考えなければ幸せが顔を出す

イギリスに戻ってきました!さむ~い!私がいない間は、28度という夏日もあったそうですが、今日もセーターを着ています。先日、また無差別殺人事件がありましたが、スピリチュアル心理学を受けてくださった皆さんは、その真の原因はお分かりかと思います。もっと多くの人が、「抑圧→投影」のしくみを知ってくれたらなぁとつくづく思います。

さて、今回もコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!

今、仕事で大変悩んでいます。もともとやりたい仕事ではなかったけど、お金のために働いてきました。別にやりたいことが無かったので、私にとって重要だったのは人に評価され、自分自身も没頭でき、かつ自分が有能であると感じられることでした。今までそうした環境が与えられていたので、天職ということについて思い煩うことがありませんでした。しかし環境が変わり、今は自分がとても無能な気がします。仕事が与えられず、後輩に抜かれ、惨めさで毎日トイレで泣いてしまいます。私はもう40なので今から転職を探して人生をやり直すには(成功という尺度では)遅すぎると思いますが、せめてやりたいことがあれば、何か人生のミッションのようなものがあれば、仕事が辛くても割り切って生きられるのに、それが無いので、毎日毎日座っているだけが仕事のような状況に人生の浪費感が強く、また日々自尊心が弱っていきます。やりたいことがある人がうらやましくてなりません。毎日それについて考えますが答えが浮かびません。

私がかつて東京で仕事をしていた頃、新しく入った会社で、私は経験あるリサーチャーとして雇われたと自負していました。ところが最初にボスに呼ばれたミーティングでは、経験のない大学出たての新入社員がやるような(と私は判断した)文房具の棚の整理という仕事が渡されたのです。

その日、私は非常に落ち込み、一睡もできませんでした。今振り返ると、なんであそこまで落ち込んだのか分からないぐらいですが、当時の私は、周囲に有能だと思われていることが非常に大切だったのでショックが大きかったのです。なので、渡された仕事に、「お前は能力がないと思われている」という意味付けを自分で勝手にしてしまったわけです。

で、コメントを読ませて頂いてかつての私もそうでしたが、強く感じるのは、思考に偏りすぎているという印象です。現代人の多くがそうなのですが、これだけ思考中心に生きていると、確かに生き辛いだろうと思います。

思考の役割の一つは、判断することです。“これは、良い”、“これは、悪い”、“これは~~”、“あれは~~”と年がら年中判断を絶え間なくしています。つまり、私たちは常に判断の世界に住んでいるわけです。

~~だから、私は評価されている、~~だから、私は有能ではない、~~~な日々は、人生を無駄にしているようなものだ・・・、などなど、すべて思考活動です。自分の状況を思考で判断し、それに良い、悪い、無駄にしている、有意義だなどの判断をさらにします。

そして、問題を解決するために、また考えます。“きっと、人生のミッションのようなものがあれば、仕事が辛くても割り切って生きられるだろう” そして、何がやりたいのだろう?と、また毎日考えます。

おちょくっているのではないですよ。これは、本当に多くの方がやっていることです。

しかし、前回の記事にも書きましたが、やりたいことはいくら考えても見つからないでしょう。私たちの多くは、思考だけで生きることがあまりに当たり前になっているため、「考えないで答えを見つける」ということがよく分からなくなっています。

言い換えれば、身体感覚や感情に意識が普段ほとんどいっていないということです。これはセッションをしていても非常に多いケースです。例えば、“そのとき、どう感じましたか?”という質問に、“あれだけしてあげたのに、裏切られたと感じました”などの思考が返ってくることが大変多いです。

そこで、“なるほど、そう思って、どう感じましたか?”とお聞きすると、やっと“悲しい感じです”など、感情の言葉が出てきます。が、それでもさらに思考のお返事をする方もけっこういらっしゃいます。そんなときは、“例えば、悲しいとか、腹が立ったとか・・・”など助け舟を出すと、やっとなんとか感情が出てきます。

もし、当時の私に今の私が話しかけることができたら、“「有能だと思われたい」と思って、体にどんな感覚がある?体に意識を持っていってごらん”と聞いてみるでしょう。もしかすると、体に焦った感覚が感じられるかもしれません。

そして、一睡もできなかった夜に“どうしたら自分の有能さを証明できるか”を考えてばかりいないで、体に感じたショックに意識を向け、よ~く感情、感覚を感じながら、“どうして、そんなに有能だと思われたいの?”と尋ねていくでしょう。そうすると、“私が存在していることを見て欲しい”などの声(潜在意識の思い)が出てくるかもしれません。

そして、この声をしっかり抱きしめ、癒してあげれば、私はきっと次の日もう少し復活した状態で仕事場に行けたはずです。

幸せの鍵(=楽に生きる答え)は、思考の中ではなく、このように潜在意識の中にあります。そして、潜在意識へは、体(感情、感覚)を通してよりアクセスできます。

思考が忙しくあれこれ判断し、答えを探し回っている間に、潜在意識にある感情や思い、感覚は、じっと見つけてもらうのを待っています。

今すぐ、やりたいことを見つけて、状況を変えることはできなくても、今すぐ自分の感情に寄り添うことはできますね。“「わたしはわたし!」セルフ・ラブで幸福の扉を開ける15の鍵”にも、その大切さを書いたつもりです。

コメントの方は、小さなやりたいことなら分かるとおっしゃっていましたね。本の主人公のさやかと同じです。それを増やしていくことで、ハートともっとつながっていけます。“こんなことしたって、人生のミッションは分からない”などと、思考で判断しなければ。

これが天職だ!、これが私のミッションだ!という人生の旗印みたいなものを見つけようとしていると、それが見つかるまで、人生はむなしいものに感じられてしまうでしょう。でも、もちろんその張本人は、人生のミッションが見つからないことではなく、“人生のミッションが見つからない限り、私は幸せになれない”という思考です。あとは、“仕事を与えられない、後輩に抜かれた私は惨めだ”といった思考ですね。こられの思考が苦しみの原因です。状況ではないんです。

では、ちょっとこれらの思考を脇においてみてください。そして、深呼吸をして、体によ~く集中し、たった今やりたいことはなんでしょう? 考えないでよく感じてみてください。なにがしたい感じ?、または、どうありたい感じ? 音楽を聴きたい感じですか?穏やかに過ごしていたい感じでしょうか?

人生の旗印(ミッション)を掲げているか、いないかに関わらず、結局は、毎日をどう生きるかが人生を作っていきます。そして、毎日ハートが言うことに耳を傾けていれば、思考に振り回された人生よりも、うんと充足したものになるでしょう。

私は、“今、ここ”にいるとき、一番の幸せを感じます。今、この瞬間にあらゆることが起きています。楽しいことも悲しいことも。今日はひどい頭痛があります。窓の外に鳥がさえずっています。キッチンからおいしいトーストの匂いがします。

私はこれらすべてを体験し、体験つくし、そしてそれが人生の楽しさ!です。人生のミッションがあるのも良し、ないのも良し、今日をどう生きたいですか?今日はどうありたいですか? そうやっていくうちに、いつの間にかハートがあなたを幸せの扉まで連れて行ってくれるでしょう。

☆お知らせ☆

「運命の人」と出会うスピリチュアル・レッスン  文庫化発売中!

考えなければ幸せが顔を出す」への13件のフィードバック

  1. あゆかさん、記事をありがとうございました。
    記事にしていただけると思っていなかったので、とても嬉しかったです。
    頂いたアドバイスを読んでドキドキしてしまいました。
    まさに図星だったからです。(あれだけの文章でも、一発で見破られてしまうものなのですね・・・)
    私は思考の塊です。自他ともに認める頭でっかちです。
    理屈、論理的思考、考えて予測して、シュミレーションして、疲労困憊して行動に移さない・・・毎日ドラフトばかり書いているうちに年月が経ったような気さえします。
    それが苦しさの原因なのですね。
    そう言われてみると確かにその通りだと感じました。

    身体を通して心の声を聞くという方法はいいですね。
    まずは少しずつ、感覚を取り戻していけたらと思います。
    ありがとうございました。

  2. あゆかさん、コメントは前のブログに対しての方がいいかもしれませんが、私は今回のコメントの方と反対で、やりたいことがやれない、です。会社勤めと自分の好きな勉強(アロマテラピーなど)を両立させたいのですが、両方が重なることが多く悩んでいます。ハートは明らかに「行きたいっ!」って言ってるけど、休みをもらうとみんなに迷惑がかかる。それで、我慢しています。頭では、「仕方がないな、ずーっとじゃないし。」と思っていますが、そろそろストレスを感じています。それと、お金のことが心配でたまりません。ハートにこたえて、やりたいこと(セミナーなどを受ける)をわざわざ上京してやるとなると、なんとか両親と同居しているので食べていけているけれども、ギリギリなんです。
    ここまでして、と時々自分のことをバカだと思いますが、好きなことはあきらめきれません。
    だって、それをしているから元気になれて仕事もこなせて、両親の面倒も見れて、ハッピーなんですもの。このままで私は大丈夫なのでしょうか?ハートに従うべきか?そしたら今の仕事はどうするべきか?仕事を辞めると収入が途絶えるので、怖いです。

  3. あゆかさん、いつもありがとうございます。今日のお話は特に、今の自分にぴったりのお話で、すとんと心に入ってきました。幸せは、どこに属していて、どんなもの(経歴や資格など)を持っていて、何をしているか、ではなくて、今この瞬間に何を感じているか、何を感じたいか自分で選ぶこと、なんですね。

  4. 今回の内容は、まさに今の私に必要なことでした。
    私は現在、30半ばでバツイチで子供はおらず、無職状態。
    天職だ!と思う仕事に出会って、大金つぎこんで資格もとっていっぱい勉強して、楽しかったはずのその仕事も、今は情熱がもてず、結局やめて、その後の仕事も続かず・・・。
    周りの、バリバリ働いて子育てもしている友達がうらやましくてなりません。
    なんで、私だけこんなことになってるんだろうなぁ・・・と、最近は特に、胸がズキズキしたり、将来が不安で苦しくなったり、泣いてしまったり。。
    まさしく、私の思考が私を苦しめているんですけどね・・・^^;
    1日中家でテレビを見て終わってしまった日には、ものすごい焦燥感や罪悪感も沸いてきます。
    私はダメ人間だ。。。生きてる価値ないなぁ。。。とか。
    世のため人のために、なんら役に立っていない自分が無価値に思えます。
     
    あゆかさんが、東京で働いていた頃に感じた、「自分は有能だ」という思いが、私にもあるなと感じました。
    なので、「こんな誰にでも出来る仕事、やってられん」とか思って仕事もやめてしまったりするんですよね。
    私にはもっとやりがいや充実感のもてる天職があるはずだ!!と・・・。

    もっと自分の身体感覚、感情に耳を傾けます。
    今、ここにいる私が、気持ちよくあることを大切に。。

  5. あゆかさん、こんにちは。今回の記事は。不思議な気持ちになりました。
    何となく、自分の思考で物事をみているのが分って「私って本当に、この思考のフレームで物事を見ていたんだ。せっかくの人生の、ほんの一部分しかみていなくて、世界はうんと広かった。せっかくの人生を、思考のスレームに振り回されて、それを格闘して生きて来たんだ」そんな大きな気ずきがありました。一方で、翌日にはまた「自分は(やりたいことをしても)やっていけない。(好きな相手に対して)彼は素敵だから、彼に到底及ばない自分に恋をすることなんてないだろう」と思って悩んでいたりします。どこかで、思考のフレームと知っていますが、苦しい気持ちもまだ存在しているのです。ふしぎですけれど、感動でした。これから、自分の感覚はどうなるものでしょうか?是非ともお教えください。

    • おぉ、とっても素晴らしい気づきがありましたね。頭の理解よりも、もっと深く入ったのが感じられます。とっても良いですよ~。もちろん、まだまだエゴの思いや感情はしっかり生きているでしょう。でも、こちらの気づきのほうへ日々何度でも意識を持っていくようにしてみましょう。その先に、どんな感覚になるかは、お楽しみ♪ですね。ふふ。

  6. 初めまして、こんばんは。
    毎回あゆかさんのブログ楽しみにしています。

    私は去年の東北地震のあとから心理学に興味を持って、あゆかさんの本とブログにたどり着き、かなり隅々まで読ませていただいて色々なワークショップや瞑想を日々行ううちにだいぶ思考【エゴ】と本来の自分の違いやつながりが分かるようになってきました。

    今回の記事の方と同じように私自身も多くの不安に襲われたり、怒りや攻撃心を抑えられなくなったりします。
    その都度自分の心を見つめてみるのは骨の折れる作業ですが、同時に少しずつ自分本来の力を取り戻しているように感じられてうれしくもあります。

    今回の記事のyokoさんがもし見てくださっていましたら、私自身の経験で参考になればと思うのですが、自分の思考を見つめて自分自身のあり方を変えていかれるのは長い眼で見たら一番有効だと思いますが、もし具体的に自分のやりたい事やミッションを見つけたいと思うようなら本田健さんの合宿セミナーは良いかもしれません。私自身すごく大きな後押しになりました。
    あと、チャックスペザーノ博士のビジョン心理学を日本で学べる学校(会社)があるのですが、そこに『ビジョンを見つける』ことを目的としたセミナーもあります。
    自分の心を癒しながら学べるのでなお良いかもしれません。どちらもネットで検索すればすぐに見つかります。ご興味があればどうぞ。
    (あゆかさん、他の方の宣伝してしまったようですみません^^:)

    不安や恐れを何故感じるのか?その原因となっていることを見つけて心を癒していくにつれて自分の心もクリアになれば使命(自分のハートが喜ぶ事、才能)も徐々に分かってくるのではないかなととても感じております。

    おまけですがあゆかさんに一度お聞きしたい事があります。
    良かったら教えてくださればうれしいのですが、むかしあゆかさんは「頼まれたら引き受けてしまう」という犠牲的パターンがあったと聞きましたが、それをどうゆう風にご自身で変えられていったのかお聞きしたいです。
    私自身他人にものを断るというのが下手というかかなり苦手でして、少し前まで他人にすぐ依存してしまう性質があったので尚のこと他人の顔色を伺ってびくびくとしながら毎日を生きていました。

    断ったらもう相手にされなくなる=自分にはその程度の価値しかないという思いが強いです。
    何故だろうとその奥を以前探ってみたとき、「自分は親の言うとおりにできてない。迷惑ばかりかけている。金銭面でも苦労をかけて自分はいること自体、罪だ」とい思いに行き当たりました。
    シングルマザーの家庭で育ったのでそういった思いがかなり強いのだと思います。

    今は癒しの勉強のおかげで徐々に自立して来ましたが、他人への恐怖感や、とくにコントロールされる事への反発心はものすごく強いです。(母親が他人に対しコントロール型の人だったので)
    ですがその一方で、他人と接するとき油断するとすぐに依存して何かをやってもらおうとしたりする自分もいます。

    ですのであゆかさんご自身がどういうテクニックや方法を使って心を癒して今に至っているのかご参考までにお聞きできればうれしいです。お願いいたしますー。

    親から始まり他人や社会にずっと依存して生きてきたので、

    • コメントありがとうございます!

      人生のミッションを見つけることが、ほんとうにしたいことどうかを先によ~くハートに聞いてみると良いということです。人によっては、家族と穏やかに過ごすことが、ほんとうにしたいことかもしれませんね。

      >あゆかさん、他の方の宣伝してしまったようですみません^^:)

      本田健さん、ビジョン心理学は、ノープロブレムですよ~。紹介の内容によっては、削除させていただくこともあるかもしれません。また、拙書「やりたいことが見つかるスピリチュアル・マップ」もご参考にしてくださいね。

      ご質問の件は、近い将来お返事させて頂きますね♪

    • 桜さん

      yokoです。
      アドバイスをありがとうございます。ご紹介いただいたセミナーをチェックしてみます。
      チャックスペザーノ博士の本は「30日間で理想のパートナーを見つける本」を読んだことがありますが、とても難しい(「頭で」理解できない)と断念してしまった過去があります。
      その頃は婚活で悩んでてその本を読んだのですが、当時から思考に振り回されているなぁと、今振り返って思いました。
      他の方がコメントに書かれていたように、天職があってもなくても、結婚しててもしてなくても、評価されててもされてなくても、会社で必要とされてなくてもされてなくても、私は私で価値があると思えるようにならないとダメですね。
      でもやっぱり私は自分が夢中になって出来る何かを見つけたいです。一日の大半を費やす使うこと(仕事)を暗い顔で過ごすのはむなしすぎます。
      私は子供のころは箸が転がってもおかしいというくらい、ずっと笑ってる子供だったのに、気づくと全く笑わなくなっています。一日に1回も笑わないことが良くあります。
      世の中の人がどうしてあんなに笑顔で仕事をしているのか、不思議な気持ちがします。スーパーのレジの人とかの、天職というイメージとは少し違うお仕事の方でも、とてもよい笑顔の方がいらっしゃいます。それが羨ましいし、自分は病んでるなぁと思うのです。
      でもそのためには、まずは今の状態でも、ここにいることを幸せに感じられるように、心の持ち方を変えないと、ですね。
      心から笑えることを見つけていきたいと思います。

      ありがとうございました。

  7. あゆかさん、こんにちわ!
    今回の記事は、私にとって非常に共感できる内容でした。
    まさに、まさに自分のことではないだろうか!?というくらいです。
    私は40代で子どもが3人いる主婦です。現在仕事はしていません。
    これまで様々な職種につきましたが、これだ天職だ!というものに
    めぐり合えていません。そして、どんな仕事も長続き(3年以上)したことがありません。

    20代の頃から、ずーーーーっと自分にとっての天職ってなんだろう・・。やりたいことって何だろう・・と
    自分探しを外に向かって行ってきました。
    でも、今回の記事を読んで、素晴らしい気づきがありました!!
    天職があってもなくても、幸せになっていいんだ、と自分に許してあげる・・という
    あゆかさんの言葉に、驚きとショックのような、魂のゆさぶりを感じました。

    私は、自分がこれこそ天職だ、これをしていると幸せなんだ、と感じるものを見つけてあげて、
    することが自分を愛すること、魂の声を聞いてあげることになる、と思い込んでいました。
    そうすれば私は幸福感を感じることができるし、満足できるだろうと。
    それが自分を愛することだと思い込んでいたんです。
    でも、そうではなくて、どんな環境であろうと状況であろうと、自分は幸せを感じていいんだ、
    今、ここにこうして生きていることを、ただ認めて受け入れて愛してあげればいいんだ・・・と思えました。

    これまでの私の思いは、経済的に豊かになりたい(家族や子供達のためにも)、
    カラダの調子が悪ければ良くなるように努力する、
    あれも欲しい、これもないとダメ、じゃないと流行や時代に乗り遅れ取り残される・・・・etc。
    これらの思いを私はずーーーーっと「魂のホンネ」だと勘違いしていたのです。
    根っこの部分で「~でなければならない」が動機にあって、心の中でつぶやいては自分を責めていました。
    ただ、物質の次元に生きているので、物質的なものはある程度必要不可欠な部分もあり、
    そこでの折り合いをどうつけていくのか・・また、そこで不安や恐れが現れてくると、自分を責めだして
    しまいそうです。自分だけの問題ではなく、家族や子どもを巻き込んでしまうのでは・・という思いもあります。

    それでも、こんな風に不安に思うこともあるよね~って客観的に思えるようになったことは、
    私は大変心が軽くなりました!同時にのどが締め付けられるような感覚が常時あったのが
    軽くなりました!!これは大変な進歩だと思います。

    この調子で、「いま、ここ」に幸せを感じることを出来る限り許していこうと思います。
    やってみて、また苦しくなったら、あゆかさんのブログに遊びに来ます♪
    これからも、たくさんの愛あふれるメッセージをどうぞよろしくお願いします!!
    ありがとうございました!

  8. あゆかさん、いつもブログや本、セミナーでお世話になっております!
    先日、小学5年になる娘が『わたしはわたし!セルフラブで幸運の扉を開ける15の鍵』を気づいたら読んでいました。
    まだ10歳なので、途中で読むのを止めてしまうんじゃないかな?と感じながらも黙ってみていました。すると、なんと一気に読み上げ、読み終わった後 目に涙を浮かべながら感想をいってくれました

    友達から言われる傷付けられる言葉と、自分が自分に言ってる、自分を嫌う言葉は どちらも同じだけ自分を傷つけるんだね。
    自分に優しくしないといけないんだ。
    それから、愛は人から貰えばいいと思っていたけど、自分が愛さなきゃいけないんだね

    今、娘は学校のお友達関係に少々疲れています。
    この本との出逢いで、少し突破口が開いてくれれば嬉しいです!!
    他にもあゆかさんの本は、本棚に沢山あります
    きっと、また新しい本を手に取り そして助けられる事と思います。

    あゆかさんに親子共々感謝致します!!

  9. のりこさんのコメントに感動しました。
    前から思っていたのですが、
    あゆかさん、いつかぜひ、子どもに向けた本を書いて下さい!
    あゆかさんのたとえ話は、絵本にも出来そうですし、、
    私は、こどもの本を描いていいるのですが、
    いつかあゆかさんから教えて頂いた自己愛の大切さ、尊さをテーマに
    絵本が創れたらなぁ!と夢見ております。
    子どもの頃に、あゆかさんの本に出会えるなんて、のりこさんの娘さんは素晴らしいですね!
    きっと、色々悩んで、つらかったんでしょうね。
    あゆかさんの言葉が、一番大切な部分に触れたんじゃないかと思います♪
    私も、今2歳の男の子の子育て中ですが、いつか伝えたいです〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中