無限に豊かに生きるには

バレンタインデーでしたね。こちらでは女性が男性にチョコレートをあげる日という風習がなく、どちらかというと男性が女性に何かしてあげる日なので、花束を持った男性をあちこちにみかけます。

さて、今回もコメントにお返事させて頂きます。コメントありがとうございます!

世の中いやなことがいっぱいあって、例えば、銀行経営者が何億という給料+ボーナスもらっていながら失敗、一般市民の税金で埋め合わせ、とか、警察が権力振りかざして弱いものいじめのようなことをしてたり 戦争の事だったり、こういうことを見たり聞いたりして 怒りを感じないでは なかなかいられません。覚醒された人達は‘~すべき・すべきでない’という感覚がなくなるということですが、あゆかさんのようにこの幻想の世界と覚醒の世界を行ったり来たりしていると、こっちの幻想の世界に帰って来た時(?) どういう風に感じるんでしょうか。自分に起こる個人的なことは 自分の成長のため、自分の見えてない事を探すためと納得しやすいんですが、漠然と世の中に蔓延しているネガティブな事って気持ちの中でとっても処理しにくいような気がします。

これは、スピリチュアル心理学の講座でじっくりご説明したい重要な点なのですが、私たちがしている大きな勘違いは、自分と他者、社会、世の中は分離していると思っていることです。「私がいてあなたがいる」「私がいて社会がある」という見方です。

ところが、スピリチュアル心理学のベースとなっている「奇跡の学習コース」では、「私たちが見ている世界は、100%自分の思考の投影(鏡に映し出されたもの)です。あなたが見ているものは、あなたがそれが真実だと思っているものです。しかし、あなたは自分が投影しているものを自分と関係ないと思ってしまうので、それが自分のものだと気がついていません。」とあります。

例えばイギリスの場合、リーマンショック後、80%税金の援助で救済された銀行のトップが、年間2億円近いお給料をもらって、ボーナスにまた2億円もらうというようなことが未だに続いています。(結局、彼は社会のブーイングに耐えられず、ボーナスは放棄しました。)

一方でそもそも銀行のギャンブルから発した不景気のために、経営が困難になった会社がたくさん増え、当の銀行がローンの返済をせまったり、貸し渋りをしたりしています。なんでこんな不条理が・・・・と思う人も多いでしょう。

では、これが100%私(または多くの人)の思考の投影だということは、どういうことなのでしょう? まず、銀行のトップがしていることは、「お金に高い価値を置いている」ということです。また、「自分さえ良ければ」という思いもあるかもしれません。

そこで、私の思考を探ってみると、「お金は大切だ(必要だ)」とか「お金がもっとあればな」とといったお金に高い価値を置いた思いがたくさんあります。(ありました。今はあまり思っていません)例えば、誰かが「食べていかなければいけない」というとき、たいていそれは「お金」が必要だということでしょう。おそらく、野菜の育て方や自力発電の仕方を今すぐにでも学ばなければ!ということではないと思います。

また、私たちの多くは「お金はあるところにあって、ない人はない」とか「誰かが多く稼ぐと、誰かが損をする」とか「お金はなくなるものだ」とか「すべての人に充分に行き渡るお金はない」などといった思いを持っていて、「お金は誰にでも無限にある」という思いでいる人はおそらくとても少ないでしょう。

私のなかにこういった思いがある限り、私の世界には、お金に高い価値を置く人、お金を持っていない人、損をする人、などなどが現われ続けます。

また、どれだけの人が「この世は競争社会だ」と思っているでしょう? 人より秀でていないといけない、人より少しでもできたほうが良い、シェアが多い会社が生き残れる・・・など、私たちが他者と自分を比べるとき、自分のほうがよりできていないとダメだ、負けだ、生き残れないという思いもあるかもしれません。

意識上にははっきりとないかもしれませんが、よ~く探ってみると、潜在意識にこれらの思いがきっと多くの人の中にもあるはずです。

で、こういった思考があるとすると、自分の世界に「お金に価値を置いて」「生き残るためになにがなんでも人より上にいる」という行動を取る人が現れます。

また、自分の思いを観察して、自分は社会のどの位置にいるでしょうか? お金を稼ぐ側? それともお金のない側? 多数の庶民側? それとも少数のお金持ち側? 例えば、自分を多数派の庶民としてみていれば、自分もお金に価値を置いているにもかかわらず、個人経営者のほうに自分を見るので、銀行家のやっていることにとても腹が立つはずです。

とくに、お金に価値を置いているのに、それを良くないと思っていたり、または、お金に価値を置いているのに、なかなかそれが手に入らなかったりすれば、ものすごく腹が立ちます。(←かつての私。怒り狂っていました。)

自分の頭の中に映写機が回っているとイメージしてもらうと、「お金は大切だ」「生き残るためにより良くないとダメだ」「世の中は競争社会だ」「権威(警察など)は力を持ち、私は力がない」「私は権威にやられる側だ」(被害者意識)、「お金はあるところにあるだけ」といった思いに基づいたシナリオがスクリーンに展開しているわけです。展開しているだけではなく、役者としてもちろん経験もしています。

あぁ~~!!(←突然の叫び)、書きたいことがたくさんある~~、けどブログで書くのは難しい!!! みなさ~ん!スピリチュアル心理学講座受けてくださいっ!。

と叫びたい気持ちで書いておりますが、とりあえず、乱暴にまとめまてしまうと、自分が見ている世界は、自分の思い(意識と潜在意識)の縮図です。そして、それが自分の現実となります。

いやいや現実が先にあって、だから私はそう思うようになったのだ・・・と言う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私たちは生まれてから無意識のうちにいろいろな思いを刷り込まれています。または、前世から持ってきている思いや感情もたくさんあります。自分で気がついていないので、あたかも世界が先のように感じられますが、その逆なんですね。

もし世の中の人全員が、「お金は空気のように誰にでも無限にある」と潜在意識と意識のレベルで思っていれば、それが世の中の真実となるでしょう。自分一人でも、それが真実なのだと心と精神と体のすべてのレベルで分かっていれば、自分の世界には、法外なお給料をもらう銀行家はいなくなります。または、自分がそういう社会に住んでいるという感覚がまったくなくなります。そしてしかも、それだけでなく、一生豊かに暮らせますね。

さて、実はここからがある意味本番です。覚醒した意識というのは、こういった投影の世界から完全に抜け出しているんです。思考がない状態ですから、投影のしようもありません。とりあえず、

1)私たちの思考(エゴ)が私たちの世界を作っている

2)ポジティブな思考をすれば幸せな夢(映像)が見れて、ネガティブな思考をすれば悪夢を見る。

3)真の私たちは、思考(エゴ)を超えた存在で、その意識(思考ではなく)から人生を生きると、無限のパワー(お金も)とともに生きられる。

です。

何十ページにもなる話を短くまとめて書いていますので、これだけですべてを判断せず、とりあえず、「自分と世界は分離していない」ということを今回は知ってもらえると嬉しいです。もちろん、お金や権力ばかりでなく、人間関係(恋愛も含む)、仕事などもぜんぶ関係あります。が、これもおいおい書いていきます!(過去の記事もご参照ください)

近々セミナーのご案内もアップいたします。

無限に豊かに生きるには」への27件のフィードバック

  1. あゆかさんがコメントに返事をする形式になってから、ブログがつまらなくなったように感じます。あゆかさんが言おうとしていることは本来言葉で説明できることではなく、セラピーなどで実際に体験することによって実感できることなのに、そういう経験がない人は言葉で理解しようとするので、あゆかさんは手を変え品を変え説明するのですが、結局理解できないまま、同じことの繰り返しで堂々巡りになっているような気がします。
    マリアン・ウィリアムソンのセミナーに行った時も同じことを感じました。マリアンの話はおもしろかったのですが、Q & A のセッションになると、言葉で説明できないようなことを質問するので、結局質問者は求めていた答えが得られないし、聞いていて退屈でうんざりしました。
    以前のようにあゆかさんの体験談とか行ってきたセミナーの報告のほうがおもしろかったと思います。

    • コメントありがとうございます!だいぶ最近読み始めてくださっているようですね。ご存知の方も多いかと思いますが、昔からコメントにお返事をする形式を取っていまるんですよ。昔の記事も良かったらお読みください! あっ、ちなみにセミナーも言葉だけの説明ですが、ちゃんと分かるように説明いたします。また、これまで出てくださった方からは、Q&Aがあるからより分かったというフィードバックが圧倒的に多いです。ですので、ご心配なく!

      • 私の経験から言って、あゆかさんが教えようとしていることは頭で考えるだけでなく実践を通して初めて理解できるのだということを言いたかったのですが、ご理解いただけなかったようで残念です。それに今すぐわからなくても人生経験を積んで成熟すればわかることもあります。「あ、あの時あゆかさんが言っていたのはこういうことだったんだ。」と後になって思うこともあります。今すぐわかろうとして性急に質問し、頭で理解できないと欲求不満に陥るのではないかと思います。(ちなみに5年前のファイルを見ると、あゆかさんのモノローグの形を取っていました。私はこの方が好きでした。)5年ほどあゆかさんのブログを愛読し、あゆかさんの本もお薦め本も読みましたし、実践に役立ちそうな記事はプリントアウトしてファイルしているのですが、最近このファイルがちっとも増えていないのです。同じことの繰り返しだと感じるのは読者層が入れ替わっているのかもしれません。当初の新鮮さが薄れてきているのかもしれないし、私もそろそろこのブログを卒業する時が来ているのかもしれません。おかげさまで5年の間にかなりの進歩があったので、次はどこに行ったら良いのか模索してみます。

        • 昔から読んでくださっていたのですね。5年間でかなりの進歩があったそうで、お役に立ててたんだぁとびっくりし、とても嬉しく思いました。見えない相手に書いているのは、ときどき手ごたえがまったく分かりませんので。せっかく5年間も読んでくださっていたので、お互いに感謝の気持ちを残してお別れ(もしそうなら)したいなと思います。今まで読んでくださってありがとうございました!そしてもし宜しければ、お役に立てたことをぜひ他の方々にもお伝えください。

  2. あゆかさん、こんにちは。

    前回の不安についての記事中、不安の声は、
    >(…)最終的には、(…)自分には力がないという思いです。
    それから今回の記事中、
    >(…)「お金は空気のように誰にでも無限にある」と潜在意識と意識のレベルで思っていれば(…)一生豊かに暮らせますね。

    ああ! と、納得。
    体感が変わりました。
    なにか、もやもやと、解りかけて、でもその姿がいまひとつはっきりせずいる、そんな「感じ」を、適切な言葉にしていただいた感じです。。。。あれ? それって、フォーカシングですね(笑)

    あゆかさんが体の中の感じを言葉で表す。
    言葉を得た私の中に体の感じが現れる。
    表現の完結。

    そんなことを、思いました☆

  3. 今回の記事も、とてもよく伝わりました。
    言葉で説明することの難しさも、感覚として分かります。
    私は数年前に比べて、かなりハッキリと「この世は100%全て、隅々までぜ~んぶ自分の投影」ということを自覚できているので、世の中のネガティブであろう事件に関して気持ちが乱されることは無くなりました。
    例えそれが残酷な親による虐待であれ、底意地悪い反社会的アレコレであったとしても、それによって怒りが生まれたり、そこまでいかなくても何度も思い出しては頭に残ったりする場合、チャンスとばかりに「どんな投影してるかな」と自分を探ります。

    世界の事象は、自己内部と常に相似ですね。この真実には本当に毎回ビックリしています。

  4. あ~~!って叫んだのを読んでびっくりしましたがPCの前で笑いました・・。ブログ本当に楽しく読んでいます。2回セミナー(と呼ぶのでしょうか?1日、大勢の中でお話を聞きました、ワークショップだったでしょうか)を受けましたが、それから後は「お金がない」と受けていません。これも私の思いが現実になっているんだな~と今日感じました。いつか受けたいです。最後「というわけで・・」なんて言葉がブログに出てくると、あぁもう終わり、とさみしくなります。読んで分かる範囲で実践しています。

  5. 私はもう6、7年、お金がないという「不足」に悶絶していますので、
    今回のブログは、とくに面白かったです。

    私の中にも、いろんな思いが潜在意識に植えつけられていています。

    で、実は、悟ったら、そんなこともお構いなしになるのかなーって
    おぼろげに思っていましたが、そうでもない?ですか・・?

    あゆかさんの文章は、読み手のエゴがあまり活性化しないような、
    やさしい文章で、よんでてワクワクします。

    いつか、「悟ると、お金が降ってくる?」というタイトルで
    ブログ書いてください(*^_^*)(冗談です、はい。)

  6. >自分一人でも、それが心と精神と体とすぺてのレベルで真実なのだと分かっていれば、(中略)そしてしかも、それだけでなく、一生豊かに暮らせますね。

    >真の私たちは思考を超えた存在で、その意識から人生を生きると、無限のパワー(お金も)とともに生きられる。

    どういう意味でしょうか?あゆかさんの言わんとしていることが、正確に分かりません。
    精神的に満ち足りて、もうお金を欲しいを思わなくなるから、「豊か」になるのでしょうか?
    それとも、今の仕事で生活環境のままでも、思いもかけないビッグチャンスや臨時収入があるのでしょうか? 覚醒したら、お金がどんどん寄ってくるのですか?

    長い文章を最初からずっと読んでいると、最後にはなんか分かったような気分になりますが、やはり疑問符がいっぱいです。それは多分、理屈ばかりでそこに具体例(Aさんの場合とか)が併せて書かれていないから、しっかり理解できないのだと思います。
    無料で、ご厚意で配信してくださっているブログで、勝手なことを申し上げてすみません。

  7. あゆかさん、こんにちは\(^o^)/
    いつも勉強になるブログほんとうに感謝しております。ありがとうございますm(__)m
    さて、今までのブログで「心、精神、意識、無意識、精神、思い、心、思考、感情
    など出てきますが、なんとなく感覚で理解してきましたが 私なりに整理したいと思い
    精神(思い 心)で、その心に意識、無意識があって・・・・・・それは脳が作用していて・・・・とやっていってるうちに「あーーーーーん!!あゆかさーーん助けて~~~」
    となりました。
    どーーーーしても、どーーーしても教えてください!お願いしますm(__)m
    今後のこともありますので、あほでもわかるように説明していただけると嬉しいです。
    コメントしました。
    どーーーーしても、どーーーーしても教えて欲しいのです!!!!!

    言葉で
    説明するのがいまいちできないでのです。今一度、どーーーしても
    どーーーしても教えて欲しいのです

  8. あゆかさん、いつもありがとうございます♪
    この記事に直接関連しないコメントで恐縮ですがいろいろな方のコメントを拝見しながらちょこっと感じたので書きます。
    あゆかさんが発信されている思いは「正しく」「絶対的ななにか」を伝えるために書かれているのではなくて(というよりそもそもそういう基準っていうのは相対的なことかなあと思っているのですが・・)「わたしはこう感じている、なのでわたしはこういうチョイスも人生にはあるよ、と思っている」という感覚でさまざまなテーマを絞ってわたしたちに共有くださっているのかなあと感じております。
    なので○○っていうわたしの考えわかって〜!みたいな押しつけのなさが本当に魅力的ですし、そういうエネルギーをPC越しにひしひしと感じております。
    今回のお金のテーマについては、例えば今は欧州はじめ日本でも経済は下降気味と大騒ぎしています。でも悲観論の方とこの機会をチャンスに!と時代を逆手にとったビジネスを立ち上げる方もいます。生活についても同様で不安だらけで過ごすのか、これを機会に支出の優先順位を見直したりあるいは職業そのものを仕切り直すとか本当人それぞれで、個人的に昨年組織を離れてみたところ、個人で仕事を始めて不安でしたが徐々に経済的に伴ってきて、入ってくるお金は少ないけど交際費とかスーツ代が不要になったりしたし、なにより日々の満足度はダントツいまのほうがいいです。豊かです^^だからわたしはあゆかさんがよく書かれていたハートに従う、っていうのはこれだなあって実感しています。
    ・・・・脈略ないコメントになっちゃって失礼しました。
    最後に・・・不特定多数の読み手の方のさまざまな意見表明をそっと包み込んでくださっているあゆかさん、ありがとうございます♡セミナーのお知らせも楽しみです!

  9. 先日、カウンセラー養成講座について問い合わせしたものです。
    正直思ってたより費用が高くて、がっかりしてしまいました。あ、クレームじゃありません。
    ロンドンまで講座を受けにいくことがウキウキしてハートトークだ!って思ってただけに、自分にがっかりしちゃいました。
    昔親に、「カウンセラーになりたい」と言って、あんたには無理だと笑われたこととか、去年カイロプラクティックの学校に行ったものの、やる気が無くなって通わなくなったこととか思い出しました。私の気持ちはハートトークだったのかしら。もっと見つめて答えを出したいと思います。お金の問題もありますしね。
    なんだか変なコメントですみませんでした。

    • こんにちは!お問い合わせありがとうございました。人によって値段の感じ方は違うかと思いますが、カウンセラーの資格が認定されるコースですので、ワークショップなどより費用は確かに高いかと思います。ただ、一般的なカウンセリングの学校(基礎、中級、上級といった講座があるような学校)へ通うよりはかなり安くなっているはずなんです。また、もっと役に立つと自負しております。(セラピーのツールも盛りだくさん) 昨年受けて頂いた方のお声なども近々アップいたしますね。

      • 横から失礼いたします・・・
        わたしも、以前問い合わせて、金額の面で、断念したことがあり・・・

        カウンセラーの資格は特に必要ではなく、単に長年の自分のテーマ・・のようなものを、じっくりと見つめる機会として受講したいと思ったのですが、そういう講座はないのでしょうか?
        (または、資格不要の人はその分割り引かれる、など・・・)

        ロンドンのコースはとても魅力的なのですが、資格まで取得、というコースなため、講座内容には興味があっても、なかなか決断できません。(縁がないということかもしれませんが)

      • 返信ありがとうございます!

        自分の思いを見つめてみえたことは「こんなに払って仕事に結びつかなかったら、無駄になったら恥ずかしい」「また失敗したと周りに思われる」「向いてなかったらどうしよう」です。でもそれがウソであることも見えてきました。私がどうしたいか?
        と考えると行きたいです。自分に役立つことも、それを周りに伝えてる自分も見えます。ただ、問題は物理的にお金がありません^^;その場合、潜在意識を使ってお金を引き寄せられますか?お金がないと言うのも思い込みなんでしょうか。

  10. 今日クリスタルチルドレンと呼ばれる天才少女画家の映像をみました
    彼女は幼い頃に神の啓示を聞くようになり神から得たインスピレーションを元に絵を描いているらしくその絵はとても素晴らしいものでした
    神とのつながりをしっかり感じており、みんなとシェアするために生まれてきた、わたしはギフトを与えられていると言っていました
    少女は6歳のときに1万ドルて絵が売れ、いまはアーティストとして活動しているそうです
    わたしはずっと最近抱えていたモヤモヤがこの映像をきっかけに溢れだしました
    幼い頃から絵がうまいと周りからほめられていましたが得意だと思っていたことも芸大にいき上には上がいることを知りました
    私はデッサンが苦手でした
    写実的な絵がかけないことが自分の足をひっぱっていました
    それなのにこの子は練習せずともいとも簡単に素晴らしい絵をかいてみせます
    わたしは何のためにに絵をかいているかわかりません
    人に喜んでもらうために、認めてもらうために描いていたように思います
    結局自分が最大限に頑張った作品も、評価されませんでした
    わたしには力が足りませんでした
    いまは就職先に悩んでいます、何がしたいかどんなに待ってみてもわからないのです
    わたしは人に認められたくて絵をかいていたように思います
    わたしはこの少女をみてなんて不公平なんだろうと感じました
    (これも投影、自分の思いに苦しんでいると頭で考えながらもやっぱり苦しいです)
    この子は私が欲しいものを全てとても早くに手に入れられています
    神との繋がり、スピリチュアルの目覚め、知識、輝かしい才能、そしてそれで食べていける力、神の助け…

    なぜわたしにも神様は話しかけてくれないのか、
    幼い子にもわかる方法で繋がっているのならは私にも言葉ではなしかけてほしいと思う、
    せめて苦しんだり迷ったりしているときくらいには。
    なぜ私にもこんな才能をくれなかったのか、と思います
    なぜこの子はこんなに早く好きなことと上手にできること、そしてお金になることを見つけられて私は未だに何も分からないのでしょうか
    わたしだって楽しみながら仕事がしたいです
    でも見つけかたも始めかたもわからないのです
    なぜこんなに早く気づけるひとがいるんでしょう
    そしてスピリチュアルに出会うまではどん底と思える闇も経験しました
    もっと早く出会っていたら,,,と思うとこんなに早く目覚めている彼女が本当に羨ましい
    わたしは頑張っても頑張っても、神とか、覚醒とか、本当の私とか、なかなか分からないのです
    頑張って理解したいし真実を生きたいのですが
    なんだか軽々やってのける人をみたとたん悲しくなってきました
    わたしはスピリチュアルは一人で学んでいます
    周りにはそういった話をできるひとはひとりもいません
    何か問題がある度に本を開きひとりで泣きながら乗り越えてきたつもりです
    でも世界には神に選ばれたような人たちがいて、そのひとが何をしなくても神からの啓示があだたり何度も何度も天使から超人的な力の助けがあったり
    わたしはこれほどまでにつながりを感じられないのは初めてです
    わたしは自分が何をしたいか何が向いているのかわからないうえに、友達とスピリチュアルなはなしもできず周りにひとりもいない状態でそれがすごくみじめで寂しく感じるのです
    助けてほしいときになぜ助けてくれないのでしょうか
    もし神様がいるのであれば何故一部のひとには目に見えるかたちで助けを差しのべ、私みたいに特別でも神に選らばれし者でもなんでもない人間には何も起こらないのでしょうか

  11. カサブランカさん、私も同じです。全く同じことを思ってきました。
    この世の中は、すごく不公平に出来ている、と。
    だから、今でもスピリチュアルに関係する本を読みあさったり、セミナーに出てみたり、
    出来るだけ私にも神様に近づける、楽に生きられる人生を探ってきました。
    あゆかさんの新刊、自分を愛して生きることが楽になることって、本当だなと感じています。
    そのものすごい絵を描く少女と自分を比べるのではなく、ご自分の素敵なところ。
    たとえば、体の部分でもいいですし、ちょっと得意なことでもいいですし、
    自分らしいところ。または、ご家族やお友達、周りの方で大切に思えること。
    大好きな人や風景や持ち物など、思い返してみて、
    自分が自分でよかったなあ~と思えるものを探してみてください。
    今の生活、もしその少女が自分だったら、幸せですか?
    今の自分をなくしても後悔しないですか?今の大切なものを見つけてみてください。
    そして、みんなそれぞれ、もしかしたらこの世でのミッションが違うのかも
    知れないと考えてみてください。あなたにはあなたの違うミッションが
    あるのかもしれない。それは、あゆかさんのおっしゃるところのハートトークで聴いて
    みてください。神様とはみんなつながっていると思いますし、お祈りは通じていると
    思います。でも、この世でやることが違っていたら、違う方向へ行くこともあるのかも。
    あゆかさん、いつも勝手なことを書いてすみません。私なりの解釈で、全く
    違っているかもしれませんが、私は最近少し楽になってきました。
    あゆかさんの本のおかげです。ありがとうございます。

    • こんにちわ

      メッセージありがとうございます

      私も本などをずっと読んできました
      だからこそこういうことで悩んでいる自分が小さく感じたりします。
      苦しみは自分の思考からやってくる、とか、比較は苦しみの元とか、私たちはひとつで上も下もないといったメッセージに感銘をうけ意識して生きようとしているのですが、
      なんだかいちいちつまづいている自分が歯がゆいです(でもそんな自分も受け入れる!が自己愛なんですよね)

      かずよさんの言うとおり、私は手にしていないものをもっている少女(他にもたくさんいますが)をうらやましいですが、自分の今まで歩んできた人生に何の後悔もないし、むしろ愛しているとさえ思えました。
      というか条件がそろっているからこそ自分を愛せるのではなくて私はただ私であるからこそ自分を愛したいと思います。

      私には私のミッションがある。そうですね、そう考えたらとても楽です。
      しかしそれが一体何なのか分からず、何度問いかけても答えが帰ってこなくてイライラしてしまいます。笑

      2012年はアセンションの時代だという情報にも惑わされ、今ここで愛を基にしたわくわくするような仕事につかないと、取り残されてしまうという焦りもあります。
      アセンションの情報は多く出回っていて、今年みんな列車にのることになる、というたとえのお話を読みました。
      それは「私たちはひとつ」という悟りの状態の列車もあれば、いつも外部にふりまわされている人たちが乗る列車もある(つまり自分の思い込みの列車にのる。同乗する人も同じ思い込みをもつ)
      そしてその列車から今年以降降りられません。というものでした。
      私は悟っていないし覚醒していないし、正直怖いです。
      まだまだエゴに振り回されているからです。
      私の今の状態のループが永遠に続きそこから逃れられないなんてホラー映画のようですね。笑
      そんな脅し?に若干びびっています。
      悟ったひとたちはいいな~と思います。

      なんか話がずれましたが、かずよさんの書き込みで冷静に思考を振り返るきっかけになりました。ネガティブになったときは自分の思考を検討する力さえなくなるからです。
      ありがとうございます。

  12. ひさしぶりにこちらのブログ読ませてもらってます。
    あゆかさんのスピリチュアル心理学は「奇跡の学習コース」がベースとなってるのですね。
    僕は「神との対話」は手に入れて(文庫版だったから結構手に入れやすかった)
    きちんと読んで理解しているつもりですが、「A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)」は敷居が高いというか まだ取り掛かれてません。
    しかし、今回の記事については 感覚的に理解できてると思います。

    やはり他が問題なのではなく自分自身の中から変えて 変わっていく事なんでしょうね。

  13. カサブランカさん

    過去の自分と重なりまして、
    ためらいつつ、おせっかい投稿します。

    「やさしいフォーカシング」
    「『現場からの治療論』という物語」

    カサブランカさんの今に、上記2冊、おすすめします。
    あゆかさんの「願いをかなえる方法」がもし未読でしたら、それも♫

    上記3冊を「体験」すると・・ゆっくりですが・・

    きっと、面白いことが、起き始めますよ☆

    あゆかさん、場をお借りし、すみません&ありがとうございます。

  14. あゆかさんこんにちは。
    心理学上級まででたのに投影のところでいまいちつまづいてます。

    今私のスクリーンに映ってるのは、意地悪で攻撃的に悪口を言う人 VS  たまたまいわれてるかわいそうな人
    です。不条理な目にあうひとです。これに対して、怒りと恐怖を感じています。私の中では彼らを見下してる感じもあります。

    それで今回のようにこの悪口言うひとがしていることは何?の問いでよくわかんなくなりました。思いつくのは、自分が正しいと疑わず、しかも誰かを攻撃していたい人、気に入らない人を見つけて自分のはけ口にしている(ように私にはみえる)人etcです。

    で次にこのような似た思いが自分にあるか?とブログに沿って問うと、あんまりぴんと来ず、???とまってしまいました。探りかたずれてますでしょうか?

    ちなみに、思いを変えたらこういうひとが現れなくなるの解釈は、パラレルワールドにいくみたいなことですか?

    • こんにちは!コメントありがとうございます。上級まで出てくださってこちらもありがとうございます!

      さて、ブログにはどうしても不特定多数の方に分かるように書いてしまうのですが、投影のほとんどが実は潜在意識の思いでしたよね。表面に見えている行動ではなくて、その人の潜在意識(または動機)のほうを見る必要がありますね。「相手を批判する、悪く言う」人の潜在意識はなんだろう?と見ていくのですが、 ただ、これは難しいので、自分を見たほうが簡単です。

      で、その人の行為の何に一番腹が立つでしょうか? 怒りはいつも投影ですから、よ~く見つめてみると、同じことを自分が自分にしているか、または同じことをしているけど、違う形でしているから、自分がまったく気がついていないかなんです。

      例えば今回の場合、「銀行のトップは欲深い」と見て、私はあんなに欲深くないと思ってしまうと、見えてこなくなるかと思います。しかし、彼らが欲深くなる動機はなに?何が彼らをあそこまでお金の亡者にしているのか?と見ていくと、もう少し深いところの思いが見えてきますね。または、「なんであんなに金、金、お金に執着しているんだ!」というところに一番腹が立っていたとしら、自分を探ってみると「あっ!私も毎日お金がもっと欲しい~」と思っていたとか、そんな感じに必ず投影しているものが見えるはずなんです。

      とりあえずこんなところです。もう少し踏ん張ってみてください!

  15.  こんばんは。私もつい先日、ららさんと同じようなことを考えました。
    職場にいる攻撃的な人とその攻撃に合って怯えてしまっている人、
    なぜ私のスクリーンに登場してしまうのか、いったい私の中のどんな思いが
    この人たちを登場させてしまっているのか。

     私はいつも攻撃する人に激しい怒りを覚え、攻撃される人に同情します。
    本当は私も攻撃する人をこてんぱんに言い負かしたい、攻撃したい、つまり「いじめたい」
    という気持ちがあることに気付きました。相手は間違っている、私は正しい、それを
    分からせたい、という具合です。まさに、「わたし=世界」と真逆の気持ちですね。
     また、以前から「どうしてだろう」と不思議に思っていたのですが、他人が私に下手(したて)に出るともっと意地悪したい、困らせたいと思ってしまう気持ちが私の中にあります。
     攻撃する人と攻撃される人は、やっぱり私のこういう気持ちの投影なのでしょうか。

     そして、私もなぜ人をいじめたいのか、からずっと考えていったところ、思い至ったのは、
    「すごい私はOKだけれど、すごくない私はOKでない」ということでした。
     行き着くところは、やっぱり自己愛のようです。
    「どんな私もそのままでOK、OKなんだから人に分ってもらえれば嬉しいけれど、特に分からせようとする必要はない」という気持ちが増えてくれば、スクリーンが変わるでしょうか?
    今度 「自分が理解されなかったくやしかった気持ち」を探ってみようと思っています。 

     でも、かなり頭で考えてしまっていますね。

  16. 私は、あゆかさんのブログを読み迷わずセミナーを受け人生変えることの出来た一人です。
    本やブログで終わるより、セミナーに参加するとまた違った見方が出来ます
    手を変え品を変えて説明していらっしゃるのではなく、個々の考え方に合わせた回答をされているのだと思います
    包み隠さず教えてくださるあゆかさんですが「成る程‥ これは本でもブログでも説明できないな…」ということがセミナーでは理解できますし、個々の違いも勉強になります。
    私は東京に住んでおりませんが、旅費や宿泊費がかかったとしても内容を考えれば受けられるだけで人生変われてハッピーです
    今年のセミナーも参加したいと考えています!!
    ブログの内容や本だけでは決して分からなかったことが、セミナーでは理解できます。
    ジャッジするより飛び込んだほうが早いと思います

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中