心が張り裂けそうなのは?

イギリス(ロンドン周辺の地域)は、比較的暖冬で、どうも東京のほうが寒いようですね。来週は日本へ行きます! おでん♪ラーメン♪、山菜そば♪、時間通りに来る電車♪、続けて流せるトイレ♪、ルンルン♪

さて、お知らせです。おかげさまで「あゆかの部屋」のキャンセル待ちの方が多いため、会場を少し広めの場所へ変更いたしました。したがって、3月30日若干お席がございますので、ご興味ある方はぜひいらしてください!(満員となりました)

さて、今日もコメントにお返事させて頂きます。コメントありがとうございます!

いま新しく始めたばかりの仕事しんどいです。エゴトークだと気づくし、いつもならこんなに自分をせめることもないのですが、人に認められたい恐怖で心がはりさけそうになります。人よりいろんなことを感じやすい性質が裏目にでます。仕事ってつらいなぁ、、、と感じています。できるのならこの自己不信や自責の感情と向き合わず逃げたいです。

新しい環境、新しい職場は、慣れるまで緊張するのは、人間の当たり前の感情ですよね。ところが辛いほどになってくると、これはちょっと大変です。

さて、「仕事がしんどい」という表現をなさっていまね。仕事をしていなかったら、こんなにしんどくないわけですから、当然私たちはこのような言い方をするものです。ですが、正確な表現は、「自分の思いと感情がしんどい」なんです。

「認められたい」という思いがもしなければ、新しい仕事もしんどくないわけですね。ですから、「認められたい」という思いと、そしてその思いから沸いて来る恐怖とずっと向き合っているために辛いんです。

なんでこんなことを書くのかというと、多くの人がこんなとき仕事が原因だと思って、仕事を辞めてしまったりするからです。人間関係でも、相手が原因だと思い、その人と縁を切ってしまうなど。もちろん、どんな仕事も人間関係も、自分次第なんだから、辛くても頑張れという意味ではありません。

辛すぎたら、その仕事を辞めてもいいし、またはその相手と距離を置いてももちろん良いんです。また、ひどい職場だったなぁとか、難しい人だった~とか愚痴の一つや二つこぼすのもぜんぜんOKです。

ポイントは、自分の苦しみの原因を見誤らないということです。そこを見誤ると、仕事を変えればいい、相手を変えればいいということになってしまいます。ところが、真の原因は自分の中にあるので、仕事や相手を変えても、同じように辛くなってしまいます。

さて、人に認められたいという思いが、恐怖になるということは、「私は認められない人だ」という思いがその下にあるはずですね。そして、なんで認められないの?と観ていくと、「私は無能だ」「私はできない」「私はダメ」とか、何かしらの思いがあるはずです。

で、潜在意識のレベルで、この思いに向き合うぐらいなら死んだほうがましだ、ぐらいに恐れているため、この思いを味わなくても良いように必死に頑張っているわけです。

もちろん、例えば“私は無能だ”というこの思いそのものは、ウソなんです。過去の出来事や育った環境でそう刷り込まれたため、自分にとっては事実のように感じますが、基本的にウソなんですね。でも、それは本当だと思っていると、下記のような図式ができあがります。

思考(真実だ!)値10+それにともなう感情値10+それにともなう体感値10→超リアル

(ちなみに10がマックスです。)

どの思いも信じれば、信じるほどリアルになっていきますよね? 例えば、“きっと、彼は私のことをもう愛していないんだわ(推測)”と思えば、思うほど、それにともない感情も高まり、胸が苦しくなり・・・・と、とてもリアルになってきます。

ところが、“あっ、私の勘違いだったんだ~”と分かったとたん、感情も体感もどさ~っとなくなりますね。現実だと思っていたものが、急に消えるんです。

さて、話を戻して、“私は無能だ”という思いを信じているだけではなく、そこから逃げよう、見ないようにしよう、そう思わなくて良いようにひたすら頑張ろうとすると、図式はどうなるでしょうか?

私たちは、それがウソだと分かっていれば、逃げたりしませんね。なので、そんなにまでして避けたい、逃げたい、見たくないということは、それがまさに真実だと思っているからです。つまり、避けたい!という思いは、イコール“それは本当だ!”と叫んでいることになります。

ですので、逃げようとすればするほど、 “ウワァ~ハハハ~、お前は無能なんじゃ~~”という声が始終耳元に聞こえるような感じになっていきます。で、図式にすると、

“私は無能だ”思考値20+“恐れ”感情値20+“体が緊張する”体感値20→マックスを超えて、張り裂けそう。く、苦しい!

という状態になります。ですので、向き合わないで、逃げている今のほうがマックスに辛い状態なんです。

感情解放のセラピー(EFT、マトリックス・リインプリンティングなど)は、まず感情値と体感値を下げ、そして思いにワークしていきます。苦しいときは、恐れなど感情が高まっているからです。または、バイロン・ケイティのザ・ワークのように、思いにワークし、あっ、思いそのものがウソだったんだ!と分かることで、感情と体感を解放する方法もあります。どちらも有効です。

また、感情解放のセラピーでありがちなのは、例えば、私は無能だという思いにワークしていると(タッピングなど)、その原因となった記憶が出てくることです。その場合、例えばマトリックス・リインプリンティングなどで、まず感情を解放し、そして記憶を塗り替え、最後にポジティブな思いを刷り込むことで、今度はポジティブな感情値を高められます。

そうすれば、新しい職場で多少不安や緊張感があっても、もっと落ち着いた気持ちで仕事に取り組めるようになります。

さて、ここから目覚めの話になりますが、思考そのものが実体のまったくないものだとしたら? また、感情も体も私たちが思っているような確かに存在するものではなく、実体のないものだったら? 思考値ゼロ+感情値ゼロ+体感値ゼロ=自我ゼロ0→リアル度ゼロとなります。つまり、エゴ(自我)の存在のリアルさが消滅するんです。

実は、思考値がゼロになると、感情も体も一緒に個であるというリアルさがなくなります。個であるリアルさがなくなるだけで、もちろん、思考や感情、体が消えるということではありません。(スピ心理学上級講座では、このへんのエクササイズもやります。)

思考(マインド)を信じれば信じるほど、分離と苦しみが生まれ、それは真実ではなかったと分かれば分かるほど、私たちは自由になれます。そして、真の平和とはここにあるのでしょう♪

★スピリチュアル心理学基礎、中級ともキャンセル待ち募集、上級はまだ募集中★

★大阪あゆかの部屋若干お席あり★

心が張り裂けそうなのは?」への11件のフィードバック

  1. 私も職場環境について悩み続けています。

    喫煙です。

    きっちり禁煙が徹底されていないので、
    一日中のどの痛みや臭いに苦しんでいます。

    家でも咳が止まらなくなったので、
    職場の責任者に周知をお願いするのですが。

    喫煙している人、一人一人にお願いしてまわるわけことも難しい。
    何人もいますし、じゃあやめようと言う人ばかりではないので、

    こちらが攻撃を受けたりして仕事がしづらくなります。

    私は自分のために、できることはするけれど、

    相手がどうするかはどうにもなりません。

    そうだということは、症状が我慢できなくなったら、私のほうか辞めることを選択しないとしかたなくなるのか、

    それとも、人間関係が悪くなって居づらくてもずっと症状を抱えて禁煙を訴えて勤めるのか。

    最終は私の選択ですが、タバコごときで辞めなければならないのは理不尽な気がします。

    思考と感情が私達を苦しめるというのは、納得しましたが、

    では事実だけにフォーカスして…

    こんなケースの場合、自分でできることは自分を守るためにしてみました。
    →でも環境はかわりませんでした。

    →このままでは症状が苦しくて働けません。

    →そしたらそこを去らないとしかたないですね。

    というような図式になるのでしょうか?

    こんな場合の思考感情を挟みこまない、シンプルな対応はどうなるものなんでしょうか?

    • コメントをありがとうございます!

      仕事という観点を広げて、人生という観点から見て、その仕事を続け、その職場にい続けることが、自分(この場合は、自我の自分として。自分の心と体)にとって最適であるか?という点からも見てみると良いかもしれません。

      もし、自分にとって最適でなければ、辞めるという選択は、「煙草ごときで辞めるのは理不尽だ」(←この思いにしがみつかないことがコツかもしれません)ということではなくなりますね。

      この場合は、職場の人が煙草を吸っているという物理的な事実が問題であるので、「私は認められない」という精神的なストレスとは、まったく違う観点で考えたほうが良いでしょう。

  2. >人に認められたいという思いが、恐怖になるということは、「私は認められない人だ」という思いがその下に>あるはずですね。そして、なんで認められないの?と観ていくと、「私は無能だ」「私はできない」「私はダメ」>とか、何かしらの思いがあるはずです。

    >で、潜在意識のレベルで、この思いに向き合うぐらいなら死んだほうがましだ、ぐらいに恐れているため、こ>の思いを味わなくても良いように必死に頑張っているわけです。

    今回はこのくだりが「そうそう」って自分に響きました。
    ちょっとした失敗やうっかりにものすごく反応してしまい、「もうどうして?だから私はダメなの。なんてバカなの?どうしてこうなの(泣)」と激しく反応してしまうんです。

    昨日も料理の最中に失敗し、激しく動揺して、ダンナさんにどうしてこうしちゃうのかな?って聞いていました。

    ダンナさんからは「許してほしい感じがするね」って言われたんだけど、きっとダメな私って責めてる一方でそんな私を認めてほしいって願ってる自分もいるみたいですね。

    思いに向き合うことを恐れずに味わう(感じる)ことをしていったら、許しをこわなくても落ち着いて過ごせそうですね。

  3. 今の職場は今までで一番人間関係と環境に恵まれています
    だからこそ言い訳や責任転嫁ができず、自分の想いと向き合わざるをえませんでした
    私は人間関係を長く続けたりひとつの場所に居続けることが苦手で
    いろんな場所を転々とするのが好きでした

    でも今思い返すとすべて、自信のなさからくる演技と、作った自分を好きになってもらったとしても自分が演技を続けるのがしんどくなり
    またはいつか嫌われるのではないかというのが怖くて、
    おもしろいことに自分から逃げ続けていました

    ここで踏ん張ってみるか、それともまた逃げてみようかと考え
    その結果仕事にいき続けています

    ある日私の感情さえ、思考さえなかったら仕事そのものにどれだけリラックスして、力を注げるのか体感しました
    しかし現実がどれだけ私が考えているほど優しくても、私を飲み込むくらいの感情はとても真実味があり
    まだ怖い部分や不安はあります

    けれどもけれど何かずっとぐるぐるぐるぐる回ってたのがいったん止まって息をしたような気持ちです
    私はいまとても静かで内面的な幸福感に包まれています
    何かものすごく大切な価値のあるものを見つけたような感じです

  4. あゆかさん、いつも参考にしています。ありがとうございます。
    今回は思考とそれにつながる思考についての記事ですね。それとは別に、恋するドキドキはハートの声ですよね?私は、今昔の彼に惚れ直してしまいました。その気持ちを伝えたのですが、その返事待ちに初恋みたいに、彼を想うとドキドキが止まらないのですね。夜も眠れないくらいです。これは、「心が張り裂けそう」とは違うものですが、魂の成長と何か関係があるのでしょうか?お返事いただけたら嬉しいです、お願いします。

    • アジサイさん、いつもありがとうございます♪

      >恋するドキドキはハートの声ですよね?

      前回違う方にもお返事したのですが、そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないし、アジサイさんの潜在意識のレベルまで見えないので、私には分からないんです。でも、どちらでも良いんです。それより、それをなぜ人に確認したいのか?を探ってみると良いでしょう。

      >魂の成長と何か関係があるのでしょうか?

      う~ん、ごめんなさい!ご質問の意味がいまいち分かりません。

      多くの人がやりがちなことですが、あまり恋愛のドキドキ感に、これはハートの声か?、魂の成長と関係があるのか?とか、意味づけ(思考)をしすぎないほうが良いと思いますよ。

  5. あゆかさん。初めまして、こんばんは。あゆかさんのご著書やブログを拝読させて頂いておりますが、とても難しくて、もしかしたら私の理解が足りていないかもしれませんが、コメントさせてください。
    私も、今まさに『他人から認められない』=無能だ という渦中に居るのですが、それが”ウソ”だなんて到底言えないし、実際に自分自信の評価も無能です。いわゆる高学歴といわれる大学を6年かけて嫌々卒業しましたが、就職口がなく27になってしまいました。もちろんパートナーも居ないし貯金も無いので本当に将来どうなるのか途方にくれています。私自身、浪人や留年、卒業後に数ヶ月語学留学をしたのにも関わらず英語も話せないし、スキルもない、社会人経験もない、仕事もない、自由もないという状況に追い打ちをかけるように、数年間年金の未納から財産差し押さえの勧告まできてしまいました。支払い能力もないし、家族にまで及ぶと知って本当にどん底です。面接に行っても、私の自信の無さや、やる気がないのに就職したいという矛盾したオーラが出ているのか全く相手にしてもらえません。自分の無能さは自覚しています。全部自分の責任です。本当に自分の今までの生き方のせいで今が在るのはわかっていますが、どう気持ちをもったらいいのか分かりません。周りの評価は勿論、”残念な人”だし、私自身どうしようも無い人、と思っています。色々、自己啓発系の本を読んだりもしましたが、結局ポジティブに行動して成功したり、ネガティブ思考に気付くだけで楽になる等は、ある程度精神的にも、社会的(世間の目から)も ”でも自分は大丈夫”という人達なんではないでしょうか?ここまでどん底だと事実も事実ですし、うわ言のように思えてきてしまい、信じていることにも見放された気持ちになります。といっても自分のせいなのですけれど…。とりとめのない文章、失礼いたします。

    • piyokoさん こんにちわ
      コメントを拝見し、大変だなぁと思ます。

      私も、最近、他人の評価を気にする時があり、私っていい年になっても結婚もせず、大したキャリアや人に誇れるものがない人と思われているのかなと落ち込む時がありました。そんな時に、浮かんだ言葉が無条件の愛でした。(本の受け売りです)例えば、人って存在するだけで価値があるって考えると今の状況でも十分感謝出来たり、自分を愛せたりするかもしれないですよ。

      その上で、なぜ、6年かけて嫌々大学を卒業されたのかはわかりませんが、あゆかさんの仰るハートの声を聞く良い機会かもしれません。見放された気持ちになる信じていることって何かなと気になります。それが、ハートの声であれば、見放されないと思います。つらいのは、他人の評価よりも本当は自分の評価だと思います。他人に認めてもらえなくても、自分が信じ愛せることであれば自信を持てるのではないかと思うんです。

      大変な状況だと思いますが、あまりご自分を追い詰めずに、piyokoさんのハートの声に耳を傾けてくださいね。

      あゆかさん、いつもブログを拝見し参考にさせて頂いています。目覚めのセミナーに参加してみましたが、今の私にはわかりませんでした。また、機会がありましたら参加してみたいと思います。

      • カコさん、こんにちは。
        コメントに返信してくださってありがとうございます。
        そして、あゆかさんや読んでいる方々、感情的なコメントを残してしまって
        ごめんなさい。完全に私自身の問題なのに大人げないです…。
        私のこの状況を恥じ、友人に話す事も出来ずどんどん人間関係から遠ざかって
        います。そこで唯一、私の力になってくれそうだったのが、あゆかさんのご著書や自己啓発の本でした。ただ、それすら実践できていない自分のリアル無能さに
        もう自分を放り投げたい気分です。

        実際、私が今存在していると今後家族に迷惑がかかる可能性やら、社会に何も貢献できていない点や、マイナス思考が人をうんざりさせてしまっている点など、自分に価値なんて見いだせないというか、そういう考えに至りません。
        日々の生活においても、面接でダメだしを受けてしまう無能な自分、何もまともにできない自分など、無条件に愛するとか価値を見いだすとか、とても難しいです。

        実際、あゆかさんのご著書で学んだ通り、いつもポジティブで、自己評価が高く、家族や周りのサポートも受けられるという学生時代の知人はとてもエナジェティックで、知的で全て欲しいものを手に入れています。
        そういう実例で学んでいるのに、自分が実践できない、ポジティブに思っていても張り裂けてしまう、もう色々な事がスピリテュアルも、人を選んでいるんだ…とさらに無能さを見せつけられるようです。

        マイナス思考のコメント、ごめんなさい。あゆかさんのご判断で削除して頂いても結構です。

        • お返事ありがとうございます!

          ポジティブになれない自分もOK、実践できないけどOK、マイナス思考しかできないけどOKと、とにかくOKにしてみるというのは試してみましたか? もし、OKできなかったら、OKもできない自分もOKというふうに、どこまでもOKしてしまうというのは、いかがでしょうか? それが真のスピリチュアルなんです。過激に、無条件にすべてOK出しをする。

          自分自身の問題だと何度も繰り返していらっしゃいますが、その思いを和らげ、誰の問題、誰のせいでもないというところにとりあえず落ち着けますか?

          今後ともぜひブログをお読みくださいね♪

        • piyokoさん 返信ありがとうございます。

          piyokoさんの返信を読んで、「そうだよな。そんなに簡単に気持ちが切り換えられたら、こんなに悩まないよなぁ。でも、今のpiyokoさんの正直な気持ちを表現出来たのは良かったんじゃないかな。」というのが、私の正直な感想です。決して、piyokoさんが思っているようにマイナス思考にうんざりはしてないですよ。

          ところで、もし、piyokoさんの大切な親友や家族が、全く同じ状況だった時に、同じように無能だと思ったり、価値を見出せなかったりしますか?もちろん、同じという価値観もあると思うのですが、同じ状況を大切な人に置き換えて客観的に見ることで見方が変わることもあると思ったので伺ってみました。もちろん、返事はしなくて結構です。役に立たなかったら、聞き流してください。

          何かお役に立てればと思いコメントさせて頂きました。
          これからも、あゆかさんのブログから良い刺激を受けて、ゆっくりご自分と向き合ってくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中