思考の先に見えるもの(あなたの無限の可能性)

東京は雪が積もったそうですね。イギリスは昨年とはうってかわって暖冬となりました。さて、今回は、ご相談にお返事をしようと思っていたのですが、それは次回に回し、下記のコメントにお返事させてもらいます。コメントありがとうございます!

この世は幻想で、死んでも別に意味はないからと言われると、まるでコンピューターゲームのように、リセットすればそれで済むことだから、と言われているようで。限られた時間の中で、精一杯生きようと思う気持ちを、奪われるような気分になってしまいます。私だけでしょうか?それに殺人OK自殺OKともとれるようでなんだか怖いです。そういうことを言いたいんじゃないと言われるかもしれませんが、そういう風にも取れます。私だけではないのでは。

説明の順番も考えず、そのときの気持ちで書いてしまうので、誤解を与えてしまったと思います。今回のコメントは、私が何が説明し足りないかに目を開かせてもらえました。ということで感謝、感謝です!

さて前回、幻想がどれだけ壮大で大切かということも書いたつもりだったのですが、読み返してみると「この世は幻想」ということに焦点がすごく当ててあったなと思いました。で、「この世は幻想で、死んでも別に意味はない」というこの文章だけを取り出すと、ものすごい誤解を生んでしまいますね。

「この世は幻想だ」ということを頭だけで考えると、コンピューターゲームになってしまうかもしれません。でも、「この世は幻想だ」ということを体験すれば、それは「この世は無条件の愛だ」ということが体験として分かります。これは、コンピューターゲームでは、決して体験できないことかと思います。

覚醒した目でコップを見たとき、それはコップではなくて、愛として目に映ります。ただのコップがこんなに素晴らしい存在だったのかと再発見をするのです。すべての存在自体が愛であって奇跡なんです。と、同時にそれは移り変わるもので、永遠にコップではなく、消えてなくなることも分かっています。でも、本質である愛は不変不滅です。

覚醒とはこういうことだろうと、思考はいろいろイメージするでしょう。でも、思考はどうしても体験とは違い、まったく違うものをイメージしてしまいます。私も体験してみて、どれだけ自分のイメージと違っていたかを知らされました。ですので、私のあまり上手ではない説明を読んで決め付けないで下さいね。ドアは開けておいてくれると嬉しいです。

覚醒という言葉がなんだかとてもすごいことのように聞こえるかもしれません。が、これを「思考から自由になること」または、「私という小さな感覚から自由になること」と言い換えても同じことです。

前回も矛盾していると書きましたが、「この世は幻想で、死んでも別に意味はない」も真実だけど、「この壮大な幻想の中で、一つの終わり(死)には意味がある」も真実だということです。二つの相反することが真実なんです。

思考は、どうしても相反することを嫌がり、どっちかを選びたがります。しかし、どっちかだけという地平線を越えたとき、新しい世界、新しい可能性が急に広がってきますね。

覚醒という意味はまた、「分離した目で世界を見ない」ということでもあります。ですから、自分対社会、自分対相手といった見方をせず、なので覚醒した目は、決して自分を犠牲者とは見なしません。結果、後悔とか恨みとか、怒りなどを長く引きづることがなくなります。(そういった感情は出てきますが、引きずらない)

また、覚醒した目でみれば、すべての人はそのままで完璧で1ミリも変わる必要はありません。「べき」とか「正論」とかジャッジが自分に対しても他者に対しても吹っ飛んでしまいます。そして、愛だけが残ります。

覚醒した目には、この世は生命の息吹で充満している奇跡の場に見えます。この幻想がどれほどすごいものなのか、驚異と感謝、そして畏敬の念でいっぱいになります。思考で世界を見ていたときとは、まったく違う世界です。思考は、なんでもかんでも一瞬にして判断をします。「これはいい、あれはダメ」「これはこういうことだ」などなど。それをするたびに、生命の息吹は見えなくなっていきます。

また、思考は常に過去か未来に飛んでいます。ですから今この瞬間にある平和、永遠、愛をいつも見逃した状態で人生を送ってしまうでしょう。今この瞬間とは、時間のない永遠の空間です。あなたが、真に「今ここ」にいるとき、幻想と真実は表裏一体であって、どちらも創造主(真の自分)の顔なのだということが分かります。

ただ、もちろん思考は悪者だということでは決してないです。思考も愛から生まれたもので、人間をやるために必要なものです。しかし、思考の中だけで人生を暮らしてしまうと、思考の超えた先にあるもの、真実を見逃してしまうかもしれません。

また、覚醒した目は、真の自分は決してダメージを受けない、傷つかない、死なないということを知っています。その上で、自分に降りかかる災難は、自分が真に目覚めるために、なにをもっと知れば良いのかを訓えてくれるものです。「自分はもうダメだ」「自分はやっていけない」という思考のなかに溺れていくのではなく、「私が見えていない真実はなんだろう?」と光(真実)を求め、光を見出し、そして自分自身が光になっていく機会となります。

愛である覚醒した目は、あなたとそして自分の怒り、悲しみ、不安に100%共感しながらも、あなた(とそして自分)がまったく大丈夫なこともよく分かっています。

この世は幻想だということは、「この世は無限の可能性がある」ということです。映画のなかで、あらゆることが可能であるように文字通りすべてが可能です。そして、この自分も幻想の世界も創造主である真の自分の壮大で精密な作品です。その作品をどうして壊し(殺す)たいでしょうか?

ちなみに、マスターは「すべて幻想なら、人を殺しても良いのか?」という質問に「もちろんどうぞ。もし、あなたが幻想の刑務所に入って、幻想の処刑を受けるのがかまわなかければ」と答えていました。幻想の世界の中では、「自分が撒いた種は自分で刈らなければいけない」という法則に縛られていることはお忘れずに!

さて、「限られた時間の中で精一杯生きよう」というのは、思い(気持ち)ですね。この思い自体は、良い思いでも悪い思いでもなく、一つの思いです。例えば、「この奇跡の幻想の世界のなかで、どこまでも自分を表現して生きよう」という思いも一つの思いです。後者の思いを押し付けようとしているのではないですよ。また、ある思いが自分に力を与えてくれるのなら、私がなにを書こうとその思いを持つメリットは大いにあります。

なにが言いたいかというと、思いは生きる柱ではなく、単に一つの思いだということです。多くの人が思いを生きる柱にしています。なので、その柱にしている思いを取られるのは怖いと感じる人もいるでしょう。その恐れに気づいていないと、こんなことを書く私に怒りさえ感じるかもしれません。でも一方で、それがないのは自由だなぁと感じる人もきっといるでしょう。

いずれにせよ、その思いがなくなったとしても、相変わらず自分はいるし、相変わらず目の前にやることはあります。さぁ、どうやって生きていきましょう。

ここで、ハートに耳を傾けてみてはいかがでしょう? ハートはなんと言っているでしょうか? このとき真にハートが人生の指針になってくれるかもしれません。ハートは、この瞬間になにがしたいかを必ず分かっています。そして、あなたを真実へと連れて行ってくれるでしょう♪

思考の先に見えるもの(あなたの無限の可能性)」への20件のフィードバック

  1. あゆかさんこんにちは。
    あゆかさんは覚醒経験があるので、最近書かれた記事の内容がしっくりくるのかもしれませんが
    私を含むこのブログを読んでいるほとんどの人は覚醒経験がないので、なかなか実感するのが難しいです。
    ここ数年自分が本当の意味でやりたいこともしくはなりたい状態を考えてきましたが一向に答えが出ないので、今年は現在に集中することと、それ以外は何も考えないことにしました。
    起きてくる状態に身を任せてみるというか・・・
    それでなにかわかるかもしれないし、わからないかもしれない。
    でも今年はそうしてみようと思っています。

    • コメントありがとうございます! 実感がなくてもぴんと来なくてもノープロブレムです。でも、そこをちょっとこらえて、片耳だけでも開けて頂ければ、そのうち必ず“あぁ、片耳あけてておいて良かった”と思える日が来ることを保障します!

      そして、おっしゃるように今に集中し、いろいろ考えないでいれば、何かが見えてくる(ハートが話し出す)かなと思います。楽しみですね♪

  2. あゆかさん、こんにちは。
    最近、「この世は幻想だ」ということに、戸惑いを感じていました。
    なぜそう思うのか、よくわからなかったのですが、
    今回のブログを読んで、よくわかりました。
    私も、思いを生きる柱としてきたのです。
    その思いがなくなっても、やることがあると知って、安心しました。
    少しワクワクさえしています。
    ありがとうございます。

  3. あゆかさん、こんにちは。

    2月に初めての出産を迎えます。今は陣痛とか分娩ってどんなだろう怖いな、とか、始まったら終わるし赤ちゃんと一緒に頑張るんだから大丈夫と思ったりしています。

    ところで、生まれたら早速スピリチュアル心理学的子育てをしていきたいと思っています。

    私が考えているのは、「あなたが大好きと伝え、存在への自信をつけていく」「マニュアルや〜べきではなく、赤ちゃんに気持ちを集めて(よくみて)育てる」「私自身が無理をせず、また私のセルフラブを高めていく」などですが、どんな感じでしょうか?

    これから子育てをしていくのが、とても楽しみです。

    • こういうことを言ってもらえると、もう涙が出るほど嬉しいです♪ 大賛成です! こんなお母さんが世の中に増えてくれるといいですね。ご出産も絶対大丈夫!大海の大船に乗ったつもりで新しい生命をしっかり抱きしめてくださいね。

  4. こんにちは あゆかさん。
    私も あゆかさんの言ってる事がわかるけれども いまいち実感がわかない、ピンと来ない一人です。
    前回の記事にもコメントさせてもらったんですが、 やっぱり引っかかるのが ’怒り’なんですよね。
    世の中いやなことがいっぱいあって、例えば、銀行経営者が何億という給料+ボーナスもらっていながら 失敗、一般市民の税金で埋め合わせ、とか 警察が権力振りかざして弱いものいじめのようなことをしてたり 戦争の事だったり、 こういうことを見たり聞いたりして 怒りを感じないでは なかなかいられません。
    覚醒された人達は‘~すべき・すべきでない’という感覚がなくなるということですが、 あやかさんのようにこの幻想の世界と覚醒の世界を行ったり来たりしていると、こっちの幻想の世界に帰って来た時(?) どういう風に感じるんでしょうか。 自分に起こる個人的なことは 自分の成長のため、自分の見えてない事を探すためと 納得しやすいんですが、 漠然と世の中に蔓延しているネガティブな事って気持ちの中でとっても処理しにくいような気がします。

    • コメントありがとうございます!銀行のトップの法外なお給料(その一方で個人事業主に貸し渋り、経営破たんに追い込んだり)などのニュースなどを聞くと、つい今でも“目の前に座らせて説教してやりたい”とか一瞬思ったりします。でも、一瞬です。(昔は、煮えくり返って怒っていました。特に日本のバブルがはじけたとき)

      で、この一見私たちの目に映る、「権力VS一般市民」みたいな図もぜんぶ私たちの思考の中にあるんです。詳しくは、近いうちに記事にしますので、お楽しみに~♪ 

  5. あゆかさん、こんばんは。いつもブログを拝読しています。
    私にとっていろいろ複雑に感じられるスピリチュアルな教えを、いつもすっきりと分かり易く教えて頂き有難うございます!
    あゆかさんのブログはいつも”ユリイカ(分かった)!!”の嵐です。

    今回の内容にあった、この世は幻想=「この世は無限の可能性が在る」ということ。
    あ〜そういうことか!とやっと腑に落ちました。

    数年前、あゆかさんが初めてブログに”この世は凄くリアルな夢”と書いて下さった時、私は大変なことを知ってしまったという思いで(でもそれは真理だという確信も何故かあり)、2、3日ぼうっとしてしまった事を覚えています。

    でもその反面、この世界に存在する(ように思える)戦争や人身売買などの様々な目を覆いたくなるような惨たらしさ、悲惨さは・・どう捉えればいいの〜っ?!幻想だったらほっとして、まぁそれも幻・・とお茶でも啜りながら眺めればそれでOKなのかしら・・??と混乱してしまいました。
    夢だと思えると身体がほっと出来る感覚があるのですが、夢なら実際的なアクションをとることは無意味なのかな・・?けれどあるように知覚している事を、見ないふりをするのも何か違う気がする・・、と思ったんですね。
    でも壮大な幻想なら、ほっとどこかでリラックスしながら、無限の可能性を駆使して幻想の世界の捻れをダイナミックに戻していってもOK、ということなんですね。
    そうとらえると、心の持ち方しだいでどんな奇跡も体験出来るような気がしてわくわくしてきますね。

  6. いつも楽しいみに拝見させていただいております
    覚醒した意識に関して、あゆかさんの言葉からいろいろ考えました。
    私達は、見たことも聞いたことも無い「物」や「人物」を想像しただけでも 個人の投影が入り、勝手な(自分の中に持っているだけの範囲で)想像をして疑問を作り上げてしまうように感じます。
    で、理解しなくてもいいことに気づいたのですが(こんな捉え方でいいのでしょうか)
    なぜなら、私は「今、身体を持って生きているから」「幻想の世界に生きているから」。
    しかし「覚醒した意識である」知識だけでも持っていると(きっと、覚醒した意識だけの中にも幻想の世界を知っている人がいて、それを覚醒した意識達が知りたがっていると仮定すると、それは複雑すぎて説明のしようがない気がしますので、それと同じと考えて間違いないでしょうか?)究極の助けや 癒しに守られている…
    という思いを人間誰しも持っていいのだな~ これは平等に与えられている神様からの愛情で最高のプレゼントだな~と受け取ることができる。
    そのメッセージをこのブログから受け取れる私。相当楽で、幸せな気持ちにさせていただいている私… この単純さでもいいのでしょうか

  7. こんにちわ
    わたしはこの世が幻想だと(頭のなかだけでも)考えるとすこく楽にかるやかな気持ちになれます
    あゆかさんに質問なのですが、幻想だとしても
    わたしたちはこの幻想の物質世界に住んでいるのであってやはり比較や勝ち負け、価値があるない、という判断にさらされながらいきているのだと(わたしの主観では)感じます
    例えば、わたしは商業芸術の世界にいるのですが、どんなに頑張ってもみとめられなかったりわかってもらえないときがあります
    わたしは、この世は幻想で本当のわたしたちは愛で、上も下も良い悪いも、ないのだとおもったりしていますが、やはりこの世では”認められること” や売れること、人に伝えることがゴールというか価値のあることのように感じます
    わたしは頭でしか理解していないのでこういう葛藤があるのかもしれませんが両者の世界にすごくひっぱられてゆさぶられます
    実際いくら愛で、、、とか思ってもやはり認めてもらえないと悲しくなったりなにがダメだったんだろうとか考えている自分がいます
    自分がこれから仕事をしていくにあたってもこういうことは何度もあるだろうし、両者の世界とどう調和をたもてばいいかわかりません
    わたし個人的には真の世界で生きたいですが、覚醒しているわけでもないし、難しいかなぁと思うのです
    なにかアドバイスありましたらぜひお聞きしたいです
    いつもありがとうございます

    • こちらもとても良いご質問です!すぐにお返事したい気分に駆られますが、近々記事で取り上げてさせてくださいね。両者の世界が和解して、しかもお仕事がもっとうまくいく道がもちろんちゃんとあるんです。

      • 私たちはひとつで愛の存在で、静寂で、、など多くのマスターがたぶん覚醒したひとにしかわからないであろうことを言葉で精一杯伝えてくれます
        わたしも精一杯自分のなかにとりいれようとします
        がそう思ってはみてもお金を稼いで生きていかなくてはならない現実(これも思い込みか)→認められる必要→目に見えないゴールが存在する芸術の世界がひろがっています
        すごく困惑します
        記事に取り上げてもらうまで自分なりに考えておきます

  8. こんにちは、あゆかさん~♪
    今日の京都は雨です。 しとしと小雨が降っていて冷たいです。
    そんな中、今回のあゆかさんの記事に、心があたたかくなりました^^

    記事を読んで、とっても心に響いてきたので、ポイントだけ書き抜きしようと書き出したら、
    結局、全部書いてしまっていました ^^ そうしたら、読んでいるだけの時には感じなかった
    ものが感じられ、よりいっそう、自分の中に入ってきました。そして、あゆかさんが、文字で
    伝えにくいことをなんとかして伝えようとしてくださっている熱いハートを、同時に感じました。

    勿論 、いつもそうしてくださっていることは存じていますが、一つ一つ、あゆかさんの言葉を
    書き写すという行為を通して、あらためて感じたことがあったということです。

    ですので、最後の「ハートの声を聞く」 というご提案が、ものすごく しっくりと入ってきました。
    何回もあゆかさんからお聞きしている言葉ですが、より深く入ってきました。
    書いたものを外出時にも持ち歩いて、電車の中で、カフェで眺めると思います。
    今までも、そうしてきました~♪ 
    いつも、貴重なシェアをありがとうございます。 ほんとに嬉しいです~~~♪

       

    • コメントありがとうございます!
      ものすごく嬉しいです♪ そして心から感謝いたします。
      ほんとうに、言葉に表せないほど。

  9. あゆかさん、こんにちは。
    これまでずっと魂の旅をしてきました。
    そうして、うんと生きやすくなったなと感謝の気持ちが湧いてきています。
    そういう日々なのですが、こんな時、どうしたら良いのでしょうか?是非とも教えていただきたいことがあります。
    私には、ある好きな男性がいます。ある方にチャネリングしてもらったところ、彼とは同じソウルグループに属する方のようです。但し、今生で恋愛関係には発展しないとのことでした。この内容については、悲しいですが、ハートが喜ぶ結果ではないので、とりあえず参考程度に受け止めることにしました。
    そして本題なのですが、その彼が素敵すぎるのです。だから彼の生き方等の素晴らしさに魅了される度に、自分に自信をもてなくなるのです。彼に出会う以前から私には「自分には魅力がない。愛される価値がない。だから幸せになれない」という悲しい思考を持っていたのを自覚してました。だから、この思考を癒すべく日々頑張っていました。ですが彼の素敵さを感じると、その努力もむなしく「こんな素敵な彼と恋愛になるなんて、無理だから」と自分を否定する思いが出てきて苦しいです。こんな時は、どう乗り切ったら良いのでしょうか?

  10. 最近、日本では恐慌突入や天災の危険といった話題がよく見受けられます。私が聞いたアセンションについての説明も、信頼が置けるスジの方のお話でしたが、精神性の切り替わりなんていう生やさしい内容ではなく、相当の変化と覚悟が求められるというものでした。
    時を同じくして、あゆかさんの最近の記事も「覚醒」「意識の切り替え」といった感じの精神性の話題が多く、私にはまるで大変なことが起こったとしても「心頭を滅却すれば、火もまた涼し」だよと言われているような気がしました。
    ハートの声を聞いて自分が本当にしたい仕事に転職したりする前に、恐慌になってその日食べるものにも事欠くような状況になってしまったとき、災害で生活の基盤や大切なものを失ってしまったとき、そんなときにあゆかさんはどんなアドバイスをくださるのだろう、とよく考えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中