思考が暴走するとき

先週末は、マトリックス・リインプリンティングのワークショップでした。参加してくださった皆さん、ありがとうございました! セラピスト役になっているときに、皆さんが相手の方を優しく、一生懸命対応してくださっている姿がとても嬉しかったです。参加者の皆さんを見ていて、やっぱり知識だけでなく、体感することの大切さをしみじみ感じます。

さて、今回もお返事したいコメントがたくさんありましたが、下記のコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!(ちなみに、すべてのご質問にお答えできるシステムを現在考案中。お楽しみに!)

私は今少し鬱状態になっているのですが、今回のあゆかさんの記事で鬱のお話しが出てきたので質問させて下さい。今、思考がすごく活発になっていて疲れるんですが、思考を止めて、ハートの活動にするためにはどうすればいいのでしょうか。EFTをやっていると、宇宙とつながって、宇宙は必ず助けてくれてる、と感じられて、感謝の気持ちが自然と湧いてきたりして、とても楽になります。しかし、それ以外の時間は思考が勝手に暴走してしまい、すごく気持ちが落ちた時には、生きていてもしょうがない、という感じが自分の中から出てきて、普段そんな事を考えたこともないのに、そんな考えが自分の中から出てくるのが恐いです。

自分なりに出来ることはやってみようと思い、「恐い」という感情がすごく出てきた時に、何が恐い?ってきいたら、「闇に落ちるのが恐い(戻れなくなる)」という感じだったので、「そうだよね。恐いよね~。」と語りかけていたら、楽になってきて、体全体じゃなくて、胸にあった私の一部が恐いだけなんだ、と少し客観的に切り離して見えるようになりました。何とか自分でもやっていますが、こういう状態の時のアドバイスがあれば頂けたら、嬉しいです。

EFTを使ったり、自分の一部と対話して客観的に見たり、とっても上手にやっていらっしゃいますね。

さて、一番理想的なのは、そもそもどんな感情を無意識に抑圧しているのか、または、なにか心がひどく動揺するようなショックな出来事が過去にあったかなどの原因を探り、それらを解放することでしょう。(私は、医者でありませんので、法律上欝を治療することはできません。が、症状を改善することは可能かと思います。)

欝状態など、交感神経が活発になっているときは、やはり思考がとても活発になります。そういう意味で、副交感神経を活発にする、EFTやアロママッサージ、ヒーリング、または、単純にお風呂にゆっかりつかるなどは、とても良いサポートになると思います。

まず、少しということですが、この方がどれぐらい欝状態なのかが見えませんので、一人でお部屋でやるより、できれば個人セッションを受けてください、と前置きさせてくださいね。

さて、「生きていてもしょうがない」という思考は、おそらくすべての人が一度や二度、思ったことがあるでしょう。エゴ(思考)は、何かしら具体的な目的や楽しみ、いきがい、理由などがないと感じたとたん、たいていそういう思いに行き着きます。

エゴ(思考)には、ただ存在していることの奇跡、良さが分からないからです。

また、この思いを「そんな怖い思い」と判断しているのもエゴちゃんです。エゴは、自分で思って、自分でレッテルを貼って、自分で怖がって、と一人芝居をしているんです。

で、私たちはそのエゴの一人芝居にいつも踊らされています。なので、私は、“踊らされていた~”と気がつき、止まるくせをつけています。止まって、“はぁ~、巧妙な言葉だったなぁ、つい踊らされた”とか正気に戻ります。

プチ覚醒体験する前に一番私が勘違いしていたことは、思考には「真実の思考」と「真実じゃない思考」、または、「大切な思考、きちんと考える価値ある思考」と「どうでも良い思考」の二つがあると思っていたことでした。

たとえば、「生きる意味は何か?」とか、「生きていても仕方がない」という思考は、「今日の夕食は何にしよう」という思考よりも、うんと大切で、真面目に考えるべき思考だと思っていたんです。

ところが、プチ覚醒体験していたとき、「私」はいなくなり、私の体、私の思い、とか「私の」ものがすべてなくなったとき、それらは、すべて絶えず変化する大きなエネルギーのうなりでしなかなく、あっ、どんな思いもぜんぶ同等にただの幻想(夢)なんだと分かりました。

どの思考も、絶えず変化する大きなエネルギーのうなり(大海)からぽこぽこと現れる波で、それに「大切」とか、「どうてもいい」とか、「怖い」とかレッテルを貼らなければ、どんな思いも無数にある思考(波)の一つでしかありません。

ということで、自分の中から出てくるどんな思いも感情も、まったく怖がる必要はありません。逆にそれを問題視したとたん、いつまでも自分の中にとどまってしまうでしょう。

「生きていてもしょうがない」という思いが出てきたとき、深呼吸をして、そして自分は今「生きていてもしょうがない」というタイトルのドラマにはまっていると、意識してみると良いかもしれません。

そして、そのドラマから抜け出すには、思考は、自分が価値を置かなければ、まったく何のパワーもないということを真に理解することでしょう。

逆に言えば、自分がある思いを強く信じれば、それが現実化しますね。

さて、その思いがあろうがなかろうが、太陽が沈んで夜になり、時は普通に移り変わっていきます。また、テーブルにあるものたちは、相変わらずそこにあるし、自分がその思いを信じているという以外に、その瞬間には何も起きていないんです。

日に何度も深呼吸をして、一瞬思考を止めて、「今、ここ」に集中してみると、急に外の音が耳に入ったり、見えていなかったものが自分の意識に入ってくるでしょう。または、自分の呼吸、そして他の思考や感情、感覚にも気がつきますね。

そうしたら、この意識に100%ゆだねてみてください。今日のセミナーと大阪セミナーでは、これを図解と瞑想で体感して頂きます。

さて、最後に「闇に落ちるのが恐い(戻れなくなる)」と思っている人もとても多いですね。セッションをやっていても、“ネガティブな感情に絶対向き合わないぞ!”と頑張っている潜在意識の抵抗にそれなりに多く遭遇します。

というのも、エゴは「闇」というものが実際に存在すると心から信じているからです。ですので、私が好むワークは、その方とともに一緒に闇の中へ落ちていくことです。(イメージで)

いろいろなパターンがありますが、最終的に闇は拡散してなくなったり、光が見えてきたり、など、必ず闇はなくなります。なぜなら、闇はもともと実態のない、幻想だからですね。

人間ゲームをやる上で、闇は、お化け屋敷的な役割があるかもしれません。ちなみに、私は子供のころ、お化け屋敷のお化けが本物に入れ替わっていたらどうしようと怖がっていました。はは。

闇にとことん落ちていった先が光だというのは、なんて素晴らしい!と思いませんか?

★お知らせ

半日セミナーと大阪セミナーは、まだお席あります! → ☆

★ブログの更新のお知らせが欲しい方は、このページ右上の「登録」ボタンをクリックしてください!

思考が暴走するとき」への10件のフィードバック

  1. 質問があります。
    私は強迫性障害で、起きてほしくないことを強迫的に考えてしまう癖があります。ここ一年半ほど、ある不安にエネルギーを注ぎ込んでしまい、それが本当になってしまったらどうしよう・・・と非常に恐怖を感じています。強く思考してしまった場合、その現実化をストップさせる方法はありますか?その不安な思考を信じなければ、現実には起こらないのでしょうか?初歩的でお馬鹿な質問ですみません・・・。

    リラックスすることと、「いまここ」に集中することを心掛けてみます。

    • こんにちは! コメントありがとうございます。

      まず、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。なぜ、大丈夫かは長くなりますので、ここでは書きません。が、不安な思い(起きてほしくないこと)に対して、さらに不安を募らせなくて良いですからね~。

      例えば、その起きて欲しくない出来事、“飛行機事故が起きる”だとしたら、それにタイトル「(飛行機事故の巻き」)とかをつけ、その思いが出てきたら、「飛行機事故の巻き」が上映中だと、一瞬でも、深呼吸をして意識してみるのはいかがでしょうか? この一瞬でも、だいぶ不安に注ぐエネルギーを和らげられます。

      でも、基本的に大丈夫ですから、安心してくださいね。

      • あゆかさんにそう言ってもらえるとすごく安心します・・・。

        早速深呼吸してみたところ、不安に呑み込まれにくくなったように感じました。これからも実践します。ありがとうございました(^_^.)

  2. あゆかさん、こんにちは。
    思考が暴走するとき。
    私は思考が働くとき、常にネガティブとポジティブが両方あらわれます。
    客観的にみると、天使と悪魔が言い合っているような状態です。
    いつでも考えを巡らせている時は二つの思考が同居し、感情も、感覚も二つが同時に現れます。
    今日、は!っと気づけた時に、ハートに問いかけてみました。今、どんな気持ち?と。
    すると、肩からずんと重くなり、脚に堕ちてきて、脚が重くなりました。
    結局いつも、こーしたい!と思って動く行動まで、エゴが隠れている気がします。
    こーしたい!って思った筈なのに、ハートが踊っていないのです。
    わくわくするのを選んでいるようで、反発心の裏返しの行動に出てしまうようです。

    あゆかさんの本を読んで自分なりに試行錯誤してるつもりですが、全く進歩がありません。

    何かアドバイス頂ければ嬉しいです。

  3. あゆかさん、こんにちは。昨日のイブニングセミナー終了後にロンドンコースについてちょっと質問した者です。

    セミナーでお話しされていた「目覚めのステージ」は、はっきり言ってよくわからなかったです(笑)。でも「よくわからない」をひっくり返すと「わかろうと努力している」であり、このときの「わかる」とは思考(マインド)での理解ということなんですよね。で、あゆかさんが何度もおっしゃっていましたが、目覚めのステージを思考で理解しようとしても無理っぽいと感じたので、途中から思考で捉えようとするのを放棄しました。

    すると、お話を伺っていてもリラックスできるようになりました。それまでは身体がどこか強張っていた感じ。「頑張って理解するぞ、オー!」と肩に力を入れて手をぎゅっと握りしめてという感じだったのが、「まぁ、今はお話だけ聞いていればいいや、そうすれば潜在意識でなにがしかキャッチしてくれるだろう、今は感じることに集中すればいい」と。で、何かしら感じるものがありました。でもそれはまったく言葉にできないので、誰にも何もお話しできません(笑)

    途中で、「マインドがとても強い人がこの話を聞くとドアマットになってしまう」とおっしゃったときはドキッ!としました。かつての私がまさにそうだったから。

    昨夜のお話に続いて今日のブログを読むと、これまでよりも「ああ、そういうことか!」とピンと来るところが多かったです。たとえば最後の「闇はもともと実態のない、幻想」も、これまでは「そうなのかなぁ、そうなんだろうけどよくわからないなぁ」だったのが「ああ、そういうことか!」と。

    なので、もし大阪セミナーへの出席を迷っていらっしゃる方がいれば、ぜひ出てみて!そして何か感じてみて!とおすすめしたいです。そのとき私がおすすめするコツは「考えるな、感じろ!」です(どこかで聞いたような台詞ですが 汗)。

    最後に1つ質問ですが、目覚めのステージに移ることのメリットは何でしょう?移行すると何かいいことありますか? 非常にエゴっぽい質問ですが(笑)、わざとエゴを前面に出して伺っています。エゴは悪者じゃないし、うまくつきあえばとても役に立つということなので。

    もちろん、移行しようとしてできるものではない、というのは理解していますし、むこうから勝手にやってくる感じなんだろうなとも思っています。(←思考の理解)

    やはりあゆかさんがいらっしゃる空間は居心地がいいなぁと思いました。イブニングセミナーは体力的にきつい部分もおありかと思いますが、どうぞお体を大切に。アシスタントの皆様もお疲れ様でした。

  4. あゆかさん。こんにちは。
    今回コメントを取り上げて下さってありがとうございます。救いになりました。
    波がありますが、今も交感神経が活発で、心身ともに疲弊して結構しんどいです。
    不思議なのは、気力が落ちる時もあるのですが(鬱)、逆にものすごく怒りが湧いてきてどうしようもない時もあるのです。母に対する怒りです。
    出てきた物は出そうと思って、壁を蹴ったり殴ったりしているのですが、なんだか出しきれません。
    ある程度して落ち着くと気力が落ちたり、、、と、エネルギーがないんだか、あるんだか
    どうなっているのか分かりませんけど、これが抑圧した怒りなのでしょうか。
    母に似た言動をする職場の人にも、ものすごい怒りが押さえきれずに出てしまいます。
    出来れば、母にもその人にも会いたくありませんが、毎日会わなくてはならないので嫌です。

    • そうですね。この怒りを解放してあげると、だいぶ楽になるでしょう。できれば、カウンセリングも交えたセッションを受けるのが理想的だと思います。文章から推測するに、怒りにまかせて(怒りと自分が同化している)壁を蹴ったりしているので、なかなか怒りが抜けていないのかなと感じます。また、怒り以外の感情が隠れている可能性も高いですね。
      いずれにせよ、お母様への怒りを観ていけば、そこには必ず大きな成長の鍵もあると思いますので、きちんと向き合う価値大です。(相性の良いセラピストさんが見つかると良いですね)

      • あゆかさん ありがとうございます。
        自分では、怒りを外へ出しているつもりだったのですが、怒りと同化していたんですね。気付きませんでした。
        実は怒りの下に、恐れがあるのが分かりました。母親をすごく怖がっているんです。
        心身が落ちたりして結構大変ですが、定期的にセッションを受けていますので、ちょっとずつ観ていけたら、と思います。
        ありがとうございました。

  5. 闇にとことん落ちていった先が光   映画 「風の谷のナウシカ」の、人間の住むことができない腐海の、底の底に落ちてみると、そこは浄化されていた、ていうのに似てますね^^

  6. 今回も 具体的に実行に移せるお話をありがとうございました。以前にも思考を信じてしまって その中から抜け出せない私に 「思考は流れる雲のごとし 眺めていれば流れてゆく」と言っていただき 最近 自分の中に湧いた言葉をすぐに録音するようにしたのです。これがまた あとで聞き直す 勇気はないのですがなんだか 出したことによって そのことを終わりに出来るというか 処理できるというか どうでもよくなるというか・・という ことを少し体験しました。
     「踊らされていた」「~というタイトルのドラマにはまっている」ですね。使わせていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中