癒しを難しくするもの、スムーズにするもの

カウンセリングコースの二週目になりました。カウンセリングコースといっても、エネルギーワーク(セラピー)の練習もたくさんあります。体の声のメッセージを聞いたり、潜在意志の思いに気づいたり、なかなか良い感じですよ~。

癒しについて、前回いろいろなコメントを頂きました。ので、コース中でもあり、癒しのコツ(?)についてちょっと書いてみたいと思います。

とりあえず、癒しを難しくするものを書いてみたいと思います。

1)「解放しなければ」モードになってしまう。
ネガティブな感情や思いを解放しようと思えば、思うほど、普通は難しくなります。いわゆる、ピンクの像を考えないで下さいというと、ピンクの像の映像が頭に張り付いてしまうのと同じです。

2)現在の自分を否定する
「癒されていないダメな自分」を「癒された良い自分にする」という思いでいると、ネガティブなエネルギーをベースに、ポジティブに移行しようとしているので難しいです。ブレーキをかけながら、運転しているようなものです。

3)早く癒したいという焦った気持ち
自分にプレッシャーをかけてしまい、余計なストレスを作ってしまう。

4)癒されないと幸せになれないという思い込みをもつ
幸せは、今すでに誰の手の中にもあるんです。なので、癒されないと幸せになれないのではなく、「癒されると、すでに自分の中にあった幸せのエッセンス」に気づける、出会えるということですね。ただ、上のように考えていると、今の人生、状況、自分を無意識に強く否定してしまいます。そのため、癒しが進まず、私は幸せになれないという新しい苦しむを生みます。

では、癒しをスムースにするもの

1)好奇心をもつ
自分の中に、自分がまだ知らないどんな思いがあるんだろう、と好奇心をもち、新しい出会い(抑圧されてきた思いや感情)を楽しみにする。

2)過去の心の傷や、ネガティブな思いや感情を悪いものと見なさない
それらは、長年自分とともに生きてきた心の友達だとみなしてみる。早く出て行って!という思いではなく、最高のおもてなしをするような気持ちで受け入れてあげる。

3)忍耐強く、時間をあげる
傷ついた人は、そうべらべらとしゃべり、心を開かないものです。同じように傷ついた心も、はじめは頑なです。時間をかけて、忍耐強く待ってあげましょう。

4)状況が変わることを癒しのバロメーターにしない
癒しを状況を変える手段だと思っている人もたまにいます。ですが、癒しは、状況ではなく、状況に対する見方が変わる(思考で変えるのではなく)ことが目的です。嫌いな人が変わることを願っていたらとても苦しいです。(変わらないから)でも、嫌いな人を受け入れられるようになったらとても楽です。そのために、自分の中の思いや感情を癒すんですね。もちろん結果として、その人との関係が良いほうへ変わることも多いでしょう。

ということで、駆け足で書いてしまいましたが、「癒したら、やっと自分の好きな人生が歩める」という思いではなく、「癒しも貴重な人生の一部」と捉えてみると、あまり焦らずにすむかもしれません。

セラピストは、クライアントさんの深く抑圧された感情や思いを引き出し、受け止め、解放のお手伝いをします。その過程では、絶望感、自己憐憫、怒り、などなどといった様々な思いや感情が出てきます。それらを一切批判なしに、受け入れ、一緒に寄り添い、解放を促します。

また、人に役立つセラピストになるには、まず自分を見つめ、そして様々な知識やスキルを学び、経験を身につけていくことが大切です。(時間もお金もそれなりにかかります) そして長年の経験から、“その問題は、一人で解決するのは難しいだろうな”とか、“このセラピーのスキルを知っていれば、だいぶ楽になるだろうな”といった判断ができるようになります。

なので、ぐるぐる行き詰っている方を見ると、プロのセッションを受けることをお薦めしたくなります。でも、もちろん絶対受けないとダメだということでは、まったくありません。腰痛を誰かプロの手で治療しようと思う人もいれば、または、自分でいろいろ試行錯誤して治そうとする人もいるでしょう。すべて自分次第です。

そして、どなたかも書いてくださっていたように、セラピストができるのは、あくまでもお手伝いです。セラピストは、スキルと知識、そして経験を持ったヘルパーです。

繰り返しになりますが、癒しとは、学び、成長という言葉に置き換えられると私は思っています。例えば、「怒り、憎しみ、悲しみ、無力感」といったネガティブな感情を充分経験すれば、解放したいという欲求が私たちの中に生まれます。そして、それらを解放することの難しさを経験し、でも最終的に手放したとき、私たちの魂は、真の愛、智恵、力を身につけることができます。

ですので癒しとは、魂の旅に深く関わるもので、急いだり、焦ってやるものではないでしょう。でも、もし、今すぐに幸せになりたいのだ!と思っている方がいらっしゃったら、一つだけ、一瞬でなれる方法があります。

それは、人生に起きる「嫌なこと」「悪いこと」「大変なこと」を真に受け入れることです。そういうことが人生に起きて良いんだと真に許可してあげることです。

エゴは、いつも今を否定し、幸せはいつも未来にあります。今を真に受け入れたとき、必死に探していたものが、ここにあったと分かるでしょう♪♪

PS:ここで、「受け入れれば、幸せになれるんだ、じゃぁ受け入れなければ」と思った方、エゴの罠にはまっていますよ~。エゴの巧妙な「べきべきマン」にご注意を!

癒しを難しくするもの、スムーズにするもの」への25件のフィードバック

  1. あゆかさんこんにちは。西川です。
    昨年、あゆかさんのロンドンコースを受けさせていただき、もう1年が経つのかという思いです。
    正直何回でも受けたいほど素晴らしいコースでした。
    癒しのポイントの記事、とても参考になりました。
    「自分のネガティブな思いに最高のおもてなしをする気持ちで受け入れてあげる」
    これ、いいですね。
    昨年、コースを受けて、自分の思考を観察すること、そして自己ワークを行うことの大切さを実感しております。
    ブログも毎回見ています。また、たまにコメントさせてください。それでは。

    • 西川さん

      嬉しいコメントありがとうございます!HPの動画見ましたよ~!とても良いですね♪ コース卒業生の活躍を見るのも、本当に嬉しいことです。

      >正直何回でも受けたいほど素晴らしいコースでした。

      ありがとうございます!今年の参加者の皆さんもそう思ってくださることを願っています。(来年も募集時期にこのコメントまた書いてくださ~い(笑))

  2. 今日の記事は永久保存しておきたいです。
    私は「今すぐ幸せを感じたいのだ!いま幸せって感じられたら、神様に愛されているのがわかるから!」・・・と思うことがあります。
    私は大丈夫なのだとわかりたい、安心したい。「大丈夫になるよ」、って言われたって、だって今が苦しいんだもん。いま何とかしてほしいの。・・・そう思うことがあります。

    今日の記事にあった
    >それは、人生に起きる「嫌なこと」「悪いこと」「大変なこと」を真に受け入れることです。そういうことが人生に起きて良いんだと真に許可してあげることです。

    やってみました。・・・すかっとしました!気持ちが一気に軽くなりました!おおお!!!
    こんなに楽になっていいの???
    確かに、たったいま楽になりました!!!
    この平穏は、状況に関係なく、確かにいま、私の中にあるのですね。

    閉塞感という中吊りにされた状態で、エゴという名の命綱から恐る恐る手を離したら、空を飛べちゃった・・・って感じに似ていました。
    すばらしい記事をありがとうございました!

  3. こんにちわ
    今回の記事も感動しました。
    私は インベーダーゲームのようなものだとちょっと思ってしまいました。
    次から次へ来る不安 それを敵とみなし 隠れるか 何とかしようとするか・・・でも恐れを覚悟でそのものと対峙すると その敵とみなしていたものが お宝に化けるという感じです。
    敵が現れて(不安なのですが)いろんなことを頭でシュミレーションしては怖れる。
    でも そうなってもいいとそこに飛び込んだとき 何度も何度も襲ってきたその不安が 安心に変わると言った感じです。
     なんか変ですが なんだか いまは そんなふうに思ってしまいました。
     もしかしたら 不安は ほんとうはウエルカムなのではないかと思いました。

  4. PSにあるように、エゴの罠に気をつけたいと思いました。

    「受け入れなければ」とまでは思わないにしても、許可する、受け入れるというのは、どういうものなのかなと感じます。 
    >人生に起きる「嫌なこと」「悪いこと」「大変なこと」を真に受け入れることです。そういうことが人生に起きて良いんだと真に許可してあげることです。

    受け入れたいと思うと、エゴの声のようだし、頭で受け入れようと思うのもなにか違うような気がします。
    実際に、毎日のように嫌なこと、つらいこと起こった時にどうすればいいのでしょうか?

    本当に嫌な事だけど、必要だから起こっているとかとらえて、翻弄されないとかですか?

    ただ、許可するとか辛いけど受け入れると思えばいいのですか?

    大変なことが起こると、無意識に内に、瞬時に嫌がっているとういか、拒絶してる自分がいます。
    すると、もうどんどん気分が悪くなって、落ち込んだり、むかついたりで、どんな状態、どんな自分でもいいと頭で思うことも難しいです。

    それを思考ではなく、感覚で…とかいうとますます難しいです。

  5. 苦しんでいる最中にしかない輝きがある
    苦しいからこそ成し遂げたい強い想いがある
    苦しいもの同士でしかわかり合えない強い共感がある
    苦しんだからこそ得られる気づきがある
    過ぎてしまうとそう思えるけど、渦中にいる間は思えない・・・
    それも人生の大切な輝きの一つ

    病気が治っても、愛しい恋人が出来ても、真理を得ても、変わらないものは変わらない
    いろんなことを感じるのは自分で、こだわってるのも自分で、自分を追求すれば、なりたい自分を追求すれば、今持っているもの、今の状況を愛していることに気づく・・・のかもしれない
    だって、自分の中を掘り進んでいけば、なれる自分しか思いつかないんだもの
    思い浮かばないことは体験できない
    思い浮かんだことなら、心の底からの想いなら、必ずそうなる
    ○○したい、○○になりたい・・・
    本当にそうしたい?本当はどうなりたい?

    素敵な体験も、いづれ変化していく
    変化しても、その変化する一瞬、一瞬が愛おしい体験

  6. 匿名さん

    コメント涙が出ました…。

    渦の中にいる私にはわからないけれど,
    今の続くこの苦しみを誇らしく,輝いていたと懐かしむ日が来るのか…。

    でも今日感じました。辛くてしかたないけど,
    少し受け入れる感じ。
    すーっと流れに任せる感じ。

    少しだけど。なんかよかった。

    • samさん
      匿名です
      悲しませてしまったら、苦しみを深めてしまったらゴメンナサイ
      私は悟りを得たわけでも、空を体験したわけでもありません
      自分が無駄に過ごしてしまった十数年を思い返してみると、そんな感じだったのです
      こだわって、こうあるべき自分自身と戦って、思い通りにならない自分を責め続けて、他人の提案を受け入れず、一人勝手に苦しんでいたのです
      私にはsamさんの苦しみがどんなものかはわかりませんが、苦しければ、「苦しい!」って言えば良いんじゃないでしょうか?
      辛いなら「辛い!」って言えば良いし、泣きたいなら泣けば良いし、叫びたければ叫べば良いし、逃げたければ逃げれば良いし、やめたければやめれば良い
      それでいいんじゃないですか?
      それでも何とかなるのがこの世界なのかもしれません
      あなたのことを大切に思ってくれる人がいます
      親かもしれないし、友達かもしれないし、このHPを見ている人かもしれません・・・
      その人のためにも自分のためにも、自分をあきらめず、自分を大切に・・・
      (大切にしなければならない・・・わけではないです)
      (ねばならないは苦しいですから)

      なぜ苦しいのですか?どうありたいですか?
      そこにはあなたに気付いて欲しいと思って待っている「大切な想い」があるのかもしれません
      その想いに気付いてあげれば、今の苦しみは、台風のように去って行きます
      ずっと台風が居座ることはありません
      あるとすると自分がせき止めている間だけ

      あなたの心が楽になり、あなたの想いが成し遂げられますように・・・

  7. 「癒し」で陥りやすいポイントをわかりやすく纏めてくださりありがとうございます。
    ああ、まさしく私が通ってきた道です。(苦笑)
    ここ7年ほど、癒しに取り組み続け、頷くことばかりです。
    「癒し」に対する誤解もありましたし、「癒し」の目的がずれていたり、、、(汗)
    「何かを変えるために癒す」のではなく、結果として「何かが変わる」なんですよね、ほんとうに。。。
    今の時代は、情報も溢れているので、キャッチの仕方を間違えると、新たな縛りを作ってしまいます。
    「人生を変える」のではなく、「本来の自分に還る」ための癒し。
    楽しみながら取り組めたらいいなと思います。
    いつもありがとうございます。

  8. ブログを知ってから毎週楽しみに拝読させて頂いていました。
    自分が頭で答えを探しまわって、疲れて、あ〜〜〜もういいやっと思った時に新しい景色を日常に見たと感じることがあったことを思い出しました。
    ねばねばを諦めてみたとき、その時に力を抜いて息を吸い込めている自分に気がつき。
    でも、また新しいことに直面すると自分の中から答え探したい症候群が目を覚まし、一度手放したらずっと変わらないというわけではないのをこの一年で感じつつ過ごしていますが、それもまた良しという気持ちを知った所です。あゆかさんのブログでその気持ちに向かう後押しや見方を変える方向転換の手助けを頂いている気がしてコメントを残したくなりました。変わることではなくて、自分を知る道の途中だと最近は感じています。今回の記事を読んでそんな風に思え、新しい風が自分の中に吹いているのを味わっています。今味わっているのが癒しのひとつかな〜と流れを止めること、変化に抵抗しないこと、自分がそれらを選ぶときに感じた気持ちを思い出していました。ありがとうございます。

  9. あゆかさん、こんにちは!(こちらは今、台風です。何故かワクワク・・。)

    なんとなく・・分かりました。

    覚醒の情報を得て、「癒されていてもそうでなくても、真の私からするとどちらでもいいんだ・・!!」と、がらっと発想の転換が出来て、本当にほっと出来て”楽”になったり、また苦しみが残っていたとしても”そこまで気にならなくなった”としたら、、それはそれでその方にとって素晴らしい事、喜ばしい事♪

    ですが、殆どの人の苦しみは実際身体に傷を負っているような体感的なもの、(例えば、何年も酸欠の金魚のような息苦しい感じが続いていたり、胃が締め付けられるようだったり)なので、大抵の人は覚醒の”情報”だけではその体感的な苦しさを取り除けない、楽にはならない。
    その体感的な苦しさを、本人自身が「”真の私にとっては、苦しんでいてもそうでなくてもどちらでもいい”という事は頭では分かっていても・・・苦しい!もう苦しいのは嫌!!ただ今ある苦しみ、体感的な痛みを何とかしたい!」という時に役立つのが、セラピー、カウンセリング、自分を見つめてみる事、などのテクニックなのですよね?

    その際、やはり「癒されるべき」という、”〜べき(それが当たり前、そうなるのが前提、そうなれてない私は価値が無い)”と思ってしまうと抵抗、焦りが出てきてしまう。
    なので、リラックスしつつ、別に癒されなくても幸せになれる可能性もあるし〜、と思いつつ、かつ自分自身を知る事に好奇心♪をもって取り組んで行けばいいんですよね。難しいですが・・。
    頭の隅に覚醒の事がインプットされていれば、少しはリラックスしながら自分自身を見つめられそうですね・・♪♪

    p.s.
    最近、自分の理解の整理の為にコメントを書かせていただいております。
    皆さんの質問、意見などで自分の理解のあやふやだった部分をよく考えたり整理してみたり等出来るので、最近コメント欄を良く読んでいます。コメント欄良いですよね♪♪
    有り難いです♪

  10. こんにちは、あゆかさん。
    いつも記事を読ませていただき、力になっています。
    私は、自分のいくつかの思考パターンに気がついています。お金に関する些細な間違いに神経質になやすく、自分は不正をしているのではないかという思いになりやすいです。だから人の目がとても気になります。また、上司や世間から、自分が抑えられている、認められていないという思考になりやすいです。
    こういう思いについても、思考パターンを抱える自分を受け入れてあげる・・・が癒しにつながるのだと思うのですが、その感覚がいまいち良く分らないのです。経験や体験としてどうすれば良いのでしょうか?是非、教えてください。

    • いつもお読みくださり、ありがとうございます!

      >こういう思いについても、思考パターンを抱える自分を受け入れてあげる・・・が癒しにつながるのだと思うのですが、

      間違ってはいませんが、そうやってもあまり前に進まないかなと思います。なぜ、そういう思考パターンが出来たのかという原因(心の傷)を見つけ、それをすぐに解放しようと必死になる前に、まずは受け入れましょう、ということなんです。

  11. 受け入れれば、幸せになれる。

    確かに。

    幸せであるなら、幸せ。
    起こることは起こる。

    たぶんシンプルなのでしょうね。

  12. 強い魂、弱い魂。気高い魂。

    魂のケア。

    魂の弱い、強いって何ですか?

    魂が強い、褒め言葉のように言われるけど、ただそういう性質ということですか?

    • こんにちは!コメントありがとうございます。

      すべての魂は気高く、すべての魂は、強くも弱くもあり、そして、すべての魂は「愛」だと思います♪
      人間も同じだと思います。ただ、自分に気高さ、強さ、弱さ、愛があることをときどき忘れることがあるだけですね。

  13. あゆかさん
    ごぶさたしています。こんにちは。
    怒りを手放したら・・・といいましても、自分が手放したという自覚も薄いのですが、自分で自分に刃を指すような状態が苦しくなって、少しずつ目線を変えた感じでしょうか?そうしたら、少しずつ物事が動き出しては止まりを繰り返しています。苦しさから抜け出せた歓びと、またいちから紡いでいかないといけない現実が重苦しくのしかかってくるのが怖くて(本当に重苦しいかはわかりませんが、私の想い過ごし?)現実逃避しています。

    とても苦しくて一人でいられなくて、怒りを誰かに共感してほしくて、たくさん書き込みをさせていただきましたが、少しずつですが、自分が前に一歩出られるようになってきたということかなと思い、変化のご報告です。幸せ!満足!とは活きませんが、間違えなく二年前とは違っています。

    あゆかさんのブログにも何度も励まされました。
    引き続き自分と向かい合い、現実と向かい合い、思うようにならない中でも何か実りがあるように(よくばりでしょうか?)無理せず頑張っています。

    思い立って近況報告です。

  14. あゆかさんこんにちわ。

    さいきんじぶんでも驚くほど、意識の変化といままでに聞いてきたことへの理解が深まっており
    猛スピードでなにかがおこっているかんじがして、静かな興奮を感じています
    ブログも前はへえー、そうか、そうかんがえればいいのだなーと思っていたのに今ではスパーン!と心に入っていくような感じがしています。

    素朴な疑問なのですが、スピリチュアルではよく[自分の内面が外側に反映される]と言いますよね。
    自分を愛せるのならば、その反映として自分を愛する人が表れるや、自分が満たされていれば満たされた状況が表れるなどなど。

    でも、いわゆる悟りを開いた覚者でも人生で健康面、人間関係、経済状況などで困難に立たされている場面を度々目にするのは何故なのでしょう。

    悟ると、状況が変わることではなくて、状況に対する自分の反応がかわるのです、とはよく聞く言葉ですが

    だったら内面の反映とかいう話はどこへいくのだろう?と疑問に思います。

    お時間があればお話を聞いてみたいな、と思いました。

  15. 今日の記事も解り易く私の心に響きました。
    →ピンクの像を考えないで下さいというと、ピンクの像の映像が頭に張り付いてしまうのと同じです。

    ポジティブに考えようとか、受け入れると楽になると思えば思う程出来ない自分にイライラしたり落ち込んだり焦ったりの繰り返しでした。
    又状況の変化が私の成長の証なのではと勝手に思っていましたので、変わらない事への焦りや不安もありました。

    状況に良し悪しはなく状況に対する見方が変わる事の意味が少し分かったような気がします。
    ありのままの自分や今の状況を隠すことなく付き合える自分自身と
    「私こんな事でくよくよ悩んでるのよね」と本音をさらけ出せる友達が一人でもいたら幸せだと思えるようになりました。
    永年の自己否定と自己防衛に疲れたのかもしれませんね(笑)
    give up!降参です。

  16. あゆかさん、初めまして!2か月前ほどにあゆかさんのブログを知り、それから毎回楽しく読ませて貰っています。過去ログも全部読みました!

    実は今、とっても心が動揺していて不安に飲み込まれてしまっています。どうかあゆかさんのアドバイスを下さい!お願いしますm(__)m

    動揺の理由とは、新居の間取りを失敗したことです。注文住宅だったので自分で間取りを決めることができたのに、いざ引っ越してみるとリビングダイニングとキッチンのつながりや居心地が悪いんです。考えれば考えるほど憂鬱なのですが、ローンがあるので引っ越すわけにもいかないし、リフォームするにも大規模な改築になりそうです。

    家を建てれたのは有り難いことですし、贅沢な悩みだと承知しています。私も受け入れて前向きに新居を楽しんで大切にしていきたいのですが、どうしてこんな間取りにしてしまったんだろう、もうダメだ・・・、と強い不安と後悔に飲み込まれてしまいとても苦しいです。

    辛い気持ちが強くてパニックになっている場合、気持ちを落ち着けて頭をクリアにするにはどうしたらいいでしょうか?とにかく今はこの辛い気持ちを全部吐き出して感じなくなりたいです。

    どうかアドバイスを宜しくお願いしますm(__)m

    • 自分で自分に返信です(^^;)あゆかさん、先日はいきなり悩みをぶつけてしまって申し訳ありませんでしたm(__)m自分の感情は自分の責任なのに、誰かにどうにかしてもらおうと暴走してしまったと反省しています。本当にごめんなさい。

      大したことない問題で取り乱してしまうほど器が小さくて恥ずかしい限りですが、これが今の自分だと受け入れて、自分の思考や感情を見つめようと気持ちを切り替えました。

      まだ少し動揺が残っていますが、今回の件で、励ましてくれる周囲の有り難さや思いやりの大切さが分かったり、自分ができることが沢山あるんだと気づいてきました。成長して、将来、この一件があったことに感謝できるよう頑張ります!

      あゆかさん、コメント欄を使わせていただいてありがとうございました!これからもブログを読んで勉強させていただこうと思います。ありがとうございました。これからも応援しています(*´∀`*)以上、長文失礼しましたm(__)m

  17. あゆかさん、こんばんは。

    >なので、ぐるぐる行き詰っている方を見ると、プロのセッションを受けることをお薦めしたくなります。

    私はセラピーやカウンセリングを利用して、癒しや解放に取り組んできましたが、
    あまり変化はありませんでした。

    そして、あゆかさんの過去の記事などを読み、
    すぐに癒しが進まない人変われない人がいる事も知りました。

    それでも諦められず自分を何とかしたくて、違うセラピーを受けてみたりカウンセリングを続けてみたり
    しましたが、やはり変化は感じられませんでした。

    行き詰って苦しい→自分の力だけでは解決できない→プロの力を借りる
    →それでも解決できない→「                」

    どうしたらいいんでしょうか・・
    またセラピーやカウンセリングを受けて、という気持ちはもうあまりわかないのですが。

    超初心者の質問ですみません(>_<)

    • コメントありがとうございます!

      きちんとお返事するには、どんなことがテーマで、なにが変化しないのか、パンプキンさんがどんなタイプの方で、どんな過去の出来事があったかなどをお聞きしないと、どうしてプロのセッションで進まないのかが、ちょっと見えてこないんです。

      無意識の抵抗があるのか、それとも今まで使ったセラピーがテーマに合っていないのか、または、パンプキンさんに合っていないのか、それとも深いところが掘りきれていないのか、またはなんらかの思考癖が邪魔しているか、そのへんが分かりません。

      もう少し詳しい情報をくだされば、なにかお返事できるかもしれません。が、ちょっと考えている案がありますので、その発表もお待ちください。(におわせぶりですみません)

      • あゆかさん、こんにちは!

        お忙しい中、お返事いただきありがとうございました。

        セラピーを受けてもダメならどうする、の答えを安易に求めてしまいました。
        自分で見つけなきゃなのにですよね。

        これからもブログ楽しみにしています!
        何やらの発表も待ち遠しいです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中