利用してくる人にどうしたら良い?パート2

わ~い! ガイアのメッセージの翻訳を脱稿しました!ふ~、ふ~、大変だったぁ。ということで、6月に「地球の魂「ガイア」が今、あなたに伝えたいこと」(仮タイトル、幻冬舎)が発売されます。地震、原発、日本経済、そして魂の成長、アセンション、覚醒などなどが盛り込まれています。セミナーで先駆けてちょっとその内容もお話しますね~!

さて、今回は下記のコメントにお返事させてください。これは、2011年01月20日の「自分を利用してくる人にどうしたら良い?」の記事に対して最近頂いたコメントです。多くの人にとって境界線は、なかなか理解しづらい考えのようですので、取り上げることにしました。で、ちなみにこのときの記事のご質問は、

サポートや協力を当て込んで他人を「利用する」人たちが居ます。彼らは協力を断られると「支えあいの時代にサポートや協力を拒否する人」と攻撃し、なんとしても自分のいいように相手を利用しようとしてきます。利用する人から上手に逃れる方法がわかりません。

というもので、私のお返事は、

「相手が真に困っていて依頼してきたにしろ、または相手が自分のいいようにしたくて依頼してきたにしろ、自分がやりたければイエス、やりたくなかったらノー。相手がどういう意図を持っているかは関係ないんです。自分がどうしたいかだけです。相手が攻撃してきたら、やりたくない理由を誠意を持って伝え、それでも攻撃してくるのなら、それは相手の問題ですので、残念ですが、自分のコントロールを超えた部分だと悟って、境界線を引きます。」

で、それに対して、下記のご質問を頂きました。コメントありがとうございます!

ブログのご回答、確かにその通りだとは思います。しかし、その利用する人が、私に拒否されても自分でやろうとせず、他の人に押し付ける人である場合、私だったら利用されるのが嫌でも断れません。その場合は一体どうすれば良いとおっしゃるのでしょうか?

こういう状況で行き詰まってしまう方はそれなりに多いかもしれません。というのも、「利用する人を自分が断ったせいで、他人が迷惑をうける」という見方を私たちはしてしまいがちだからです。

つまり、「私が断った」(原因)→「他の人が迷惑を受けた」(結果)という見方をするんですね。自分が引き起こしたと見てしまうのです。でも、実際は、「利用する人が、私がやらないから、他の人へ移った」ということです。主語(原因)は、私ではなくて、あくまでも「利用する人」で、利用する人が引き起こしているんです。

それを自分の責任だと思ってしまい、我慢してしまうため、怒りや疲れがたまってきます。

さて、自分が断ったため、例えば代わりにBさんにとばっちりが行ったとします。そうると、今度は、Bさんが引受けたいかどうか考えれば良いわけです。そこでBさんが嫌なのに引受けたとしたら、Bさんの問題です。

ここで、Bさんにやっかいを押し付けてしまった気持ちになっていたら、境界線越えをしています。いいですか?あくまでも、引き起こしている人は、「利用している人」です。

そして、もしBさんも断り、誰もやってくれなかったら? このとき始めて、この人は自分の問題と向き合わなければいけません。始めは、人のせいにして怒ったり、すねたり、いろいろと抵抗するかもしれません。逆にそっちに対応するほうが面倒だったりするかもしれませんね。

しかし、この「私だったら利用されるのが嫌でも断れません。一体どうすれば良いのでしょうか?」という考えをよく見てみると、おっしゃっていることは、「相手も私も変わるつもりはありませんが、どうすれば良いのでしょうか?」と言っているのと同じなんです。

で、もちろん、何も変わりません。人間関係は、そこに関わっている人が変わらない限り、ずっと同じです。ですから、相手が自分で気づいて変わる様子がないのであれば、自分が対応を変えるしかないんですね。または、相手にきちんと意思表示をして、それで相手が変わってくれるということもあるでしょう。(あまり多くないですが)

さて、自分を弱いものと見なしていると、Bさんも人の依頼を断れない弱いものとして見てしまいます。(利用してくる人が強く見える) しかし、「すべての人にパワーがある」というのが真実ですね。自分にパワーがあると認識していれば、Bさんも、自分の意思があり、それをちゃんと告げられるパワーがある人と見なすことができます。なので、無条件にBさんに悪いことをしている!と思わなくなります。(繰り返しますが、実際にしていないし)

また、そもそも自分でできることを依頼してくる人は、どうしてそうするのでしょうか? 外から見ると、怠惰だとか、調子が良いとか、強引だとか見えるかもしれません。しかし、基本的に自分でできることは、自分でやってしまったほうが、私たちは気持ちが良いものです。自分はやれる! こなせる! 自分で片付けた!という感覚は、自分に対して肯定感が持てるものですね。

で、人間は、基本的に自分が好きになれるほう(気持ちが良いほう)をいつも選びます。私たちは、いつも気持ち良くいたいという強い欲求がありますので。

となると、なぜ人を動かす(利用する)というやっかいなことをわざわざするのか?というと、この人の深いレベルで、“自分にはできない”とか、“自分は弱い”、“自分は仕事が下手だ”などといった思いがあるからなんです。本人がその思いに気がついているかどうは別です。というか、気がついていないことのほうが圧倒的に多く、潜在意識のこういった声に動かされて、自分の弱さや不安を感じなくて良いように誰かを使う、または、頼りたい気持ちに駆られてしまっているんですね。

ということで、ここで二人(または、Bさんも断ることができなければ、三人)を同じパターンにいつまでも縛っている真の理由は、自分への信頼(パワー)の欠如、つまり自己愛の欠如なんです。

利用する人も利用される人も、役割が違うだけで、本質は同じものを持っています。(人は自分の鏡)

もし、依頼される側が、「私もあなたも能力が充分ある人間だよね」ときちんと認識していれば、相手が自分でできることを依頼してきたとき、「この人は、自分でやれることに気づいていないな」とはっきり見えるでしょう。嫌な人、利用する人とは見なくなります。ですから、例えば「この部分は、自分でやれるんじゃない?」などと、その人が自分でやれるほうへ話を持っていくかもしれませんね。

いやぁ、それにしてもこんなことが書けるなんて、大学時代に授業中に友人にせかされて、友人のボーイフレンドのために靴下を編んでいた私とは、随分変わったものです。今は、ほんとうに楽な人間関係に囲まれ、ありがたい~としみじみ思っています。

話を戻して、「利用してくる」という見方(言葉)は、被害者意識の混じった目で世界をみているも状態です。この世界観のときは、基本的にいろいろなことが難しいです。(詳しくは、スピリチュアル心理学講座へ)しかし、「誰かが何かを依頼をした。断った、または引受けた。」という世界には、利用者も利用される人(犠牲者)も存在しません。

また、もしかすると、私たちの中に「引受けることは良いこと」、「断ることは悪いこと、冷たいこと」という漠然とした共通の思い込みがあるかもしれません。しかし、嫌だと思いながら引き受け、相手を恨んでいる状況に愛はあるでしょうか?そして、それは本当に良いことでしょうか?

こう書くと今度は、嫌なことや嫌な人を避けて、自分を守るのが自己愛だと勘違いしてしまう方も見受けられますが、まったく違います。そうではなくて、自己愛が高ければ、相手を嫌な人だとそもそも見なくなるということです。誰かを「嫌な人、苦手な人」と見ている限り、本当の変化は起きません。

なのでその場合は、まず、嫌だと思っている気持ちに正直になり、そして、なぜ嫌だと思うのか、自分の中を見つめていく必要があります。答えは、必ず自分の潜在意識の中にあります。そして、それを癒せば、目に映るものが変わり、解釈が変わるから、感じ方が変わり、だから言動が変わり、そして現実が変わります。

なんだか話がとっちらかってきました。この話題も話したいことがたくさんありますね~。というころで、疑問、質問大歓迎です!

5月日本セミナー案内はこちら→☆

利用してくる人にどうしたら良い?パート2」への18件のフィードバック

  1. こんにちわ、今回の記事よく理解できました~(^.^)靴下編みに笑ってしまいました(笑)

    記事に関係ないので申し訳ないのですが最近委ねること又はコントロールができることと出来ないことの違いについて疑問に感じています
    その二つを見極める判断基準が分からないのです
    引き寄せの法則が流行っていましたが全てのものはあなたが望めば手に入るという教えとあなたにできることはなにもなくそれに気づき委ねなさいという教えがあります
    この2つの違いは前者は物質的なことで後者はもっと本質的な話(過去、起きてしまったこと)についてなのかなと解釈しています
    ですが、例えば会社に採用されなかった→縁がなかった・やるだけやったから次へいこう・不採用と運命が決まってたのだと解釈するか、やはり諦めきれない・もう一度挑戦すればもしかしたら何とかなるかもしれない、と思うかどちらがより人生を生きているのでしょうか?
    後者は起こったことを受け入れていないのかもしれませんが、再度挑戦して上手くいくひともいると思うと受け入れ・委ねが諦めやすさに繋がる気もします
    これも例えですが縁が切れた人と関係を復活させたい、連絡したいと思い行動するのは自分の手で人生を切り開いているのか、流れに逆らって執着しているのか、どちらなんでしょう
    私は後悔しないかどうかが判断基準かなと思うのですがハートトークにみせかけたエゴが隠れている気がしなくもありません
    これを見分ける方法ってあるのでしょうか??

    • 思わず「そうですよね」と共感できるコメントでした。純粋に「〜したい」と思う気持ちが、ハートであるのか、エゴからくる執着であるのか。縁が切れた相手と復活したくなって連絡する・・・のエピソードなど、どちらなのか渦中にある時はわからないと思うことがたいていですね。これも、意識することで次第に違いが分ってくるものなのでしょうか・・・。

      • そうなんですよね。

        単純なことなのかもしれないんですが、「手放す」とか「委ねる」って人それぞれ解釈が違うと思うんです。
        (言葉ってどれも人それぞれニュアンスが違うから難しいですね)

        どこまでが手放すことなのかな?って疑問に感じてしまって、
        自分ができることはする、そのあとはほっとくっていう加減?があんまりつかめてないんです。

  2. あゆかさんこんにちは。

    今回の記事はとても現実面に則していると感じられました。

    自分の中の嫌な気持ちを見つめて癒していけば、自然とそれが行動に現れ、苦なく相手に嫌なものは嫌だ、とはっきり言う事ができると思いますが、そこまで来るのに実際結構時間がかかると思います。相手か自分のどちらかが何かをしないと(言わないと)現実は変わらないということは、自分が変わって自然に言える様になるのを待つより、やはり最初は勇気を奮い起こして相手にはっきり言ったほうが、一番早く現実を変えられるということでしょうか。
    自分にとってはそれが一番難しいです。

  3. 人は鏡だから、「人を利用してくる人がいる」ということは、わたしのなかに「人を利用するところがある」のだと思っていました。その度にいやな気持ちになったり、いちいちショックを受けていましたが、「自分への信頼が足りない」だとよくわかります。もう少し、深いところを見るといいですね。
    また、被害者や加害者がいない世界の見方も勉強になりました。
    今、気になっているのが、「特に関係もないのに批判する人」です。どうしてこういうことが起こったのか、こういう人に対してどう対処すればいいのかがわかりません。よければ教えてくださいませ。
    わたしの彼氏はフリーのコンサルタントで東北の復興のグランドデザインを描く仕事をしています。その話を会社の人との飲み会で「彼氏はどんなことしてるの?」と聞かれたので答えました。そうしたら、「それはNPOをつくってやるべきだ」(私の彼氏は大学と組んでやっています)「グランドデザインなんていらない。まず必要なのは話を聞いてもらうことだ」「俺は東北のことには興味がない」「もっと政治と組まないとダメだ」などなど、批判を言われ、とても腹が立ちました。その人達が彼氏の活動を
    しっているとか、少なくとも東北のために何かしているなら、理解できますが、何もしていないのに、どうしてこんなにいってくるのか理解できません。その場では、「わたし、怒りますよ」といって「ご自分は何をされてるんですか?」といいました。
    こういう場合、わたしは(相手は鏡ですから)自分の中にも、彼氏にたいして批判的なところがあったのではないか、それから、自分にも「何も自分はしていないのに、やっている人を批判する」ところがあるんじゃないかと思います。あゆかさんのブログを読んで、それ以外の解釈があるかもしれないと思い、もしよければお教えいただきたいなと思いました。
    また、ひとつ解せないのは、「俺は東北の復興に興味がない」とものすごく主張してきたひとです。「はい、そうですか」で話は終了だと思うので、「はぁ」くらいしか言えなかったのですが、、、わたしは時々批判されたいわけでも、議論したいわけでも、アドバイスがほしいわけでもないそういう展開になることが度々あるので、どうしてなんだろうと思った次第です。
    長文申し訳ございません。いつも書籍とブログたのしみにしています!

  4. micさん。
    あゆかさんに質問されているのに、横から口を出してごめんなさい。
    でも、ちょっと思うところがありましたので、僭越ながら書かせて下さいね。
    それで私もスッキリするので、自分のために書いている部分もあります。(^^ゞ

    「議論したいわけでも、アドバイスがほしいわけでもないそういう展開になることが度々ある」と書かれていますね。
    何を言っても「はぁ」な感じで、こんにゃくみたいな人には、絡んでも絡みようがないので、人は相手にしないというかスルーすると思います。
    (反応が返ってこないと肩すかしをくらった感じになって自分がしらけるから。)

    でも、micさんは、『「わたし、怒りますよ」といって「ご自分は何をされてるんですか?」といいました。』と書かれています、
    ここは、相手が議論返しをしたくなると思いました。
    何もしていない人ほど、人のことをあれこれ批判的に言いたくなるのだと思います。
    何かをやっている人は、実情を知っているわけだから、軽々しく批判めいたことを言えない背景があることをわかっていると思うから。

    彼氏を思うお気持ちはとても素敵だと思います。
    でも、絡まれないようにするために私だったら、「復興支援する側も色々な考え方やアプローチの仕方があって当然だし、それぞれ専門とする分野も違うのだから、彼は自分が活かせる分野で頑張っているのであって、私はそんな彼を応援したいと思います」くらいに言っておきます。
    「俺は東北の復興に興味がない」とものすごく主張してくる人には、「〇〇さんには
    〇〇さんのお考えがおありでしょうから、それはそれでいいんじゃないですか?」
    くらにしておきます。実際、そういうことを声高に言う人にはビックリですけど。

    ごめんなさい。ありがとうございました。

    • そうか~。そうですね。
      絡まれないことが目的なら、スマートに対処しようと思うと思うのです。プリンさんがおっしゃってくださったほど、スマートな回答は思いつけませんでしたけども…
      なんか、その時は、怒りで、どう対処すればいいのかわからなかったんです。
      どう対処していいのか、決められなかったのが私のよくなかったところかもしれません。

  5. タイムリーな記事でした!!
    ついさっき得た気付きを、ぜひシェアさせてください!
    タイトルは「攻撃してくる人にどうしたら良い?」ってところでしょうか(笑)

    主人の両親と同居して8年。そりの合わない義父母と、なんとか、なんとかやってきました。
    でも、もう限界!!って思うことがありました。どうして私はこんなに義母から攻撃されるんだ、私の何がいけないんだ!!と、子供を連れて実家に帰りたくなるほどの、久々のものすごい怒りでした。
    でも、同居暦よりも、あゆかさんがブログを長く続けてくれているのを読ませていただいてきたお蔭様で、感情を爆発させる前に、自分を見つめることができました。
    そこで衝撃の事実を知りました。
    私、いつも義父母をバカにしていたんです・・・。
    というのも。
    義父母とはホントに価値観も生活感もずれてて、ぶつかってばかりだったんです。
    義父母に認められないと私の価値が無いように思われて、私が余裕があるときは、義父母におべっかつかったりうわべだけ取り繕ってみたり、ご機嫌をとっていました。でも、それにも限界があります。そこで私が取った策は、義父母をバカにして、義父母の価値を下げることだったようです。相手の価値を下げることで、相手に認めてもらえなくても仕方ないんだ的に自分を守ってきたようです。それはまさに無意識に、でした。でも、そのことに気づいてみたら、本当に今までの感覚としっくりきたんです。
    どうも、相手をバカにして自分を守るような無意識の行動は、小さな頃からあったみたいです・・・。

    今回の出来事も、単に、私が義父母にしてた攻撃への反撃だったのだと気づいたら、溜飲が降りました。
    あゆかさんのお蔭様で、自分の価値は自分で認めることが出来るようになりましたので、もうこんなばかげた自分の守り方は止めよう、と思います。
    そして、自分に価値を感じられる(自分で自分にパワーを与えられる)ようになったのだから、義父母への関わり方を変えます。
    うわべだけ取り繕う関係は止めて、相手の本心を汲める関係を築こうと思います。
    もう、義両親の本心を知っても、自分の価値が下がる危険を感じずに済むと思うので・・・。

    潜在意識にあった真実に気がついたら、義父母への憎しみや恨みがきれいさっぱり消えました!
    自己愛が育ってきたことで、義父母との関係が次のステージに移るために、今回の出来事があったんじゃないかと、今回のトラブルに感謝できるほどです。

    >同じパターンにいつまでも縛っている真の理由は、自分への信頼(パワー)の欠如、つまり自己愛の欠如なんです。
    まさにその通り!!でした^^  

    義父母への攻撃を止めて、関係がどう変わるか、とっても楽しみです^^
    あゆかさん、いつもありがとうございます!!

    6月発売のガイアのメッセージ、楽しみにしていまーす^^
    長々スミマセンでした!

    • すばらしい気づきだと思います。
      シェアしてくださってありがとうございます。
      僕も相手を(無意識のうちに)馬鹿にしてしまう。というレベルから離れられると、次のステージに行けるような気がしています。

      • KAZUNさん
        長いコメントを読んでいただき、コメントいただけて嬉しかったです。
        ありがとうございました。

        ご自身の気持ちに気づいていらっしゃるKAZUNさんは、素晴らしいです。
        気づくことだけですでに、次のステージに行かれていると思います。
        気づいた時点で、「無意識」が「意識的」のレベルに移行するんでしょうね。

        私は、相手をバカにすることで自分にどんなメリットがあるのかに気づけたことで、相手への気持ちが変わってきました。
        まだまだ、義父母との関係には時間がかかると思いますが、勝手に敵視せずにニュートラルにやっていこうと思いま~す^^;

  6. あゆかさんの本を読んで、だいぶ「友達の彼氏の靴下は編まなくていいんだ、断っていいんだ」と、割り切ることができるようになってきました。しかし実家の母が断りきれない人で、頼ってくる人に対する愚痴を言ってきたりして、とても歯がゆいです。

    「マネーゲームから脱出する方法」読みました!
    近所に「とても近いけど高いスーパー」と「少し遠いけど安いスーパー」があって、いつも無意識に「少し遠いけど安いスーパー」に行くようにしていました。でも、「マネーゲーム」を読んで、「「高いスーパー」に行っても大丈夫大丈夫、怖くない。お金、無くならない。怖くない。」と自分に言い聞かせながら「高いスーパー」に行くようにしました。そしたら、安いスーパーのお魚や野菜がやはりちょっと古かったりする事に気づいたり、おいしい苺を食べたら「福岡県産のおいしい苺が手軽に食べられるなんて素晴らしいな(私は関西在住です)」と思ったり、美容院に行って髪を切ってもらっても「プロの人の技術をこうして受けられるのは素晴らしい」と自然に、感じることができるようになりました。
    以上報告でした^^

  7. あゆかさんこんばんは
    今回のブログ内容とは関係ないことを質問してもいいでしょうか?
    自分も40代になり独身で、同級生はほとんど既婚者で独身の女友達も少なくそんな数少ない同年齢の女友達から私のした行動を突然酷く責めるメールがきて「あ~もう会うことはないな」とすごくショックを受けてから3ヶ月。最近私は姉との口論で姉から「あんたは人をダサいとかバカにして!!」と言われることがあり彼女の事を内心バカにしていたんだなと気付きました。だから彼女はそんな私の態度、行動(私は悪気なく無意識に)が許せなかったんだな~と。もう一度私から会いにいけたらいいのですが、メールの内容を思い出すと何もなかった顔して会いにいくのもな・・・・と思っています。彼女はきっと私には会いたくないだろうな?とかいろいろ考えてしまい行動に移せません。責められた内容のメールは今も私の中ではショックというかスッキリしないです。彼女と仲なおりしたいようなこわいような。どうしたらいいのでしょうか?

    • ご質問ありがとうございます! 近いうちに取り上げさせて頂きますね。

      他の方にもお願いですが、なるべく句読点を打ってくださったり、行間を空けてもらえますと、目に優しく、読みやすいかと思います。

  8. あゆかさん、こんにちは。

    とても、どんよりしてます…。 どうしたらいいのかわかりません。

    すごく好きな人ができたのですが、いわゆる片思いでその人は私のことはともだちと思っています。

    コンタクトを取ると、わりとまめに対応してくれたり、会ってくれたりします。
    少しだけの時間でも出てきてくれたり、たくさん話もします。

    でも、好きなのは私だけという感じが充満していて、その人が何を思ってくれているのかわかりません。

    以前、あゆかさんのブログにあった、彼を本当に好きな理由についても考えてみましたが、
    恋は盲目状態なのか、具体的な理由が浮かんでもきません…。

    すっごく好きなの~!!!だけで。

    これは、彼が私のニーズを埋めてくれると私が思い込んで、くれもしない愛情を思い込んで待っているだけの状態なのでしょうか?

    やたらこちらからコンタクトを取るのも迷惑だろうし、でも、伝えたいことがいっぱいで、むずむずします。
    我慢していると、すごいストレスで体調悪くなるし。

    本当の愛なら、彼が誰を好きであろうと、彼が幸せなら、私も満たされているはず。

    もっと話したり、会ったりしたいと思ってるだけの、わがままないまの状態は、ただの私のニーズなのでしょうか?

    • ぷにさんこんにちは^^
      「すっごく好きなの~~~!」とういコメントに
      「それが恋だよね~~~~(≧≦) 」ってとても同意してしまいました。
      どんよりしているぷにさんがいじらしくて、思わずコメントしてしまいました。

      彼氏さんと、どうなりたいですか?
      それがぷにさんのストレートなニーズですよね^^
      (たとえば私は・・・19の時に片思いしていた人へのニーズは
      「優しいのは同情なの?
      それとも私だから優しいの?
      私が彼を思うくらいに、彼にも私を思って欲しい。
      彼にも、私といて本当に幸せって思って欲しい。
      彼の一番大事なものが私、っていう関係になりたい。」でした^^;
      真のニーズは、「私は私にとって価値ある人に、大切にされている」=「私は存在価値がある」を満たして欲しかった。だめだったケド)

      ニーズ=わがまま、彼を思う気持ちは私の勝手な要求・・・とは、恋の一面かもしれないけれど、イコール悪いことではないですよね^^ 一般の女子なら好きな彼と一緒にいたいって思うのは健全なニーズだと思いますよ~。
      ただ、そのニーズを彼が満たしてくれないかも、って今悩むのは、まだ早いように思いますよ。もしかしたら、ぷにさんが望む関係になれるかも知れないし!

      彼に心を開いて、今よりも一歩突っ込んだ関係を築いていくことも大事な経験(人生の醍醐味)だと思います。恋愛の中に、お互いが本当に幸せになれるレッスンがつまっているし(片思いにもだけど)。
      頭で対処するのも大事ですが、好きっていう気持ちを優先して、行動に移して告白してみては?^^
      今の安定した彼との関係に一石を投じるのは怖いかもしれませんが、今のままの状態でもぷにさんはどんよりしちゃうんですよね?^^
      ぷにさんの恋を応援していますo(^∇^)o
      もしも、の時は・・・、きっとあゆかさんの本やブログに、ぷにさんの気持ちがすっきりするヒントが満載ですから。
      長々とごめんなさいね。がんばれ~~^^

      • ままりんさん

        コメントありがとうございます。

        ままりんさんの19歳のときの彼氏さんへのニーズ、真のニーズとそっくりなニーズが私にもあることに気づきました。

        頭でたくさん考えすぎて、臆病になってます…。

        少し静かな気持ちで、自分のこころを、そして彼を見て、少しずつでも、こころを開いていきたいなと思います。

        応援ありがとうございます。

        頑張ります。

        こうして出会えた訳ですから  。

  9. こんにちは。いつも、ブログを日常に役立てています。
    ありがとうございます。

    今日は、素朴な疑問です。
    身体の不安は、エゴとは関係あるのでしょうか?
    例えば、急に望まない単身赴任になったり、遠距離通勤になったり・・・
    私の場合、生理痛が非常に辛いのです。何か大事なイベントがある時には、生理が重ならないかドキドキしています。電車の中で、吐き気がして人に助けられたこともあるのです。
    そういう自分が、定期的にあるイベントに参加することになり、絶対に休めません。生理痛のことがあるので、ものすごく不安になります。プレゼンの時と、生理が重なったら、腹痛、だるさ、頭痛、吐き気、貧血・・・どのような症状がどの程度出るのか分りません。こういう体の面での不安から「自分は、プレゼンをやりこなすことができるだろうか。遅刻したらどうしようか。そもそもプレゼンの準備で参ってしまったり、十分に力を出せないかも知れない」そういう不安で、本当に怖くて仕方がないです。

    こういう悩みについてのコメントは、あまりなかったように思うのですが、セルフラブやエゴの仕組みと関係あるのでしょうか?
    お教えいただけると、助かります。

  10. あゆかさん、こんにちは。
    楽天ブログがはじまったころから愛読しています。
    いつも素晴らしいメッセージをありがとうございます。

    本当に困っているので質問させて下さい。
    昨年流産してから無気力になってしまい、何をしても心から喜べません。
    流産は珍しいことではない、亡くなった赤ちゃんのためにも元気になりたい、また妊娠したい…頭では整理が出来るのですが、どうにも心がついて行きません。
    夫も心配してくれますが、どうしていいのか分からないようです。
    流産して数ヶ月後に信頼できる心療内科のドクターにもかかったのですが、「悲しいのは当然のこと。病気じゃない」と言われ、いろいろ話は聞いてもらいましたが、無気力はなくなりませんでした。
    復職もしましたが、以前は大好きで精力的に取り組んでいたのに、やる気がまったく出ません。効率が落ちていますが、挽回する元気もないのです。端迷惑なので辞職したほうがいいのかとすら思います。ハードな仕事なので、以前のようにバリバリ働いたらもう妊娠できないかもしれない…そんな躊躇もあります。

    自分なりに分析して気づいたのは、私はバツ1の再婚なのですが、再婚して妊娠した時「これまでの苦労が報われた」「やっと自分を肯定できる」という思いがあったようです。
    前の結婚の時は、元夫が絶対に子供はいらないという人で、赤ちゃんは望めませんでした。本当に悲しかった。長い長い時間をかけ円満に離婚し、そして出会った現在の夫。やっと来てくれた赤ちゃん。もう言葉には言い表せないくらい嬉しかったのに…。
    短い間でも私達夫婦のところに来てくれた、その感謝はもちろんあります。でもいなくなってしまった…そのことに全然納得がいかないのです。

    里子も考えていますが、年齢的にあと数年は自然妊娠が可能です。ですからもう少し頑張ってみようとは思いますが、こんな無気力では自己嫌悪ばかりがつのり悪循環にはまってしまいそうです。いえすでに悪循環にはまっています。
    アドバイス頂ければ幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中