私が知らなかったこと

Science and Non-Duality(科学と非二元)という会議に参加しに、明日からオランダへ行きます!非二元(悟り)のティーチャーたちと、量子学などの科学者が、世界は何で出来ているのか?などを語り合う会議です。

今回は、共感してくれる人はあまりいないだろう・・・というエゴを払拭し、今、一番感じていることをそのまま書いてみました。

★ ★ ★ ★

私が知らなかったことは、道の片隅を片足を引きづりながら歩いている老人も私だったということ。

私が知らなかったことは、はしゃぎながらカフェに駆け込んでくる幼い子供たちも私だったということ。

私が知らなかったことは、窓から見える光景も、時計の音も、鳥のさえずりも、アスファルトの道も、夕食の匂いも、押さえ切れない感情も、とりとめもなく流れ続く思考も、すべて私だったということ。

私は、無限にどこまでも広がり、変容し、恐れや抵抗ということを知らない。

私が知らなかったことは、私は私の体ではなく、私の感情でもなく、私の思いでもなく、ましてや、私のストーリーでもなかったこと。

私が知らなかったことは、私は私の過去でもなく、現在でも、未来でもなかったということ。

私が知らなかったことは、私は私の仕事でもなく、私の人生でもなく、私の世界でもなかったということ。

私は、方角も時も距離もない無次元にあまねくただ在る。

私はなにかであることはない、と同時に、私はすべてである。

そして、それが真のあなた。

すべてを失ったと思ったとき、あなたはすべてであることを思い出して欲しい。あまねく無限の創造の資源に満ちた存在であることを。

なにもかも抱えきれないと思ったとき、あなたはなにものでもないことを思い出して欲しい。すべては必ず変化し、それらは必ず去っていくことを。

そして、すべてが変化し、去って行っても、あなたはあまねくただあることを。

私が知らなかったこと。こんな真実が、真の私、そしてあなたの姿だったということ。

8491148023_ac1081e03b

LIGHT OF LIFE

PS:日常にある心の悩み、疑問、人生の問題なども気軽にご質問ください♪

私が知らなかったこと」への20件のフィードバック

  1. あゆかさん、とてもよくわかります。私も最近、心から感じています(そうでない分離感に溢れるときもあるけど・笑)。

    情けは人のためならず…日本のことわざも深いものが多いですね。
    ひとを愛することは自分を愛すること。自分を愛することはひとを愛すること。

  2. 私にとっては、いろいろな知識と体験が、腑に落ち納得できるメッセージです。
    「マネーゲーム」の著者シャインフェルドのメッセージが、私の理解を最も助けてくれたのですが、
    とても近い感じがします。

  3. 私が知らなかったこと を読みました。

    阿部敏郎氏が おれはおまえだったんだよ を知り、そのことを伝えたとき、どん引きされたようです。何十年も前の話しです(笑)。

    今はそういう話しができる時代、受け入れられようです。

  4. いつもブログ楽しみにしています。
    相談させてください
    会社の上司と諍いがありいまは会社で孤立化していってますつらいです
    上司との改善は絶望的でもうどうすればいいかわかりません
    こんなとき私はどうすればいいのでしょうか?

  5. 私も今日の朝同じようなことを考えていたので読んだときはっとしてしまいました!あゆかさんの文章を読むといつも観察モードになれてとても落ちつきます。

    話は変わりますが、あゆかさんに聞いてみたいと思ったことがあるのですが、一つは、最近アファメーションがカードになっていたりするものを書店などでいくつかみかけたのですが、カードになっていると何か効果的だったりするのでしょうか?あゆかさんの本の中でもカードの裏表を使って書いて持ち歩いたり、思い出したい時にそれを見るエクササイズがあった気がするのですが。

    もう一つは、私の思い込みの一つとして、叶えたいことを言ってしまうともうそこで終わってしまう、やらなくなってしまう、叶わない、というのがあるのですが、実際言わないことでの効用がある気もしていて、これを無言実行派というとしたら、有言実行派、最初からまわりに話した方が叶うというひともいるように思います。あゆかさんは願いを叶えたいとき、どんな時に話さないこと、話すことが効果的だと思われますか?
    私は本当は最初から周りに話したいのですが、そうすると何かが分散する感じがして、かなり気持ちが固まるまで言えないのです。それから、私の中で、やると言ったことをやらないことに抵抗があるなあ、というのもよく感じています。

    もし機会がありましたらご意見伺いたいです。

  6. あゆかさん~今頃はオランダでしょうか?コーヒーショップの素敵な香りが漂います^^良いですね、。

    不二一元論と科学との融合~素晴らしい。私もその領域に立てました(笑)

    そんなこと~こんなこと書いた~ブログ暇でしたら皆様もどうぞ^^http://ameblo.jp/eizikunndesu/

    あいかさん~ディープなお話~御待ちしております。

    感謝。

  7. 溝口さん、初めまして☆
    ここ最近、溝口さんのブログが私の心の癒しで、支えとなっています。
    私は今、自分が望んだり・描く自分の理想像や人生とは正反対の道を進んでいる様な気がして、自分にも人生にも希望が持てず独りつらい日々でしたが、出来ることから変えていこうと思います。長年うつ気味で、ハートの辺りが常に重苦しいのですが、最近はそれも批判せず、『ハートが今苦しいんだな。』と、体で感じる様にしています。それからなるべく、ありのままの自分を批判しないように愛せるようにしています。

    そのせいか、最近ちょっと、ハートの辺りが楽になり、軽く感じる事が増えたような気がします。
    そして、宇宙の流れに乗りたいので、なるべくリラックスして、体がどこか緊張したり張りつめていないか気にかけるようにしています。

    これから少しづつ、あゆかさんの本も揃えていこうと思います♪
    お気に入りの記事もブックマークしています☆
    私が心に浸透した記事は、『地味なマスターの大きな愛』です。

    …私には特別な能力はないので全ては自分だと思い出すのは難しいとは思いますが、今まで『これが私だ』と認識していたものが自分ではなく、周りの全てが自分で、繋がっていると思い出せて、体感出来たら、きっと現実の見方も変わるのでしょうね…☆

    私も英語勉をマスターして、イギリスに住んでみたいです☆
    長々と失礼しました。m(__)m

  8. あゆかさん初めまして!いつもブログを拝見しています。
    あゆかさんのブログや書籍を読んでいるうちに、自分の問題は潜在意識の中を掘っていけば解決できる!と分かり、世界の仕組みや宇宙、目覚めにむくむくと興味がわいてきて、今お勧め書籍を読んでいるところです。楽しいです。ありがとうございます!

    そこで何点かお聞きしたいことがあるのですが・・・

    ・私は宇宙があって地球があって、そこに人間ゲームをしに来た人々がいるのだと思っていたのですが、最近読んだ本に、「宇宙があってあなたが来たのではなく、あなたが生まれて宇宙が出来た。だからあなたが死んだら宇宙も消える」というようなことが書かれていて混乱しています。どっちなのでしょう?

    ・「この世界は自分の心が作り出したもの(投影)」といいますが、他人も木もテーブルも戦争もすべてはそこにあって、自分がどうとらえるか、感じているか=投影ということでしょうか。それとも本当はそこには何もなく、自分の意識が世界のすべてを作りだしているのでしょうか。奇跡のコースの関連書籍で「地震は私たちのエゴがつくりだしたものです」と書かれていて、じゃあエゴを癒せば地震はなくなるの?私たちっていうけれど、すべては私の投影なのでは?他人(エゴと共に生きていると思っている)人々はいるの、いないの?と分からなくなってしまいました。

    ・過去も未来もすべては同時に起こっていると聞いたことがあるのですが、どういうことでしょう。(過去も未来も自分の思考が「今ここ」で考えているもの・・・というのは分かります。でも同時に起こっているって?イメージがわきません!)

    たくさん質問してしまいましたが、疑問と共に、知りたい!という欲求が抑えきれずにいます。
    お手数ですが教えて頂けたら嬉しいです。

    • コメントをありがとうございます!

      いろいろな本が出ているんですね。ちょっと良く分からないのですが、「あなたが死んだら宇宙も消える」という場合、どの「あなた」のことを指しているのでしょうか?

      また、奇跡の学習コースの原書自体には、そのようなことはまったく書かれていませんよ。同じことなのですが、それらの本で、私、または自分と表現されているとき、どの私を指しているのでしょうか?普通、私とか自分というとき、ほとんどの人が自我を指しています。自我は現象の一つですから、自我が世界を生み出すことも、消すこともできないですね。

      ちなみに、私は自分の経験を書いているのであって、世界のしくみを書いているのではないんです。なので、この世、事象のしくみに関しては、私には分からないことだらけです。

      時間に関しましては、いつか書かせてください。これからも是非ブログをお読みくださいね。

      • あゆかさん、返信ありがとうございました!
        私も「あなた」=自我、だと思っていたのですが、とするとよくわからなくなってしまって思わずあゆかさんに聞いてしまいました。今まであゆかさんのブログで、「そういうことだったのか!」とすっきりできたことがあったので・・・失礼しました・・・。

        「自我は現象」ということが一番納得できました。ありがとうございました!

  9. 心を揺さぶられる素敵な記事でした。ありがとうございます。

    私は精神障害者で、2008年の「恐れがあってもいい!」http://plz.rakuten.co.jp/ayukadairy?act=view&d_date=2008-05-22&d_seq=0000 のラスト部分を心にとめて、強く深入りしすぎないように努めてバランスを保ちながら記事を拝見するようにしています。主治医からも「内観などはあなたの場合は症状を悪化させるおそれがあるのでしない方がよい」と言われたことがあり、気をつけています。

    今回の記事は、普段見ないようにして暮らしている「障害者になってしまい、そのことが受け入れられない死にたい自分」を強く刺激されました。発症はもう10年前ですが、当時の私は「気づき」「目覚め」という感覚がありました。マヤのインケラチのような感じがありました。そして精神病を患いました。

    そのような自分が懸念するのは、苦しみと名付けているものを「目覚め」に置き換える方便も発生するのではないかということです。そして心身がアンバランスなまま、精神病を患うこともありうるということです。あゆかさんの記事に救われている自分がこんなことを書くのは我ながら不思議な気持ちですが、それほどにこの記事に揺さぶられたものが大きいのだと思います。心にせまる記事を読んで、抵抗している不安が表面化したのだと感じました。

    まとまりのない戯れ言を申し上げました。私は思った以上に不安があったことを自覚し、苦笑いしているところです。それこそ「私が知らなかったこと」だったかもしれません。未熟な自分ではありますが、また楽しみに拝見し、ゆっくり何回も読ませていただきます。いつも良いエントリーをありがとうございます。

  10. 素晴らしい気づきですね。

    読んでいると、波動が上がっていきます。

    実際にそういう経験をしたいなと思いました。

    文章よりも体験の方がワクワクしますから。

    (^^)。

  11. こんにちは、どこかで読んだことあるなぁ?と思ったら、
    木内鶴彦さんが臨死体験を書いた本で読んだ内容でした。

    臨死体験時に、感じた事、見たことなどが書かれていて
    確かこんな感じでした↓

    太陽系の始まり、地球の営みのすべてが、自分の記憶のように蘇り、自我が消えてゆく感覚・・
    宇宙は、自分だったのか
    自分は世界だったのか
    なんだ、安心、、、
    安心でもあり、、、
    結局自分だったのか、、
    なんだ、つまらない、、と思ったのも事実。。

    というような事を感じたそうです。
    これを読んだのが10年前で、かなり衝撃的だったのですが、
    あゆかさんの気づきとリンクしていて、おもしろいなぁと思いました。

    死んだらどうなるんだろう?と、すごく疑問なのですが、こんな感じなのかな

    死んだらどうなるかって、誰にもわかりませんが
    絶対全員、最後には答えがわかるんだなーと思うとおもしろいです。

  12. こんにちは。コメントの皆さんの感じたことも、素敵ですね。じんときます。
    素朴な疑問なのですが、例えば、恋愛で駆け引きしたり、上手に気のあるふりができる男性のことで少し困っています。そういう人に、自分の気持ちに素直になったら、騙されそうで怖い。恋をしたのに相手は他の女性のところへ行ってしまった・・・ということを恐れています。過去に実際に、好きになった人には他の人にもちょっかい出していたり、婚約していたり・・・ということがあったので、自分は「騙されてしまう」という見方をしてしまいます。だから相手から「愛している」がないと、心開けないのが私の悩みなのです。これも、自分の恋愛パターンや「愛されないのは怖い」という思考があるだけ、そう言えばそうなのです。それを信じなければ良いのですが、能天気に「彼も私を愛するようになる」って思っていて、実際は他の人を愛していたりする可能性がないわけではないし、実際に後者が真実かも知れないのです。こういう時って、一体何を信じたら良いのでしょうか?今回のお話とは違うのですが、真実がわからなくて困っています。何か良いアドバイスがあれば教えてください!

    • こんにちは!いつもありがとうございます♪

      他者をどう信じたらよいか分からないときは、自分のことも信じていないはずです。他者が自分を好きなのか、それとも他の人を好きなのか、どっちが真実なのか?が問題なのではなく、他者の愛に頼り、他者のなかに真実を探していることが一番の問題ですね。そうしている限り、ずっと同じ問いが自分のなかで繰り返されるでしょう。

      どれだけ自分を愛し、信頼しているかを今一度見つめてみられたらいかがでしょうか?彼が自分を愛していなくても、または裏切っていたとしても、どれだけ一人で立っていられるか?自分の平和はどれだけ保たれるか?そのへんを探ってみてくださいね♪

      • あゆかさん
        早速の、お返事をありがとうございます。
        そうだなあ・・・と腑に落ちました。
        自分を愛するや、信じるって、説明しようとすると難しいのですが、心の声を聞く、意識してみようと思います。
        それに自分の心のなかに真実、見つけてみようと感じるきっかけになりました。
        ありがとうございます。

  13. あゆかさん、ブログを継続して書いていただき、ありがとうございます。
    いつも、文章の中に流れている感覚に癒されています。

    「科学と非二元という会議」
    「非二元のティーチャーたちと、量子学などの科学者が、世界は何で出来ているのか?などを語り合う会議」
    とても気になる会議です!
    どんなのだろう?と思うと、ハートがドキドキして、ワクワクして、…文章に表現できません…
    …とにかく楽しそうです。

    最近、30代の日本人の著作で、悟りに関する本がアマゾンでよく売れているようです。
    不思議な感じです。

    私は、あゆかさんの著作、ブログ、セミナーに参加したりしなければ、悟りについて考えることはなかったと思います。
    また、自分では苦悩だと思っていたことがなければ、日々の何気ないことに喜びを感じることもなかったかもしれません。

    ただ、あるがまま。
    この奇跡に感謝して。

  14. 一人でたっていられるからこそ、あまねく全ての中に自分を見いだすことができる、きちんと境界線をひけるからこそ、混じりあいたいと思える対象を葛藤なく選び、混じりあっても混乱しないで居られる、きちんと自我が発達して機能するからこそ、それを手放そうと思える。

    最近はこんなことを考えています。どちらも、個人の流れのなかで見れば、意味のないことなんて、ひとつもないって。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中