ゲームの目的は、愛、智恵、そして力を経験すること

今週から二週間、ロンドンカウンセリングコースが始まりました!( Integrated Counselling Diploma Course)いろいろな意味で、私にとってとても大切なコースであり、やりがいと喜びが感じられるハートわっくわっくの仕事です。でも、更新が遅れてしまいます。

さて前回は、目覚めの話でしたが、コース中でもあり、私のハートはやはり「癒し」にあるなぁとつくづく思います。ということで、今回もコメントにお返事させてください。

さまざまな今生での出来事を経験したくてここに来た、というなら何となくわかります。辛くても,それが自分(?)の希望だったと理解して,耐えるというか経験していくという意味で。だからどうして自分だけこんな目にって思うこといっぱいあっても,別の視点(経験しにやって来た)から見るように自分を持って行くっていう。<省略>最近本当に多く感じるいじめで自ら死を選ばざるを得ないと思ってしまう人達がいるけれど,そういう悲しさや悔しさもゲームなのだろうか。

まず、「いろいろな出来事を経験する」というのと、「いろいろな経験をする」というのは、意味が微妙にまったく違うでしょう。私たちは、いろいろな出来事に遭遇するために生まれてきたのではなく、いろいろな経験をするためにここに来たんです。

「経験」というのは、ものすごく主観的なものです。例えば、3人がまったく同じ出来事に遭遇していても、経験はそれぞれ違いますね。

経験とは結局、出来事に対して「自分が思ったことと、感じたこと」です。

かつて私が東京で働いていたとき、上司と一緒に役所へある問い合わせをしに行ったことがありました。私は、担当の女性がすごくぶっきらぼうで横柄だと感じ、途中からむかむか腹が立っていました。

上司も同じように感じているだろうと隣にいた上司の顔を見てみると、まったく気にしてない様子で、そのまま淡々と用件を済ませていました。私は、少々驚き、部屋を出たあと、“担当の女性の態度、すごく横柄じゃなかったですか?”と聞くと、上司は、“そうだったかしら・・・?”とまったく感じていない様子でした。

つまりこのとき、「役所で私は横柄に扱われた」というのが私の経験で、「役所で用を済ませた」が上司の経験になるわけです。

当時、私は自分が「自分は能力以下に見られる」と真剣に悩んでいました。それを友人たちに相談すると、“グレーのスーツを着るとできそうに見える”、“眼鏡よ、眼鏡、かしこそうに見えるから”とか、“低い声で話すと、信頼されるよ”とか、いろいろアドバイスをもらい、ぜんぶ試してみましたが、効果ゼロでした。

話が逸れましたが、「私は能力以下に見られる」という思いを担当の女性の態度に投影し、適当に扱われたと思って、腹を立てていたわけですね。ところが、そういった思いを癒し、「私は、それなりにやっている」という思いにしっかり変わっていくと、「人からバカにされる」という経験もなくなっていきました。

さてイギリスでも、激しいネットのいじめも含め、いじめはやはり大きな問題です。思春期までの子供にとって、いじめはかなりきつく、とても辛い出来事です。当人が自殺してしまった場合、家族はもちろん、関わった人全員の心の中に深い暗闇ができてしまいます。

じゃぁ、魂はいじめられるという出来事を選んで来たのでしょうか?そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

しかし、ここではもう少し広い視野で見てみると良いかもしれません。魂が、辛さや深い暗闇を経験することを計画してくることもあるでしょう。でも、それは最終的に「愛」を真に体験したいからだと私は思っています。

ガイアも「(あなたの)人生の目的が何であるかにかかわらず、愛、力、智恵というこれらの三つが必ず盛り込まれています」と言っています。また、人間ゲームをやっている私たちが住む宇宙は、「調和を生み、もたらし、そしてさらにもう一段高く、拡張した調和へと発展していくように作られているのです」とも言っていますね。

つまり、私たちがここにいる理由は、単に、“出来事があった、苦しかった、辛かった、終わり”ではないんです。

忘れてならないのは、苦しさ、辛さ、暗闇は、必ず癒されるということです。癒されない心の傷、癒されない心の闇というものは、存在しません。(断言)

ただ、無意識に癒しに抵抗する人はたくさんいます。例えば、人によっては怒りをずっと抱え続けたいと深いレベルで思っている人もいます。怒りを解放するということは、加害者を許すことだ、そんなことは絶対しないぞ、とその人が決めていれば、その怒りを癒すことは誰にもできません。

でも、怒りを抱え続ける苦しさを経験し尽くし、ある時点でその人は、もう手放したいと願うかもしれません。そして怒りを解放し、相手を許したとき、実は許しとは、相手のためではなく、自分のためだったと学ぶでしょう。(智恵)

そのとき、その人の心の中に今まで経験したことがなかったような心の平和が広がり、許し(愛)の力を経験するでしょう。魂によっては、この許しに至るまでに、いくつもの生を経ることもあるかもしれません。

しかし、暗闇を通っただけに、自分の中に感じた許しの愛のパワーに大きなインパクトをきっと受けはずです。それは、愛を深く体験した一瞬です。それを経験したとき、この人の中で、いじめの出来事は、最初に感じた経験とまったく違う経験に変わりますね。なぜなら、思うことと感じることが変わってきているからです。

真の癒しとは、ひどい目に遭ったかわいそうな私を癒すだけではなく、癒しを通して、学び、成長し、さらに高い視点に立てることだと思います。

被害者も加害者も心の闇を癒し、真の智恵を身につけ、愛を体験し、そして、その人たちがもたらす智恵と愛の波動が、この地球と宇宙をさらに高い調和へと導くのだと思います。

前回の続きで書くと、この驚異的で荘厳、かつ深遠で壮大なゲームは、夢から覚めたとき、“あっ、今まで何も起きていなかった”と分かります。

でも、私たちはありえないほど大掛かりで、奇跡としか言えないようなゲームをしているんです。大いに楽しみ、しっかり人生を味わいたいですね♪

☆スピリチュアル心理学基礎講座 in ロンドン

 内容:こちらをクリックしてください→☆
 日程:2012年10月27日(土)、28日(日)(10時~4時半)
 場所:Caterham(ゾーン6 私の自宅)
 費用:150ポンド(二日間)
 申し込み:info_ayukahealingspace@yahoo.co.jp まで
 「ロンドン・スピリチュアル心理学講座申し込み」と題し、お送りください。

☆日本でのスピリチュアル心理学、基礎、中級、上級講座は、来年2月と3月に開催予定です。詳細は、追ってメール&ブログでお知らせいたします。また、目覚めのセミナーも開催しますので、ご都合がつく方はぜひいらしてください!

ゲームの目的は、愛、智恵、そして力を経験すること」への24件のフィードバック

  1. そうかぁ・・。

    「分離(恐れ)」から始まり、「愛」を目指す壮大なゲームを、わたしたちはしているんですね。ゴールは「愛」なんですね!

    ゲームの目的は、分離という過酷なでチャレンジングなハードルを設けても、愛/智慧/力という目的地に到達出来るか・・。

    わたしは覚醒に至る前に、もっとゲームを進めて行かなくてはいけないのかもしれない、と思いました。

  2. あゆかさん。
    いつも心が軽くなるメッセージありがとうございます。
    ブログの更新をいつも楽しみにしています。

    苦しさ、辛さ、暗闇は、必ず癒されるということです。癒されない心の傷、癒されない心の闇というものは、存在しません。(断言) ←とても勇気づけられてその言葉だけで癒される思いがしました。
    改めて、「あ~ 私自身が、手放したいものを握りしめてるだけなんだ。」と実感しました。

    私も愛を体験するために生まれてきたのだと、心から信じようと思います。

    ありがとうございました。

  3. そうなんですね。

    癒されることのない場合もあるんですね。
    苦しい経験が多い人生で、悲しくて、スピリチャルや心の仕組みの知識を学んできましたが、
    だからといって、みんながそこからステップアップしていける訳ではないんですね。

    私自身が執着から離れられない限り、意識上どんなに幸せになりたくても、勉強したり、カウンセリング受けたりしてもどうりで成果がない訳ですね。

    で、カウンセラーとかにひどいこと言われたりして傷ついたりして。
    すべて私の選択している事が現実になっている、結局は自分の責任で覚悟ができないせいですよって言われ、そのとおりです。
    じゃあどうやって、自覚もない抵抗をどうすればいいのかと思いました。

    全然生きやすくなっていないから、私が何か間違っているのですが、心が軽くなったり、少しは光が見えるようになるのかと、スピリチャルなことに取り組んできた結果は何もありませんでした。

    あぁやはりだめなんだ、そのまま辛い人もいるんだとわかりました。

    こういうスピリチャルなこと知って、セミナーやセッションを受けて、結果が出なかったからだけどかえって絶望感が強くなりました。

    • コメントありがとうございます! 

      基本的に、“あなたは~~だから、癒されない”(覚悟ができていないとか)というような言い方をするカウンセラーの言葉は無視していいかと思います。それは、カウンセリングというより、カウンセラーの考えの押し付けです。最終的には、どうしても本人が手放したいと願わないと癒しは難しいですが、無意識の抵抗を見つけて、解放する方法はいろいろあるんですよ。(ほとんどの人が、無意識の抵抗を持っていますので) 

  4. 「自分」とは大海そのものでもあり、表面の波でもあるんですよね。
    大海の方は「真の自分」で、波の方は「エゴの自分」なのですよね。
    大海の(真の)自分が波の(エゴの)自分を含む、という図式。
    そのどちらも自分であり、その両方は同時に存在しているのですよね。

    ところで時間や距離って、エゴが我々に「分離」を信じ込ませるために作りだしたカラクリなんですよね。
    ほんとは時間も距離もなくて、「今」と「ここ」があるだけなんですよね?
    「今ここに、真の自分もエゴの自分も同時にある」

    で、今我々はその一方である「エゴの自分」に意識をフォーカスしている状態。
    だからこっち側にいる自分しか感じられない。
    他者と分離された「私」というエゴの世界にのみ注視している状態。

    このエゴの世界は苦しいこと辛いこと悲しいことが多くて、
    私たちはそこから抜け出したくて楽になりたくて、
    覚醒して愛や知恵や力を感じたい!と思うわけですよね。
    大海の私、大いなる私、ワンネスの私にもどりたい…!と。

    でも、現象のない大海の世界と、現象界である波の世界は、コインの裏と表。
    どちらもあって、しかも同時に存在している。

    だから、どちらか一方からもう一方へ移行するということではないですよね。
    ある時、意識が「大海」の方にフォーカスすることはあっても、
    「自分」という意識がある限りは、そこはエゴの世界であり。

    そもそも、なんでこの「エゴの世界」があるのかというと、「経験するため」ですよね?
    静かに「ただ在るだけ」の「大海」と、苦しみ悲しみ喜び愛etc.…を経験する「波」は、同時に存在していて、
    私たちは今たまたま「波」に意識をフォーカスして、ありとあらゆる経験をしている。

    その経験に、いい経験とか悪い経験とかの良し悪しはなくて 、
    どれもただ味わうべき経験ですよね?

    だから怒りも苦しみも悲しみも孤独も、嫉妬もいじわるも、ただの経験。
    喜びも愛も友情も美しい景色に心を奪われるのも動物を慈しむのも、ただの経験。
    (しかし全部素晴らしい経験)

    だから、何もかもありのままでいいんじゃないか?
    何かを変えなければ、癒されなければ、愛深い人にならなければ、目覚めなければ…なんて思う必要もなく、
    頭に来たら怒るし、嫌いなものは嫌いなままだし、それを何とかしなければ…!って思わなくてもいいんじゃないかな?
    それも経験。全部経験。で、こここはそういうことを経験するところ。
    それを経験するために、ここにいるんだから。

    …と思うようになってから、
    「良き方向に上って行かなくてはなりません」…みたいなのにちょっと違和感があるんです。

    今回の記事のタイトルの、
    「ゲームの目的は、愛、智恵、そして力を経験すること」というのも、
    愛や知恵や力だけではなくて、憎しみや無知や無力を経験することも、
    どちらも同等の素晴らしい経験で、すべてを経験することこそがこのゲームの目的なのではないかと。

    >人間ゲームをやっている私たちが住む宇宙は、「調和を生み、もたらし、そしてさらにもう一段高く、拡張した調和へと発展していくように作られているのです

    ここからどこか高みへと上っていくことが良いこと、なのでしょうか?

    だってどこへも行けないのでは?
    今ここしかないし、今ここに全部あるのでは?
    真の自分も波の自分も、怒りも悲しみも苦しみ孤独も、
    喜びも愛も平和も調和も。全部。

    で、今自分が経験しているのは、今それを経験しようと思ってしている(自覚ないですが)のだから、
    自分が何か良くないから(癒されていないからetc.)何とかしなきゃ!(癒されなきゃ!)って思うこともないような…。
    頑張って自分を癒そうとして、でも何も変わらなくて、そんな自分を責めたり絶望したり、そんな必要ないんじゃないかな。
    何か良き方へ向かっていかなければ…!と頑張る必要もないのでは…と。

    癒そうと頑張る必要はなくて、癒されてない自分を経験しているそのままで、
    ネガティブな思いをいっぱい抱えてる自分のそのままで、
    まさに「そういう経験」をしている。それだけのことなのでは?

    「悲しみ」を抱えているならそれを経験したかったんですよね。
    「怒り」を抱えているなら、それこそを経験しようと思ったんですよね。

    だから全部ありのままで。
    その全部を経験するための、この現象界なのでは、と。

    その経験に気が済んだり飽きたりしたら、
    また違う経験を味わうようにするでしょう?自分で。
    だってこの世界はぜんぶ自分がつくりだしているイリュージョンなのだから。

    …っていうことをずっと考えているんですけどどうなんでしょう。
    間違ってますでしょうか…?

    すごく長い文章になりました。
    すみません。

    • コメントありがとうございます! 

      じっくり読んで、じっくり考えてくださっている様子がよく伝わり、とても嬉しく思います。基本的におっしゃっている通りだと私も思います。

      まず、「~~しなければならないこと」は何一つもないと思います。「癒さなければいけない」こともなければ、「ネガティブな感情を手放さなければいけない」こともありません。

      なので、“もう手放したいと願ったら”という表現にしているんですね。「しなければ」ではなく、「したい」ことをするのでまったく良いかと思います。ネガティブな感情を経験したいなら、大いにすれば良いでしょう。で、手放したくなったら、手放せば良いんです。ただ、それだけです。

      ネガティブな感情を抱えていることが良くないとか、今の自分が良くないというのは、エゴの判断の世界です。

      「調和を生み、もたらし、そしてさらにもう一段高く、拡張した調和へと発展していくように作られているのです」

      これは、文字通り受け取ったほうが良いかと思います。そういう宇宙としてデザインされているということですね。これが良いことだから、それを目指さなければいけないというメッセージではないんです。(エゴはそう解釈したがりますが)

      これからも、ぜひブログを読んでくださいね♪

      • あゆかさん、お返事ありがとうございます。

        >まず、「~~しなければならないこと」は何一つもないと思います。「癒さなければいけない」こともなければ、「ネガティブな感情を手放さなければいけない」こともありません。

        もちろんそうですね。
        あゆかさんからそういうお返事が来るかと思っていました。
        この部分は実は上のコメントを書いた方に向けてのメッセージのつもりで書きました。

        『うまくいかない人生は、自分の中に癒されない何かがあるからで、
        それを癒していけば幸せに生きられる。』 らしい。

        じゃあ、何としてもそれを癒して幸せになりたい!
        だけど何をしてもどう頑張っても、ちっとも状況は良くならないし幸せになれない。
        どうして…?

        そこで、
        「癒されない自分は、自分の中に抵抗がある」
        「自分が握りしめて手放さないから解放されないんだ」
        と言われると、
        ああ私が幸せになれないのは自己責任なんだ、やっぱり自分のせいなんだ、自分がダメだからなのね…。と思ってしまう。
        そして前よりももっと救いがなくなってしまったように感じて絶望してしまう。

        こういった「自分を癒せば…」という知識が、諸刃の刃になってしまう危険性を、
        ずっと感じていました。

        >なので、“もう手放したいと願ったら”という表現にしているんですね

        もちろん誰しも顕在意識の上では「今すぐ手放して幸せになりたい!」と思っていますよね。
        でも「だけどあなたの無意識の中に手放したくない思いがあるんですよ」っていわれたら、
        どうしたらいいんでしょう。
        無意識の中なんて自覚がないからわからない。
        自分ではコントロールできない。
        出口がなくなってしまいます。

        でも大丈夫、その無意識の抵抗を解放する方法はいろいろありますよ。
        って言ってもらえてほっとするけど、そのワークは○万円するんですよね…。

        カウンセリングもセラピーも、継続して続けなければ一定の効果を得ることは難しいらしい。
        でもそんなお金はないし…。

        ここで行き詰まってしまう人が大勢いるのではないかと思います。
        私もその一人でした。

        「自分ひとりでも、お金をかけなくてもできることはあるよ。
        でもかなり根の深いところにある思い込みは、プロの手を借りたほうがいいですね。」
        ああやっぱり自分をちゃんと癒すのにはお金がかかるんだ…。
        お金のない癒されないままの人たちは、出口のないまま癒されない自分を抱えて生きるしかないんだ…。
        何人かの口から、同じことを聞いたことがあります。

        「自分を癒して楽になる」ことに一生懸命になって、でもうまくいかなくて、
        そんな自分を無意識に責めることで余計に辛くなって、
        疲れて息切れしている人がたくさんいるような気がするんです。
        本末転倒なような。

        で、上に書いたような経過を長きにわたって経てきた私がたどりついたのは、
        全部このままでいい。ってことでした。
        癒されない過去を大事に抱えて手放さないのは、
        その傷によって感じる感情(怒りや悲しみetc.)を感じたいがためにエゴがわざわざシナリオを書いて感じさせてるんだから、とことん感じればいいや。
        ここにいるのは「経験」をするため。
        経験に良いも悪いもなくて、私(のエゴ)はたまたまこの感情を選んで、まさにこれを感じるために、ち密なシナリオをかいたんだから、それに抵抗せずに感じればいい。

        素直に「ああ苦しいな…」と感じることはあるけど、
        「これを感じるために感じてるのね」って思う。
        まさに「ザ・現象界」のだいご味というか。

        で、どっちにどう転んだとしても、どっちみちこの世界は実在しないまぼろしで、
        何を感じ何を経験しようとも、本当の自分は安全安心なすべてが満たされた世界で、
        ディスプレイの中で繰り広げられている「現象界人間ゲーム」をただ見守ってるだけなんだから。

        そんなふうに、ある意味やけくそ気味に開き直って、
        ネガティブ満載でもオッケーオッケー、心の傷大事に持ってるよ、まだ手放さないよ~
        って生き出したら、
        なんだかすごく楽になりました。
        人生にいいことがぼちぼち増えてきました。

        ここで、「ありのままの自分を受け入れる」ってところにもどってきたような感じです。

        なんだかそんなことを、bell さんに伝えたくなりました。

        あゆかさん、本当に長々とすみませんでした。

        • やっと秋さん
          私も同じことを思っていました。
          (人のふんどしで相撲を取るみたいで申し訳ありません)

          >“「自分を癒して楽になる」ことに一生懸命になって、でもうまくいかなくて、
          そんな自分を無意識に責めることで余計に辛くなって、
          疲れて息切れしている人がたくさんいるような気がするんです。
          本末転倒なような。
          で、上に書いたような経過を長きにわたって経てきた私がたどりついたのは、
          全部このままでいい。ってことでした。”

          わたしはやっと秋さんのように文章でうまく表現することはできないのですが、今,
          まさにこういう心境です。

          そして私も

          >“そんなふうに、ある意味やけくそ気味に開き直って、
          ネガティブ満載でもオッケーオッケー、心の傷大事に持ってるよ、まだ手放さないよ~
          って生き出したら、
          なんだかすごく楽になりました。
          人生にいいことがぼちぼち増えてきました。”

          事実↑のようにいいことというか、いい気分なことが増えてきました。

          やっと秋さんに心の中を文章化して頂けたような気がします。ありがとうございました!

          だから、と言ってはなんですが私個人のとしてセミナーに興味はあるのですが、受けても受けなくても同じなような気がするんです。。。
          覚醒にも興味はありますが、したい!!と強い思いはありません。そんな体験ができたら面白いなあとは思います。

          やっと秋さんと私が同じ思いだとはもちろん言えないのですが、
          あゆかさん、こういう心境は心理的な段階の一つなのでしょうか。

          • コメントありがとうございます! 私は、長年自分のネガティブな部分も受け入れると楽になります、という話をしてきていますが、それが本当の意味で体験として実感なさっているなぁと感じます。

            「癒すと楽になります」は絶対本当です。多くの人が楽になっていますし、私自身、楽になっただけでなく、いろいろなことも体感として学べ、ものすごく役立っています。でも、「癒さないと楽になれません」は、違います。これは、エゴの声ですね。

            このへんについて次回は書いてみようかなと思います♪

          • あゆかさんありがとうございます。

            >私は、長年自分のネガティブな部分も受け入れると楽になります、という話をしてきていますが、それが本当の意味で体験として実感なさっているなぁと感じます。

            そうなんです!あゆかさんの著作&ブログがかなりの割合で助けになりました。

            とは言ってもあくまで自分ひとりで理解した範囲というか、かかっていたセラピストがいたわけでもないので正しい(と言っては語弊があるのかもしれませんが)方向に行ってるのかはわからないなあ、と思っていました。
            そして、最近はどっちの方向に向かっててもいいや、という思いでした。

            自分の機嫌を他人に委ねなくなったら本当にラクになりますね~
            私は今、自分に甘々です(笑)いい子いい子しています!私は私の味方です!!他人から見てステキになるのではなく、自分のハートが求めることをして、求めるところに旅に行きたいです。あゆかさんのように。

            記事楽しみにしています!!!

  5.  あゆかさん、こんにちは。ひとつ質問させてください。
    人間ゲームについての中で、一番よくわからないのが、
    「ゲームは、夢から覚めたとき、“あっ、今まで何も起きていなかった”と分かります。」
    というところなんです。
     今回のブログを読むと、「何も起きていなかった」という意味は、普通の「何も起きていなかった」という意味ではなく、
    「絶対的なものは何もなかった、絶対的に苦しむべきことも悲しむべきことも試験に落ちた(ように思った)ことも何もなく、そのように思えたことはすべて自分が感じたいように感じて経験したにすぎなかった」ということですか?

    • バジルさん、いつもありがとうございます!

      ここでも、普通の「何も起きていなかった」という意味で使っています。比喩ではなく、本当に何も起きていないんです。すべて夢なんです。

  6. こんにちは。皆さんのコメントも興味深いです。
    苦しいことから、1つ1つを見ていくと、自分の思い込みに気がついて、1つ1つ楽になっていきます。
    そうなのですが、どうしても納得いかないことがあります。
    私は、組織で仕事をしています。だから、職層や身分によって、待遇が違うのです。先月から、私の1つ上のポジションに新しい人が配置されてきました。私より上のポジションの人は、同じ仕事をしているのに、全然待遇が違うのです。これには本当に腹が立ちます。給与も、上司の監視の目も、だけど印刷等の雑用は私が行っています。こういう風に、身分によって、待遇の違いが明らかな場合は、それによって憤るのは、どうしたら良いのでしょう。これも自分の持っている思考や感情のせいで、それを癒したら、仕事は同じであるのに待遇さによる憤りをおさめることができるでしょうか?教えてください。

  7. 先日パワハラの質問をさせていただいた者です。あゆかさんに聞いて(?)もらったら、もやもやが晴れました!(笑)具体的に「これに気付いた」とか、現実が変わったとかでは全くないのですが・・・ありがとうございました^^

    今回のコメントを読んで思ったのですがみなさんがおっしゃっていること、いわゆる「魂の暗夜」ですか??
    私はあゆかさんが薦めてくださっているクリスティン・ペイジさんの本で知った言葉ですが、他の本にも出てくるし、実際自分も「これが『へびと梯子』なのか・・・!?」と思うようなことがあったり、「長い廊下に踏み出したことによって起こること」などの項目に思い当たることがあったり・・・。色んな(スピリチュアルな)ことを学ぶからこそ起きる出来事だったり、苦しみだったりがありますよ~っていうことを優しく書いてくださっていて、大好きな本です。もしかしたら自分に起こってることは違うかもしれないけど(笑)

    『スター・ピープル』の対談も読みました。「本当はいつも覚醒状態」ということにはすごく驚きました!でもそうなんだぁ~と、納得もしました。もうすでに覚醒状態なんですね、私たちは・・・はははは^^

  8. やっと秋(気持ちよく分かります!)さん、こんにちは!

    「ありのままの自分を受け入れた」

    これがなかなか難しくて多くの方が苦しんでいますから、とえも素晴らしいです!

    >でも「だけどあなたの無意識の中に手放したくない思いがあるんですよ」っていわれたら、どうしたらいいんでしょう。

    私の専門分野の話なので、書きたくなってしまいましたが、どちらかというと、皆さんに向けて、ご参考までにお返事を書きかせてください。
    「無意識に癒しに抵抗する人たちもたくさんいる」と書いてしまいましたが、「無意識に癒しに抵抗するケースもたくさんある、または、無意識の抵抗で癒しが起きないことも多い」という表現に変えたいです。その上で、

    「あなたの無意識の中に手放したくない思いがあるんですよ」とだけ言いうセラピストさんは、う~ん、どんなやり方をしているのだろう?と、ちょっと不思議な気持ちになります。また、無意識の抵抗を探し、解放するセッションというものはあまり聞いたことがなく、それにいくらというお金をつけるというのも、通常考えにくいんですね。

    基本的に、その方のお悩みをテーマに、セラピストとクライアントさんが潜在意識を一緒に見ていき、解放のワークをしていく過程で、“あれっ、数値が下がりませんね、なにか他に引っ張っているものがあるか探ってみましょう”(EFTの場合)とか、“あれっ、また感情が逃げちゃいましたね”とか、“インナーチャイルドに反応がありませんね”などなど、そんな感じで無意識の抵抗が見つかる場合がほとんどです。

    で、そうなったときに、じゃぁ、そこを見て行きましょうかとなります。なので、ワークをしない限り、その方に無意識の抵抗があるかどうか、分からないはずですし、ワークをして無意識の抵抗が見つかったときは、どんな思いの抵抗があるのか、ほぼ分かります。

    ツールとしては、EFT(マトリックス・リインプリンティング、ピクチャー・タッピングなど、これらはEFTから発生したもの)が早くて、効果が高いなぁと私は思っています。

    • あゆかさん、こんばんは。
      (そちらはお昼でしょうか、こんにちは。)

      マトリックス・リインプリンティングもピクチャー・タッピングも、とても素晴らしいテクニックなのだろうと思いますし、
      >「癒すと楽になります」は絶対本当です。
      も、もちろん本当にそうなんだろうと思います。

      ただ、私が言いたかったことはまたちょっと違うのですが、また長くなってもいけないので、いつかまた、コメント欄であゆかさんにお聞きできればと思っています。

      あゆかさん、コース中の大変お忙しい中、お時間を割いてお返事いただきありがとうございました。

      mimizuqさん、気持ちを少しわかってくださり、うれしかったです。
      ありがとうございました。

  9. ツールや技法が、個人の叡智?のようなものを、超えることはないんじゃないかなって、私は思っています。セラピストやカウンセラーに出来る最大のことは、肯定的でニュートラルなオーラというか、理解の目線を、注ぎ続けることではないでしょうか。あなたが今のあなたになったのは、それなりの道のりがあったのか、なるほどな、それで大丈夫だよ、って。

    そして、癒しは、自分にしか起こせない魔法だと思う。どんなにすばらしいセラピストやカウンセラーがいても、それは、きっかけというか助けであって、本当に魔法を起こせるのは、自分自身です。
    それを自己責任、と言ってしまうと、突き放されて怖いというか・・重たい感じがするけど、私は、自分自身という聖域に立ち入れるのは、自分しかいない、という感じで捉えています。それくらい、大事なものを、マニュアルでは決して解決しないオリジナルを、1人ずつが抱えてるって思ってる。

    1人じゃどーしようもないんだよーってなるときも、もちろんあるし、誰かの助けを借りることも、
    ツールや技術の力を試すこともあるけど、この人なら、私の聖域の中に入れてもいいよっていう信頼を抱くことも、これ使ってみようかな、て、そういう判断をするのも、結局は自分だし。  

    それから、私は、癒しを、どこかに突き刺さった矢をはずす、みたいなイメージで捉えているので、癒しにはどこかしら痛みが伴うものだ、とも思っています。でもその、突き刺さっていた矢がとれた後は、今までよりほんの少し、軽く、楽に生きられるようになる、そういうイメージを持っています。

    • さばさん

      こんにちは。
      「癒しは、自分にしかおこせない魔法」このコメント、ぐっときました。
      私も「そうかも知れない・・・本当に」としみじみ感じました。
      長いこと、素晴らしいと思うカウンセラーの方にお世話になっています。楽にはなるけれど、やっぱり自分の深いところから「癒してあげよう」という声が何よりも決めてのように思います。
      ここ数日から、ようやくそんな風に思えるようになりました。ずっとひっかかっていた(さばさんの言葉でいう「突き刺さった矢」のようなもの)ものが、今はひっかからない感じです。
      今までは違った感覚で「幸せになるんだ。幸せにしてあげよう。愛を経験しよう」そんな風に胸で感じてあげています。そうして、これからどんな人生を歩みたいのか、ゆったりとイメージして眠るのです。こういうイメージを持って、安心が定着すると、きっと気がついたら、変わっていたになるのかも知れませんね。
      ぐっとくるコメント、ありがとうございました。

      • こちらこそ、すてきなコメントありがとうございます。

        自分でしか自分は癒せない、だけどそれが出来ないときや、そんなこと出来るなんて信じられないときは、思いっきりプロによりかかったらいい、そんなふうにも思ってます。よりかかって甘えても、どんなに悪態をついても、とことん信じて守り抜いてくれる。そういう場所は、ちゃんとあるし、そういう場所で、少しずつ自分を信じるっていうことや、愛されるっていうことも、少しずつ学んでいけるんだと思っています。

  10. はじめまして。先日こちらのブログを見つけました。
    今までスピリチュアル関係で繰り返し目にし、頭では理解してるんだけど・・・という事柄が
    あゆかさんの文章だとすっと心に入ってきました。
    初めから読んでみようと思うのですが、以前のブログはどこか別のところで読めるのでしょうか?
    気になったので、もし良ければ教えてください。

    • 「アーカイブ」の一番最初の月をクリックしてください。このブログの最初からお読み頂けます。またもっと昔の、楽天のブログは、http://my.plaza.rakuten.co.jp/ でお読み頂けます。これからもお読み頂けましたら幸いです♪

      • 早速のお返事ありがとうございました!
        それと書き方が悪くてすみませんでした。
        楽天ブログを見つけて、一番最初の記事が「豊かさを呼び込むオーラ パート2」だったので「パート1」はあるのかな?と思ったのでした。
        少しずつ読み進めてみるつもりです。
        これから自分にどんな変化があるのか楽しみです。
        素敵なブログに出会えたことに感謝します!

  11. 今日から、貴女のブログに出会い、また、この記事に出会い、意識が、徐々に変性して行くのを感じ大変嬉しく思います。本当に有難うございます。
    矢張り、この変わり目の時期にこういうガイドに出会うストーリーでした。人間としてのわたしのガイアのストーリーは。
    全ては、夢まぼろし、この広大な宇宙でさえ。全く、そうでしたね。ほんとに長い事
    その事を忘れていました。
    まだ、実感は来ていませんが、ああ、そうだったな〜と、とてつも無い静寂と、とてつも無い歓喜が融合した本来性のエッセンスの香りを嗅げました。ありがとうございます‼

    今年、一番インパクトを私に与えた言葉は、

    物質には、本来、重さが無い

    と云うもので、地球の重力下に於いて、私達、あらゆる物質は重さを与えられていて、
    それが、地球のこの人類のストーリーに、迫真のリアリティを与えているんだなと、思い、無重力下の私達、物質のあり様を見れば、まるで煙か、映像のようで、成る程、
    夢といわれるば、納得がいきます。

    私達が本来性へ回帰する時、この地球の途方もない豊かな多様性と美に、マジックが加わり、どんな素晴らしいワクワクする展開が起こるかと思うと、なんて素敵なストーリーだったのかと改めて感激します。

    私は、子供の頃から、上下関係や、画一化の抑圧に対し非常に抵抗感が強く、何も確かな言い切れる事は無いし、神様を崇めたりするのにも本気になれない性分がありましたが、

    何かほどけていける手掛かりにもなりました。全て、ストーリーですものね。
    感謝を学ぶことの。その事がこのストーリーの全てではないにしろ、制限の中にあって、生かされている存在としての当たり前の姿ですものね、感謝することは。そこから、本来性の愛や、智慧や、力が、進化、深化していくのでしょう。

    いやぁ〜ほんとうに、この出会いに感謝致します。

  12. >日本でのスピリチュアル心理学、基礎、中級、上級講座は、来年2月と3月に開催予定です。

    楽しみです。もっと早く開催して欲しいぐらいです。

    参加者は女性が多いと思いますが男性でもOKでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中