「今ここ」の癒しパワー

イギリスは、晩秋の色がとてもきれいな季節となってきましたよ~。

さて、ブログを読んでだいぶ楽になりました~♪という嬉しいコメントも頂きますが、一方でなかなか楽になりませ~ん、という方のコメントも頂きます。ということで今回は、癒しがなかなか起きないケースについて書いてみたいと思います。

さて、今まで私は、ブログにも本にも癒しの方法やプロセスに関しては、ほんの少ししか書いていないんです。書かない理由は長くなるので省きますが、なんとなく日本では心のしくみなどを知るよりも、“こんな場合は、こうしたら良いです”という答えを探している人が多いような印象があります。

そういう意味で手前味噌ですが、答えを書かない私のブログを読み続けてくださる皆さんは、有難い存在です。ただ、最近はあれこれ試したけど、うまく行かなかった、何かがおかしい、もっと深く知りたいという人も全体的に増えてきた感じもします。癒しについてふか~く書いた本が一般的に売れるようになってくると嬉しいですね。(以前、深くて重すぎると出版社に断られました)

癒しがなかなか起きない理由は、人それぞれでかつ複雑です。また、日本のセラピー事情はまさに玉石混交で、癒しが起きない理由は、もちろんクライアントさんだけにあるわけではありません。ということを前置きに、最も癒しが起きにくいケースの大枠だけを書かせてください。

まず、「秘密の扉を開けよう!」に書いてありますように、基本的にマインドのステージに深くはまればはまるほど、人生は苦しくなっていきます。

マインド(思考)にはまるとは、一つの思いに捉われるということだけではなく、自分の思いの中に生き、体やハートと分離してしまうということです。

またハートというのは、感じる場所という意味ではなく、自分の中心にある愛、強さ、パワーのことです。実際、思考の世界に入り込むほど、私たちはものすごく感情的になります。

さて、ハートと分離してしまうと、当然「私には力がない」という思いが潜在意識に生まれてきます。または、「私には居場所がない」「私はここ(地球)にいたくない」といったような思いにもつながるかもしれません。

通常は、過去の出来事で傷ついた心を癒せば、かなり楽になります。しかし、ある人が「私は力がない人間だ」という思いにすっかり同一化しているとき、いろいろとセラピーを使って、どんなに過去を癒したり、感情の解放をしても、多少生きやすくなる程度で大きな変化は起きません。

まず、深い無意識のレベルで「私は力がない人間だ」という思いがあると、周囲にどうにかして欲しい、または何かしてくれるべきだという思いが強くなります。そしてまた、世界や周囲が大きくパワフルに見えてしまうので、人生でなにかがあると「私は犠牲者」という思いにすぐにつながっていきます。

そして何らかの理由で、この思いを小さい頃から持っている方は、今までの人生を無意識に「私は力がない犠牲者」という思いでずっと生きているため、自分がどんなに難しい環境にいるか、どれだけ苦しんできたか、などなどといった「私の苦しい人生」のストーリーもしっかり出来上がっています。

で、このように「私=力がない犠牲者」、「私の人生」=「苦しい犠牲者の人生」とすっかり同一化をしている場合、繰り返しになりますが、カウンセリングやセラピーどんなに受けても、いつもの苦しい私にすぐに戻ってしまいます。

ですのでこの場合、過去を癒すよりも「力がない犠牲者」という思いと自分を分離化し、ハートによりつながっていき、新しいアイデンティティを確立するセッションのほうが有効になってくるんですね。

ところがここで難しいのは、「私は力がない犠牲者だ」という思いは、その方にしてみれば、それは思いではなく、紛れもない過去の出来事に基づいた事実なんです。なので、過去を癒さないセラピー、傷ついた自分の心を癒さないセラピーなんて意味がないと思いこんでしまっていたりします。

また、苦しい状態にいる方ほど、セラピーなどに対する思い込みや恐れも高いので、こちらが提案するものを頭であれこれ考えて、これはこんなふうだから嫌、あれはこうだから自分には向いていないなど、結局はやらないという選択をしたり、または、自分の思い描く結果に執着するあまり、進歩を完全に見逃してしまい、効果が出てないと失望したりなど、いろいろなケースがあります。

で、効果がないと、「私は犠牲者」なので、「私はセラピストや情報に翻弄されている(犠牲者)」などと感じたり、または深いレベルで「あの人たちは私を助けてくれない」などと怒りをためていきます。

と同時にどこかで「自分がやらなくてはいけないのだ」とも分かってもいるため、自分自身も非常に責め、自分への怒りもためます。皮肉っぽく書いているように思うかもしれませんが、その方が心から苦しんでいることは、よく理解しないといけません。

ここまで苦しんでいるのですが、一方無意識のレベルで「苦しい私の人生」というストーリーを手放すよりは、いかに理解してもらうかのほうが大切なのでしがみついてしまいます。なので、「そんなに悪い人生じゃないですよね」とか「特に大きな災難が起きているわけではないですよね」などと言ってしまうと、自分の苦しみが理解されなかったと感じ、傷ついたりする人もいます。

もちろん、セラピストとしてできる限りのことはしますが、最終的にどこかの段階でご本人が「癒しは私がすることだ」という思いをもたない限り、大きな変化はどうしても起きません。(「秘密の扉を開けよう!」の癒しのステージを参照にしてみてください。)

さて、「私たちの中にはすべてがある」というお話もしてきました。私たちの中には、「力がない私」「かわいそうな犠牲者の私」もいれば、「力がある私」、「智恵がある私」などすべての要素が存在しています。

ですので、何十年と「力がない犠牲者」の私に100%同一化していたとしても、もちろん「力がある私」にアクセスすることは出来るんです。そのためには、やはりマインドからハートへ、つまり思考から体へシフトしていくことがポイントです。

その方法やツールはいくつかありますが、その方の性質や状態などによって使い分けますし、ある程度知識と経験がないと難しいので、ここでは、誰でもすぐにできる、シンプルかつパワフルなエクササイズをご紹介しましょう。(すべての人にお薦め)

【一日に30秒でも良いので、「体の息づかい、心臓の音、自分が存在している感覚」を感じてみてください。これを一日のうちに何回もやってみましょう。思考の中ではなく、体の中に入る回数を小刻みに増やしてください。ただ、それだけです。】

体の中にいる瞬間とは、言い換えれば「今ここ」にいるということです。思考は、過去と未来に住み、体は今ここに住んでいます。そして、「今ここ」に住めば住むほど、苦しみは激減していきます。逆に苦しみが高まっているときは、自分と思考と感情がすっかり同一化している証拠です。

体の中(今ここ)にいるとき、ハートにも意識を向けてみましょう。ハートのエネルギーをよく感じ、それが真のあなただと知ってください。マッハの勢いで入ってくる思考や感情は、空に流れる雲だと思ってただ眺めてみましょう。始めはあまり感じられなくても、続けてみてくださいね。

ということで、セミナーまだまだ募集中!ご都合がつけばぜひいらしてください。

★ERTコースは満員となりました。キャンセル待ち受付中!

★あゆかの部屋(2月2日)は、満員となりました。キャンセル待ち受付中!

「今ここ」の癒しパワー」への13件のフィードバック

  1. 昨日、何度か繰り返されている、傷つく経験をして、いつものように反応し、とても辛かったので思考から離れるために、
    ふと思い出して、昔の記事を読んでいました。
    体感を取り戻すくせをつけようというもので、
    今回の記事とリンクしていて面白かったです。

    何年経っても同じだなと感じました。
    私も、もちろん真実も。

    悩んだり、振り回されたり、同化したり、そして苦しんだり。

    以前は、それが嫌で、辛くて辛くて、抜け出したい一心でした。

    今も辛いのはハートがえぐられるようで嫌です。

    でも、起こるべくして起こっているんだなー、こういうこと…。
    あぁそういうことかな〜と感じることがあります。

    憎くてしかたない人達も、大嫌いだけど、彼らと形で見えている私なのだな…。と。

    真実と
    光と
    愛をたずさえて。

    その当時は全然信じられなかったし、ピンとも来なかったけど、

    今、昨日から号泣です。
    どうしてかは、よくわからないんです。
    何が涙ぐませるのか…、うれしいのかな…何なのか?

    読むと、心が動くのです。感動するという感じです。

  2. ほんとですね、心臓の鼓動を感じていると、なぜだか落ち着きます。

    いいこと聞きました、どうもありがとうございます。

    阿部さんのところで知って、以来読ませていただいてます。

  3. あゆかさん、先日エニアグラムを紹介いただきありがとうございました

    本は注文していないのですがネットで診断してみていろいろ調べたりしました

    タイプ4という結果がでたので読んでみると
    大笑いしてしまいました
    なるほど、わたしの思い込みそのままで

    わたしの克服したい点が的確に指摘してあり
    驚きとともに本当の私が何を乗り越えたくてあるいは経験したくて、この性質を選んで生まれてきたのだろう?
    そして私はこれをどう乗り越えればいいのだろうと興味がわいてきました

    常時孤独感を感じやすく調子の悪いときは
    それなりに落ち込みましたが
    あ、またわたしのあの性質が出てるんだ
    と自分でかなり意識し、なんだかおかしくって真剣に暗くなれませんでした

    何よりも、誰にも理解されないのでは、私はおかしいのでは、私は何故こんな人間なの、と言う思いがパッとどこかへぶっ飛び、

    私の性質は立派なひとつの性質?でみんなとなにかを分かち合うためにみんなが色々な性質をもってうまれてくるのかと感じると
    私はわたしでいいのかも、と気が楽になったのです

    昔は典型的な4タイプでしたが、大分なくなっている部分もあってそれもすこし嬉しかったです

    癒しを本人の思い込みが 邪魔していることもあるのだというこたで、
    出来るだけハートをオープンになによりも焦らず、を意識していこうと思いました

    日本は大分本格的に寒くなってきました
    イギリスも寒いことと思いますが
    お体ご自愛くださいm(__)m

  4. こんにちは。

    先日コメントさせてもらった時、あたたかい言葉をありがとうございました。
    大変なことは相変わらずですが、ダンナさんや家族・大切な友達・知人との絆が深まってるのを感じています。

    今回読んでいて、「“こんな場合は、こうしたら良いです”という答えを探している人が多いような印象があります。」というくだりがすごくシックリきました。

    確かに自分もそうです。
    困った時はどうしたら?本とか人の言うことに振り回されたりして、自分の感覚・気持ちがおろそかになり、結局「私は不器用だから、うまくできないから、ちゃんとできないんだから、イヤだ。嫌いだ」って繰り返していたりします。

    答えを提示してもらうと安心するのもあるかなぁ。
    でもそういうモノが全く役に立たないわけではないですよね。
    感覚を大切にっていうのは、技術や答え・やり方を伝えてる方も同じように言われています。

    自分が何か思い違い・捉え違いしてるといけないのですが、相手が伝えようとしてることが少し分かりにくい場合があります。
    自分の体の感覚を感じて、自分のハートがokを出していれば、どんなやり方でもいいというのが正解でしょうか。

    あっ、正解を求めてるんですかね、私は。
    間違えないようにって。混乱してきました。

    • こんにちは!

      >あっ、正解を求めてるんですかね、私は。

      そうそう、良いところに気づいていますね!

      近いうちに、記事にとりあげさせて頂きますね。

      • おはようございます。
        コメントありがとうございます。

        >近いうちに、記事にとりあげさせて頂きますね。
        楽しみにしています^^

  5. こんにちは!しばらく前に、「新居の間取りを失敗した!」とパニックになってコメントで助けを求めたものです(汗)

    あれからあゆかさんのブログを参考にして、自分の感情を見つめて「私が本当に恐れているものは何だろう?」と問いかけ続けたところ、私は、間取りの良し悪し云々よりも、自分が選んだ間取りを他の人に変だねと笑われることを一番恐れているんだと気づきました。

    「私が好きなものや選んだものは、他人から見るとつまらなかったり変だったりするらしい」「私は世間一般の正解が分からず間違いばかり選択してしまう」という恐れ(思い込み)が元々私の中にあったようです。その恐れが「新居の間取り=自分の選択」というシチュエーションによって強く刺激されてしまったのだと思います。

    思い込みに気付いたことで、今私が感じている感情と間取りは、別の問題なのだという風に心の中で区別がついたのか、「間取りに不満はあるけれど、これはこれでいい家かもよ?」と軽い気持ちで捉えられるようになりました。

    間取りの件以外にも、この思い込みによって、自分を表現するのを恐れたり、他人に決断を委ねたりと、自分の経験を狭めていたように思うので、これからは間違いもOKで本当の自分をどんどん表現していきたいなと感じています。

    私のやったことが、正しい心の見つめ方なのか自信はないですが、今回で何かつかめたような気がします。変に常識で自分を納得させようとしないで、自分の本当の気持ちに向き合って良かったです。「あゆかの部屋」に申し込ませていただいたので、生であゆかさんのカウンセリングを体感して、さらに理解を深めたいと思います。楽しみにしていまーす!ありがとうございました^^

  6. 連投ですいません^^; 記事についてのコメントもさせてください。

    前々から、ハートというのが何なのか、いまいち分かりません。思考ではないというのは分かっていたのですが、感情でもないとは恥ずかしながら初めて知りました。

    >またハートというのは、感じる場所という意味ではなく、自分の中心にある愛、強さ、パワーのことです。

    ハートというと、「私は本当はこうしたい」というような自分の本音のことなのかな?と思っていたんですが、それは違うのでしょうか?それとも、愛、強さ、パワーをイメージする時に感じる感覚のようなものなのでしょうか?

    ちょうど最近、私も呼吸を観察して自分の存在を感じる練習をしていたところで、「いまここに存在している」という感覚は分かってきた感じです。それは、言葉のまんまに「在る」という意識というか感覚だけで、確かに思考でも感情でもないと思うのですが、ハートというのは、その「存在している」という感覚とも違うのですよね?

    自分の存在を感じていると、穏やかな喜びの感情が湧いてくるのと同時に、胸の辺りにワクワクを濃縮したような強い感覚がこみ上げてきて、溢れてしまうとどうしていいのか分からないので、抑えている自分を感じます。もしかしてこうした感覚はハートのエネルギーと関係があるのでしょうか?

    質問攻めになっちゃいましたが、よければ「ハートとは何か?」についてどこかで取り上げていただけたら嬉しいです。ありがとうございました^^

  7. あゆかさん こんにちは

    今回教えて頂いたエクササイズ、とても効きました。

    私は、小学生低学年の頃から、ずーと、人は、何で、何のために生まれて生きるんだろという疑問を持っています。毎日、頑張って朝起きて、食べて、頑張って勉強や仕事して、頑張って人生続けて。私にとって、今ここにいるだけで、ほぼ常に重苦しい空気が纏い、何をするにも、食事すら頑張ってしなければならず、生きてるだけで頑張らねばならぬ毎日で、毎日ほとんどの時間疲労感を感じる毎日です。

    今回のエクササイズをしてる間、フーと軽くなり、とても楽になります。エネルギーも少し湧いてきます。

    また、これまでグランディングしても、出来てる感じが全くなかったのですが、今回、地に足がついた感じがします。
    このエクササイズはグランディング効果もあるのでしょうか?

    • こんにちは!

      嬉しいご報告をありがとうございます! これは究極のグラウンディングになりますよ。ぜひ、続けて頂き、意識しなくても、無意識にやっているほど自分のものにしてみてください。ものすごく変わると思います。

  8. あゆかさんこんにちは。

    >まず、深い無意識のレベルで「私は力がない人間だ」という思いがあると、周囲にどうにかして欲しい、または何かしてくれるべきだという思いが強くなります。そしてまた、世界や周囲が大きくパワフルに見えてしまうので、人生でなにかがあると「私は犠牲者」という思いにすぐにつながっていきます。

    この部分を読んだ瞬間、何だか体の芯(ハートチャクラのあたりを中心とした部分?)から愛のエネルギーが溢れてきて温かくなっちゃいました。

    これは多分、私の中に今まで、まさに「私は力がない人間だという思い」があって、それを初めて認識したことで、逆に「一瞬にして解放されてしまった」のかな?と思いました。
    「ずっと見放されてきたインナーチャイルド」がその存在を認められて、ある意味「成仏」できたのかな?なんて思います。

    ありがとうございます。

  9. 今回の記事を読んで、すごく自分に当てはまっていました。
    過去を癒すセッションを受けても、自分で過去の自分を癒そうと自分に語りかけても、
    変化はあまりありませんでした。
    それは、もう当たり前に「私には力がない」自分と同一化し、その自分を呼吸し、長年生きてきたからです。
    過去の自分を癒したり、依存心を手放すことよりも、自立心を育てていこうと最近思い始めたタイミングで、この記事を読ませていただきました。
    でもやはり古い思考に負けてしまいます…。
    『過去を癒すよりも「力がない犠牲者」という思いと自分を分離化し、ハートによりつながっていき、新しいアイデンティティを確立するセッション』
    というのはどういったものがあるのでしょうか。
    教えて頂けると嬉しいです。
    よろしくお願いします。
    エクササイズ、今日から始めます☆

    • こんにちは!

      記事が多少お役に立てましたようで嬉しく思います♪

      『過去を癒すよりも「力がない犠牲者」という思いと自分を分離化し、ハートによりつながっていき、新しいアイデンティティを確立するセッション』

      誤解をまねく書き方で申し訳なかったですが、正確に書くと、「新しいを確立を目指すセッション』で、そういうセッションがあるわけではないんです。クライアントさんの性質や背景、状態を考慮しながら、いろいろお聞きし、それぞれの方に違ったやり方をしています。

      ただ、ハートを感じるエクササイズは、必ず役に立つと思いますよ♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中