自分を癒せば、出会う人も変わる?

昨日、日本食屋さんのフリをしたお店に入り、お味噌汁を注文したら、ココナッツミルクとスパイスが入っていました。お味噌汁と言わなければ、それなりにおいしかったかも。

さて、今回もコメントにお返事させてください。コメントありがとうございます!

この方は、人間関係の良い職場で働いていると思っていたのに、ある親しい同僚から、席を不在にする人がいると、その人のことに陰口たたく人が職場にいると聞かされたとのことです。

何度となく、過去にいじめられ、辛い経験をしてきたので、「あー、自分は、どこに行っても、人間関係が苦しいところから抜け出せないんだ」と落ち込みました。もう、その人たちに会いたくないです。でも、そんなことを言っていると、世の中仕事にならないような気がします。こんな風に、直接に自分が被害を受けているのではないが、自分の周りに、悪口を言う人や、職位で上下関係があるグループに属してしまったり、出会ったりしてしまうのは、自分の精神の現れなのでしょうか?心を癒してくると、そういう人々とも出会わなくなってくるのでしょうか?

コメントをくださった方に当てはまるかどうか、まったく分かりませんが、このご質問を題材に、ちょっとたとえ話を書かせてください。

A子ちゃんは、7歳のときに小学校で女の子のグループにいじめられてしまいました。そのときA子ちゃんは、無意識に「私はどこかがおかしい」、「他人は私を攻撃する」と強く思いました。それは、単なる思いではなく、A子ちゃんにとっては、真実であったので、A子ちゃんは、右目に「私はどこかがおかしい」というレンズを、左目に「他人は私を攻撃する」というレンズを無意識にはめてしまいました。

そして、その日から、レンズを通して見える世界を自分の体験、自分の人生として生きていくことになったのです。そして、そのレンズの文字は、他の人には見えませんが、ただ、他の人はそれを感じることができました。

すると、他の人は無意識にそれを感じ、反応して、A子ちゃんをまたいじめたのです。もちろん、全員ではありません、同じように自分に欠如感がある人が、特にその文字に反応するのです。そこで、さらにA子ちゃんは、やっぱり、私はどこかがおかしい、他人は私を攻撃するのだわ、とレンズの度数を高くしていったのです。

ちなみに、このレンズは実は特殊なレンズで、度数が上がると、物や出来事が拡大して見えてきます。

大人になってA子ちゃんは、ある本で「精神性を高めると、良い人たちに囲まれる」ということを知りました。そこで、その日から、なるべくポジティブでいる、愚痴は言わない、誰にでも優しく接する、感謝をたくさんする、といったことに精をだしました。

ところが、やっぱり周囲に悪口を言う人や陰口を叩く人が現れるのです。しかも、度数が上がっているので、自分が悪口を言われたわけでもなくても、その人が大きくとても嫌な人に映って見えてしまいます。一体、どこまで精神性を高めれば良いのだ!とA子ちゃんは、落ち込み、途方にくれてしまいました。

コメントの方が、精神性を高める努力をなさっているかどうかは、もちろん分かりません。ここでのポイントは、もうお分かりのように、レンズをはずさない限り、なにをやっても世界は同じに見えるということです。

レンズは、言い換えれば「コア・ビリーフ(深いレベルで信じている思い)」です。深く潜在意識に抑圧された思いほど、レンズにはでっかい字で映っているのですが、逆に大きすぎて気がつかなかったりするものです。

さて、A子ちゃんは、小さいときだったので、自分が無意識にそのレンズをはめたことをまったく覚えていません。そして、そのレンズを通して自分自身も見てしまうので、A子ちゃんは、なんだか自分に自信が持てません。でも真実は、レンズの文字は、A子ちゃんとは何の関係もなく、A子ちゃんは、A子ちゃんなりに完璧なんです。

分かりやすく説明するために、シンプルに書きましたが、私たちの心のしくみは、もっと複雑です。

とりあえず、レンズを通して、私たちは出来事を解釈し、そしてそれに従って行動をします。それが自分の現実を作っていくんですね。例えば、「あの人たちは信用ならない、もう会わない」という行動に出るかもしれません。心の傷は、どうしても閉ざす方向へ行動が向きがちです。なので、どんどん生き辛くなります。

でも、もし、小さいときにいじめられた心の傷を癒し、自己愛が増えていったら、「陰口を叩く人」は、不幸感いっぱいのかわいそうな人に見えてくるかもしれません。仲良くなろうとは思わないかもしれませんが、嫌な人という目では見なくなるでしょう。そして、職場の内外で自分のハートに呼応する人間関係を作って、楽しく過ごすかもしれません。

なので、もし、ご質問が「そういう“嫌な”人たちにも出会わなくなるのでしょうか?」という意味でしたら、「嫌な人」として見ている限り、レンズがそのままなので、永遠に出会いますとお答えします。でも、心を癒せば、自分の見方が変わって、だから経験が変わますか?というご質問でしたら、もちろん!とお答えします。

一般的に陰口を叩くことは、良くないと見なされるので、余計自分のレンズに気づくのは難しいでしょう。しかし基本的に、自分がその人のおでこに「嫌な人」という判子を押しているんです。

さて、今日、明日中にメルマガを配信する予定です。今日の記事の内容も、冊子を読んでいただければ、もっと全体像が見えてくるかと思います。まだ登録がお済みでない方は、こちらへどうぞ。→☆

また、東京イブニングセミナーも残席わずかとなってきました。

最後に、ロンドンで開催しているカウンセリングコースの卒業生の方が、名古屋で定期的に勉強会を開いています。開催の詳細だけ載せようかと思いましたが、嬉しいことを書いてくださっていたので、前文も掲載させて頂きました。うふ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私がこのブログをひょんなことから知ったのは、2009年の9月でした。驚きでした!何十年もずーと探していたものが、こんなにもオープンに公開されているのですから。これが本当に無料なのか?と、ドキドキしながら毎日読み漁りました。

看護婦時代の「○○療法」から始って、当時、私は「××理論」を6年間ほど勉強してましたが、過去の出来事には蓋をして、これからのことに焦点を当て解決を探る方法に疑問を感じ始めていました。潜在意識の中の未解決の感情を無視して、これからのことをどう見詰めるのか?この方法では私の望む解決に辿り着けない。あゆかさんのブログとは、そう思っているときに出会いました。

2010年1月、潜在意識に即アクセスでき、解放と書き換えが出来るマトリックス・リインプリンティングの日本初上陸セミナーに、胸を高鳴らせながら参加しました。感情をかなり掘るんだな、と思ったことを覚えています。「これで変われる!」

どうしてもカウンセラーの資格を取りたいという思いで、2010年、ロンドンのディプロマ・コースを受けました(皆、熱かったな~)。私を飛躍的に高めてくれたのは、セミナーと、その後の15回必須の個人セッションでした。

私達が小さい時から植えつけられてきた常識、考え方、恐れと共に抱いている感覚が実は幻想だということに気づき、解放してゆくには、それなりの時間が掛かります。そのためには、楽しく学び続ける仲間と場が必要であり、それが広がってゆくことを心に描いてきました。そして、今、2年前2人から始めた勉強会が、15人前後の勉強会に広がりつつあります。

暖かくて何でも話せる、安全な笑いの多い場を創って頂いていることを、お集まりくださる皆様にとても感謝しています。そして、1日も早く、一人一人が、神(宇宙、創造の根源)の一部としての本来の自分に出会えるようにと願っています。あなたも、一緒に学びませんか?

場所:名古屋・ナディアパーク・http://www.nadyapark.jp/traffic/images/map1.pdf
名古市民活動推進センター(NPO)6階 会議室(12人収容可能)

日時:5月2日(水)13:15~16:30(満席)
5月13日(日)9:30~12:30
6月6日(水)13:15~16:30
6月10日(日)9:30~12:30

会費:1000円 / 月(1ヶ月に1度参加しても、2度参加しても1000円)
連絡先:Tel:080-4057-0670  Mail:june-sirius1301@softbank.ne.jp
三田純(みたじゅん)

自分を癒せば、出会う人も変わる?」への17件のフィードバック

  1. いつも出だしの日常が面白いですね。和風のフレンチなんていうのと同じ感じでしょうか?

    今回の話は最近ずっと気になっていたことへの回答の気がしました。両親が「どこの職場に行っても嫌な人はいる」と言い、そんなものか・・他の職場にもいるなら、まだ知ってるこの職場で苦しいほうがましだ・・と思っていました。ですがやっぱり苦しいんです。

    他人のおでこに、ぺん、とはんこを押している自分を思ったら笑えてきました。そのレンズをはめていて居る限りは「どこにでも嫌な人はいる」なのですね・・。何度も同じことをいろんな方法で伝えてもらって感謝しています。「結局言っていることは同じだよ」でしょうが、ハッと気がつくと、そういえば前も書いてたかも・・なんていう繰り返しです。自分にOKを出していくことですね。メルマガ楽しみです。

  2. 先日、子どもが自転車の補助輪を取って乗れるようになりました。
    その過程を見ていたら、自分が一つの悟りを得たことに、とてもよく似ているなぁと面白くなりました。

    子どもは最初「補助輪を外してスイスイ走るなんて絶対に無理!必ず転ぶのは真実だ!」とガチガチに力が入っていたため、すぐに転んでいました。

    が、繰り返すうちにコツをつかんだのですが、それはつまり「力を抜くこと」でした。そして何よりも「ああやって、こうやって、こうして漕ぐんだ」といくら頭で考えても決して補助輪を外す事は出来ない、そうではなく、身体で覚えることが必要なんだ、というのが大きなポイントでした。

    「~~すべき、こうあるべき」という思いは自分には絶対の真実だし、そうしなければダメ人間になるというか、「アリのママのジブンをうけいれる」なんて向上心を持たないのと同じことじゃない?と、どうしてもそのあたり飲みこめませんでした。

    が、あゆかさんの本を全て購入しブログも繰り返し何度も読み込み、参加できる限り内観作業のできるワークなどを体験するうちに、身体で分かっていきました。

    自分を支えていた補助輪を外したら、軽やかにスピーディーに動けるようになったし、ダメになるとは正反対で、私の能力は向上しました。

    そしてもう二度と「自転車に乗れない自分」に戻ることはできないのと同じように、ハートが歌わない状態で生きることは不可能になりました。

    私の中に愛の量が増えたので、以前は嫌だと思っていた人のことすら、愛おしさを持てるようになりました。インナーチャイルドが癒されセルフ・ラブを持てるようになったからですね。

    過去の嫌な自分を「あの時は自分なりの精一杯の限界だったね」と、飴玉を落として号泣する子どもを「あら可愛いわね」と眺めるかのように、あの時の私を捉えることができるのです。
    これがつまり、私の「偏見的な眼鏡を外す」ということだったようで、それ以来私の周囲には愛すべき人だらけになりました。

    時には本気で誰かに対してムカーっ!とするのですが、そんな自分にOKを出せるようになると、怒りも治まりが早く、やっぱり私はハートの歌う幸せな世界に居るのだと感じます。
    寛容になって相手を許すとか、多角的に物事を見るとか、そうじゃなく、それ以前に、「自分を責めない」「セルフ・ラブを上げる」ことこそ、基盤なのだなと感じる今日この頃です。

    あゆかさんの本とブログのおかげで、5年くらいかけて、こうなりました。
    心から感謝いたします。

  3. 今回の記事は、目から鱗がおちました。
    説明がすごくわかりやすかったです。

    わたしも、ついつい、自分が成長していないから、こんな人に会うんだ、こんな目にあうんだ、と考えて自分を責めがちでした。

    でも、そもそものレンズを外さないといけないんですね。

    あーあ。自分を責めなくていいなんて…
    少しずつ肩の力を抜いていけそうです。

    ありがとうございます。

  4. 冊子『秘密の扉を開けよう!』さっそく読みました!

    21ページもあって(しかも大きな字でスカスカ、ではない)、
    とても分かりやすくて、「あゆかさん太っ腹~♪と思いました。
    どうもありがとうございます。

    そして、冊子にも注意書き(?)として書かれていますが
    内容がとても深いので、やっぱりセミナーに出たことがないと、
    これだけで分かろうとして読むとしたら難しいだろうなと感じました。

    セミナーに出たことがある人は「ああ、そうそう!」って思いながら
    読めるし、復習と共に新たな理解ができそうな気がします。

    (私も全部のセミナーに出たわけではないので、初めて聞くものは
    それなりの理解だと思いますが、とっても面白いです!)

    あゆかさん、どうもありがとうございました♪

  5. あゆかさん、おはようございます~♪

    小冊子 『秘密の扉を開けよう!』 を届けてくださり、ありがとうございました!
    「こんなに盛りだくさんに~、充実した内容を!!!」 と感動してしまいました。
    そして、、同時にあゆかさんのお気持ちを感じました。

    感謝のこの気持ちをお伝えしたくて、コメントさせていただきます。
    ものすごく嬉しいです。
    早速、プリントアウトして何度も読んでいます。
    あゆかさんに出逢って、あゆかさんの後を歩いてきましたが、
    「ほんとによかったな。よかったな~♪」 ,とあらためて思います。

    イブニングセミナーに参加します。
    お会いできることを、心から楽しみにしています~~~♪

  6. あゆかさん、PDF冊子読みました!
    最近かなり癒しが進んで来たなぁと思いつつも、
    今どれくらいだろう?と不安というか疑問もあったのですが、
    今の自分の状況を俯瞰で把握するのに、とても役立ちました。
    ありがとうございます^o^/

    一番最初にあゆかさんのブログを拝見した時に
    「この人は本当に人を助けようとしている人だ」と
    すごく信頼する気持ちになったのを思い出しました。
    最近またも少し大きめのネガティブな思いが見えてきたので、うう・・・と思っていたのですが、
    自分の癒しの旅がこれからどうなっていくのだろう?とちょっとワクワクして楽しみになりました^v^

  7. 環境が変わって行かないと感じていた事に、何年も悶々としていましたがストンと入ってきて、すっきりした感じがしています。ありがとうございます。
    メルマガの登録をしていたはずですが届いていないようです。冊子がすごく読みたいです!別のアドレスでこれから登録し直してももう一度配信を受け取る事が出来ますか?

    • コメントありがとうございます! メルマガが届いていないということで、大変申し訳ありません。エラーが出て、戻ってきてしまうアドレスが何十件かあります。冊子を希望してくださる方、全員に配布できるようにしたいと思っておりますので、どうすれば良いか、少しお時間をいただけますか? 来週までに解決方法を見つけたいと思います。

      • あゆかさん、お忙しいところお手数をおかけしまして申し訳ありません。メッセージありがとうございます。
        以前のメルマガは毎号届いていました。今回も、同じアドレスで登録しましたが、ヤフーのフリーメールのアドレス(yahoo.co.jp)ですので、もしかしたらそのドメインが原因かな?と憶測しています。 冊子が読めるようになれば嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

        • 横からすいません。私もヤフーのフリーメールですが、届きましたよ!

  8. あゆかさんこんばんは。
    私も冊子が届かない一人です。
    セミナーのお知らせはいただいていて、その後特にメルアドも変えておらず迷惑メールにも
    振り分けられていないようですが・・・

    マロンさんに便乗させていただくようですみませんが、よろしくお願いいたします。

    • こちらも失礼いたしました。メルマガのほうへも登録なさっているけど、届かないということですよね? 対処法を模索しておりますので、少しだけお待ちくださいませ。

  9. 冊子ありがとうございました。
    とてもわかりやすく、いま自分がどの辺りにいるのか、また今後どういう方向をどのように目指していったらよいのかもわかり、とても助けになりました。
    まだまだ先は長そうですが、日々頑張っていきたいと思います。

  10. こんにちは
    わたしも先日セミナーとメールマガジンの申し込みをしたのですが、それから連絡がないので心配しています
    ちゃんと届いてたらいいのですが♪

  11. PDF、とても読みごたえがありました!

    振り返るに、以前はほとんどマインドの世界で生きていました。ハートは数パーセントあればいい方で、私は自己肯定感ゼロで生き生きと過ごせて当たり前、私にはそれ以外の道は許されていない、と思っていました。なので、それはそれは辛かったなあと。しかも辛さを感じる自分に思いっきりダメ出しをしていて、いま振り返ると本当に無茶苦茶でした。

    今はマインドよりもハートの比率が高くて、以前とても苦しんだのと同じ状況がやってきてもほとんど影響を受けずに過ごせています。多少揺れることもありますが、それはご愛敬かなと。

    目覚めのステージはまだピンと来ませんが、少しでも体験してみたいと思いイブニングセミナーに申し込みました(確認のメールもいただきました)。

    あゆかさんに出会ったからここまで来れました。出会えてよかった。本当にありがとうございます!

  12. あゆかさん、わたしも小冊子受け取りました。ブログも時々読ませてもらっていますし、今まであゆかさんの本やセミナーに助けられてここまで来られました。ありがとうございます。心から感謝しています。というのも、私は、数年前から心療内科に通っています。いろんな事が重なり精神的にショックを受け、病気になりました。医療を受けながら、カウンセリングやセラピーも受け、自分でも驚くほど回復しました。あゆかさんの本を読んで、ハートトークや自己愛を増やしてこれました。今は、かなり幸せかな?と思いますが、父のことで悩んでいます。父は会社を経営していますが、今、足が痛くて両手で捕まらないと歩けない、立てない状態です。お医者さんに行くのを嫌がるため、原因がわかりません。時々、そんな自分に腹が立つようで、「もう、この足は!!」と叫んでいます。父は、割と細かい神経質な性格で、計画通り物事が進まないとイラつくことが多いです。それに、以前に人に言われたことを根に持って、いまだに許せない、と怒っています。こんな父に、私が出来ることは何でしょうか?それとも、これは、父の問題ではなく「鏡」なのでしょうか?私の中にも、似たようなもの、それとも裏返し?今、私は、アロマテラピーを習っているのですが、身体的アプローチの方がいいのか、それとも、精神的なトラウマや何かがあるのか、わかりません。よかったら、アドバイスをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中