波動が高い人、低い人?

なでしこジャパン惜しかったですね~! 私は、サッカーにはまったく興味がないのですが、たまたまイギリスに遊びに来ている友人夫婦&その息子(15歳)が決勝戦を観たいというので、リアルタイムでテレビ観戦をしましたが、久しぶりにスポーツに一喜一憂して楽しかったです。

さて、友人夫婦とあちこち出かけていたので、更新がだいぶ遅れてしまいました。今回もコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!

ところで波動って何ですか?私は前は波動が高いとか低いとか、そういったことを信じていたことがあります。新興宗教やセミナーなど、この言葉で煽って選民意識を植え付けるような団体も数多くいたと思います。あゆかさんがあるとき「わたしもケツの穴 お前もケツの穴」(←たしかこんなタイトル)という本でも書こうかな~と冗談交じり?に書いていたことを覚えているのですが、私もあんまり人って変わらないと思うんです。あゆかさんと私もそんなに変わらないと思うんです。これって勘違いですか?もちろん私は覚醒していないし、教えてもらう立場ですが。上に書いたようなことで、波動が高い、低いにすごく抵抗を感じるんですが
実はもっと違う捉え方もあるのかなあと思いました。

今回もとても良いご質問です!

物理的な話を先にすれば、高い波動と低い波動は測定できますよね。そういう意味で、波動が高い、低いというのはあるかと思います。また、「波動が高い」ということは、エネルギーの密度が薄いということなので、物体は波動が低いし、非物質は波動が高いといえますね。

そういう意味で、私が翻訳したガイアは、地球の意識体という非物質の存在で、また創造の根源に近い意識や智恵があるという点で、人間より圧倒的に高い波動だと思います。

さて、じゃぁ、私たち人間のなかで「あの人は波動が高い」、「この人は波動が低い」と言えるかどうかが、ここではご質問の中心かと思います。

この方がおっしゃるように、特に日本のスピリチュアル系のなかで、精神性のレベルを高めるとか、波動を高めることが大切だということを言う人々や団体もあるかと思います。

ただ、このようなことを言う多くの人が忘れがちなことは、「自分は波動が高いけど、あの人はまだまだね」、とか、「あぁやって愚痴ばっかりこぼしているから、あの人は精神性が低いのだ」という思いを抱いてしまっていれば、その思い自体が、ものすごく「分離&批判」の思いなので、彼らが言うところの波動を低くしていることです。

以前にも、“家族のものが毎日愚痴を言っていて、私はせっかく波動を高めようと思っているのに、実践するのが難しい”という依頼を頂きましたが、家族の毎日の愚痴を聞くのは、確かに不愉快ですが、家族を批判の目で見ていることのほうが、ここでは問題です。

そういう意味で、波動が高いとか精神性が高いという考えが、分離や批判、比較につながってしまうのであれば、百害あって一利なしですね。

では、実際に波動が高い人、低い人がいるのか?と言われたら、正直私には分かりません。私には人の波動が見えるわけでもないし、何よりも実はあまり興味がありません。

ただ、プチ覚醒体験をしたときに、思考がどさっと落ちたため、私は非常に軽く感じました。エネルギー値がぐんと高まって、自分は生命のエネルギーそのものだと感じたんです。今、振り返って、あれを波動が高いと言えるのかなと思います。

そうやって考えると、思考に埋もれば、埋もれるほど、私たちは体も気持ちも重くなって行きますね。考え過ぎて、楽になったという人の話は聞いたことがありません。たいてい、考えすぎると、混乱し、ストレスでいっぱになっているはずです。これを、波動が低くなっていると考えても良いかもしれません。

でも、ハートを膨らませ、自分の楽しいことをやっているときはどうでしょうか? 身も心も軽いはずです。これを波動が高いといっても良いのではと思います。

また、自分の思考にはまっているときは、一つの見方に凝り固まってしまっているので、視野が狭くなります。これを目線が低いと言い換えられるかもしれません。

反対に心が開かれているときは、新しい考えも柔軟に取り入れられたり、または、他者の心を深く感じることができので、広い視野に立つことができます。で、これを目線が高いともいえるかなと思います。

こういう意味での波動や目線、意識が高い、低いというのは、あるかと思います。ただ、じゃぁ、目線が低い人は、高い人より劣っているのか、というと、そういうことではなく、単にそのときの状態の違いだと思います。

真の私たちは、みな同じです。そう、目くそ、鼻くそです。(ケツの穴というのもありましたね。)視野が狭くなっているときでも、自分の本質、真の自分は、みんな同様に素晴らしい目くそ、鼻くそです。

高い、低いという言葉は、優劣につなげられてしまうことが多いので、私もあまり使わないようにしています。とはいえ、じゃぁ、高いも低いもないよ~というと、これはまた真実ではないでしょう。

大切なことは、自分は今、思考にはまって、分離感を強めているか、それともハートが開いているのかな?ということだと思います。

溝口あゆかという「個人の私」、ものすごく現実的で、肉体があって、隣の人とはあきらかに分離しているように感じる「私」、この「私という感覚」を生み出しているのは、単なる思考です。

これを最初に知ったときは、ある意味ショックでした。というのも、自分の存在ぐらい実体のあるものはないと思っていましたから。(このあたり、分かりにくいようでしたら、頭の片隅にでも入れておいてくださいね。)

えっ、でも体は?、これは思考じゃないでしょう・・・という方も多いと思います。ところが、覚醒体験中は、思考がシフトすると、体もだたのエネルギーだとはっきり知覚していました。このへんは、とても面白いんですが、長くなるので、またの機会に。(ご興味ある方は、「奇跡の脳」ジル・ボルト・テイラー著をお薦めします♪)

とりあえず、何が言いたいかというと、体も含めて、私たちに分離感を与えているものは、思考なんです。なので、思考(ストーリー、思い込み、判断、批判など)中心に生きれば、良い行い、正しい行動をしているつもりでも、重たい(波動が低い)生き方になるででしょう。

ということで、思考を緩めて、地球の鼓動(自分の脈拍)にときどき耳を傾けてみませんか?地球の新しい波動が、あなたの思い込みを緩める助けになるかもしれません。

♥今週のガイアの言葉:新しい生き方を模索しているあなたへ♥

密度が薄くなれば、身体だけでなく固定観念や思い込みも薄まっていきます。そうなれば、新しい発見、新しい創造への道がもっと開かれていきます。また、密度が薄くなると、義務や法則にも今よりも縛られなくなります。(P100)

 

波動が高い人、低い人?」への8件のフィードバック

  1. なでしこの試合、感動的でしたね!負けちゃったけど、彼女達と佐々木監督の「アメリカは本当に良いチーム。敵ではなく、お互いから学び合い、共に成長する仲間だ。」というようなコメントに、それこそ、彼女達の精神性の高さを感じました。この分離感の無さが、彼女達の強さになっているんですね〜。本当、「ありがとう、なでしこ!」って気持ちです。

  2. あゆかさん、コメントを取り上げて頂きありがとうございました。
    捉え方がよくわかりました。

    また、「今週のガイアの言葉」のおかげで本への理解も深まった気がします。

    まだまだ頭でっかちでエゴが大暴れする(そんな自分を可笑しく、楽しく思っている)私ですが、あゆかさんのブログや本(全部読んでます)のお陰で前よりもずっと自分が好きになれました。残念ながら頭で、ですが 笑

    今後もブログ楽しみにしています。

  3. こんにちわ、あゆかさん。

    私には心から尊敬する友達がいます。
    彼女は、知的で大人っぽく、純粋で質素でおしとやかで美人なひとです。

    こんな人と友達になれて幸せだと思います。とても長い付き合いでお互いをいつも支えあっています。

    しかしその反面みとめたくないですが嫉妬心もあります。
    彼女は学生じたいからかわいくて、好きになるおとこのこも常にいました。人望もありしっかりもので、手紙をわたされたり、彼女を何年も思い続け、まち続けている男の子だっています。

    そして何よりもわたしが彼女に引け目を感じてしまうのは、宗教に所属していてたくさんの友人がおり周りに流されず高潔な人間でいることに努めているところです

    その一方でわたしは、、、学生時代は目も当てられないくらい悲惨、ぐれていて、いつも自由気ままに生きたいと願い信頼のないようなことばかりしていました
    大柄でニキビもいっぱい。おおざっぱでがさつで口が悪い。

    そんな自分がいやでスピリチュアルにであい、色々な変化がありました。私はどうしても何かの団体に所属するというのが府に落ちなくて、ひとりでスピリチュアルの本やDVDなどを辛くなっては開いてかじりついて何度も何度も読んで自分なりに乗り越えているつもりです。

    セミナーにいって全く友人はできませんし(困った)
    でも、それでいいんだ、と思うときもあれば、やはり友人のように多くの同じ価値観で同ゴールを目指している人に囲まれている環境が羨ましくてたまらないときがあります。

    わたしは自分なりに理解したことを実践してみたりして、こうかな?ああかな?、あぁ違った!
    大間違いだった、、何て感じで全然スマートじゃないし、もしかしたら遠回りしてるのかもしれないし、恥も失敗もたくさんあります。

    それがその友人の前では惨めに感じる時があります。友人はこういう場合にはこうしなさい、ああしなさい、という教え、ルールにそっていきており(自分が間違った道に行かないためのものだから強制とか苦しいという思いはないらしいです)だから、私より慎重でとてもかしこく見えます。

    私はどれだけ容姿やお金や条件に恵まれていても心が美しくないひとを嫉妬したりはできないのですが友人はとても心も綺麗でわたしは途端に無価値感におそわれます。

    彼女を紹介したら私なんか見えないみたいに飛び付いたおとこのひともいたりして、自分のの価値はないような一体どこにあるのだろうと思いじぶんに嫌悪感を覚えて
    私より世界中の人が彼女を選ぶのではないかとすら感じてしまいます。

    昔、自分は欠陥品だと信じて生きている人がいて、その人をみて私は涙流しながらそんなことない、価値がないなんて誰かが決めることじゃないと言いました。

    死を待つだけの人生を諦めた人に会ったときも、どうしたら価値があるって、あなたは生きているだけで価値があるんだって伝えられるんだろうか?と本当に悩んだこともありました。

    でも結局わたしは自分の無価値感を埋めたくて人に価値があると言いたかったのかと思っています

    その前に自分の穴を埋めろ、と思うのですがバイロンケイティ、フォーカシング、色々自分でやってみても胸がいたくて進めないです

    どんなに周りから約たたずで尊敬されずかっこよくなくても私は私でいいやって思える強さをもった人になりたいです

    あゆかさん、何かアドバイスありましたら是非聞かせてください。
    (でもかきながら自分でけっこうツッコミいれられました)

    長々とすみませんでした。
    いつもありがとうございます。

    (もし二重投稿になってしまってたら、一番目のやつを削除していただけると嬉しいです。
    御手数かけてすみません。)

    • コメントありがとうございます! ときどき、文章が長かったり、句読点が少なかったり、などなどで、スパムに入ってしまうことがあり、ご迷惑おかけしております。(反映されない場合は、ほぼスパムに入っていますので、私が必ず救いだします!)

      次回の次あたりに、お返事させてくださいね。

  4.  こんにちは。紫陽花さんのコメントを読んで、一生懸命に努力されている姿に感動しました。私も体験したことのある気持ちがストレートに伝わってきました。

     さて、今地球の『魂「ガイア」の教え』を読んでいます。今は2度目で線を引きながら読んでいます。線を引きたいところがたくさんあり、自分の毎日の生活、将来や金銭的な不安、職場のこと、日本で話題になっているいじめ問題など、いろいろなことと関連付けながら、味わっているところです。
     p.59の「日本人の傾向について」で 自分の感情を見せないようにすることで「親近感や思いやり、愛情といったものが失われ、相手がどんな思いをしているのかをただ推測するだけになってしまいます。詮索することは失礼だと思い、尋ねることもなく、相手の苦悩を知らないかのようにふるまいます。そうすることで、分かち合う涙も飲み込み、そして、相手に与えられる笑顔もも飲み込んでしまいます。」ということをを読んで、まさにこれ私だ、と思いました。こんなにぴったり的確に表現されていて驚きました。今の私への1番のメッセージのようです。
      他にもたくさん感じるところがあり、質問したいこともあるのでまたコメントさせてください。

  5. はじめまして、あゆかさん。
    時々ブログお邪魔させて頂いております。

    思いついたように書かせて頂いておりますが、
    もうすでに時間が遅い(夜中)のため(笑)、『なでしこ』のことに触れていらっしゃったので
    寝る前にちょっとだけ思い出したことをコメント残させていただければ・・と思いました。

    オリンピックでは、なでしこの活躍に本当に日本は湧きました。
    銀座では、オリンピックメダリスト選手だけのパレードが初めて行われましたが、
    想像以上の方々が集まり、多くの方が喜びを分かち合ったのがよく分かりました。
    http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012082001001349.html

    銀座のあの通りを御存じの方なら、どれだけの人が集まったのか!と驚かれると思います(笑)

    話しがそれましたが、なでしこと言えば、ここまで女子サッカーの道を開いてきた代表として、
    やはり沢選手のことが思い出される方が多いと思いますが、最近の沢選手は、
    こんなことをおっしゃっていらっしゃるというニュースがあります。

    『言霊が私を包んでくれる』

    言霊を発することで自分の周囲の“気”の流れが変わるということらしいと記事には書かれています。
    同じく、金メダルと取られたボクシングの村田選手のご自宅の冷蔵庫には、
    『五輪で金メダルを取りました。ありがとうございます。村田諒太』と張り紙をしていらっしゃったそうです。また、柔道の松本薫選手は、“緑の妖精”を見たことがあるというお話も(笑)

    最近のスポーツ選手は、見えない世界と仲良くされ、それも力に活躍されていることを
    公の場でも語られる時代になったのだと思うと嬉しくなります。

    これから4年後、8年後、またオリンピックにあらたな変化が見られるのを楽しみにしたいと思います。

    ただのご報告のようなコメントですみません。
    これからも、ブログを楽しみにさせて頂いております。
    ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中