思いは選べる!

更新が遅れました~。というのも、母が自転車で転倒し、大腿頚部骨折をし、入院してしまったからです。そんなわけで日本の滞在を伸ばし、実家→病院→マンスリーマンションを行ったり、来たりし、プラス自分の仕事をして・・・・さすがに疲れてきました~。で、昨日やっとイギリスに戻りました。

高齢の母を病院に残していくことは、とても心残りがありましたが、生活の基盤がイギリスなので、そうそう仮暮らしを長くすることはできません。心配するよりも、すべてを信頼することを選び、家族を始め、たくさんの人の愛があることにフォーカスしていくと、自分の中でお見舞いに行けない罪悪感よりも感謝のほうが増えていきました。

遠くの母を思うとき、罪悪感から思うのではなく、感謝の気持ちで思うほうが、すべての人にとってプラスになるだろうと今強く感じてます。

さて、皆さん、新刊は読んで頂けましたか? 私が強調したいポイントはとりあえずぜんぶ書いたつもりです。さらっと読めてしまうかと思いますが、自分がそれらのポイントを本当に実行しているかどうか、という観点でも読んでみて下さいね~。

で、新刊も出たことだし、プチ覚醒体験についてもっとおおっぴらに書いて行きたい!と思っています。わずか数時間の体験でしたが、知った(目が開いた)ことはほんとうにたくさんありました。なにから書いたら良いか分からないぐらいです。

とりあえず、まず私たちは普段、本当に思考の虜になっているんだなぁということもとてもよく分かりました。というのも、覚醒した意識の間は、過去や未来に関する思考がまったくなく、また、ごちゃごちゃした余計な思考もなく、非常にシンプルな思考の状態でいたからです。

そのときは、体がものすごく軽く、生命力(エネルギー)にあふれていて、思考がいかに重たいエネルギーなのかを実感しました。道理で、考えれば、考えるほど、気分も体も重たくなるはずです。また、“まぁ、いいかっ~”と考えを放棄すると、ふあぁと体が軽くなりますよね?

あと、同時に思考がなくなるということもないんだなぁということも分かりました。シンプルな思考しか走っていませんでしたが、思考はちゃんと沸いてきました。ただ、「私の思い」、「私が考えている」という感覚もあまりなかったので、どの思考も、新刊にも書いてありますが、ほんと現れては消える「ただの波」なんだとつくづく実感しました。

先日のセミナーで「人生はなんの意味があるのか」と思ってしまう、というご質問がありました。体験以前の私でしたら、「これは重要な思考だ」とランク付けをしていたと思います。今でも、この幻想のゲーム(つまり、私たちの人生)をより楽しく、より自分らしく生きていくには、知っていたほうが良いことだと思っています。

しかし、体験後は、「人生はなんの意味があるのか」という思考も基本的には、去っていく波の一つでしかなく、「今日のお昼はラーメンにするかな」という思考となんら変わりがないことが分かりました。

おそらく大切なことは、「人生はなんの意味があるのか」ではなく、その思いが沸いてきたとき、それをただひたすら考えているのではなく、その思いを信じるか、信じないかという選択が私たちにはある、ということです。とりあえず、この思いが自分の中にあるかないかにかかわらず、朝陽は登り、夕方には陽が沈みますね。

その間、私たちは、「人生はなんの意味があるのか」と考え、それが分からない限り、人生が保留になってしまった気分で日々を過ごすこともできれば、その思いを受け流し、「自分がやりたいこと」に集中して日々を過ごすこともできます。

で、どちらでも良いんです。自分がどう過ごすのが好きか?ということだけが、大切な問いです。私たちはこんなふうに100%自由に好きな思考を選択できます。問題は、私たちは浮かんできた思いをただ考えているだけで、ほとんど選択をしていないことです。人生のほとんどを自分の思考にコントロールされて生きているんですね。

沸いてくる考え自体は、過去の経験や小さい頃に刷り込まれた思いなどなど、その人の過去の歴史と多いに関係があります。ただ、お母さんに褒められたことがないから、自分はダメだという思いがあったとして、それでも、それを信じるか、信じないかの選択は、やはり私たちの手中にあります。

「私はダメだ」という思いも、「私はいけている」という思いも、たんに一つの思いです。私たちは、根拠ゼロでどちらの思いも選べるんですね。となれば、セルフ・ラブにつながる思いを持ってしまったほうが、人生は楽しいですね。(楽しいだけではなく、これも新刊に書いたように大海という真実にも近づいていきます。どうしてかは、またいつか書かせてください。)

で、「私はいけている」と根拠がなくとも、シンプルに(つまり、他に矛盾した思いがない状態で)そう思っていると「私はいけている」人の人生が創られていきます。ほんとうに、これだけです。実にシンプルなんです。思いは、現実化のコマンドです。

ほんとうはすべて、とてもシンプルなのに、私たちの思いがいろいろと複雑にしてしまっているだけなんだとはっきり今は感じます。

話は飛ぶようですが、「人生がときめく片づけの魔法 」(近藤 麻理恵著)という本を買いました。読んでみて、がんがん捨てるぞ~モードになっていますが、この本の中に、「触ってときめく洋服だけ残して、あとは処分する」というようなことが書かれていますね。もし、私たちの思考も同じようなことができたら、頭はどんなにスッキリ、住みやすく(生きやすく)なることでしょう。

「考えてときめく思考だけ、自分の頭のなかに残し、あとは受け流す。」

いいですねぇ。

でも、実際にできるんですよ。その方法を知りたいですか? では、それは次回に書かせてもらいますね。とりあえず、次回までの宿題で~す。

それは、「自分がなにを考えているかに気づくこと」

これなしに、考えを選ぶもくそもありません。(汚い言葉ですみません。)

ことあるごとに、自分の思考を観察してみてください。ただ、観察するだけです。分析したら、ジャッジしたりしないでくださいね。(エゴのストーリーに入っていってしまうので)

では、次回をお楽しみに!

 

 

思いは選べる!」への12件のフィードバック

  1. 日本時間では「こんばんは」と「おはようございます」の間みたいな時刻です。ブログが新しくなってからは初めてコメントさせていただきます。

    >「触ってときめく洋服だけ残して、あとは処分する」

    これ、「人間関係も同じかも」と思いました。

    仕事上の人間関係だとなかなか難しいかもしれませんが、少なくともプライベートの人間関係はそれでいいんだな、と。

  2. お母様の入院で後ろ髪を惹かれる思いで日本を発ったのかと思われます。が
    後は 出来る方に、お任せするのが良いのだと思います。
    早く良くなると良いですね。

    ところで 今回のを読んで、ワオー と叫びたい気分です
    だって 以前子供が悪い事をして屏の中に入って、苦しくて苦しくて泣いていた時、何の根拠も無いのに、
    子供に『大丈夫 絶対大丈夫』なんて声を掛けていたんです。
    何の根拠もないのに 大丈夫 なんて他人事のように言っていたんです。
    もちろん心の中は他人事のように思っていませんが。
    でも そう言わないと潰されそうになってしまいそうだったからかもしれません。
    その時 大丈夫(あゆかさんの言われる「私はイケてる」) という言葉で気持ちが軽くなるような気がしました。
    苦しい気持ちの皆さんが、少しでも心が軽くなったら良いなーって思います。

  3. 昨日祖父が緊急搬送され入院しました。一緒に暮らしていたのに変化に気づいてやることができず、よい状況ではありません。もっと早く救急車を呼べばよかったと後悔して夜も眠れません。「もっと出来たのに」ということしか思いつきません。周りには感謝それしかありませんが、それとは別のところにある後悔も同時にあるような感じです。そしてとても強い。この場合の思いも選んでいかないといけませんよね。

  4. あゆかさん

    お母様の骨折の件、あゆかさんが日本にいらっしゃるときである意味お母様もひとりじゃなくてご安心でしたね。。ゆっくり回復に向かっていますように!

    ところでー前回やや気弱^^;なコメントを残したのですが今回の記事を拝見して、
    >どちらでも良いんです。自分がどう過ごすのが好きか?ということだけが、大切な問いです。
    ↑とあゆかさんが改めて宣言くださったこと、とてもとても心に沁みました。あれから新刊も再読して心は晴れ渡ってきていたところこの記事だったのですごくタイムリー!

    一番簡単なことなのに渦中にいるときは一番すぐに忘れてしまいがちな”自分が好きかどうか?”の視点を軸に戻ればいい、それだけでしたね。。。年内にこの思いに気づけてよかった^^あゆかさん、いつも本当にありがとうございます。愛と感謝をこめて。

  5. 私も、その本を読んで、たーーーっくさん捨てた一人です(笑)
    切っ掛けは、引っ越しだったのですが、本当に身も心も軽くなりました。
    でも、まだまだ『必要かも、、もったいないかも、、』な物に囲まれている気がします。
    こんまりさんのおっしゃっている事は、あゆかさんと通ずる所が多く、しっくり。
    思考の観察は、だんだんコツが掴めて来ました。
    思いも、物も同じですね〜。
    苦しい考えも、『必要かも、、もったいないかも、、』で、手放せないんですね。
    ときめかないのに、あんまりそこにあるのが当たり前で、持っている事に気付かない。。気付いても,手放すのが不安(笑)
    えいっ!!て手放したもので捨てなきゃ良かった〜と後悔した物は一つもない。
    物も思考も、本当に入っては消えて行くの繰り返しなんですね〜。
    手放さず、しがみつくって、捨てる時もかなりエネルギー使います。。
    以前、インドへ行った友人が『出来ればトランク一つで暮らしたい』って言ってましたが(笑)
    思考がシンプルになると、物も減って行くとしたら、思考もトランク一個で
    良いなぁ〜〜。
    私は、2トントラック何台分?って感じの思考な気がします。。。
    よし決めました!!
    なるべく無理せず、ときめく物や思いだけ持って、日常という旅に出るぞ〜〜☆
    次回の記事、楽しみにお待ちしております♪

  6. こないだ、真夜中に、隣の人のうるさい物音でぼんやり目が覚めたんです。 眠りに着く前だったら、「もう~~なんでこんな真夜中に。非常識な人、うるさい物音たてて!!こっちはもう寝るんです!」と、イライラ憤慨したり、「明日仕事なのに、ちゃんと眠れなかったらどうしよう」って不安になってしまったり、いつもそうだったんです。なのに、その真夜中、熟睡から半分覚醒したときの私は「となりの人の音・・・ 邪魔 」それだけだったんです。とっても高いところから、ただ見下ろしてるだけだった。す~っと透明な感覚で、そう思ってたんです。そして再び眠りにはいるべく、なるべくその音を自分の意識から排除しようとしていました。それがすっごい新鮮で!普段、きぃきぃ言ってる自分とその時がこんなにも違うっていうことが面白くて、朝起きたときも、その感覚が忘れられませんでした。

  7. あゆかさん、新刊読みました!
    あゆかさんの本を全部読み、セミナーやワークショップ、心理学講座も受けてきましたが、最近やっと感情を抵抗せず受け入れるという感じが分かってきました。今回のセミナーの、波の話がわかりやすかったです~。
    新刊を読んで、その感じの理解が深まりました。本当に、すごーく楽になりました、ありがとうございます!

    ちなみに片付けの本、私もあゆかさんに聞いたのをきっかけに買いましたよ~
    私もまさに片付け中で、捨てまくってます。

    • みどりのきさん

      本を全部読んでいただき、またセミナーなどもたくさん出てくださって、もう感謝の気持ちでいっぱいです! 私も片付け始めましたよ~。心も頭も、そして部屋もスッキリ、わくわく一緒にしていきましょう! 宜しかったらこれからもご参加くださいね♪

  8. はじめまして。あゆかさんのブログで、いつも助けられています。
    ありがとうございます。今回の内容にも感動しましたし、気持ちが軽く楽になりました。
    あゆかさんのやっておられることは、本当に尊いなあとつくづく思います。
    今後もよろしくお願いします。

  9. 色々ある中でもブログを気にかけるあゆかサン、それによって私はすごく深く学んでいる気がします、ありがとうございます☆

    思い、コマンドを選択する、その本体は一体どうして存在するのかわかりますか??沸いてきた思いを信じるか信じないか選択するその本体は一体どうしてあるのですか??
    その思いが沸くというシステムも、どうしてそのようなシステムがあるのか知りたいです。たとえば私だったら、どうして”あいうえお”とゆう字と音が沸いたのか、”あ”が一番最初にどうして来たのか、その沸かせるものって、そして”あいうえお”と選択したその本体って一体なにであってどうしてあるの??知りたいです。

  10. こんばんは。
    私もまさに最近「人生このままでいいのかな…」と考えてしまっていました。
    生活はすごくうまくいっているのになぜかハッピーな気分になれないのはなぜだろう?って思います。
    どこかで「人生で何か成し遂げないと意味がない。」って思っているのかなー?
    「どうしたらもっと仕事の売上が上がるかな。」「このまま子供を生まなくて人生終えていいのかな。」とか考えていましたし(笑)
    甘いものを食べた時はほんとにホッと解放された気分になります。
    もっと自分に「甘く」なってもいいんでしょうか。
    また次回のブログ楽しみにしています。

  11. ネガティブな思考も ポジティブな思考も それは どちらでもなく それらを自分で選択できるのですね。
     小さいころ かまってもらえなかった不安 寂しさを 子供は親を責めるのでなく 自分が悪いと思ってしまう。欠けた自分 自己否定の始まり・・・
     常に ネガティブを選択してきた・・・

    そんな自分に ようやく 選択する自由があったのだと気づかせていただきました。
     いま あゆかさんの本を読むことが出来て 本当に良かったです。ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中