。

最後の一文はとても素晴らしいですね。きっとそうだと私も確信しています。さて、このコメントに対して、「ベットに大の字に横たわってあ~自分はこのまま、クズになって死んでゆくのかもしれない~くらい思っておけばいい」というとても良いコメントを残してくださった方がいらっしゃいました。

苦しさは、現在起きている出来事に対して抵抗している大きさに比例するんです。また、どれだけ思考に囚われているかも苦しさに比例します。ですので、抵抗するのをやめ、どうでもいいや~と考えるのをやめてしまうと、楽になっていくんです。

つまり、状況に降伏してしまうということです。降伏とは、「どうにかしたい」、「どうにかならないだろうか」、「これからどうなってしまうのか怖い」、「降伏すれば、この状況から抜け出せるだろう」などなどといった思いを一切捨て、「この苦しみと一生つきあってもいいし、人生どうなってもいいし、もうとにかく降参します。終わり」のような徹底的な降伏です。

自暴自棄とは違います。自暴自棄は、降伏のふりをした怒りの抵抗です。自分が気がついていない深いレベルで、自分の思うようになっていないことへの抵抗があります。なので、心に平和が訪れません。

さて、私たちがすべてを失ったと思うとき、真に失ったものは、その失ったものや状況、または人に自分がおいていた価値や意味です。自分の人生に必要だと高い価値を置いているものほど、失ったときは、人生が崩れると感じ、とても苦しくなります。

「~~だから、やる意味がある、だから頑張ろう」(やる気を与えてくれる意味づけ)
「~~がある限り、私は大丈夫」(安心をくれる意味づけ)
「今頑張れば、きっと~~~になって、私は満足できるだろう」(目的)

などなど、私たちは人生の生きる意味、目的、価値を支えに生きているものです。もちろん、これは良くないと言っているのでは、まったくありません。自分を前向きにしてくれるものは、どんどん取り入れたほうが良いでしょう。

また、拙書(「運命の人と出会うスピリチュアル・レッスン」)にも、人生の目的を知ることの大切さを書きました。ただ、悟り体験をしてから、「人生には目的がある」と「人生には目的がない」という二つの思いが、矛盾せず私の中に存在しています。今は、人生の目的を知ろうというよりも、自分が人生の目的に連れて行かれるような状態でいる、というようにシフトしてきました。

つまり、基本的に今やりたいことだけをやり、ビジョンは描くけれど、結果にまったく執着しないという感じです・・・・・話がずれました。

外部に目的や価値、意味を持つことは何も問題ありませんが、自分が意味づけしている、価値を置いているのだということに気がついていないと、それらは自分の中では、絶対になくてはならないものになってしまいます。ですので、それがない=もう人生終わり、となってしまうんですね。

また人は常に、「分かりたい」「意味を知りたい」と思っていますので、すべてを失ったことの理由や意味が分からないと、また、そこでさらに苦しみます。

ここまで理論的な口調で書いてきましたが、心の飢えから生まれる意味づけ(彼がいないと生きていけない、etc)、深い愛でつながっていた相手、長年築きあげてきたもの、生活の糧、成功寸前に敗れた夢などなど、大きな感情がそこに付随しているものは、意味や価値を手放すことは大変難しいです。なので私自身は、ここでカウンセリングやセラピーを使います

先日、マトリックス・リインプリンティングのコースでワークさせて頂いた女性の方は、自殺してしまった前の彼が忘れられず、とても苦しんでいらっしゃいました。そこで、まずEFTで罪悪感や悲しみといった感情を和らげ、マトリックスに移り、イメージの中で二人が大好きだったパブで亡くなった彼との再会してもらいました。

好きなようにやりとりをするよう促し、私は黙ってタッピングを続け、彼女は何度も泣き崩れていました。しかし、最後は、安堵感と喜びの涙に変わっていたのです。ワーク後にどんなふうだったのか教えてくれましたが、彼に対して、私はどんな言葉も受け入れるから、自殺してしまった真の理由が聞きたい、そして、あなたが私に対して真に思っていることを教えて欲しい(彼女は、彼が自分を責めていると信じていた)と頼んだそうです。

すると、彼は自殺の理由を語り、彼女の手をそっと握り締め、“僕がほんとうに言いたいことは、君を心から愛しているということ”と言い、いつの間にか、パブの椅子に座っていた二人は光に変わり、そのとき彼女は、彼が私になった(一体化した)と感じたそうです。

そして彼女は、“私が真に望んでいたことは、分離感が癒されることだったんですね”と放心しながらおっしゃっていました。そんなのはイメージの遊びじゃないか・・・とか、自分の良いようにイメージを作っているのではないか・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、マトリックス・リインプリンティングを受けた方はご存知だと思いますが、たいていは自分の意思と関係なく、イメージが勝手に変化していきます。また、自分の思うようにイメージしようとしても、そこに感情のブロックがあったりするとできないんですね。

私たちは、基本的に“生存すること”、“得ること”、“維持すること”のために生きているため、自分や自分以外のものに様々な意味づけをし、価値を置き、無意識に執着し、依存しているものです。ですので、こういったワークは、ほんと~に役に立ちます。

しかし、もし真に降伏することができれば、それは必ず心の平和を約束してくれます。また、真に降伏したとき、そこに現れてくるものは、神の知恵です☆

☆☆☆お知らせ☆☆☆

マトリックスの話ついでに、宣伝をさせてください。11月にAAMET認定EFTレベル1&2(11月2日~4日)とマトリックス・リインプリンティングのプラクティショナーコース(11月22日~24日)を開催します。詳細は7月後半以降になります。

※プラクティショナーとしての資格が取れるコースですので、マトリックス・リインプリンティングのコースを受けるためには、EFTのレベル1&2を受講していることが必須となります。

11月まで待てない!もっと早くEFTを習得しておきたい!という方は、EFTジャパンでも、今月末と7月にコースが開催されます。こちらのコースの修了者もマトリックス・リインプリンティングのコースを受けて頂けますので、ご都合がつけば、ぜひご参加ください♪(EFTジャパンと私のEFTコースの受講費は同じです。どちらでもプラクティショナーの資格も習得できます。)

ほんとうに失ったもの、ほんとうに欲しかったもの」への19件のフィードバック

  1. いつも楽しみに読ませて頂いています。
    あゆかさんのブログに出会って、
    分離感ならず、人との距離の持ち方が随分楽になりました。
    わたしも大切な人を失った経験があり、
    まだ完全に辛さが抜けきってはいないのですが
    分離感が癒されることが鍵だったのですね。
    自然にそんな流れになっていくようですが
    しばらく自分に向き合ってみようと思います。
    ありがとうございます。

  2.  あゆかさん、こんにちは。
    「苦しさは、現在起きている出来事に対して抵抗している大きさに比例するんです。また、どれだけ思考に囚われているかも苦しさに比例します。」
    「また人は常に、「分かりたい」「意味を知りたい」と思っていますので」
     ここを読んで「オーイエース!」と深くうなずきました。

     いつも何か起こりそうだと「何とかしたい、何とかならないか、どういう意味があるんだろう」ということばかり頭を駆け巡ります。最近はここで、「ああ私は思考にとらわれている」と意識することはできるようになりましたが、見通しがたってきたり自分なりの理由付けができるまで続きます。

     思考を使って対策を取りながらも、降伏という道があることを忘れないでいたいです。降伏は幸福と音が同じなのもすごいですよね。

     ところで私の職場のことなのですが、この春いじめられる傾向にあった人が転勤で去りました。今はいじめた人も普通に戻ったかのように見え、職場が明るくなったように感じられます。私はずっといじめられる人に味方し、いじめる側の人に厳しい目を向けていたのですが、私の批判の目もだいぶ緩みました。
     ある意味、いじめられた人がいじめる人を悪くしていたかのように見えてしまうこの状況はどう考えたらよいのでしょうか?そう見えるのは全部私の投影なので、わたしの何かが癒やされたということでしょうか。

  3. あゆかさん、これまた素敵な記事をありがとうございます!あゆかさんのブログは、とても助けになるのでいつも「おおっ、これは!」ときた文章はノートに書き写しています。そのノートが私にとっては楽に生きるためのバイブルになっています。
    実は私も愛する人を亡くしてまだ「癒しの旅」の途中にいます。マトリックスで亡くなった人と会話ができるのは知っていましたが、どうも自分の思いで作り上げているような気がしてやっていませんでした。本当に彼のメッセージなんだろうか、私が聞きたいメッセージをイメージにしているのではないかと懐疑的でした。
    でも「案ずるより産むがやすし。」ですね。今回の記事を読んでもう1度やってみたいと思います。ありがとうございました!11月にまたお会いできるのを楽しみにしています♪

  4. あゆかさん いつもありがとうございます
    自分はこのままクズになって死んでゆくのかもしれない
    と大の字になれたらいいのになぁ
    クズもなりたくないし
    死にたくもないし
    必死に 
    小さい人間と思われないように
    抵抗していました
    小さ

  5. 最近、私は「自で、分は今まで周囲の人の優しさや愛情に気付けず相手を傷つけてきたのだから、その人たちが私を許してくれない限り、幸せになってはいけないし、自分を犠牲にして奉仕しなければいけない」もしくは「周囲と合わせられない私は我儘だから、この場を立ち去るか自分らしい自分を押し殺して一緒にいなければならない」という強い強い信じ込みがあり、とても苦しい立場にいます。
    自分らしい自分を表現しているときは、とても楽しいく仕事でも結果を出しているのですが、周囲からすると考えなしに突っ走っている感じがあるらしく「自分勝手」「我儘」「地に足が着いていない」と思われるようで、いつも注意をされるので、自分が思ったことや良いなと思ったことを提案する事を躊躇したり、自分がやりたい事を表現するのを抑える事に必死でとても窮屈で楽しくありません。

    今年で33歳になるのですが、今までは「合わないな」と感じると転職したりそのグループを離れたりしていたのですが、最近では「ただ我慢が足りないのか?」とか、「永遠に地に足のつかない根なし草」のようになるのではないかと恐怖もあり、その他大勢の人が普通に出来ている事が出来ない私はやはり何かおかしいのではないか?私は何か間違っていたのではないか?とアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態です。

    実際、よく上司や元彼には「何を考えているのか分からない」「地に足がついていない」「気を遣いすぎ」と言われ続けているので、原因が私にあるのだろうと言うのは分かるのですが、自分らしさと周囲との温度差がいつも激しく、どう協調すればいいのか分かりません。
    人間関係で躓くのはいつもこの部分です。何かアドバイスあれば教えて下さい。
    宜しくお願いします。

    • はじめまして。コメントを拝見して、今とてもおつらい状況にいらっしゃるということに胸をつかまれました。

      私も、「合わない」と思うと、やめてしまったり逃げる癖があります。
      なので、何をしても最後までやり通すと言う経験が少ないです。
      自分で自分が嫌になりますし、クローバーさんのおっしゃるとおり「他の人が普通に出来ていることが出来ない私は何かおかしい」と言う思いが、挫折する度にわいてきます。

      人間関係で躓かれるのはいつも同じとのことですが、クローバーさんはそんなときどんな風な感じがされますか?  と、いいますのも

      あゆかさんの教えてくださる様々な方法を試して行くうち、私の場合は、「なんでわかってもらえないんだろう」、「他人は理解してくれていない」「そのままの私を受け入れてくれない」と思う癖があることに気づきました。

      そして、”人に理解されない自分を「自分でも受け入れられていない」”ということにたどり着いたのが、つい最近のことです。

      もしかしたら、クローバーさんもそんな風にご自身を「周りの反応を中心に考えて」否定なさっているのではないかしら、と思って、あつかましくもコメントを書かせていただきました。 私の勝手な憶測でもあり、自分の話ばかりで申し訳ありません。

      きっと、自分で自分を理解して受け入れられるようになったら、おのずと周りの環境もそれに合わせて変わって行くのだろうと、今は自己受け入れキャンペーンを実施しているところです。

      あゆかさんの、「わたしはわたし!セルフラブで幸福の扉を開ける15の鍵」というご本が、クローバーさんのお背中を押してくださるのではないかと思います。

      長文失礼致しました。

  6. 「「この苦しみと一生つきあってもいいし、人生どうなってもいいし、もうとにかく降参します。終わり」のような徹底的な降伏」とのことですが、あきらめや無気力感に浸っていてもいいですか? 「神との対話」などにも、落ち込んだときは考えを改めよ(常に神の場にいるように)と書いてあったと思うのですが、気分を改めようとすること自体が、かすかな希望にしがみつくようでめんどくさいときがあります。それこそ自暴自棄のようですが、「どうせ自分はこのままだ」とぐたーっと無気力に余生を浪費するように生きればいいのでしょうか。挑発的な表現ですが、「降伏」というと、私の中では具体的にこういうイメージになってしまいます。社会から、それだけはするなと教えられてきたイメージなので、降伏しきることができずにちょこまかともがいては煮え切らない私です。

    • コメントをありがとうございます!

      徹底的に降伏すれば、そこにあきらめや無力感はありません。徹底的な降伏とは、現在起きていることへの、無条件の受け入れ(愛)だからなんですね。なので、記事に書きましたように、そこにあるのは平和と神(真の自分)の知恵です。

      平和と神の知恵を体感したとき、新たなスタートが始まります。

      おっしゃっているイメージは、まさに自暴自棄(自分を棄てる)の典型例ですね。頭で考えて理解しようとすると、こういうイメージになりやすいと思いますよ。

      考えを改めることができれば、そうすれば良いでしょう。できなければ、降伏してみたらどうでしょうか?そして、それもできなければ、もっと自分の深い感情にアクセスし、それを受け入れてみたらどうでしょうか?

      すべての人のジャーニーがユニークです。今の自分に役立つメッセージを受け取ってみてくださいね♪

  7. アドバイスありがとうございます!
    降伏とは、無条件に受け入れることだったのですね。受け入れるのは、ダメな自分やダメな感情も含まれますよね。まだ感覚的に降伏の状態をわかっていないと思うのですが、一時的に自暴自棄の状態を通過することになるかもしれませんが試行錯誤しながらつかんでいきたいと思います!

  8. こんにちは。いつもあゆかさんのブログ楽しみに拝読しています。恐怖症に対する対処方法を教えていただけないでしょうか?私は数年前から飛行機に乗ることが怖くなってしまいました。以前は海外旅行が大好きで飛行機に乗ることに何の恐れもありませんでした。フラワーエッセンスやEFTなど試してみましたがはっきりと大丈夫と確信することができず乗る前はとても不安になります。飛行機の中で突然怖くなってパニックになってしまったらどうしよう?行きはクリアしても帰りは乗れなくなってしまったらどうしよう?前回は大丈夫だったけど今回はダメかもしれないなどなど。エゴトークが次から次へとでてきて胸が重苦しくなります。そもそも飛行機の何が怖いのか不安にダイブしてみたりしましたがよく分かりませんでした。なるべくそういった思考がでてきても単なる思い込みだよと自分に言い聞かせたりもしています。もうすぐ旅行なので毎日思考が目まぐるしく動いています。何がアドバイスなど頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

    • コメントをありがとうございます!

      私のカウンセリングの経験では、恐怖症にはEFT(または、マトリックス・リインプリンティング)がやはり一番効果的だと思います。パニック障害の方で飛行機が乗れなかった方は、セッションと自宅でのワークで、今は問題なく乗れるようになりました。

      EFTが効かないという場合、多くはアスペクトをよく探っておらず、グローバルにやりすぎているケースがほとんどです。専門用語ばかりで分かりづらいと思いますので、ロンドンコースの卒業生の方のブログ記事を下記に貼っておきますね。(同じように飛行機に乗れない恐怖症を克服した方です) 参考になれば幸いです♪

      「パニック障害、不安、生きづらさから解放される カウンセリング&ヒーリングスペースLiving in the Moment」

      http://hirokouk.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

      • アドバイスありがとうございます。
        ご紹介して頂いたブログ拝読しました。やはりEFTのやり方に問題があったようです。
        もっと自分の感情を探ってやってみようと思います。ありがとうございました。

        • 書き忘れましたが、自分で掘り下げてタッピングをしていくのが難しいこともありますので、うまくいかなかったら、プロのEFT(かマトリックス・リインプリンティング)のプラクティショナーの方にサポートしてもらってくださいね♪

  9. あゆかさん、いつもありがとうございます。

    私の繰り返しの思考の中に、私には生きている意味・価値がない、私はいてもいなくてもいい存在、私はどうでもいい存在、というのがあります。そう感じた出来事がいくつもあるので、思い出したらその都度EFTを試みているのですが。調子がいい時は、生きているだけでいいんだよ、生かされているということは神様(宇宙)に愛されているということなんだよ、と自分に話しかけてあげますが、そうでない時はそれ以外の見方ができなくて、辛くて悲しいけれど本当にその通りなんだろうと思ってしまいます。それ以外の見方って、どうしたらできるようになれますか。

    • 生きる意味がないなんて、当たり前だと思っていた身には、神様のことを知っているだけ恵まれている人だなぁと思いました。知らないとただ絶望しかないからね。

      こちらのコメントを読んで気づいたのですが
      絶望とは縁の切れた今の私も、意味があると強烈に信じているわけじゃないようです。

      ただ生きているだけではひまなので好きなことをやって楽しんで生きたいなと、それが誰かの役に立ったり感動させたりしたら、儲けもんだなぁというか。

      岡本太郎は、なぜそんなに色々作るのかと聞かれて
      作っていないと暇だからだと答えていた気がします。

      生きることそれ事態に意味なんてないんじゃないでしょうか
      この世はただの暇潰しというか
      好きにいきればいいよ、という神様のお心も、意味という束縛じみたものとは無縁なのではないでしょうか。

      生きているだけでいいのですから、意味がなくて当たり前なのでは?
      生きているだけでいいんだって無条件の愛と
      生きることに意味はないってのは
      対立した考えじゃなくて、表裏一体の同じ内容だと思います。
      意味を使命と言い換えると分かりやすいかもね。
      使命なんてもんで縛り付けるやつを私は神とは認めない(笑)
      自由が最高だわ。
      自由ってのは誰のせいにもできないっていうことだから、使命とか役目とか、そういう外付けの意味がほしい人には怖いことなのかもね。
      ルルさんは自由が怖いのかも?

      価値がないというのはよく分かりません。
      価値ってなんですか?
      価値のある人間ってどういう人?
      よくわからないや。ごめんね。

      なんか興味がわいたので書き込ませていただきました。
      長々とお邪魔しました!
      書けて楽しかったです!ありがとう!

  10. どれだけ苦痛でも、大嫌いな人と一緒に居ないと死ぬ、という恐怖が今までの私の原動力でした。
    あらゆる人間関係が苦痛で仕方ないと思いながら生きてました。
    でも何年か前にそれに疲れて、自分に合う人と付き合おうと思い、最近までその努力を続けて来ました。
    その努力の甲斐あって、以前よりマシな関係を、少しずつではあるけど築けるようになりました。
    そして今思うのは、その努力すら苦痛を前提に選んだものだったという事。
    本当はそんなゴチャゴチャどうでも良くて、私はただ心の感じるままに、
    美味しいね、悲しいね、面白いねって表現しあえる関係が創りたかっただけなんだと。
    それを阻むエゴが憎々しかったり、メンドクサかったり、やっぱり恐怖が膨れたり。
    まだ全然思考が暴走するのを止められない私がいるけど
    あゆかさんのように、本当の事を楽しめる人達と友達になりたいなぁって本当はずっと思ってた。
    でもそれを表現するのが怖くて、ずっと隠して生きてきたんだ。
    意味不明なコメントですみません。
    本当に望む事を書くのが、こんなに怖いなんて。震えが止まりません。
    でも、どうしても書きたくてコメントしました。
    あゆかさん、いつも素敵なブログをありがとうございます。

    • 怖くてずっと隠してきたことを表現した勇気にとても心が打たれます。素晴らしいシェアをありがとうございます!これは、新しいページへのとても大切な一歩だと思います。恐れの声を聞いて、抱きしめてあげてくださいね。

      ハートがようやく顔を出しました。恐れもしばらく同居することでしょう。すべては貴重で美しいジャーニーです。ブログを通してご縁がもてましたこと、感謝いたします☆

  11. 何がどうなってこちらのblogにたどり着いたかもう忘れてしまいましたが
    最近出会いこっそり拝見させていただいていました、こんにちは。

    今回のお話、まさに今ほしい情報でした。
    怖いテレビを観てからずっと胸がきゅっとして
    眠気もはじき返すびくつきっぷりだったのです。

    最近使ったフラワーエッセンスのおかげでリラックスすることを経験したのですが
    使いきってみたらまだまだ身に付いていなくて
    買い足す前に、意識的にどうにかできんかとあれやこれやしていたのです。

    そのあれやこれやの核の部分は、降伏しきっちゃうことだ!
    とおかげさまで分かりました。
    もうどーでもいーや、とフラワーエッセンスを飲みおわってから
    やっと思えました。

    飲んでいたときのあの力の抜けっぷりが降伏しきった状態だとしたら降伏ってめちゃくちゃ幸福ですね!
    だじゃれてしまった。はずかしい。

    ともかく降伏を身につけて、ゆらゆらーっと力抜くのを覚えよう!
    素敵な記事をありがとうございました!

    ついでにmakoさん、コメント読んでてなんだか勇気が出てきました。
    ありがとう!

  12. ピンバック: もう降参だ! いま苦しいのは、エゴの苦しみ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中