ThinkからFeelへ(幸せへの道)

今日はロンドン市内に出て行きました。日本人の観光客がたくさん♪いるなぁ・・・、と思ったら、あっそうか、ゴールデンウィークでした。海外旅行中の皆さん、円高を最大限に楽しんでくださいね~。

先週配信した冊子にお礼のコメントを頂き、こちらこそ感謝、感謝です。コメントをくださった皆さん、大変ありがとうございます。届かなかった皆さんは、大変失礼いたしました。

セミナーのお知らせを効率よくするために、皆さんのメールアドレスをいただこうと、メルマガ登録をお願いしたのですが、対処法が見つからなかったので、記事の末にリンクを貼っちゃいます。皆さんのメールアドレスは、と~きどきセミナー案内や、または今回のような特別号配布以外には使用しませんので、ご心配なさらないでくださいね。

今回は、とっても嬉しかったコメントを取り上げさせて頂きます。コメントありがとうございます! 本当は、ぜんぶ貼り付けたかったのですが、長くなるのであきらめました。

「~~すべき、こうあるべき」という思いは自分には絶対の真実だし、そうしなければダメ人間になるというか、「ありのままの自分をうけいれる」なんて向上心を持たないのと同じことじゃない?と、どうしてもそのあたり飲みこめませんでした。が、あゆかさんの本を全て購入しブログも繰り返し何度も読み込み、参加できる限り内観作業のできるワークなどを体験するうちに、身体で分かっていきました。自分を支えていた補助輪を外したら、軽やかにスピーディーに動けるようになったし、ダメになるとは正反対で、私の能力は向上しました。そしてもう二度と「自転車に乗れない自分」に戻ることはできないのと同じように、ハートが歌わない状態で生きることは不可能になりました。

このコメントで私が一番嬉しく感じるのは、この方が頭の理解ではなく、体で理解なさっていることです。こう言われるほうが、「良いお話を聞きました」と言われるよりも、“でしょ!でしょ!ねっ、ねっ、そうでしょ~!”と私のハートが純粋に飛び跳ねて喜びます。

で、こればかりは、ご本人の取り組み以外、誰も代わりにできないことです。私が何を書こうと実践して頂かなければ、変化はもちろん起きません。と、書くと誰でもそりゃぁ分かっていると思われるでしょう。

しかし、頭の理解というのは、実はやっかいなもので、頭で理解すると、自分はもうそこはおさえているぞ、他の知らない人に比べて、私は一歩先に進んでいるぞといった気分に私たちはよくなってしまうんです。

スピリチュアルな教えは、ほぼみんな同じことを言っていますから、ある程度スピリチュアル本を読み漁ると、次にどの本を手にしても「特に新しいことはない」と感じ始めてしまいます。で、ここからが危険信号です。

一つは、もっと「新しい情報」を探し始め、頭でっかちにどんどんなる危険。もう一つは、これがもっと危険なのですが、「もう知っているから」という思いのせいで、真剣に考え、振り返らなくなる、ことです。

そして、スピリチュアルな教えは、真剣に取り組めば、分からないことだらけのはずなんです。「この世は幻想って、どういうこと???」、「今に生きるって、昨日や明日のことを考えないっていうこと?」などなど、疑問だらけになるはずなんです。

これをさらに頭だけで理解しようとするよりも、自分の内側をじっと見つめ、感じ、体感して・・・という作業のほうが、うんと実がある旅になります。お配りした冊子にある秘密の扉は、私たちの内側、心よりももっと身近なところにあるんです。

もちろん、一番初めに「知る」ことは大切です。すべての旅はまず「知る」ことから始まり、それを体験へとつなげていくことで、旅が前に進みます。そして、壮大な旅の最後は、チルチルとミチルのように、“あっ、旅なんてしていなかったんだ。私はずっと家にいたんだ”という目覚めで完結するでしょう。

しかし、例えば「この世は幻想だ」ということをいくら頭や理論で理解しようとしても、まず無理でしょう。なぜならエゴ(思考)の役割は、幻想を現実だと思わせることにあるからです。言い換えれば、エゴのおかげで、人間ゲーム(自分は“個”であって、○○というものだ)が成り立つんですね。思考にはまるほど、分離感が強くなるのはそのためです。

ですので、すべてを理解した状態が悟りだと思っている人もいるようですが、今言った理由で、理解することで目覚め(悟り)に到達することはできないんです。そしてもし、“私は”理解した、“私” は悟ったと思ったとしたら、それはエゴが悟ったと勘違いしているだけです。

私のプチ覚醒体験は、ご存知の方も多いように、カフェの帰り道に発作的(?)に起きました。頭では知っていましたが、それでもびっくりしたのは、ほんとうにすべては夢で、今まで何一つ起きていなかったということです。私(溝口あゆか)は完全にいなくなり、私がいなくなると、することもなくなり、エゴがどうするの?とささやいていましたが、私は何かをする個の人間から、空であり、すべてである観察者にシフトしていました。

理解した“私”、悟った“私”は、いなくなるんです。個としての自分がいる限り、分離の世界です。

そして、このとき、「この世は幻想」の意味が実感として本当に分かったのです。で、これは思考ではぜったいに把握できない、ということも分かりました。椅子を椅子とレッテルを貼ったとたん、私たちは、エゴ(幻想)の世界にいます。椅子という概念をとりはらって椅子をみたときに、無から現われ出た一つの形としての「ありのまま」がやっと見えてくるんですね。

その状態であたりを見ると、“これもあれも、無から生まれたんだ。”、腰の痛みでさえも、“無から、こういう痛みが生まれるんだぁ、すごい!”とか、すべてが奇跡に思えます。

あっ、プチ覚醒体験の話にどんどんずれてしまいました。話を戻すと、大切なことは、理解しようしようと努力するよりも、感じてみよう、とりあえず実践しよう!と言いたかったのです。

「実践する」とは、それを「即実行すること」という意味ではありません。ここを間違えないで下さいね。例えば、「ありのままの自分を今即刻受け入れよう」ということではないです。

もし、今の自分をありのまま受け入れられないのなら、それについてどうしてできないのか考え巡らしたり、できない自分を責めたりしているより、「受け入れられない自分」をはっきり認識し、感じてあげることも一つでしょう。言い換えれば、思考からもっと感覚や感情にシフトしていくことです。

「受け入れられない自分」をよ~く感じてみると、体のどこかに硬さを感じたり、または、悲しみが出てきたり、考えているだけでは気がつかなかった、いろいろなことに気づくでしょう。この硬さや悲しみもずっとあったのに、思考活動のせいで押しやられていたのですね。

あぁ、こういうものが自分の中にあったんだぁと気がつくことで、一つ前に進んでいるんです。こういった一見小さな気づきが重なり、知らないうちに自己愛が増えていくんですね。

ちなみに、私は次の日にはいつもの意識に戻ってしまいましたので、私はいわゆる覚醒者ではありません。ですが、目覚めたらこんなことでも心から楽しいよ、みたいな映像をリンクしてみました。

★お知らせ

東京イブニングセミナーは、現在キャンセル待ち受付中です。半日セミナーと大阪セミナーは、まだ募集中です!

また、メルマガの冊子が配信されなかった皆様、大変失礼いたしました。こちらから、ダウンロードしてください!→★

ThinkからFeelへ(幸せへの道)」への16件のフィードバック

  1. 映像をみて私も一緒に大笑いしました。

    いつも「は~なるほど~」と思いながらブログを拝見しております。

    今回の記事を読んで、あらためて自分のことをじっくり感じました。
    いろんな本を読んで「頭で」分かって実践してみたけれど、じっくりと自分に付き合うことができなかったな、と。

    昔の知人が「セルフイメージを上げよう」というようなセミナーを
    開催しているという情報を先日キャッチしました。

    私は、悔しくてたまらなくなりました。
    「そんなこと、もう何年も前から私は知っている!」とか
    「それがスムーズにできたら、ここまで悩んでない!」とか
    「何よ、エラそうに。」とか
    「フフン。私はもっと違う視点から物事をとらえてるもんね!」とか
    「よし!この人よりレベル上げよう!」とか
    とにかく「負けたくない」というような感情があふれてきました。

    このあたりで承認欲求が出てきて、同調してくれる人に
    「この人にこんなこと言われなくても、私たちはとっくに知ってるよね!」と
    話してみたり、一人で悶々としてみたり。

    私は、以前「この人のようになりたかった」と思っていた過去があり、
    その人と自分を比べて、その人を勝手に「目の上のたんこぶ」扱いしていました。

    今またその人が自分と同じような感覚を持っていて、
    なおかつ自分より抜きん出ている気がして悔しくなりました。

    しばらくすると静かに「ああ、私、またこの人と比べてるのかな」と、思いました。
    「他人と比較する自分」にがっかりすることはなく、ただそう感じました。

    そして、じゃあ、この人と同じようなことをしたいの?と自分に聞いてみました。
    とりあえず今の自分の答えは「ノー」でした。

    ただ、そこに、「だって、私はその人よりもすごいことをするんだもの。
    私の方がすごいんだ。私はその人よりも実はリードしてるんだ。」と優劣をつけようと、
    もがいている自分がときどき見え隠れしてます。
    その人を否定する材料を探し回っている自分がいます。

    今はだいぶ落ち着いているようですが、これを書いているときもまだ、
    どこかで「他人より自分がすごい」という証をもらおうとしているようです。

    それを手放すよういろいろやってきましたが、今は、とりあえず自分の感情に寄り添っています。

    また、今まで、ちょっと深呼吸をしてみては「何も変わらない」だったのが、
    このごろ、深呼吸を続けるうちにいろんなことが楽になってきました。
    今までの「現実」が少し変わってきました。

    あゆかさんのブログや本を読んで、あゆかさんは「寄り添ってくださっている」と
    感じることができて心が楽になります。ありがとうございます。

  2. 赤ちゃんて なんてかわいいんだろうって思いました。
    つられて こっちまで 笑ってしまいました

    つい先日も 赤ちゃんを見せに来た人がいて
    この人は 私が 
    「きゃーかわいい 抱っこしてもいい?」
    って 抱いてくれるのを 望んでいる
    期待にこたえなくちゃ
    って思ったけど
    どうも 動物と赤ちゃんは そちらの方で 私の緊張を見抜くそうで
    吠えられるか 泣かれるか・・・
    という結果が目に見えていて・・・
    私も怖いんです
    だからよけい体がこわばって・・・・

    でも この映像の赤ちゃんは
    そんなプレッシャーを私が持たないほどに
    抱きしめたくなるほど かわいいです

    こんな姿を想像出来ていたら 私も鎧を脱げていたかもしれません

  3. コメント遅くなりましたが、冊子読ませていただきました!目から鱗がボロボロと落ちました。
    3ページめの「魂の三つのステージ」の表はプリントアウトさせていただきまして、「今の自分がズバリ、当てはまるな」と思える項目には○、「ある程度はそうかな?」と思える項目には△を付けてみました。
    現在の所は「ハートのステージ」の項目が一番多かったです。でもまだまだマインドに振り回されることもあったり、たまには目覚めっぽい状態になっているかな?という感じです。
    また折に触れてチェックしたいと思います。
    「癒しのプロセス」では自分は5から7ぐらいを行ったり来ている感じかもしれません。
    お陰様で「今の自分の状態」がよくわかりました。ありがとうございます♪

    赤ちゃんの映像、見ていると笑みがこぼれますね♪Facebookでもシェアさせていただきました。

  4. こんにちは、あゆかさん。
    「特に新しいことはない」状態、まさに半年くらい前からそんな感じで
    おおっ!と思いながら読みました。
    結局試行錯誤の末、自分の心に従うしかない、と思って
    ここ数ヶ月は心や体の感覚に集中する時間を増やしていたのですが
    ああそれで合ってたんだ~と、ちょっとホッとして力づけられました。
    スピリチュアルな教えは、もともと皆が一つならなぜ分離が起こるんだろう?とか
    思考が分離を起こすならなぜ思考があるのだろう?とか
    もともと完全ならなぜ不完全な状態になるんだろう?とか、
    頭での理解ですら追いつかないことがたくさんですが
    いつか、心で体験して理解出来たらいいなぁと思います。
    赤ちゃんの映像、私も自然と一緒に笑ってしまいました(笑)

    • コメントありがとうございます! あの・・・、「分離は起きていない」んですよ。分離が起きたと勘違いしているんです。また、不完全だと信じてしまっているんです。単に言葉じりの問題かもしれませんが、大切なポイントなので、念のため~。

      • あっ、分離も不完全も「幻想」なんですね、ご指摘ありがとうございます!
        自分はまだまだ”個”が現実、という感覚の方が強いので、どこか
        「もともと完全で一つだったのに、今は分離していて、また元に戻らないといけない」
        みたいな感じで捉えてしまっている部分がありました。
        でもこうやっている今も完全で一つなんですよね。
        わーシンプルだけど体感覚で感じるとなると途方もないです(笑)
        やっぱり体感的に理解出来ている範囲を越えて
        思考だけで理解しようとするとチグハグになってしまうので
        感じることをもっともっと増やしていきたいです。

  5. あゆかさん、冊子拝読しました。とっても嬉しいです!ありがとうございました。
    さっそくプリントアウトして綴じています。 項目によってはエゴのステージにいたりハートのステージにいたり…改めて自分を知るという感覚になって面白かったです。ゴールデンウイークに旧友たちと旅行に行ったのですが、相手によってはハートで接することができる人だったり、エゴ友だったり、または同じ相手でも一日のうちに接し方(相手に対する感情)がハートだったりエゴだったり、ブレブレになって「???」と思いました。
    でも、今思い返すと、そのどの瞬間でも相手より自分の感情に視点があって、相手を判断するというより、「自分はこう感じてるんだなぁ」って一歩引いてみてる自分がいます。
    今、自分について知る事がなによりも楽しいと感じています。

    • マロンさん、いつもありがとうございます!冊子を利用してくださっていて、大変嬉しいです! 

      「どの瞬間でも相手より自分の感情に視点があって、相手を判断するというより、「自分はこう感じてるんだなぁ」って一歩引いてみてる自分がいます。」

      素晴らしいですね!とても良い感じです。

      おそらく、きちんと理解してくださっているのだろうと感じますが、一応こちらも念のため、
      ちょっと誤解されやすおかなと思い、皆さんに向けてお返事させてくださいね。

      項目にあるのは、感情というより「状態」です。相手に対する自分の感情が一日のうちに変わるということは、相手に対する思いが変わっているからだと思います。そうすると、「思い」が中心なので、マインドのステージになります。

      相手が誰で、何をしていようと、心を開いて、愛をベースに接する状態が、ハートのステージなんですね。ポジティブな感情=ハートのステージ、ネガティブな感情=マインドのステージでもないんです。

      明日は、日本行きのフライトです! セミナーでこういったところをもっとお話できたらと思います。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

      • あゆかさん、ありがとうございます! そうか!まだまだ思考の枠にいてたんですね。でも、確かにその通りだったなぁと思います。また一歩前進!理解が深まって嬉しいです。 これからもブログ楽しみにしています。 よろしくお願いします。

  6. あゆかさん、こんにちは!今回の記事も、今の自分にまさにタイムリーな内容でした。

    本やブログ、セミナーを通して、いろんなエクササイズの情報があるにもかかわらず、
    正直今まであまりしてきませんでした。本やブログは何回も読み直すのに、肝心の
    自分の内側を見るということをしてこなかったのは、エクササイズをするより読んでいたりすることのほうが『楽』だったからだと思います。
    あと、いざエクササイズをしようと思ってまずはじめに思い浮かぶのは、
    「過去のことを思い出すのが怖い!」という思いでした。
    で、いつも逃げてましたっ。
    でもそれをしないと永遠に前に進めないことがはっきり分かりました。
    あゆかさん、ありがとうございます。
    恐れている自分も受け入れ、自分の内側をもっとじっくり見てあげようと思います。

  7. あゆかさん、こんにちは。今回の記事の冒頭の、お写真、特別気に入りました。
    黄色い小さなお花畑、広がる緑色の草原、木の景色にとても癒されます。
    できることならそこへ行って、座って、一日中、ボーッとしていたいです。

    赤ちゃんの映像を見て、「あー、紙をやぶるだけで、そんなに喜べるんだ。いいなあ」と思いましたが、そういえば、私にも、十代のころ、いわゆる箸が転んでもおかしい年頃は、友達と2人とたわいないことで、お腹が痛くなるほど笑っていました。

    それから歳をとったのちは、家族と旅行に行ったとき、くだらないことを言いあっては、笑いが止まらなかったし、相思相愛の彼とレストランで食事していたとき、ずーっと笑いっぱなしで、ウエイトレスに「何がそんなにおかしいんですか。」とあきれらました。

    自分が満たされていると、たいしたことじゃなくても、笑えるんですね。

    私ももう一度笑えるようになりたいです。

  8. あゆかさん、こんにちは。
    私はスピリチュアル本を読みすぎて頭でっかちになり、そして行き詰っては疑問だらけの日々の中、あゆかさんのブログにたどり着きました。私が学びたかったのはこれだ!と感じました。
    ブログが更新されるたびに嬉しくて仕方がありません。
    冊子も読ませてもらいました。なんども読み返して理解したい。
    赤ちゃんの映像、楽しくてこちらまで笑いが止まりませんでした。有難うございました。セミナー楽しみです。

  9. メールマガジンの記事ありがとうございました。コピーして何度も読みたいです!

    セミナーの件で伺いたいのですが二回申し込みをしたのですが二回とも何の連絡もかえってきませんでした。
    これは申し込みがちゃんと通っていないということだと思うのですが、ご確認していただけたらと思いコメントしました。

    私の不具合ならすみません。

    • セミナー事務を担当しております小貫(おぬき)です。ご連絡が届いていないそうで大変申し訳ございません。
      メールが戻ってきてしまう方が何人かいらっしゃいます。恐れ入りますが、再度お申し込みフォームからお申し込みいただき、コメント欄にもう1つ予備のメールアドレスをご記入いただけますか?(携帯電話よりもパソコンのアドレスのほうが確実に届くかと思います)。
      また、info_ayukahealingspace@yahoo.co.jpからのメールを受信を設定していただけるようにお願いいたします。
      お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

  10. あゆかさん、

    こんにちは。あゆかさんのブログと著書を愛読しています。
    あゆかさんがそれらを通して発信してくださっていることから沢山の気づきをいただきました。

    ただ、それでもどうしても上手に対処できない不安があり、それをお話したく、コメントを残させて頂きます。
    病気の治療中の母のことなのです。母が病気に苦しむ姿、そして考えたくもないですが、もし万が一・・・のことを考えてしまうと涙が止まらず、わたし自身が不安に飲み込まれてしまう時があります。
    わたしができることは母の生き方を尊重すること、母が彼女が望む生き方を送れるようサポートすることだと思っています。ただ、思考でそのように理解していても、わたしのハートは苦しくて苦しくて仕方ありません。

    この不安に対処したく、あゆかさんのブログ記事をあれこれ読んでいますが、
    わたしの状況を照らし合わせて参考にできそうな記事がまだ見つかっていません。
    もっとよく読みこんでみますが、参考になりそうな記事があればヒントをいただけると大変ありがたいです。

    万が一のことがあってもどんな状況でも彼女はわたしのそばにいてくれる・・・
    そう思うけれど、わたしは心の底からそう思えなさそうです。

    まだ起きていない未来の悲しみを想像することで苦しんでいるのがつらいです。
    想像しなければいい話ですが、ふとした瞬間にそういった感情が襲ってきます。

    でも、いま母は生きている。
    そのことへの感謝は常に心に抱いています。

    まとまりのない文章になってしまい、すみません。

  11. ピンバック: 知識を体験に変えていこう! | Care of the Soul “魂のケア”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中