セルフイメージ

このところ東京は青空が仰げる日が続いていますね。日本にいて得した気分になれます。スーパーで日本食が何でも買えるのが、楽しくて仕方ありません♪♪

スピリチュアル心理学基礎講座無事終わりました。ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございます!中級も有意義な講座にしたいと思っております♪

さて、今回はセルフイメージについて触れて見たいと思います。

私たちの人生が「私の人生」というタイトルの映画だとします。主人公はもちろん自分です。このとき、主人公にキャラクター(性格)をつけないと、物語が構築できませんね。明るく大胆な主人公なのか、それともシャイで口数がすくない主人公なのかなど、なにか主人公にキャラがないと、この人はどんなことをするのか、または周囲の人とどんな会話をするだろうかなど、物語をどう展開させていくかを決めるのは難しいでしょう。

で、まったく同じように、私たちは無意識に持っている「セルフイメージ」(自分に関するコア・ビリーフ)に頼って人生を構築しています。もちろん、自分でイメージを選んだというよりは、“生まれた頃から私はこうでした”というのが普通の感覚だと思います。

いずれにしてもポイントは、私たちは潜在意識のレベルでいくつかの自分像を持ち、それを軸に生きているということです。そして、「私は~~だ」(私は常識を守る人だ、私は信頼できる人だ、私は人当たりが良い人だ、または、私はきちんとした母だ、私は人を楽にするセラピストだ、等々)といったセルフイメージを守るための言動を常にしているはずです。

例えば、ある人が“話を聞いてあげてもいつまでも落ち込んでいる人が苦手”だったとします。スピ心理学の基礎を受けてくださった方はもうお分かりですが、これは投影ですね。そこで、なぜ苦手なのか探っていくと、“私には提供するものがなにもない(私はつまらない人だ)”という思いが見つかったとします。

で、これが潜在意識にあるセルフイメージです。この“私はつまらない人だ”という思いは、例えば “お前はどうせ何もできないんだから、せめて人の言うことぐらい聞け!”などと親に言われていたなど、小さいときに刷り込まれたもので、本人としては思い込みというより、事実なのだ!ぐらいにリアルなものです。

で、もちろんこのセルフイメージをいつも抱えているのは辛いし、つまらない自分では、他者に受け入れてもらえないので、例えば“ほがらかで人の話をよく聞いて、助けてあげる私”という新しい自己像をこれも無意識に作り出します。(これは、例として適当に書いているだけで、人によって様々です) すると、疲れているときでも一生懸命悩みを聞いてあげたり、怒りを表現しないようにしたり、といった自己像が歩き出し、人生を作っていきます。

でも、“私はつまらない人だ”という思い自体が消えたわけではありません。そして、抑圧するほど投影しますので、他者のちょっとした振る舞いに“あの人はこの間話をちゃんと聞いてあげなかったから、私のことをつまらない人間だと思ったのかもしれない”などといった推測が走ったります。

そしてまた、例えばいくら話を聞いてあげても、いつまでも落ち込んでいたり、聞いてあげていることを認識してもらえなかったりすると、“ほがらかで人の話をよく聞いて助けてあげる私”像が脅かされてしまいます。なので、その人がとても苦手になったり、嫌な人に見えたり、または自信がなくなったり、不安になったりします。

“ほがらかで人の話をよく聞いて助けてあげる私”像は、一見ポジティブに思えるかもしれませんが、それを死守しなければいけない限り、ストレスをどうしても生みます。

では、ちょっと極端な話をさせてください。もし、セルフイメージが一切なかったら? これはたいていの人にとって、自分の軸を失うようなものなんですね。どうやって振舞えば良いのか、急に分からなくなるはずです。

なので、それがどんなネガティブなセルフイメージでも、手放してしまうと自分がいなくなるような感じがし、怖くなって無意識に執着してしまうことはよくあります。これが無意識の抵抗として癒しの妨げになることもよくあります。でも、こんなに私たちの人生を振り回すセルフイメージ(コア・ビリーフ)も、突き詰めれば結局は一つの思考なんです。なので、実は現れては消えていく実体がまったくないものです。私たちがそれを真実だ!と握り締めることで、いつまでも自分の中に留まっているだけなんですね。

手放すと怖い気がしてしまうセルフイメージですが、手放したからといって、もちろん体も一緒に消えてしまうわけでもありませんし、周囲は相変わらず存在し、人生は続きます。

で、そうです。このとき私たちは、はじめてそこにハートが残っていることに気がつくんです。ハートは思考のように“そうそううまくやっているぞ、OKだ!”とか、“そんなんじゃダメじゃないか!”など、大きな声で指図をしてこないので、思考の指図に慣れて生きていると、なにも聞こえてくるわけでもないし、最初は戸惑うでしょう。

また、ハートも思考のように“こうしたら良いんだよ~”と指図してくるものだと思っていらっしゃる方もそれなりに多いようですね。

さて、何の指図もしてこないハートの感覚のままでいても、反応は勝手に出てきます。面白い話を聞けば笑うし、辛い話を聞けば、一緒に泣いてしまうし、意見を聞かれたら、考えますし、一見思考中心で生きていたときと同じように人生は続きます。

しかし、守るセルフイメージがないのでストレスがうんと減り、またセルフイメージが攻撃されたり、刺激されたりしないため、周囲に投影したり、誰かを悪者にして怒りを抱き続けるというストレスもなくなります。

もちろん、例えば誰かにいきなり道で突き飛ばされても、誹謗中傷の言葉を浴びせられても、ぜんぜん大丈夫♪ということではありません。不愉快に感じたり、こらっ!と怒鳴るといった反応も出てくるかもしれません。ただ、いつまでもそれを反芻し、引きずって苦しいということはなくなるんですね。

と、書くと“じゃぁ、セルフイメージをなくせば良いのだ!”ときっと思われる方もそれなりにいらっしゃるでしょう。ここは書くほうも気を配るところですが、思考は、あるかないかのどっちか、とか、悪いなら排除、みたいな考え方をどうしてもしてしまいます。

でも、まずは自分はどんなセルフイメージがあるかな?と探り、それが見えてきたら、ただそれに気がついていれば、それで十分です。

セラピーは、まずネガティブなセルフイメージを癒して、自己愛の高いポジティブなセルフイメージに移行するお手伝いをします。これはこれで、とても大切です。自分を肯定的に捉えることで、お腹がすいていて苦しい状態から、エネルギーに満ちて、元気に人生を歩める状態になれます。

でも、スピリチュアル心理学はもう少し欲張って、自分を十分に確立し、自分には力がある、自分にも他者にも愛を感じるという状態になったら、さらにセルフイメージすら脱ぎ捨ててみませんか?とお勧めしたいんです。なぜならそこでは、イメージではない、真の自分と出会えるからです。

明日は、一回目の「あゆかの部屋」です。ご参加いただける皆様とお会いするのを楽しみにしております♪

PS:頭でセルフイメージがないことにしてしまうと、本当はがしっとあるため、余計自分がなくなり、苦しくなるかもしれません。ので、“気がつく”ということを大切にしてくださいね。

★大阪あゆかの部屋はキャンセル待ち受付中★

★スピリチュアル心理学中級、上級キャンセル待ち募集★

★カール・ドーソン・EFT&マトリックス・リインプリンティングワークショップ募集中!★

セルフイメージ」への12件のフィードバック

  1. 今日の記事は永久保存版にします。
    とても心に響きました!
    新しい視点をいただきました。ありがとうございました\(^o^)/
    これからも更新楽しみにしています♪
    日本を存分に満喫されてくださいね(*^_^*)

  2. あゆかさんはじめまして。いつもブログ見ています。
    今回初めてコメントします。

    私は自分のこと、つまらない人だと思っています。
    なぜなら私は自分を出せないからです。
    人と接する時、無意識に壁を作ってしまいます。(この壁の壊し方何年経っても解りません…これが自分なんだと認めようと思いましたが、無理でした。)
    自分の発する一言一言に気を使ってしまいます。言葉を飲み込んでしまいます。
    だから、私と話しても楽しくないだろうと思います。
    私も今の大丈夫だったかな…と思って疲れます。
    私はどこか自分を偽っているんです。

    20代後半ですが、仲の良い友達も、彼もおらずずっと孤独です。
    一人には慣れていますが、やっぱり寂しいです。

    お恥ずかしい話ですが、精神科にも通い、本やあゆかさんのようなブログなども
    沢山読んできましたが、なかなか難しいです。
    私に勇気が無いだけでしょうか。

    • りかさん、横から失礼します。けい と申します。

      >人と接する時、無意識に壁を作ってしまいます。

      この一文が私の中でヒットしました。私も似たような悩みを抱えてきたからです。

      りかさんが感じて来られたことと私が感じてきたことは違うところがあるかもしれませんが(お互い別々の人間ですから)、一方で何か共通の部分があるかもしれません。

      私も回りからいろいろ言われたり批判されたりもしましたが、最近になって思うのは、そうやって自分を守ってきたんだな~ということです。

      まだ20代後半とのことなので、これからいくらでも変われますよ。人生の大先輩が言うのだから間違いありません(笑) どのくらい先輩かはノーコメントでお願いしたいのですが(笑)

      あゆかさんのブログもたくさん読んでこられたとのことなので、どうぞ焦らずに、少しずつブログや本に書かれている方法を試してみてくださいな。いきなり変化することはないかもしれないけれど、少しずつ変わっていけると思います。(ちなみに私自身は最近になって変化を実感しています)

      「変わる」「変化」という表現を使いましたが、正しくは、たとえば、暖かくて、しなやかで、おだやかで、力強くて、まっすぐ前を見つめていて、・・・といった自分の中にいる自分に気付くということじゃないかなと思います(あらゆる自分がいると思います)。あゆかさんも「皆さんは今のままで完璧です、1ミリも変わる必要はありません」とおっしゃっていました。

      これは私の意見に過ぎないので参考程度にしてくださいね。もしピンと来る部分があれば嬉しいです。

      • おじゃまします。けいさんのりかさんへのコメント、素敵ですね。

        りかさん、わたしも未だに壁を作りまくっていますよ。
        ten2さんのコメントもすごく分かります。

        自分の発する言葉にイロイロ考えたり、批評したりしています。
        同じ状況です。

        ずっと異性とお付き合いしたことがなく、周りに心を開けず悩んでいました。
        けれど自分と向き合う中で彼ができて、遅かったですけど結婚もしました。
        それでも未だに同じように悩んでいます。

        壁を作っていても、悩みでグルグルしていても、彼ができて、結婚して、いま子供がいます。
        これだけ伝えたくってコメントしました。

        • ママンさん

          何だか、いいなあ。私の心に届きました。
          私も不器用で、愛してくれるかも知れない人を前にすると、緊張して自分を出せないのです。苦しい恋のパターンも散々くりかえしてきました。
          ぼちぼち、今まで私を守ってくれた心の壁さんに、ありがとう、そして旅立たせてあげようと決意しました。
          だから、嬉しいコメントです。
          勇気と希望がわいてきました。
          ありがとうございます。

        • ママンさん、本当に勇気付けられます。ありがとうございます。

          今日、マトリックス・リインプリンティングをやったのですが、でてきたイメージは「一人で満面の笑みで宙に浮いてハートがポカポカの幸福感に満ちた自分」でした。

          それでも異性とお付き合いしたことがなくてちょっと残念な気持ちや打ち解けられないもどかしさ、他人より自分が劣っているという考えも持っています。

          ただ、ママンさんのコメントを拝見して、壁を作っても悩みがあっても、そして、彼がいてもいなくても結婚してもしてなくても子供がいてもいなくても・・・と、どんな状況であっても、自分と向き合うんだな、じゃあとにかく「今この瞬間」、自分と心底向き合っていこうと感じています。

  3. あゆかさん、先週はスピリチュアル心理学講座(基礎)をありがとうございました。あれから1週間が過ぎ、自分の中に起きている変化が一時的なものではなさそうだと感じられるので、御礼かたがたコメントを書かせていただくことにしました。

    あゆかさんのブログに出会って7年目、前回の講座に出てから3年8ヶ月ですが、やっとおっしゃることの意味が腑に落ち始めたようです。

    前回は抑圧と投影の関係がよくわからなくて何となく消化不良で終わっていたのですが、やはり2回目はよくわかりますね。熟成させる期間があったのも良かったのかもしれません。

    ハートとつながっていると本当に気持ちが楽ですね!何かにイライラしたり誰かを批判したくなったときも「待てよ、これは自分の中の何を投影しているのだろう?」と自分にストップをかけてじっくり味わってみると、出てきますね~、いろいろ。

    あ~、そうだったのか~、だからイライラしてたんだ、だからあの人が悪いと思いたがってったんだ、許せない気持ちになってたんだ、とわかった途端に、体中の無駄な力がスーッと抜けていくのがわかりました。そして胸のあたりがじわーっと暖かくなってくることも。

    わー、幸せだなー、と思います。

    いつもわかるわけではないけれど、これは投影なんだな、って気付くだけでも違いますね。

    最近、迷ったときはハートに聞くようにしています。すると驚くほど簡単に選択できます。もっともすごく深刻な内容ではなくて、たとえば何色を選ぶかといったレベルですけれど、それでもこの前までならあーでもないこーでもないとグダグダ悩んでいました。どっちの方がセンスよく見えるだろうか、どの組合せなら失敗しないだろうか、などと・・・。

    センスが良くないとダメだよ~、その組合せで失敗したらどうするの?、という思考のささやきに支配されていだのだなぁと今ならよくわかります。

    思考のささやきに惑わされることなくハートが選ぶものを選択すると、おかしな話しですが、頭のてっぺんから足の先までしっかりと(必要な)力が入って、全身で「そう、それなのよ!」と言っているような気がします。

    何かを選ぶという行為自体は変わらないのにこんなにも感じるものが違うんだな~と思います。とても新鮮で嬉しくなります。

    もちろん思考が絶対悪ではないのもわかっていて、本当に判断が必要なときはしっかり活躍してもらおうと思います。たとえば車を運転しているとき、どのタイミングでどの程度減速すれば安全に停止できるか、という判断をする場合は明らかに思考の出番ですよね。

    仕事のこともずっとウジウジ悩んでいたのですが、今はそれもありません。自分が本当にしたいことに向かって進むだけだと思うと不思議に力が湧いてきます。私はこれなんだな、とはっきり感じられるのが嬉しいです。

    すごく長い道のりだったけれど、必要な時間とプロセスだったのだろうなと思います。月末の中級も楽しみにしています。

  4. りかさんと似てます、私。30代前半で心底話せる友達やパートナーがいません。
    幼い頃から一人遊びが好きで、他人と関わることが苦手で、そんな自分も受け入れて、一人って楽じゃーん、と余裕かましてたつもりが、やっぱり正直、ひとりぼっち感が波のようにやってきては去っていき、と、この繰り返しです。

    そんな自分が恥ずかしく誰にも明かせなかったのですが、衝動的に自分の近況を正直に年長者の知り合いに話したら、私に対する見方が、私が自分に対する見方と異なっているようで、違和感でしたし、また、自分のイメージをポジティブに変えるお手伝いをしている共通の知人に会うよう勧められました。

    そこで物凄く抵抗を感じました。勧められた知人は昔から「あの人は私が欲しかったものをすべて手に入れてる」と羨ましく思っていたからです。その人に会って、私のネガティブな潜在意識をポジティブなものに変えてもらえという意味で言われた(かはわからないですが)と思い、頭が真っ白になり、その人の話を聞くと心臓からみぞおち辺りが重苦しく感じます。

    私は、あゆかさんやけいさん、皆さんのコメントを拝見して、心理学を心底受けたくなりました。と同時にあるところでマトリックス・リインプリンティングのセッションを受けることにしました。

    いつもあゆかさんのブログやお勧めされている本を読んでそのときはわかった気でいるのに、いざ自分が苦しいとき、苦しみに浸かってしまってます。多分自分に落とし込んでないんだろうな・・また深呼吸忘れてました。

  5. はじめて書き込みします。
    昨日のあゆかの部屋に参加しました。
    あまり気負わず、大きな期待も持たずに行ったのですが、結果的にはものすごく参考になりました!
    自分一人で自分の中を掘り下げようとしても、ストーリーに絡め取られてしまってなかなか客観的になれずにいたのですが、他の方がセッションされているのを見ていると、客観的になれると同時に、私と同じような問題を語っておられる方もがいて、あ、私と似てる⁈と思った瞬間に一気に目が覚めたというか、自分のコア・ビリーフに近づくきっかけが得られました。
    私はどうやら、「ありのままではサバイブできない」「正しいことは世間に通用しない」といったコア・ビリーフを持っていて、それがうまくいかない原因だったようです。
    気付いてみれば、なぁ~んだ、こんなことか!という感じです。
    ありがとうございました。このあとのセミナーや日本滞在も充実したものとなりますように!

  6. あゆかさん こんにちは。
    今回セルフイメージというトピックだったので、書き込みさせて頂きます。

    最近気がついたのですが、私のコアビリーフとして、「私は私を支える力がない」「私には稼ぐ力がない」というような、”私には力がない”という信念があり、そのせいで息苦しいと思いつつ実家に住んでいる、という状況があります。(息苦しいのは母親との関係にあります。)

    この思いは私の人生に大きく影を落としていますし、もういいかげんに自分の力を取り戻したい!と思い、この信念を解放したいと思っていますが、なかなか嘘を見抜けません。
    何かいいアプローチの方法があれば、アドバイスを頂けたら嬉しいです。

    また、私は飽きっぽい性分なのか、何をやっても長続きしません。あゆかさんの御本にも「長続きするのがいいというわけではない」と書かれていましたが、どうしても「長続きしないこと」=逃げているだけだ、とか、甘えているだけだ、という気持ちが湧いてきます。
    それって社会や世間が決めたもので、真実は、コロコロ変えていっても全くOKなのでしょうか。

    あゆかさん、日本での滞在楽しまれてくださいね☆

  7. 自分には力がない
    自分は 可愛くないし(そんな年ではないが・・)
    誰も 私のことなど 必要としていない
    そう思っていました
    なので
    この話の
    「朗らかで 人の話を聞いて 助けてあげる」
    イメージを創り出す
    そして
    そのイメージを死守する
    いつも判断していて
    相手の反応によって
    今日は良かった 今日は良くなかった
    とやっていました
    本当に疲れました

    このストレスのたまる軸にしがみついていたことは
    良くわかったのですが

    やっぱり怖いんですよね
    なにか行動を起こしたいのですが
    自分から人になにかをしてあげられたら
    と思いながら
    出てくるのは
    「私なんかが顔を見せに行っても(親とか)
    何もできないし
    かわいくなし
    とろくさいし
    迷惑なんじゃないか」
    なんてことが ぽこぽこと出てくるのです
    そうすると
    私には力がない
    という思い込みを実証してしまうのです。

    私に力がある

    そう思えるようになりたいのです

  8. 抑圧すればするほど投影する。これはほんとうにそうですね。ただ自分が投影していることになかなか気づけないんです。「あの人はきっと自分自身の思いを他人に投影しているんだな」、と自分以外の誰かのについてはよく思うのですが。自分のことはなかなか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中